武井咲、2016年冬ドラマ「フラジャイル」でヒロイン。新米医師役!主演はTOKIOの長瀬智也、初ドラマの小雪も出演―原作めっちゃおもろいけど武井か…視聴率爆死が心配【2ちゃん前評判・感想】【2016年1月13日第1話水曜10時枠】

武井咲、2016年冬ドラマ「フラジャイル」でヒロイン。新米医師役!主演はTOKIOの長瀬智也、初ドラマの小雪も出演―原作めっちゃおもろいけど武井か…視聴率爆死が心配【2ちゃん前評判・感想】【2016年1月13日第1話水曜10時枠】

この記事は約11分34秒で読めます。

担当:

 
  • 来年スタートのフジテレビ系「フラジャイル」で、武井咲(21)がヒロインを演じる事が分かった。
  • 主演はTOKIO・長瀬智也(37 )で、偏屈で毒舌なイケメン天才病理医、岸京一郎を演じる。本作の同名漫画が原作。
  • 他、初ドラマの小雪(38)、野村周平(22)、北大路欣也(72)が出演予定。

 

 

武井咲、ヒロインで新米医師役についてネット感想

武井咲はコケてもコケてもドラマの主演が舞い込んでくるのか。とりあえず。漫画は面白い。

ニュースソース

 女優、武井咲(21)が、来年1月13日スタートのフジテレビ系「フラジャイル」(水曜後10・0)でヒロインを演じることが15日、分かった。

 TOKIO・長瀬智也(37)主演の同作は、偏屈で毒舌なイケメン天才病理医、岸京一郎の活躍を描く同名漫画が原作。武井は、岸と同じく患者の細胞などを分析する病理診断科に所属する新米医師、宮崎役。

 患者の命を第一に考える岸に共感しながらも、天才医師に振り回され、成長していく女医を熱演し、「宮崎は仕事をまっすぐに頑張る女の子なので、そこを見せていけたら」と思い入れ十分だ。

 劇中で“凸凹コンビ”を組む長瀬については「私がリハーサルで緊張していたのを感じ取って下さり、すごく優しかった」と信頼を寄せる。

 ほかに第3子の次男を7月に出産後、初のドラマ出演となる小雪(38)が、岸の過去を知るセクシー外科医役で出演。優秀な臨床外科医を野村周平(22)、岸の元指導医で病理医界の重鎮を北大路欣也(72)が演じることも決まり、豪華キャストで“長瀬先生”をもり立てる。

via: 武井咲、ヒロインで新米医師役!主演の長瀬智也と“凸凹コンビ” – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)

原作漫画の紹介での引用です↓

その医者は極めて優秀な変人である。
岸京一郎、職業・病理医。
癌患者にとって自身の命を託すことになるその男は、患者と顔を合わすことなく精確な診断を下していく。
——直接会わずに済むことは、患者にとって福音である。

原作 草水敏
漫画 恵三朗
連載:アフタヌーン

ふらじゃいるフラジャイル漫画の写真・画像

『フラジャイル』は、講談社「月刊アフタヌーン」で連載中の作品です。主人公は、極めて優秀な反面かなりクセのある変わり者の病理医・岸京一郎。患者と対面することの少ない「病理医」という職業を扱っている点と、彼らの働きによって周囲の医師たちが動き、患者が救われていくというストーリーが、数ある医療漫画の中でも珍しい作品です。なおコミックス単行本は、現在第3巻まで発売されています。

via: 主演はTOKIO 長瀬智也さん!病理医が主人公の医療漫画『フラジャイル』がTVドラマ化 | ほんのひきだし

ネットの反応・意見

>偏屈で毒舌なイケメン天才病理医

キャラ設定がドクターハウスに似てるな・・

面白そうだから見る

口曲がり女

オスカーのゴリ押しヤバすぎるだろ
10本以上主演ヒロインやってて
1本もヒット作が無い
奇跡の女優・武井咲の伝説はどこまで続くんだよ…

10本主役やって当たり役がないかわりに
川口春奈ちゃんみたいなおお外れもない
可もなく不可もなし

低視聴率長瀬×低視聴率武井=高視聴率間違いなし

若すぎて医師に見えねーよ

その他、反応

さきちゃんかわええ

原作めっちゃおもろいけど武井か…

高部あい降板で武井さんがヒロイン役か

こんなのいらないから、医龍5作ってよ

剛力やら武井やら相手させられる長瀬がかわいそうだろ

ゴリ押しジャニ お互い様

その他、日本の反応

セクシー外科医役が多部ちゃんなら完璧なキャスティングだった

抱かれるな

今時フジ何か見てる人は日本人じゃな…

まだ居たの
韓国に生まれたかった人

しかしよくもまあ懲りずにごり推し続けるよなw

|・ ∀ ・ `)。。oO(また医者か
テレビ業界には創造力ってないの?

