風邪薬成分アフセトアミノフェンの大手メーカー山本化学工業(和歌山)が、安価な中国産を無断使用し水増し 品質に問題はなく健康被害なし 高速水着会社・大阪市生野区は別会社で誤解対応に追われる…【解熱鎮痛剤・カロナール粒剤

風邪薬成分アフセトアミノフェンの大手メーカー山本化学工業(和歌山)が、安価な中国産を無断使用し水増し 品質に問題はなく健康被害なし 高速水着会社・大阪市生野区は別会社で誤解対応に追われる…【解熱鎮痛剤・カロナール粒剤

この記事は約9分37秒で読めます。

コメント(3) 

 
  • 風邪薬などの成分「アセトアミノフェン」を製造している和歌山市の原薬メーカー「山本化学工業」が、無断で中国製の安価な原料を混ぜて使用していたことが発覚した。
  • 和歌山市の会社はノーコメントを貫く中、同名の大阪市の水着会社は風評被害を受けて対応に追われている。

 

 

概要・経緯などのまとめ

【概要】
和歌山県和歌山市の原薬メーカー「山本化学工業」が、風邪薬や解熱鎮痛剤に使われる「アセトアミノフェン(AA)」に、無届出で中国製のアセトアミノフェンを混ぜて出荷していたことが分かった。

原薬大手、風邪薬成分に無届け品 安い中国製混ぜ水増し

山本化学工業は、アセトアミノフェンを製造している国内2メーカーのうちの1つで、山本化学工業は国内産の約8割を製造していた。

【発覚の経緯と今後の処分】
製造方法を無断で変更することは法律で禁止されており、今年5月の厚生労働省と和歌山県の立ち入り調査で発覚した(法律に違反する疑いがあるとして立ち入り調査)。

違反が明らかになった場合、業務改善・停止の他、医薬品の廃棄・回収命令を出すことができる。今後、和歌山県は厚生労働省と協議を進めながら、近く行政処分を行う方針(医薬品医療機器法違反)。

【具体的にどんな法律違反なのか】
山本化学工業は、医薬品医療機器総合機構(PMDA)に、「自社での製造」と届け出て認められていたが、輸入に関する届け出はしていなかった。

山本化学工業は米国産の原料などから自社でアセトアミノフェンを製造していたが、これに輸入した安価な中国製を混ぜて製薬会社に出荷していた。

無断で製造方法を変更したことになり、この点が医薬品医療機器法違反に当たる。

【山本化学工業側のコメント】
山本化学工業は「受注しすぎて製造が間に合わなくなった」「生産が追い付かず、数年前から中国製のものを全体の1割から2割程度混ぜていた」などと調査に対して話している。
厚労省担当者は「実際はコストを浮かせる意図もあったと考えられる」とITmedia取材に答えている。

山本化学工業はNHK取材に対して「現在はコメントできる状況にない」とノーコメント。

山本化学工業の男性社員はNHK取材に対し、以下のように答えている。
「今、社長が不在で詳しいことはわからないが、先月、厚生労働省と和歌山県が立ち入り調査に入ったことは事実です。現在は、すべての製品の製造を自粛している状態です」

【その他】
山本化学工業は、すべての製品出荷を見合わせている状態だ。アセトアミノフェンについては、海外からの輸入品もあるため、国内解熱剤の供給にはいまのところ影響は出ていない。

厚生労働省によると、中国製を混入させて出来たアセトアミノフェンは品質面では問題は見つかっていないとのことで、流通した製品を回収する必要はないとしている。また、今のところ健康被害などは確認されていない。

【ソース】
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3085220.html
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170622/k10011026671000.html
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1706/22/news085.html

▼ 同名の大坂の会社が風評被害!

