パヨク「石垣島を戦場にするな。中国の脅威?難しくて分からない」上原秀政医師 石垣島自衛隊配備反対派・石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会代表

パヨク「石垣島を戦場にするな。中国の脅威?難しくて分からない」上原秀政医師 石垣島自衛隊配備反対派・石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会代表

この記事は約6分37秒で読めます。

コメント(7) 

公開⇒

 
  • 陸上自衛隊の配備をめぐり調整が続いている沖縄県石垣市で、10月28日、自治体主体の公開討論会が開かれた。
  • 自衛隊配備反対派の意思・上原秀政は「中国がどうのこうのと難しくてわからない」などとトンデモ発言を繰り出している。

 

 

2ちゃんの感想・反応

わかった上でとぼけてんだろうなぁって読みが素直なんだろうけど、ことパヨクに関しては本気で言ってる可能性があるから怖いよな。

ニュースソース

 尖閣諸島を市域とする沖縄県石垣市で28日夜、石垣島への陸上自衛隊の配備をめぐり、全国初の自治体主催の公開討論会が開かれた。

反対派登壇者からは安全保障を顧みない無責任ともいえる発言が飛び出した。市外からの支援もある反対派は抵抗を強め配備問題は大詰めとなっている。一方、現職市長が部隊配備受け入れを表明した宮古島市では来年の市長選をめぐり曲折も予想される。南西防衛強化は正念場を迎えている。

 ■拍手や怒号飛び交う
 「中国の回し者が!」
 「島を戦場にするな!」
 石垣市の公開討論会は、聴衆から拍手や怒号が飛び交う、白熱した集まりとなった。

 沖縄本島より西方の島嶼(とうしょ)部は陸自部隊がいない防衛上の“空白地帯”だったが、陸自は今年3月、日本最西端の与那国島に、周辺海空域の艦艇や航空機を警戒する沿岸監視隊を配備した。続いて、有事で初動対処にあたる警備部隊や地対空・地対艦ミサイル部隊を、石垣、宮古両島に配備したい方針で、地元との調整が進められている。

 討論会には推進派から市議や佐藤正久参院議員ら、反対派から医師で反対派団体共同代表の上原秀政氏や伊波洋一参院議員ら計6氏が登壇した。

 尖閣周辺で挑発を強める中国への認識をめぐり、反対派から「耳を疑う発言」(保守系市議)があった。
 「中国(の脅威)がどうのこうのと(言われても)難しくて分からない」  佐藤氏から中国の海洋進出への認識をただされた上原氏はこう答えた。

 佐藤氏は「無責任だ」と批判した。

 もう1つの論点である自衛隊の災害対応についても、上原氏は医師としての経験に触れつつ「まず自分と家族の命。(医療で貢献するには)数日かかる。(だから自衛隊配備は)意味がない」と語った

 東日本大震災では多くの自衛官が家族の安否確認をできないまま救出・救援にあたった。佐藤氏は「家族よりも被災者を優先するのが自衛隊だ」と反論した。

 中山義隆市長は討論結果を参考に配備受け入れを表明するか検討するが、反対派も根強く、難しい判断を迫られている。

 ■本土支援者も石垣に
 石垣島から東約80キロに位置する宮古島では来年1月に市長選がある。保守系が分裂し、革新系候補者と三つどもえになる公算で、保守系が敗れれば陸自配備に暗雲が垂れ込める。

 これに対し、すでに沿岸監視隊が配備された与那国町では、住民投票にまで持ち込んだ反対運動は見る影もない。配備反対派として25年の町長選に出馬し落選した崎原正吉氏は「もう配備されたから反対運動は何もしていない」と話す。

 崎原氏は配備前の反対運動について「東京や大阪から教職員や鉄道系の組合員が(支援者として)応援に来た。横断幕とのぼり旗も作ってきてくれた」と振り返る。そうした支援者は普天間飛行場の名護市辺野古移設や北部訓練場(東村など)のヘリパッド移設の反対運動に加え、石垣市の反対運動にも転戦していると明かした。(半沢尚久)

via: 「中国の脅威など難しくて分からない」「災害時にはまず自分が優先」石垣市で陸自配備めぐり公開討論会 反対派から飛び出す無責任発言 – 産経ニュース

▼ 難して分からないと耳を疑うような発言をしたパヨク医師の上原秀政

八重山毎日新聞社600×431画像で検索 6日から夜間診療を開始した上原秀政医師= 20131021

▼ 上原医師の経歴

  私は昭和29年に石垣島に生れ石垣島で育ちました。地元の高校を卒業後、医師になるため東京で11年間を過ごしましたが、1986年春に石垣島に帰り、沖縄県立八重山病院の内科に14年間勤務した後、2000年春に開業して今日に至っています。
(中略)

