パチンコ・マルハン創業者会長の韓昌祐が紺綬褒章を受章 ※お金で買える褒章 【密航の在日韓国人1世→帰化 ハン・チャンウ】

パチンコ・マルハン創業者会長の韓昌祐が紺綬褒章を受章 ※お金で買える褒章 【密航の在日韓国人1世→帰化 ハン・チャンウ】

この記事は約8分45秒で読めます。

コメント(1) 

公開⇒

 
  • 帰化した在日韓国人1世でパチンコ・マルハンの創業者・会長の韓昌祐が、紺綬褒章を受章した。

 

 

2ちゃんの感想・反応

お金で買える褒章とはいえ、なんだかなぁって感じはする。在日朝鮮人云々って部分よりもパチンコ会長って部分がまず問題。

ニュースソース

 マルハンの韓昌祐代表取締役会長は8月30日、公益のために私財を寄付し、功績が顕著な個人または法人・団体に対して、日本国政府より贈られる「紺綬褒章」を受章した。

 韓代表取締役会長は2015年に同社の創業の地である京丹後市に対して、地域振興と人材育成の支援を目的に寄付金を贈呈。この寄付金が京丹後市の教育、文化、地域経済活性化のための新産業の興隆や、街づくりにつながる人材育成等を目的に運用される基金「京丹後市韓哲・まちづくり夢基金」設立の基となった事が評価され、山内一京都府丹後広域振興局長より「紺綬褒章」が伝達された。

via: マルハン韓会長が「紺綬褒章」受章 – パチンコニュース : ニッカンアミューズメント

▼ 紺綬褒章とは

褒章(ほうしょう)とは、社会や公共の福祉、文化などに貢献した者を顕彰する日本の栄典の一つ。対象となる事績により、紅綬褒章、緑綬褒章、黄綬褒章、紫綬褒章、藍綬褒章、紺綬褒章の6種類がある。

紺綬褒章こんじゅほうしょう。「公益のため私財を寄附し功績顕著なる者」に授与される。

via: 褒章 – Wikipedia

▼ マルハン会長の発言とyoutube動画

201211010846563f2

▼ マルハンの名前の由来について

会長・韓昌祐がボウリングの玉、パチンコの玉を連想させる玉、地球、円満の「マル(丸)」に社長名の「ハン(韓)」からマルハンとした

なお、韓国のとある新聞で「(マルハンの由来は)日の丸のマルと恨みのハン(恨の朝鮮語読み)という記事が出た」とされるが、韓はテレビ朝日の取材の中で「そんな理由で付けるわけがない」と否定し、上記の由来をインタビュアーの山本晋也に述べている。

via: マルハン – Wikipedia
マルハン】という名前の由来をマルハン社長が語る!【パチンコ ... www.youtube.com480×360画像で検索 【マルハン】という名前の由来をマルハン社長が語る!【パチンコ】パチスロ スロット 朝鮮 在特会 シーサ 在日 事件 桜井誠 ケンカ しばき隊 暴力 男組 衝撃映像

▼ よくみかけるこちらは否定する発言を述べた際のキャプ

ダウンロード (6)

▼ マルハン会長の韓昌祐のWikipedia抜粋。01年に日本に帰化している模様。

韓 昌祐(ハン・チャンウ、かん しょうゆう、Han Chang-Woo、1931年2月15日 – )は、日本の実業家。大手パチンコ店グループ・マルハンの創業者で代表取締役会長。財団法人韓哲文化財団理事長。

韓国慶尚南道泗川郡三千浦で小作農をする家庭に生まれる。別名、西原昌佑[要出典]。1945年10月21日、 日本でレンガ工をしていた実兄の招きを受けて密航船に乗り込み、同年10月22日に日本へ密入国[4]。すぐに日本の戦後の混乱に紛れて特別永住者資格を取得[要出典]。その後法政大学経済学部に進学し、卒業後の1952年、就職先のなかった韓は京都府峰山町(現・京丹後市)において20台でパチンコ事業をしていた義兄のところへ身を寄せ、その後に義兄からパチンコ事業を受け継いだ。1957年にはパチンコ事業で稼いだ資金を元手に喫茶店の経営、1967年には当時日本で流行していたボウリングに目をつけ、ボウリング場事業を始めたが、行きすぎた拡張戦略をしたために1972年に60億円の借金を抱えることとなった。同年「西原産業株式会社(現;株式会社マルハン)」も設立しており、借金を抱えた韓は返済のために本業のパチンコ事業に本腰を入れ、必死な事業活動を展開したことで借金を完済。1995年には東京進出も果たし、マルハンを最大手のパチンコ店へと成長させるまでに至った。
1999年には日本国政府より勲三等瑞宝章を叙勲した。

2015年のフォーブス誌のランキングでは日本で7番目に資産が多い人物で資産42億ドル相当だった。2014年は12位だった。2002年の米国フォーブス誌が選定した世界億万長者ランキングでは日本国内の22位(個人資産1320億円)にランキングされている。(なお2013年7月10日の朝鮮日報日本語版では約3400億円と報じられている。)

結婚しており、子が6人いる。2001年に日本へ帰化。28歳のときに結婚した日本人の妻との間に5男2女をもうけ、4人の息子がマルハンに勤めている。長男の哲(チョル)を16歳のときにヨセミテ国立公園での研修中の事故で失っている。

via: 韓昌祐 – Wikipedia

2ちゃんねるの反応・意見

これって一定の条件をクリアしたらもらえるもんだけど、ちょっとね・・

「紺綬褒章」
公益のために私財(500万円以上)を寄附した者を対象とする紺綬褒章は、
表彰されるべき事績の生じた都度、各府省等の推薦に基づき審査をし、授与を行っています。

さて、推薦した奴は一体誰~だ?www
そして審査を通した輩はどいつだ?www

正気か?

