NHK「天皇陛下が生前退位のご意向」 宮内庁次長「報道事実は一切ない」ガセデマ?飛ばし記事?事実否定で情報錯綜 皇室典範改正議論・平成から元号が変わり、皇太弟ができる?

NHK「天皇陛下が生前退位のご意向」 宮内庁次長「報道事実は一切ない」ガセデマ?飛ばし記事?事実否定で情報錯綜 皇室典範改正議論・平成から元号が変わり、皇太弟ができる?

この記事は約11分49秒で読めます。

コメント(3) 

 
  • NHKが「天皇陛下が、生前退位の意向を宮内庁関係者に示されている」との報道をした。
  • 天皇陛下は数年内の譲位をお望みになられているとのことで、皇室典範改正に向けた議論が進んでいくこととなる。
  • ※宮内庁次長・山本信一郎氏は報道されたような事実は一切ないと否定している。情報錯綜中のためご注意ください。

 

 

2ちゃんの感想・反応

いつまでも国民の象徴としてお元気であらせられて欲しいという思いもあるけど、82歳とご高齢の中、公務を続けられていたのも心配であった…。いい形なんじゃないかなぁ。

ニュースソース

▼ 13日19時ちょうどに出たNHKニュース(後述するように、宮内庁次長が全面否定している。)

天皇陛下が、天皇の位を生前に皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示されていることが分かりました。数年内の譲位を望まれているということで、天皇陛下自身が広く内外にお気持ちを表わす方向で調整が進められています

天皇陛下は、82歳と高齢となった今も、憲法に規定された国事行為をはじめ数多くの公務を続けられています。そうしたなか、天皇の位を生前に皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示されていることが分かりました。

天皇陛下は、「憲法に定められた象徴としての務めを十分に果たせる者が天皇の位にあるべきだ」と考え、今後、年を重ねていくなかで、大きく公務を減らしたり代役を立てたりして天皇の位にとどまることは望まれていないということです。こうした意向は、皇后さまをはじめ皇太子さまや秋篠宮さまも受け入れられているということです。

天皇陛下は、数年内の譲位を望まれているということで、天皇陛下自身が広く内外にお気持ちを表わす方向で調整が進められています。

これについて関係者の1人は、「天皇陛下は、象徴としての立場から直接的な表現は避けられるかもしれないが、ご自身のお気持ちがにじみ出たものになるだろう」と話しています。

海外では、3年前、皇室とも親交の深いオランダの女王やローマ法王などが相次いで退位を表明して注目を集めました。

日本でも、昭和天皇まで124代の天皇のうち、半数近くが生前に皇位を譲っていますが、明治時代以降、天皇の譲位はなくされ、江戸時代後期の光格天皇を最後におよそ200年間、譲位は行われていません。

皇室制度を定めた「皇室典範」に天皇の退位の規定はなく、天皇陛下の意向は、皇室典範の改正なども含めた国民的な議論につながっていくものとみられます。

天皇陛下 象徴としての歩み
天皇陛下は、今の憲法のもとで初めて即位し、以来、象徴として望ましい天皇の在り方を求め続けられてきました。

平成元年の即位にあたっての記者会見では、「憲法に定められた天皇の在り方を念頭に置き、天皇の務めを果たしていきたい」としたうえで、「現代にふさわしい皇室の在り方を求めていきたい」と述べられました。
天皇陛下ご即位に際し(平成元年) - 宮内庁 www.kunaicho.go.jp350×243画像で検索 記者会見をなさる天皇皇后両陛下

平成3年、長崎の雲仙・普賢岳の噴火災害では、そうした天皇陛下の考えが目に見える形で示されました。皇后さまとともに被災地を訪れ、避難所の板張りの床に膝をついて、被災者一人一人に同じ目の高さで話しかけられたのです。 img_19

その後も、阪神・淡路大震災や東日本大震災など、大規模な災害が起きるたびに被災地を訪れ、被災した人たちに心を寄せられてきました。また、障害者や高齢者の施設を訪れるなど、社会で弱い立場にある人たちに寄り添われてきました。

