テロ等準備罪】4野党、6日審議入りに反発「到底応じられない」 維新が自公の溝をつき自民に急接近wパヨク御用達新聞は「共謀罪」と報じるが、誰が何と言っても正しくは「テロ等準備罪」です

テロ等準備罪】4野党、6日審議入りに反発「到底応じられない」 維新が自公の溝をつき自民に急接近wパヨク御用達新聞は「共謀罪」と報じるが、誰が何と言っても正しくは「テロ等準備罪」です

この記事は約7分9秒で読めます。

コメント(1) 

 
  • 自民、公明両党は4日の衆院議院運営委員会理事会で、「テロ等準備罪」を6日の本会議で審議入りすることを提案した。
  • 民進党など野党4党の国対委員長は、性犯罪を厳罰化する刑法改正案を6日に審議入りするよう求めることで一致。
  • 与党側の正式な提案に、民進、共産などは「到底応じられない」と反発。

 

 

概要・経緯などのまとめ

<共謀罪>4野党、6日審議入りに反発

自民、公明両党は4日の衆院議院運営委員会理事会で、「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案について、6日の本会議で審議入りすることを提案した。これに対し、民進党など野党4党の国対委員長は、性犯罪を厳罰化する刑法改正案を6日に審議入りするよう求めることで一致。法案審議の「入り口」を巡る綱引きが続いた。

与党側の正式な提案に、民進、共産などは「到底応じられない」と反発。民進党の山井和則国対委員長は自民党の竹下亘国対委員長に電話し、4野党の意向を伝えたが、折り合わなかった。

一方、日本維新の会は4日午前、自民党との幹事長・国対委員長会談で、組織犯罪処罰法改正案の審議入りと成立に協力する考えを伝えた。対案を提出した上で自民側に修正協議を求める方針で、維新の馬場伸幸幹事長は「法律の必要性は認めている」と強調。

反発を強める他の野党について「きちんと審議に臨み、問題点は議論しながら指摘するのが当たり前だ。ただの嫌がらせではないか」と批判した。
【樋口淳也、真野敏幸】

2017/4/4 22:05 毎日新聞配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170404-00000128-mai-pol

▼ 日本維新の会、自民党に接近?産経報道

 共謀罪の構成要件を厳格化した組織犯罪処罰法改正案(テロ等準備罪法案)をめぐり、与野党の対立が激しさを増している。与党は4日の衆院議院運営委員会理事会で6日の本会議での審議入りを提案したが、民進党など4野党は国対委員長会談で審議入りに反対することで一致。こうした中、日本維新の会が自民党に今国会初の幹事長会談を呼びかけ、接近を始めた。

 4日の衆院議運委理事会で、与党は6日の本会議でテロ等準備罪法案の趣旨説明と質疑を行うことを提案した。審議の場となる衆院法務委では、先に提出されている民法改正案を処理した後、テロ等準備罪法案を審議する方針も伝えた。

via: 【テロ等準備罪】維新、自公の溝をつき自民に急接近(1/2ページ) – 産経ニュース

▼ 【主管理人補足】4月5日、民進党は「審議の順番が違う」などとし国会法務委員会で欠席・審議拒否

テロ等準備罪の審議入りを与党が強行したばあ、野党は真偽虚偽はしない方針らしいが…

(政治部・村上祐子記者報告)
 現在、法務委員会では民法改正案の審議が行われていますが、民進党は「審議の順番が違う」と欠席して審議拒否しています。政権を追い込みたい野党側は、共謀罪法案を最大の攻めどころとみています。そのためには、野党も成立に賛成している刑法改正案を後回しにされて「人質」に取られないようにしたいのです。それでも共謀罪法案の審議入りを与党が強行した場合、野党は5日のように審議拒否はしない方針です。金田法務大臣の答弁がこれまでも二転三転しているため、「そもそも法案を理解していない」とみて、国会審議で立往生する場面を見せて辞任を要求していく考えです。

via: “共謀罪”あす審議入りも…民進欠席で攻防激化

副管理人コメント

▼ どうしても「共謀罪」の名称を使い続けたいマスゴミの事情
政府としては、共謀罪改め「テロ等準備罪」を「テロ防止」「オリンピックに向けてテロ対策は喫緊の課題」とし、今回の法案を国会審議入りした。

法案では「処罰対象が多すぎる」との野党の反発を踏まえ、対象の犯罪は676から277へと大きく減らし、「共謀」の表現は「計画」に変えた。

対象の犯罪277の内訳は「テロの実行」「薬物」「人身に関する搾取」「その他資金源」「司法妨害」の5つに分かれている。
その内「テロの実行」となるのは110だが法案の中に「テロ」という言葉は使われていない。