 同じ「山本」でも、こちらは水着の山本です――。水着の製造などを手がける山本化学工業(大阪市生野区)が22日、和歌山市にある同名の原薬メーカーと無関係という声明を急きょホームページに掲載した。日本代表選手も水着を愛用するメーカーが、誤解に困惑している。

(中略)

社名がまったく同じだったことから、大阪の山本化学工業にも報道各社などから問い合わせが相次いだという。

 大阪の山本化学工業は水着やウェットスーツ、ラバーを用いた医療機器などを扱うメーカーだ。高速水着用のラバー素材を開発し、注目された。2010年から大会での高速水着の使用が禁止された後も、練習用のラバー製水着を開発。フォームの改善につなげるのが特徴で、日本代表選手も使っている。

 ブログや、ツイッターのつぶやきでは間違って大阪の山本化学工業の画像やURLが転載される事態に。広報担当者がツイッターに一つひとつ返信して誤解を解こうとするなど、対応に追われているという。「和歌山県にある山本化学工業株式会社は、弊社とは全く関係はございません。弊社は医薬品は一切製造しておりません。どうぞご安心ください」と呼びかけている。

via: 同じ社名でとばっちり… 高速水着の会社、誤解に困惑 – 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル

▼ AA(アセトアミノフェン)とは

<アセトアミノフェン> 解熱鎮痛剤の一種。脳の中枢に作用して熱を下げるほか、痛みを和らげる効果があるとされる。市販されている風邪薬(総合感冒薬)などで広く用いられている。頭痛や腰痛、歯痛、急性上気道炎などでも処方される。100年以上前から医薬品として使用されている実績がある。

via: 東京新聞:原薬大手、風邪薬成分に無届け品 安い中国製混ぜ水増し:社会(TOKYO Web)

▼ 山本隆造社長は製薬協会会長を突然辞任していた

山本化学工業の山本隆造社長は、製薬会社などで作る和歌山県製薬協会の会長をつとめていました。しかし、先月下旬、一身上の都合を理由に突然、辞任したということです。
協会の役員の1人は「なぜ辞任するのか説明はなかったが、会社に厚生労働省や県の立ち入り調査が入ったという話は聞いていた。社長は、大変、まじめな経営者だったので驚いた。事態の成り行きを見守りたい」と話していました。

via: 解熱鎮痛剤の成分 無届けで中国製を混入 和歌山のメーカー | NHKニュース

▼ 和歌山市本社の山本化学工業株式会社の詳細
※JDIICA化成品工業協会の会員紹介記事より。元記事は削除されているがキャッシュより引用

原薬大手メーカーって報道だけ見ると、他の成分もたくさん作ってたのかってイメージ沸くが、これを見る限りアセトアミノフェンが主力のようだ。

山本化学工業株式会社

社名 山本化学工業株式会社
英文社名 Yamamoto Chemical Ind. Co., Ltd.
本社所在地 〒640‐8255 和歌山市舟津町1-4
役員 社長:山本隆造
取締役:大城戸和之
監査役:山本静子
従業員数 30名
資本金 1,125万円
設立年月日 昭和26年12月
工場
研究所
営業所 本社に同じ
沿革
昭和21年5月 和歌山市舟津町に山本化学工業所を創立。アミノ酸カラメル製造に着手する。
同26年 1月 バラフヱネチジンおよびチオ硫酸ソーダを製造する
同26年12月 組織変更し山本化学工業(株)とする
同27年 8月 薬局方フェナセチンを製造
同34年10月 公定書外医薬品N-アセチル-p-アミノフェノールを製造
同35年 8月 国有特許使用によるC.M.Cを製造
同47年 2月 β-オキシブチリル-p-フェネチジンを製造
同49年 7月 営業部門を分離独立し、販売会社サンケミファ一(株)を設立。

製造品目
局方アセトアミノフェン
局方メフェナム酸
局方塩酸フラボキサート

設備能力
局方アセトアミノフェン:960トン(年産)
局方メフェナム酸:100トン(年産)
その他:900トン(年産)

14年5月現在

主要販売先 サンケミファ一
主要仕入先 三井化学ファイン、岡畑産業、岡畑興産、興和、サンケミファー

via: 山本化学工業株式会社 | 化成品工業協会

管理人コメント

製造方法の無断変更でアウトって感じらしいが…中国産つかってる時点でアウトって方が感覚的には近いよなぁ。2ちゃんでもコメントあったが、中国産と明記してあるものを避けようとしても、書いてないようなところで紛れ込んでくるので恐いところだ。