フジテレビだからな、
完全な「ぱよぱよちーん」スパイラル状態だな

>イケメン天才病理医
フラジャイルの岸はイケメンじゃねーだろwww

ドラマフラジャイル、漫画とキャストの比較の写真・画像

長瀬じゃなくて阿部寛にして、片足が悪い設定にすればウケるはず。

裏がダンダリンとかなら勝てたかも知れんけど
新婚堀北やからな、7~8%で合格かと

ほんとゴミみたいな医療ドラマが多すぎ

武井は1期おきにドラマ出さないといけない決まりでもあるの

武井咲のゴリ押しを批判する報道も…

 ネット上では「剛力よりはマシ」「演技は悪くない」という声も一部あるものの、「21歳の医者とか……」「武井なら見ない」「低視聴率コンビかい」という、辛らつなコメントのほうが明らかに多い。以前にも増して武井に対する風当たりが強いのは、オスカー自体のイメージ低下やテレビ局の現状も影響しているのでは、と記者は続ける。

「高部あいがコカイン所持で逮捕された一連の騒動で、所属事務所であったオスカー自体のイメージが今、地に堕ちています。今回の武井の出演も『高部の代わりか?』などとネタにされていますよ。視聴率にも恵まれない武井をヒロインになぜ抜擢するのかという意見もあるかと思いますが、オスカーはギャラを安くすることで多数のオファーを獲得し、“ゴリ押し”を可能にするスタイル。制作費を抑えたいテレビ局としてはありがたい存在であることは確かです。ましてや、今年初の赤字を計上したフジテレビですから、なんともわかりやすいですよ(笑)」(同)

via: 長瀬智也主演ドラマ「フラジャイル」に指摘「不安しかない」 – ライブドアニュース

その他、キャストについて

長瀬智也さんが主演を務める『フラジャイル』(2016年1月13日スタート 毎週水曜午後10時放送)。
ヒロインに武井咲さん、そして野村周平さん小雪さん、北大路欣也さんが主要キャストとして出演することが決定しました。
武井さん、野村さん、北大路さんは長瀬さんと初共演。
小雪さんは2010年以来、5年半ぶりの長瀬さんとの共演になります。
これまでまっすぐで熱い役を演じることが多かった長瀬さんに“新境地の役”という声が上がる本作ですが、集結したこの豪華なキャスト陣が、新しい医療ドラマを作り上げていきます!
長瀬さん演じるドラマ史上最も個性的と言って過言ではない主人公・岸に負けず劣らず個性的で“取扱注意”の登場人物たちです。

患者の命を第一に考える岸の姿勢に、自らが追い求める理想の医師像を重ね合わせ、内科から無理やり病理診断科に転科してきた新米病理医・宮崎智尋(みやざき・ちひろ)を
武井咲さんが演じます。元気だがおっちょこちょいな宮崎は、岸に振り回され続ける日々。病理医としての知識も経験も乏しく、時に重責に押しつぶされそうになることもしばしば。しかし患者の命を救いたいという、ひたすらまっすぐな情熱と純粋さが、リスクを恐れぬ行動へ宮崎を突き動かし、知らず知らずのうちに、病理医として成長を遂げていきます。
今回が役者人生2度目、フジテレビ系ドラマでは初の医師役となった武井さん。暴走しやすい新米病理医を演じる武井さんのまっすぐな笑顔と行動が病院に、そしてストーリーに果てしない元気と勇気を与えることでしょう。また偏屈な岸と純粋な宮崎の、時にクスッとしてしまうようなやり取りも、このドラマの大きな見どころとなります。

そんな岸と宮崎が働く病理診断科で、ただ一人の臨床検査技師・森井久志(もりい・ひさし)を演じるのは
野村周平さん。岸が診断するデータはすべて森井が上げます。岸も認める優秀さで、5人分の仕事を一人でこなす。一見、クールですが患者のため、徹夜をいとわず仕事に打ち込む熱い男。偏屈な岸の扱い方を熟知していて、岸の衝撃緩和剤の役目を負うことも。技師として充実した日々をすごしつつも、どこか医師に対して冷めた眼を向けることもあります。そこには、胸に秘めた技師になった本当の理由と知られざる過去が影響しているのですが・・・。
月9ドラマ『恋仲』で演じたエリート研修医が話題となった野村さん。本作で心に傷を抱える臨床検査技師という、まるで立場の違う医療現場の青年をどう演じるのか、期待されます。

さらに、岸と大学時代の同期で、頻繁に病理診断科の岸のもとを訪ねる美人医師・細木(ほそき)まどかを
小雪さんが演じます。タフさとしたたかさを併せ持つ優秀な外科医で、岸に絶大な信頼を置き、「すぐれた病院を探すなら、すぐれた病理医のいる病院を探すべき」とまで断言します。と同時に、岸の過去を知る数少ない人間の一人でもあります。岸に男女関係を匂わせるようなアプローチをし、宮崎をどきまぎさせることがあるセクシー外科女医。
約2年3ヵ月ぶり、2015年7月の第3子出産後から初のドラマ出演、かつ自身初となる医師役に挑戦する小雪さん。久しぶりの共演となった長瀬さんとともにまったく新たな医師像を作ります!

