イジメ?文科省から出向の佐賀県上峰町・松井佳奈江副町長、6月末から登庁せず、東京出張したまま戻らず文科省を通じて体調不良で休む返答

イジメ?文科省から出向の佐賀県上峰町・松井佳奈江副町長、6月末から登庁せず、東京出張したまま戻らず文科省を通じて体調不良で休む返答

この記事は約7分31秒で読めます。

コメント(1) 

担当:

公開⇒

 
  • 佐賀県上峰町の女性副町長が6月末から東京出張したまま戻らず登庁せずに、文科省を通じて体調不良で休むとの返答をよこすとの異常事態に…
  • この女性町長は今年4月に、文科省から出向し副町長になった松井佳奈江(36歳)だ。
  • 詳細は分からないが、2ちゃんではイジメか何かあったのではないかと推測・憶測が飛び交っている。

 

 

2ちゃんの感想・反応

うーん、情報が少ないけど、文科省経由で休みますって返事がくるのがなんかある感じがするなぁ。

ニュースソース

「体調不良で休む」
 国の地方創生人材支援制度を活用して文部科学省から佐賀県三養基郡上峰町に出向中の松井佳奈江副町長が、6月末から登庁していないことが12日、分かった。町によると、東京出張したまま町内に戻っておらず、文科省を通じて体調不良で休む返答があったという。

東京出張のまま
 町によると、松井副町長は6月28日、文科省の依頼で東京に出張し、その後登庁予定だった30日に姿を見せなかった。そのため町が文科省の人事課に確認したところ、7月1日までの出張延長の申し出があった。

町、直接連絡取れず
 週が明けた4日も登庁せず、再度、文科省に問い合わせると「健康上の理由でしばらく休ませたい」との返答があった。現在も町と松井氏の間では直接連絡が取れない状況という。

初の女性副町長
 松井副町長は同じ文科省から出向していた前任者を引き継ぐ形で、町初の女性副町長として今年4月に就任した。任期は2017年度末までの2年間。6月定例議会(3~10日)は出席していた。

町長も「心配」
 佐賀新聞社の取材に対し、文科省人事課は「本人は療養中で、回復の見込みはまだ分からない」と答えた。武広勇平町長は「急なことで驚き、心配している。今後は文科省と協議しながら対応したい」と話す。

via: 文科省から出向の上峰町副町長、6月末から登庁せず 佐賀 (佐賀新聞) – Yahoo!ニュース
WS000044

2ちゃんねるの反応・意見

無断欠勤でクビにしろよ

本人も文科省も無責任。

公務員は、気楽な商売だなw。

官僚に責任感なんてねえよwww

田舎特有のイジメ?
あんたは他所者やからねみたいな

登庁拒否とかワロタ

佐賀県かあー
分かるような気もする

>後登庁予定だった30日に姿を見せなかった

やる気のないアルバイトかよ

逆にやる気がありすぎて、「天下りの飾り物」扱いに耐えられなかった可能性もある

>文科省に問い合わせると「健康上の理由でしばらく休ませたい」

なんだこれ
当人の意識がないのかよ

佐賀でも更に田舎だからかな
休日遊ぶといっても
都会の人は福岡位の街では満足出来ないんだろうなあ

いくらキャリア官僚でも36歳の小娘じゃ相手にされないだろうな。

うん
彼女と同じ世代の職員は同レベルの大卒とか院卒とかもいるので思ってた様に威張れなかったんだろうね
(本当に就職難だったので地元帰って役場に就職したのがゴロゴロ)
そしてその頭良い地元ヒラ職員のが使えるので
高卒の田舎オッサン職員から影でバカにされてプライド高くて耐えられなくなったんだろう

ありそう。

この年代あたりから10年は公務員になるやつのレベルがおかしい。

その他、感想

就任したばかりなんだな。
旦那を残して単身赴任か?

2ヶ月で病むとはな
田舎の役場は恐ろしいとこやでぇ
(´・ω・`)

腫物として扱われたのか、最早虐められていたか

はじめっからいびりだすのを決めていても驚かない

こんにちは 松井佳奈江さん(36歳)

愛知県名古屋市出身。2002年から名古屋工大の事務官として勤務し、04年に文科省へ転任した。
07、08年の2年間は文科省での業務に従事しつつ、立教大大学院で学んだ。
「忙しいときは仕事をして、夜大学院へ行き、また夜中まで仕事をして帰るという毎日だった」と振り返る。