それにしてもこの和歌山市の会社、あまり大手ではなくて、山本化学工業でぐぐると1位に大阪の水着メーカーの方が表示されてくるのがなんとも…。化成品工業協会の方は和歌山市の会社の情報消しちゃってるし、これが逆に風評被害に拍車かけてる感が…

2ちゃんねるの反応・意見

もう一つの大阪にある山本化学工業とは無関係です

これか

【大阪】和歌山と同じ社名でとばっちり… 高速水着の「山本化学工業」、誤解に困惑

水着の開発で話題になったなんて、ツィッターで流れてたが、単なるフェイクニュースだったのか

アセトアミノフェンは一般名「カロナール」

逆な
一般名がアセトアミノフェン
商品名がカロナール

AA職人かよ

うわカロナールかよ
めちゃくちゃ飲んでるわ・・

その他、感想

大手メーカーらしいけど、会社が町工場ぽくってワロタww

原薬メーカーだからね
大手がやらない、下請けみたいなもんだわ

これはひどい

カロナール

https://www.ayumi-pharma.com/pdf/news_170622.pdf
当社はアセトアミノフェン製剤であるカロナールの製造販売を行っておりますが、
山本化学からは「カロナール細粒20%」「カロナール細粒50%」および
「カロナール坐剤小児用50」の3製品の原薬を調達しております。

こういうのが世の中にバレるのって内部告発なん?

これ回収しないのか

アセトアミノフェンて市販薬にもめっちゃ使われてて
この会社はアミノフェン製造の国内シェア八割もあるのに
すっげえ汚い街工場みたいなのはなんでなんだ
製薬会社にどんだけ買いたたかれてるんだよ

直ちに影響はない
なあに、かえって免疫が・・・

内部告発が有るまでチエックすらされない

倒産だな
退場していただきましょう

インフルで「熱がキツかったら飲めや」と渡されるのがアセトアミノフェン(カロナール)

質には問題ないんだろうからそれはそれでいいけど(検査くらいしてるんだろうな?)
ちゃんと中国由来だと告知しろっての
心の準備ってのがあんだよ
覚悟っつーかよ

その他、2ch反応

薬は体質で効き目が全然違うよね
アスピリン→効かないどころか吐き気と眩暈
アセトアミノフェン→頭痛には効いた気がする程度で不安定
イブプロフェン→飲んだ瞬間スッキリと痛みは去り、むしろハイになるレベル

食材で中国産避けてもこんなところから…

薬爆買いしてた中国人もご立腹

薬局薬剤師スレ情報だと該当するのはカロナールだけじゃないみたい
メーカーのHP出てないから詳しくは薬局薬剤師スレみてほしいが

カロナールは錠はセーフで該当するのは小児科の薬用の粉らしい

一応厚労省は大丈夫と

中国産は口にするまいと決めて数年経つが、罠はいたる所に張り巡らされている。

コメント欄

名前

コメント

風邪薬成分アフセトアミノフェンの大手メーカー山本化学工業(和歌山)が、安価な中国産を無断使用し水増し 品質に問題はなく健康被害なし 高速水着会社・大阪市生野区は別会社で誤解対応に追われる…【解熱鎮痛剤・カロナール粒剤」への3件のフィードバック

  1. いやこれ普通にまずいでしょ‌
    経営が意図的にやったのか、社内の一部の独断か、それとも内部に工作員が暗躍してなのか‌
    よりによって支那産、中に何か盛られてたら薬害どころか大惨事になる
    0
    0
  2. かなりまずいと思うぞ‌
    厚労省は、問題・健康被害ナシで収束させるつもりじゃないだろうな?‌
    一般人には市販薬の口コミさえ禁止してるくせに、なんのための薬事法だよ
    0
    0
  3. 二階が、たびたび中国にごますりしてるのも山本化学工業からの政治資金が影響してるのかな?
    0
    0

コメント欄

名前

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!