こうした活動について天皇陛下は、平成11年、即位10年に際しての記者会見で、「障害者や高齢者、災害を受けた人々、あるいは社会や人々のために尽くしている人々に心を寄せていくことは、私どもの大切な務めである」と述べられました。そして、のちに、「天皇の務めには日本国憲法によって定められた国事行為のほかに、天皇の象徴という立場から見て、公的に関わることがふさわしいと考えられる象徴的な行為という務めがあると考えられます」と話されました。

こうした務めについて、天皇陛下は、「戦後に始められたものが多く、平成になってから始められたものも少なくありません。社会が変化している今日、新たな社会の要請に応えていくことは大切なことと考えています」と述べられていました。

天皇陛下は、「昔に比べ、公務の量が非常に増加していることは事実です」としながらも、「国と国民のために尽くすことが天皇の務めである」として、数多くの公務を一つ一つ大切に務められてきました。

天皇陛下の負担軽減が課題に
天皇陛下が、一つ一つの公務に精力的に取り組まれるなかで、年齢に応じた負担の軽減が大きな課題となってきました。

平成21年1月、宮内庁は、前の月に75歳になられた天皇陛下の負担軽減策を発表しました。心身のストレスによる胃や十二指腸の炎症が見られたためで、天皇陛下は、式典での「おことば」の多くを取り止め、宮中祭祀も減らされるなどしました。さらに、3年後には「狭心症」と診断されて、心臓の冠動脈のバイパス手術を受けられます。宮内庁は、天皇陛下が高齢であることや、前立腺がんの手術後、注射を続けている治療薬の副作用など、不安材料を挙げたうえで、さらなる負担軽減の必要性を強調しました。

一方で、天皇陛下は、退院から僅か1週間後に東日本大震災の犠牲者の追悼式に出席されました。



JAPAN-DISASTER-FUKUSHIMA-ANNIVERSARY その年、79歳の誕生日を前にした記者会見では、負担の軽減について尋ねられ、「公的行事の場合、公平の原則を踏まえてしなければならないので、十分に考えてしなくてはいけません。今のところしばらくはこのままでいきたい」と述べられました。天皇陛下は、天皇の公務について、公平に行われることが大切だとして、大きく変えられようとはせず、宮内庁による見直しも行事の内容や日程を工夫するにとどまり、負担軽減は思うように進んでいません。

そうしたなか、82歳の誕生日を前にした去年暮れの記者会見で、天皇陛下は、「年齢というものを感じることも多くなり、行事の時に間違えることもありました」と率直に老いや間違いを認め、「少しでもそのようなことのないようにしていくつもりです」と述べられました。

宮内庁は、ことし5月には、天皇皇后両陛下の年齢にふさわしい公務の在り方を考え、両陛下の公務の一部を取りやめると発表しました。公務の全体的な見直しが行われたのは7年ぶりでしたが、関係者によりますと、当初、宮内庁が示した大幅な削減案に天皇陛下が難色を示され、見直しはごく小規模なものにとどまったということです。

via: 天皇陛下 「生前退位」の意向示される | NHKニュース

▼ 13日21時50分朝日新聞報道。「報道の事実一切ない」

 宮内庁の山本信一郎次長は13日夜、宮内庁内で報道陣の取材に応じ、「報道されたような事実は一切ない」と、最初に報じたNHKの内容を全面的に否定した。宮内庁として生前退位について検討しているかに関しては、「その大前提となる(天皇陛下の)お気持ちがないわけだから、検討していません」と語った。

via: 宮内庁次長は全面否定「報道の事実一切ない」 生前退位:朝日新聞デジタル

▼13日23時2分時事通信社

 天皇陛下が天皇の地位を生前に皇太子さまに譲る意向を宮内庁関係者に伝えられたとの報道を受け、同庁の山本信一郎次長は13日夜、報道各社の取材に応じ、「そうした事実は一切ない。陛下は憲法上のお立場から、皇室典範や皇室の制度に関する発言は差し控えてこられた」と否定した。

