栃木県茂木署は16日、暴行の疑いでオートバイ元世界王者のオーストラリア国籍、モナコ公国ワイン・マイケル・ガードナー容疑者(57)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、同日午前8時ごろ、茂木町桧山で交通上のトラブルから、都内在住の男性3人に対し、胸ぐらをつかむなどの暴行を加えた疑い。同日は同所のツインリンクもてぎで、オートバイの世界選手権シリーズ第15戦「日本グランプリ」第3日が開催されている。

 ガードナー容疑者は、元ロードレーサーで1987年にオートバイのロードレース世界選手権500CCクラスでチャンピオンとなった。