上原内科医院 院長 上原秀政

経歴

1973年(昭48年)  県立八重山高校卒業
1981年(昭56年)  杏林大学医学部卒業
1981年(昭56年)  杏林大学医学部第3内科入局
1986年(昭61年)  県立八重山病院内科勤務
2000年(平12年)  上原内科医院開業

via: 院長挨拶

▼ その他、公開討論会に参加したメンバー

 討論会は反対派から石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会の上原秀政共同代表、事務局の藤井幸子さん、同会推薦の伊波洋一参院議員、配備推進派からは石垣島自衛隊配備推進協議会が推薦した佐藤正久参院議員、砥板芳行石垣市議、漁業者の仲田吉一さん計6人が登壇

via: 石垣自衛隊配備:「外交を」「備え必要」 初の市民討論会 /沖縄 – 毎日新聞

2ちゃんねるの反応・意見

パヨク 「難しいことは分からない! キリッ!」

ケンモメンまた負けたのかw

難しい話が出来ない奴が討論会に参加するな

理解力が足りないというよりは、自分に都合の悪いことには目をつぶって
見ないようにする系の人

難しい話はわからない→戦争法案!戦争法案!

この上ない事なかれ思想

石垣島はまともなの多いから大丈夫

無知というか、まぁ工作なんで

国境の島でこんな意見が出ること自体が異常

その他、感想

高樹沙耶も石垣島でしょ?
石垣島ってパヨクのたまり場になってるの?

大した難しい話しじゃあ無いのに解らないってw
解らないなら黙ってろよw
馬鹿ほど声がデカイ。

これがパヨクなんだよ

>反対派から医師で反対派団体共同代表の 上原秀政氏ら計6氏が登壇した。
>もう1つの論点である自衛隊の災害対応についても、
>上原氏は医師としての経験に触れつつ「まず自分と家族の命。
(医療で貢献するには)数日かかる。(だから自衛隊配備は)意味がない」と語った。

>東日本大震災では多くの自衛官が家族の安否確認をできないまま救出・
>救援にあたった。
>佐藤氏は「家族よりも被災者を優先するのが自衛隊だ」と反論した。


この反対派代表で   医師の上原   ってのは恥を知るべきだな

「被災者より自分が大事」って人間が、己を捨てて被災者支援にあたった自衛隊を
どのツラ晒して批判できるんだ?

わかんねえなら口出すなよw

その他、2ch反応

分からないんじゃなくて分かってるからこそ
そう言わざるを得ないんだよね
自分が論理破綻してるの分かってるから

でもこの手の人たちって自己矛盾が起きてるってことを絶対に認めようとしないんだよね
それどころか自己の矛盾の解消を社会に求めようとしてくる
当然そんなもの叶うわけないんだけど、それがまたイライラを増長させるという負のぱよぱよスパイラル
馬鹿みたいだよ本当に

意訳「その件には答えたくないです」

反対派の言ってる理屈が全く意味分からないのは自分だけじゃないよな…?

>(医療で貢献するには)数日かかる。(だから自衛隊配備は)意味がない。
こいつそもそも日本語理解してない

いや、分かってて邪魔してるからタチ悪いんだよ

馬鹿な反対派の言動の報道は産経新聞しかやらないね。

石垣を戦場にするな!
って時点で何処かが攻めてくる前提なのになw
なんなのこの矛盾。

コメント欄

名前

コメント

パヨク「石垣島を戦場にするな。中国の脅威?難しくて分からない」上原秀政医師 石垣島自衛隊配備反対派・石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会代表」への7件のフィードバック

  1. 「うがいをするから風邪になるんだ」‌
    「消毒するから感染するんだ」‌
    「自衛隊がいるから戦場になるんだ」‌
    これら頭オカシイの、小学生でもわかるぞ。
    1
    0
    1. いや、沖縄の事考えたら配備なんだけどな普通‌
      自国民の組織が自国の島を荒らす筈がない‌
      自衛隊の規律の厳しさなめてんじゃないのか‌
      何が島を汚さないで欲しいだよごみ拾いで一層キレイになるわww
      1
      0
  2. 沖縄には中国系移民の子孫や、今は朝鮮系も沢山移民しているから人口が増えているんだよ。言っておくがシナコリアン(7)はどの国に移住しても、同化するのに1000年の年月を要する人種という事実をしっかりと覚えておいてください。翁長中国系知事の売国奴ぶりを見ても分かる事。反日日本人とは、この中華人種の事を指す。この医者は中国の脅威を知らないと言っていたが、尖閣や石垣島、九州を領海侵犯している船はどこの国の船か教えてやって。最も、初めから知っているがね。日本には28の人種が純粋日本人として暮らしている。総称が大和民族日本人。中華2種は入らない。入れるのにあと900年はかかる。それまでは見ての通り「売国奴だ」
    0
    0

コメント欄

名前

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!