4文字しか使えないSNSコミュニケーションアプリ「ピング(Ping)」がリリース オモロキ・iOS対応iPhoneアプリ(androidなし)

4文字しか使えないSNSコミュニケーションアプリ「ピング(Ping)」がリリース オモロキ・iOS対応iPhoneアプリ(androidなし)

この記事は約3分40秒で読めます。

担当:

公開⇒

 
  • 「ボケて」などのサービスを開発しているオモロキが、4文字しか投稿できないSNSアプリ「Ping(ピング)」をリリースした。
  • iOS対応でApp Storeからダウンロード可、android版は今のところないようだ。

 

 

4文字コミュニケーションSNSアプリPingについて、日本ネット感想

うーん、位置情報で画像云々とかの要素がいらないなぁ。流行らずに終わりそう。

ニュースソース

 4文字しか使えないコミュニケーションアプリ「Ping」(iOS対応)を、アプリ開発のオモロキなどが12月25日にリリースした。同じ言葉を投稿した人同士で「共振」し、お互いが登録した写真を少しずつ見せ合える。TwitterやFacebookより気軽に投稿でき、寂しさをまぎらわせたり共感できるサービスを目指している。

 漢字・カタカナ・ひらがな・絵文字を使って4文字以内の言葉を投稿する(これを「ピング」と呼ぶ)と、位置情報を基に、近所で同じ言葉をピングしているを一覧で表示する。同じ人と何回か共振すると、その人が登録している写真が少しずつ見られるようになる。

 自分の気持ちを発信したり、造語を作って誰かに探索されるのを待つ――などの遊び方が可能。「4文字の言葉の共振から、共感へ、理解へと。なんども共振することで、誰かを見つける楽しさ。誰かに見つけてもらう楽しさ。そういう冒険がこのアプリでできるといいなと思います」という。

 「ボケて」などWebサービスを開発するオモロキと、投稿型図鑑サイト「ズカンドットコム」を運営するズカンドットコムが共同で開発した。今後は、特定のモノ・コトに対してピングができる機能や、何度も共振する人とコミュニケーションが取れる機能を実装していく予定だ。

via: 4文字しか使えないコミュニケーションアプリ「Ping」 – ITmedia ニュース
yx_ping_01 yx_ping_02 yx_ping_03

ダウンロードはこちらから↓

ピング – 4文字以内で探索する こころの共振アプリ

via: ピング – 4文字以内で探索する こころの共振アプリを App Store で

ネットの反応・意見

在日帰還

ぱよぱよ

今北産業

半島消滅

すきです

ごめんね

なんだと

かゆうま

ぬるぽ

ガッ

めらそく

つまんね

誰得なの

その他、反応

LINEに取って代わるサービスとはとても思えないからたぶん流行らない。

pingを打ちまくって無駄なネットワークトラフィックを増やす簡単なサイバーテロですね、わかります

せめて10文字はないと厳しすぎるんじゃなかろーか
ツイッターも正直少なすぎる

焼肉定食

おまいら

はいはい

逆に面白い。

四文字熟語辞典を併設してくれよ。

▲7六歩

やらせて

(´・ω・`) ←7文字

(´・ω

twitterで何かつぶやくと

なげーよ、4文字でまとめれ

とか言われる時代が来るのか?

かわいい
わかる
それな
ほんこれ
だけでコミュニケーション成立してるから4文字で十分なんだろうな

愚民化の一環かな?
マトモな文章書ける奴がどんどん減っていきそう

その他、日本の反応

10年くらい前に「ピング」か「ピン」かで論争してたスレ見たの思い出した

位置情報送信するんかいw
これはイヤだ

これ使って略語で会話できそうだな
ktkr
wktk
wwww
あたりは使えそうだw

> 位置情報を基に、近所で同じ言葉をピングしているを一覧で表示する。

「ヤりたい」

昔これに似たアプリ作ったら
縦読み斜め読みサイトになってしまった

しにたいって入れたら共鳴して
グロ画像が表示されるん?
メンヘラほいほいじゃん…

流行らん

いろいろ考えると、意外に4文字で伝わることが多いな。
これが、世の中の新基軸になると便利かも。

コミュニケーション疲れ防止の制限かと思いきやフィーリングによる出会いを演出する機能なのか、なかなか面白いな。

半年後くらいにひっそりと終了だろうなぁ。

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!