保育園で国歌・国旗に親しむよう指針→パヨク発狂→ガースー官房長官「ごく自然なことだ」 リテラ「極右バカぶりに唖然」【2018年度保育所運営指針改正案・幼稚園教育要領改正案】

保育園で国歌・国旗に親しむよう指針→パヨク発狂→ガースー官房長官「ごく自然なことだ」 リテラ「極右バカぶりに唖然」【2018年度保育所運営指針改正案・幼稚園教育要領改正案】

この記事は約6分42秒で読めます。

コメント(8) 

 
  • 2018年度からの保育所運営指針改正案に、3歳以上の幼児を対象として「国歌・国旗に親しむ」と明記された。
  • パヨクメディアが発狂しているが…
  • 菅官房長官は「ごく自然なことだ」と記者会見で述べた。

 

 

概要・経緯などのまとめ

2018年度からの保育所運営指針の改正案に、「国旗や国歌に親しむ」と初めて明記され、パヨクなどが激怒しているが…

菅義偉官房長官は15日の記者会見で「従来、小中高校において、国歌や国旗の意義を理解させ尊重する態度を育てるよう指導している。小学校教育への円滑な接続を図る点からごく自然なことだ」「幼児が文化や伝統に親しむことで、これらを尊重する態度の基礎を育て、社会とのつながりや国際理解の意識の芽生えを養っていくことを目指す」と述べた。

保育所指針改正案には3歳以上の幼児に対して「保育所内外の行事において国旗に親しむ」「国歌、唱歌、わらべうたやわが国の伝統的な遊びに親しむ」と明記。幼稚園の教育要領改正案には「正月や節句など日本の伝統的な行事、国歌、唱歌、わらべうたや日本の伝統的な遊びに親しむ」と例示された。厚労省保育課は、「3歳以上の教育内容は幼稚園の指導要領に合わせる」としている。厚労省は「幼稚園と保育所の一体化を進めており、文科省の教育要領の見直しに合わせた。国旗掲揚や国歌斉唱を強制するものではない」とコメントしている。2018年度から実施される予定(3月15日までパブリックコメント)。

なお、小中学校の学習指導要領には「入学式や卒業式で国歌を斉唱するよう指導する」と明記してある。 【ソース】
http://www.asahi.com/articles/ASK2H5QZNK2HUTFK00V.html
http://www.asahi.com/articles/ASK2G7FY4K2GUTFL01G.html
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS15H42_V10C17A2000000/
http://mainichi.jp/articles/20170215/ddm/041/100/148000c

▼ 東京新聞「過度の押し付けになってはならない」との「専門家」の声を掲載

保育所は学校教育法に基づく施設ではなく、保護者から幼児を預かる福祉施設であることから、専門家からは「過度の押し付けになってはならない」との懸念も出てい

via: 毎日新聞:保育所 3歳以上に国旗や国歌の文言

▼ 毎日新聞 「過度の押しつけにつながる可能性があるとの懸念が出そうだ」

保育所は学校教育法に基づく施設ではなく、保護者から幼児を預かる福祉施設のため、過度の押しつけにつながる可能性があるとの懸念が出そうだ。

via: 毎日新聞:保育所 3歳以上に国旗や国歌の文言

▼ サイゾー系極左メディアのリテラ「極右バカぶりに唖然」

安倍政権が保育園でも国旗と国歌強制へ! 待機児童問題を解決せず国家主義教育に夢中の極右バカぶりに唖然 2017.02.15 abe_150911_top.jpg 自由民主党HPより 「愛国小学校」の国有地“格安”売却問題に揺れるなか、昨日14日、厚生労働省がとんでもない発表をおこなった。共同通信によると、来年2018年度からの保育所保育指針の改定案として〈3歳以上の幼児を対象に、国旗と国歌に「親しむ」と初めて明記した〉というのだ。

この保育所保育指針の改定は、安倍首相が進める「愛国教育」の一環であることは一目瞭然だ。同じように来年度からは小学校で「道徳」を教科化し、愛国心などの国歌の価値観を一方的に押し付ける教育がはじまる。そして、国に従順な人間の育成のために、さらに幼児にまで手を伸ばそうというわけだ。

(中略)

いや、そうした思想の押し付けも問題だが、今回の一件であらためて露呈したのは、安倍政権がいかにいま、現実に起こっている保育園問題に無関心であるか、ということだ。

(中略)

これはつまり、安倍首相の頭のなかはいかに国家主義に突き進むかという興味しかなく、「保育園落ちた」という声に対して真摯に受け止める気などさらさらない、という意思表明だ。

via:安倍政権が保育園でも国旗と国歌強制へ! 待機児童問題を解決せず国家主義教育に夢中の極右バカぶりに唖然|LITERA/リテラ

管理人コメント

リテラの発狂っぷりがまさに狂気じみていてアレw

関連ニュース記事を探してたら、エキサイトニュースでこんな見出しが出ていたのでびっくり。WS000867まぁ開いてみたらリテラでいつも通りって感じだが。エキサイトニュースもこんなクソメディアをニュースとして転載するのはいかがなものかw

親しむってだけでも発狂するパヨク。

2ちゃんねるの反応・意見

普通過ぎてこんな事がニュースになる事が不思議

ほんとこれ
愛国心があることや愛国心をはぐくむことを表明しただけで批判にさらされるって異常だからな

国家にこれだけアレルギーあるのが異常
どれだけ国内に在日がいるの?