野党側としては「テロ」という言葉が使われていないことで、「テロ等準備罪」という名称はおかしいと、細かいことに難癖をつけ「共謀罪」と同質のものだと強調している。

そんな中、メディアの見出しは「共謀罪」派vs「テロ等準備罪」派に分かれることになった。

「共謀罪」としたのは、朝日、毎日、日本経済新聞の3社。
「準備罪」は、読売、産経新聞の2社が使用した。
「共謀罪」を使い続ける理由としては、「共謀罪もテロ等準備罪も同じようなもの」という認識があるよう。

結局、各社とも与野党それぞれの考えを踏襲しただけに過ぎず、各新聞社としては普段の自分たちの論調に合わせたに過ぎない。

与党の考えに近い、読売は「共謀罪と異なり、適用対象は組織的犯罪集団に限られる。罪の成立には、犯行計画に加え、資金調達など、具体的な準備行為の存在が必要となる。適用範囲がなし崩し的に拡大するかのような言説は無用な不安を煽るだけだ」と至極真っ当な意見。

産経新聞漆原会長は「民進党など野党の質問を聞いていると、国民の不安をいたずらにあおり、廃案になった『共謀罪』と同じじゃないかということばかり言っている。本来は、テロをどう防ぐかがメインなんですよ」全くその通りである。

パヨク御用達の新聞社は、反対するのが仕事になってしまった野党にいつまで付き合うつもりなのか、その先に何があるのかお聞かせ願いたいものである。
by副管理人

国会審議中だった2月23日付読売新聞の社説では「共謀罪と異なり、適用対象は組織的犯罪集団に限られる。罪の成立には、犯行計画に加え、資金調達など、具体的な準備行為の存在が必要となる。適用範囲がなし崩し的に拡大するかのような言説は無用な不安を煽るだけだ」と、共謀罪との違いを主張する政府に理解を示している。

   2月28日付産経新聞は漆原会長へのインタビューを掲載。漆原氏は「民進党など野党の質問を聞いていると、国民の不安をいたずらにあおり、廃案になった『共謀罪』と同じじゃないかということばかり言っている。本来は、テロをどう防ぐかがメインなんですよ」と、「共謀罪と同じ」論へ反論した。

via: 全文表示 | メディアの見出し真っ二つ 「共謀罪」派VS「テロ等準備罪」派 : J-CASTニュース

2ちゃんねるの反応・意見

話し合いに応じないって職場放棄だな。

また野党4党の印象がわるくなるな。バカだろ。

維新はOKなんだw

維新は是々非々よ。

応じなくていいじゃん、来なくていいから国会に。

ほっとけばいいよ反日連合なんて。
野党なんて呼ぶな。
反日連合だからアレは。

その通り!応じないなら反日野党は抜きで粛々と審議を進めるべき。

その他、感想

あれ?辻元の生コンって結局どうなったの?

なんか急にどこからも消えたな。なんなんだ。

北朝鮮絡みで世界情勢なにが起きるかわからんのにのんびりしてる暇ないだろ。

…ああ通ったら辻本とか捕まる人でるからいやなのね。

ほんの数年前の民主党は、ちゃんと対案出してたのに。
今は頭から反対するだけ。どんどん劣化するな。

野党4党って、テロリストのお仲間なんですか?

過去を省みても、通信傍受法に反対するなど、テロリストの利を図る行動ばかりしてますが?

少なくとも共産党は破防法16条だかで、いまだに公安監視対象だと聞。

つまり公式に犯罪者集団(もしくは支援集団)とされてるんでテロ等準備罪のばっちり対象団体。

その他、2ch反応

民進や共産党は自分の好き放題やったこと振り替えるとガクガクブルブルだろうな。

審議して修正すれば良いんじゃないの?審議入りに怒ってるのはなんで?

維新は修正要求してる。協議にも応じないのは、いつもの反日4党だけ。

維新の修正案てもっと適用範囲を拡げるべきだってやつだろww

テロ等準備罪から本丸のスパイ防止法へと繋げていく。まだここからだ。

かごいけやすのりと仲間たちの党は反対してるんだな。

森友で大騒ぎして安倍政権にダメージを与え。
あわよくば解散総選挙に持ち込み法案自体を亡き者にしようとした。

こんなことを本気でやってたのがキ印野党の皆さん。

コメント欄

名前

コメント

テロ等準備罪】4野党、6日審議入りに反発「到底応じられない」 維新が自公の溝をつき自民に急接近wパヨク御用達新聞は「共謀罪」と報じるが、誰が何と言っても正しくは「テロ等準備罪」です」への1件のフィードバック

コメント欄

名前

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!