親日罪ニダ!<`∀´>

はぁ?
文科省が管轄してるんだっけ?
抗議のメール出したい

密航者だとカミングアウトしてる点はほかの
在日にくらべたらまともなんだろうけど…

カンボジアでの銀行経営
胡散臭すぎ

その他、感想

桑田みたいに天皇からの勲章なんていらねえって言わないのかねえ。

まあ、この人の場合は結構右だったり左だったりコロコロ話が変わってはいるけど。

ダメだろこれは

ヤバイよな
チョンとかいう以前にパチだからな

マルハンだけはどうにもならんな
大手だとここの一人勝ち状態なイメージ

記念祭!   玉をジャンジャン出しますよ~

おいおい
脱法賭博でナマポパチンカスから巻き上げた金でも寄付すれば「褒章」貰えるのかよ

密航者なのに

いま全国に約一万八千軒あるパチンコ店のうち、在日および帰化者二世・三世を含む)が経営する店の割合は、
六割とも七割とも言われる。三軒に二軒は、オーナーが韓国・朝鮮系ということなのである。
パチンコ台の製造メーカーにも、最大手の「平和」を筆頭に、韓国・朝鮮系の経営者が名を連ねている。

 パチンコが全国に広まり大衆的な人気を博するのは、明らかに日本の敗戦直後からである。
身近に安価な娯楽がなかったためという理由ばかりではない。焼け跡闇市の時代の庶民を何よりも魅了したのは、
景品に出されるタバコだった。配給制で常に不足がちなタバコが、強力な呼び水となって、戦後最初の
パチンコ・ブームを巻き起こしたのである。

 かくしてパチンコ店は雨後の筍のように増えていくのだが、当時、開店資金をどのようにして工面したのか、
その経緯が在日自身の口からおおやけにされることも、私の知るかぎり絶無と言ってよかった。
『こんなことを話す人間は、ほかにおらんだろうね』 と前置きして、キムが語る。

 『闇市で儲けて、それからパチンコ(店経営)に走った人が多いんですよ。じゃあ闇市で何をして儲けたかというと、
結局、ヒロポンと贓物故買(ぞうぶつこばい)だよね』 密造した覚醒剤を売りさばいたり、盗品の横流しをしたりして、
短期間のうちに大金を作り、それをパチンコ店開業に振り向けたというのである。『そういううしろ暗い過去がなかったら、
カネなんていうものはそんなに貯まらんですよ。うしろ暗い過去があるから、人にも言われんわけでね』

(「コリアン世界の旅」 野村進 1996年 講談社 より)

はい?
なんの冗談ですか?

どうでもいいけど、拒否しないの?

マルハン社員「パチンコのイメージは良い。お年寄りの交流の場になったり」→場内からの笑い声に顔色を変え「笑うな」と怒鳴りつける
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/dqnplus/1364073394/

「パチンコ店は実質、賭博ではないのか」という質問に、マルハン側は「アミューズメント施設です」と否定。
社員は「パチンコのイメージは、みなさんが考えるよりずっと良い。お年寄りの交流の場になったりもしている」
となだめたが、場内から笑い声が漏れると、途端に顔色を変え「笑うな」と怒鳴りつける場面もあり、
約3時間が最後まで互いにケンカ腰のまま終わった。

こんなパチョンコに勲章やるくらいなら、震災の時には私財を投じて復興支援してたりする山口組にやるほうが、はるかにましだ。

その他、2ch反応

マルハンってこんな事するパチ屋だぞ

住民反対を無視し新店舗開設強行 マルハン習志野店 
http://news.livedoor.com/article/detail/8286460/

高校の通学路で周りはマンションや児童福祉施設しか無かった静かな住宅街にパチ屋新開設を強行
住民の反対運動に対しそれに対する猟奇的な嫌がらせが続出した

この人のウィキの来歴は以下のような感じ。

終戦直後、密航船で日本に入る。→混乱に紛れて特別永住者資格を取得

普通に統治時代に来た人もいたろうが、統治こういうパターンも多かったんだろうな。

だいたいにして、こんな違法性の強い賭博産業から、今まで寄付を受けとっていたのかよ。
最初から、こういう輩からは寄付なんか受けるなよ。
税金が多少増えてもいいから、反社会的な業界から、金を受け取って国を売る様な真似をするな。

そんなエライ事したの?このおっさん
ちなみのパチンカス板でもマルハンは凄く評判悪いんだが

紺綬褒章っていうのは多額の寄付をするともらえるものだから、
マルハンの会長も寄付したって事なんだろうね。

もっともその原資が限りなく黒に近いグレーな賭博(類似)行為なわけで
褒められたもんじゃないよね。

おかしいよね、これはおかしい。

腐ってんなぁ

なんだ、金で買える勲章だったんだ

コメント欄

名前

コメント

パチンコ・マルハン創業者会長の韓昌祐が紺綬褒章を受章 ※お金で買える褒章 【密航の在日韓国人1世→帰化 ハン・チャンウ】」への1件のフィードバック

  1. 財務官僚の大物の誘いを受けて接待館に行ったほかの大物官僚が全員シャブ性接待にひっかかって弱みをにぎられてしまったでござる。日本終わった!
    0
    1

コメント欄

名前

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!