日本が異常なだけなんだよな
祖国を愛して何が悪い

ブサヨがアレルギー反応を起こす

昔教師になる友人に
少しくらい愛国心のある教育も取り入れたほうがいいなって提案したら
それっきり音信不通になった

その他、感想

反トランプのデモ隊は星条旗を掲げていた

これは反対だわ保育所は学校じゃないだろ、マジでカルトだな

子供が国歌を習ったらカルト呼ばわりw
本気で言ってんのならお前の国家観こそ反社会的なカルトだと思うが

今までなかった方が不思議
うちの、小学校、中学校君が代演奏なかったし
高校から始めて学校の入学式とか節目節目に君が代流れて覚えたし

国歌国旗に反対する人の意図がわからない
なんで?

単純に戦後の反日カルト思想を刷り込まれて日本という国家が大嫌いだから
反対者にそれ以外の理由など全く無い

あと自分らのルーツを知ってる在日な、中国人韓国人の国旗国歌への反発は異常
嫌なら自分らの国に帰れって思う

日本死ねなんていう情けない大人に育たないように

公立の教育機関は君が代斉唱、国旗掲揚を義務化するべきだ。

フランス国歌と比べたら君が代のなんと平和なことよ

学校の中で誰が要注意人物か判ってちょうど良い。

君が代のページにこのプリント貼りましょう!

中学の時の担任秋山(♀)
卒業式間近、国歌斉唱の時は立つな!歌うな!って言ってきた
そいつヒステリーで嫌われてたから「みんなで最後に嫌がらせしてやろう」と
卒業式当日、全員で立ち上がって歌った

突然、職員席の方からバタン!って音がして
秋山がぶっ倒れて痙攣してて(俺は見てない)
他の職員は騒然としてた

クラス別の別れの挨拶は代わりに教頭が来たんだけど、何の説明も無し

後で聞いた話だと、立ち上がった俺達を凄い形相で睨み付けて
手をワナワナさせてたと思ったら
立ち上がって何かを叫ぼうとしたんだけど
そのまま倒れて痙攣したとの事

今思えば、あれが火病ってやつなのかなと

自国の国旗を見て「気持ち悪い 」とか言っちゃうとか
どっちが気持ち悪いんだか・・・

その他、2ch反応

安心安定のガースー

在日は在日だけで固まって生きてくれないかな?
なんで日本の学校に来てまで反日を振りかざすの?

まあまず日教組のクズどもは完全排除しない事にはな

俺が通ってた幼稚園では普通に卒園式で国歌歌ったわ

> アメリカの学校では、日本の朝礼のような物の代わりに、教室でスピーカーから
> 聞こえる声に合わせて、胸に手を当て、星条旗に宣誓する事から1日が始まるんですww
i1777462-1487165082

だって・・・
ブサヨ、どーするよ?これ

日本人としては当然の事だわな。
反対する理由がない。

ケンモメン大脱糞!w

これが話題になる事が狂ってる

10年くらい前はこれで問題発言&辞任にまで持って行けるほど狂ってたからな
堂々と自然と言えるだけ前進してるのよ

コメント欄

名前

コメント

保育園で国歌・国旗に親しむよう指針→パヨク発狂→ガースー官房長官「ごく自然なことだ」 リテラ「極右バカぶりに唖然」【2018年度保育所運営指針改正案・幼稚園教育要領改正案】」への8件のフィードバック

  1. Facebookでリテラとハフィントンポストをいいね!してる奴は知能が致命的に低い奴だと思っている‌

    実際9割方当たってるのが面白い
    6
    0
  2. 自国の国旗や国歌に敬意を示さないなんてそれこそ君たちの好きな欧米をはじめとした外国人に怪訝な顔されるんだけれどねぇ
    5
    0
  3. 国歌や国旗に拒絶反応示すなら、日本から出ていけば良くね?だれも日本にいてくれと頼んでないんで。‌
    シナ朝鮮人もそうだが、日本人でありながら日本が嫌なら海外に移住すれば良い。日本にいる限りは日本国旗と日本国歌からは逃れられないんだから。
    3
    0
  4. カズが「自分の国を敬うことのできない人間に他国を敬うことなんてできない」っていったのは有名な話だけど、これに反発してる奴らを見たら本当に正論だと思う
    0
    0

コメント欄

名前

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!