そして細木と同じように度々、岸のもとを訪れる岸の元指導医で、病理医界の重鎮・中熊薫(なかくま・かおる)役は、
北大路欣也さんが演じます。初めて出会った宮崎をデートに誘うなど茶目っ気も見せつつ、すごんだ際の口調や風貌はまるで筋者。岸の勤める病院の人事権にも影響を与えるほどの大物で、岸の前でも気兼ねなく傍若無人に振る舞います。しかし、岸とは確固たる信頼で結ばれていて、岸が相談をする唯一の人物。
初共演となる長瀬さんと、師弟関係を超えた絆を結ぶ北大路さん。文字通り熊のようなコワモテ病理医と偏屈イケメン天才病理医のコンビに注目してください!

取り扱いを一歩間違えれば大事に至ること必至な超個性的かつ魅力的な登場人物たち。そしてそれを演じる豪華キャスト陣に囲まれて、長瀬さんは長い歴史を数えるテレビドラマ史上最も強烈で唯一無二の突出した「個」を持つ、新しい真のヒーロー・岸京一郎を演じます!

via: フラジャイル公式ホームページ

2016年の連続ドラマ“水10”第1弾に、TOKIOの長瀬智也さん主演の医療エンターテイメント『フラジャイル』が放送されることが決定しました。
長瀬さんがフジテレビ系ドラマに出演するのは2003年4月17日~6月26日に放送された『ムコ殿2003』以来、実に13年ぶりとなります。
今回、長瀬さんはイケメンなのに偏屈で、患者の命と医療の正義のためなら相手が誰であろうと衝突をいとわないため“強烈な変人だが、極めて優秀”と周囲から表される、唯一無二の個性的な天才医師を演じます。2016年、医療ドラマに全く新しいヒーローが誕生します!


『フラジャイル』は、現在『アフタヌーン』(講談社)で連載中の同名漫画が原作。『アフタヌーン』の読者アンケートでは常に人気作品の上位に名を連ね、『マンガ大賞2015』の候補にもなり、2014年11月より3巻まで発刊しているコミックの累計数は20万部にのぼる、今最も勢いのある人気漫画です。
長瀬さん演じる主人公の病理医・岸京一郎(きし・けいいちろう)は、白衣はまとわず、常にスーツ姿。イケメンなのに、偏屈で毒舌。歯に衣着せぬ物言いで、敵ばかり作ってしまいます。性格が悪いことを自覚していて、自分の診断が他の医師と対立しようものなら、完膚なきまでに論破し、相手が降伏するまで徹底的に闘い抜く悪魔のような顔を持っています。
でも、その根底には、自らの名誉は一切求めず、医師として最も重んずるべきものは医療の正義、そして患者の命であるというブレない姿勢があります。現に岸が赴任してからというもの、病院の評判は劇的に良くなりました。周囲の医師たちは、そんな岸を「強烈な変人だが、極めて優秀」と表し、医師としての技量は桁外れに有能なのですが、なるべく関わり合いたくない存在。
ただ患者の命を救うため、そして己が信じる医療の正義のため、周囲との軋轢など一切いとわない偏屈イケメン天才医師・岸の闘いと活躍を描いていきます。

そんな岸が務める病理医は、内科医や外科医と同じ専門医のひとつです。顕微鏡による細胞や組織の観察、さらには亡くなった患者の解剖を通じて、病気の原因と発生の仕組みを解明するのです。と同時に、分析したデータから導き出される所見から、患者への診断を科学的に確定させる職責も担います。例えば、患者を直接担当している臨床医が肺炎と診断した場合でも、病理医により肺癌であることが発見される場合もあります。患者への治療は、病理医の診断があってから初めて進み出すのです。
そのような立場上、臨床医の診断ミスは病理医が正すことができますが、病理医の診断ミスは、そのまま患者の命に直結していきます。まさに命の防波堤であり、医療上、最も重責が大きい職務のひとつなのです。
にも関わらず、日本に病理医は2232名しかいません(2014年9月日本病理学会発表資料による)。医師全体で見るとたったの0.7%(2012年12月厚生労働省発表資料『全国の医師数303268人』)というのが現状で、病院には病理医が一人しかいない場合が多いのです。そのため、臓器別に病理医がいるアメリカとは異なり、日本の病理医は一人で全臓器を担当しなくてはならず、科を横断する幅広い知識、あらゆる細胞や組織の病理診断を下せる能力が問われます。そのため、病理医の世界は、日本の医療を凝縮していると言っても過言ではありません。病理医の世界を通して描かれる圧倒的にリアルな日本の医療の姿も、このドラマの見どころとなります。

via: フラジャイル公式ホームページ

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!