そんな苦労をしてでも身につけたかったのは、行政と民間がいかに連携、協働していくべきかを探るネットワーク学。
「行政だけで完結せずに、外部との関わりをどう持つか。連携する上では中長期的な仕組みづくりが大事」と話す。
趣味は旅行で、国内外問わず好奇心を満たしに足を延ばす。「佐賀は透き通った呼子のイカの刺身が印象的。
九州はおいしいものが多い土地だと思うので、業務の合間にいろいろな場所を訪れたい」と話す。

http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/297917

>九州はおいしいものが多い土地だと思うので、業務の合間にいろいろな場所を訪れたい

ダメだこいつw完全に観光気取りだわw

海外の僻地での医療活動に携わった女医があの村の陰湿さには耐え切れなかったのと同じ匂いがするね

みた限りだと、キャリアじゃないよね?
旧国家公務員Ⅱ種で法人化前の国立大事務官採用、
その後本省に異動、新制度つかって地方自治体へ出向
って経緯じゃないの?

ノンキャリだったか

36で副町長なんて
完全に経験・能力・意識が不足している

なんだかんだいってキャリアはちゃんと相応の役をこなせる能力があるからな
>>53のインタビュー見ても、完全にお門違い
出向させた文科省もアホ

すげー田舎だからな ここ

期間工でも長期連休で帰省したまま戻って来ん奴おったなあ

田舎に女性の上司とか無理だったんだろ

36歳のお嬢さんが田舎町の副町長って
地元の物知りなお爺さんたちに
この娘をいじめてくださいって言ってるようなものじゃん。
派遣したやつも責任とれよ。

こいつ経歴見るといわゆる官僚ではなく、2種じゃないの?
24年度でまだ係長だし、官僚なら課長補佐になっててもおかしくない歳だし。
まぁ、なんでそんな奴を副町長なんて立場で送り出したんだって話はあるけど

この制度が地方創世事業の本丸だからな。
要は、中央政府からの派遣官僚による占領統治、目的はリストラな、役所のみではなく地域そのものの縮小削減。
当然、地方側は反発するし、抵抗もするだろう、こういう事件?もあるかなと。

http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/293027
前任者も一年で退任してるんやな・・・

一年交代だろ

http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/169520
いや、別ソースだと、任期は4年間ってことだったみたい
今回は任期は2年間でこれ

何かあるんやろな

その他、2ch反応

無断欠勤としてはせいぜい5日くらいか
半年逃げ回った陸上自衛隊尉官は懲戒免職になったが、このケースは元の職場が救いを出したようだな。
ちょっとバランスが悪いので、分限でやめてもらうくらいが良いんじゃないか。
佐賀の仕置きはまた別の話だ。

セクハラじゃね?

昔は田舎に東京から転校生が来ると、スーパーマン扱いだったな。

文科省がかばってるってことは町に問題があるんだよな
この女がアレなら文科省も黙ってないでなんらかの処分するはずなのに
なんで休みたいか理由きいてそりゃ仕方ねーわってなってじゃ後は俺らに任せて休めやってなってんだろうなぁ

昔役所に務めていたんだけど
県や国から出向で来た人には
当たらずさらわずなにもなく任期終えて帰ってもらうのが総意だったがなあ。
つーか、出向してくる人もちゃんとしていて
下の言うことをちゃんと聞いてくれる人ばかりだった。
10年以上前だから時代が違うのかねえ・・・

上峰町か、後々の為にログ残しとこう

佐賀県は教育委員会がやらかした事だし、この件も地方創生絡みだし、文科はオリンピックでもやらかしたし、
文春あたりが取り上げると面白い

上峰町は田舎だが中都市久留米からの通勤も出来るから不自由する事は無い
但し男遊びは育った地域が違うから簡単にはいかんだろう。

組織図見ると、女性管理職が多いなあ。

これは、お弁当ひとりぼっち、をやられたな。

女性の活用、女性優遇の末路か。

あー鬱か。まあ仕方ないね
他の奴に替わるだけの話だし、ゆっくり休めばええよ

コメント欄

名前

コメント

イジメ?文科省から出向の佐賀県上峰町・松井佳奈江副町長、6月末から登庁せず、東京出張したまま戻らず文科省を通じて体調不良で休む返答」への1件のフィードバック

  1. 正直今の田舎の人と都会の人はもう別の国の人‌
    常識、モラル、マナー、食文化、宗教、習慣、言語、思考‌
    もうお互いに理解するのは無理だと思うよ‌
    田舎から見れば都会の人は田舎者が何億年先まで進化しても絶対にそこに辿り着けない例え何が有っても完全否定すべき2070年位の未来人‌
    都会から見れば50年以上遅れてしかも‌
    都会ではそれは悪い事とされる風習を未だに信仰、実践してる不思議な一見、現代社会に似てはいるけど非なる未開の文明の土人‌
    そりゃ上手くやれる訳が無い

    0

    0

コメント欄

名前

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!