 午後8時半ごろ庁内で各社の取材に応じた山本次長は、「陛下が生前退位の意向を宮内庁関係者に示されたという報道があったが、そうした事実は一切ない」と繰り返し強調。「長官や侍従長を含め、宮内庁全体でそのようなお話はこれまでなかった」と話した。

 記者からは皇室典範改正の可能性についても質問が飛んだが、「皇室典範や制度にわたる問題については内閣や国会で対応するものだ」とコメントを避けた。静養のため葉山御用邸(神奈川県葉山町)に滞在中の陛下の体調については「お変わりなくお過ごしだ」と説明した。

via: 天皇陛下の生前退位を宮内庁次長が否定「そうした事実一切ない」 – ライブドアニュース

▼ 時事通信14日02時26分更新・宮内庁長官も報道内容を否定

 深夜に取材に応じた同庁の風岡典之長官も、同様に報道内容を否定。「(皇室の)制度については国会の判断にゆだねられている。陛下がどうすべきだとおっしゃったことは一度もなく、あり得ない話だ」と述べた。(2016/07/14-02:26)

via: 「そうした事実一切ない」=宮内庁幹部は報道否定-生前退位:時事ドットコム

NHKの報道が本当なのかどうかはまだ不明です。13日22時時点で情報が錯そう中

▼ 健康上の問題があるわけではない

政府関係者によると、天皇陛下は、今すぐに退位しなければならない健康上の問題があるわけではないという。

via: 天皇陛下、健康上の問題はなし – 共同通信 47NEWS

▼ 皇室典範の改正が必要?

政府関係者は、生前退位の意向を踏まえ、皇室典範の改正が必要になると指摘した。

◆皇室典範 皇位継承や皇族の範囲など、皇室関係の事項を定めた法律。1947年に制定された現行の皇室典範は、皇位の継承を「皇統に属する男系の男子が、これを継承する」と規定。順位を(1)皇長子(2)皇長孫(3)その他の皇長子の子孫―などと定めている。第4条では「天皇が崩じたときは、皇嗣が、直ちに即位する」としており、天皇の生前退位についての記載はない。

via: 天皇陛下が生前退位の意向 82歳、皇室典範の改正必要 ― スポニチ Sponichi Annex 社会

2ちゃんねるの反応・意見

※以下、2ちゃんの反応は宮内庁が全面否定コメントを出す前のものです。

平成の次はなんだろうな

子供つくろうと思ってたけど平成生まれだとゆとりレッテル貼られて辛い思いしそうなので待ちます

ああ、なるほど
憲法改正よりも皇室典範改正の方が優先されるから
2018年の衆院任期満了までに憲法改正発議できなくなるわけか

さすが天さん、やるねえ

関係ないよ

どうしても改憲阻止の意思表示にしたい奴が沸いてるな
何年も前から生前退位を周囲に話してたってところはなかったことにする気か

政府関係者によると、天皇陛下は少なくとも1年前から生前退位の意向を周囲に示されていた。

via: 天皇陛下、少なくとも1年前から退位の意向 – 共同通信 47NEWS

生きてる間にこんなニュース見るとは思わんかった

20160713201550

その他、感想

皇太子は誰がなるの?
秋篠宮さま?悠仁さま?

秋篠宮の処遇も変わりそうだな
皇太弟の身分が作られそう

次の子ができたら平成じゃない可能性があるのか…

200年ぶりだねぇ

そらそうや。せめて70台で隠居させてあげ

今年すぐかと思ったら数年以内になのか

皇室典範変えないと出来ないから今すぐは無理

お気持ち察するとホンマに泣けてくる、今上天皇万歳

なにこれ大ニュースじゃん。

おつかれさまでした

佳子さま直属の部隊とか作ってくれw結構な志願者がいると思うぞ。

俺、眞子様部隊に入りたいんだけど。

未来の戦友よ。

靖国で会おう

とりあえず
変な内閣のときじゃなくてよかったよ
天皇も考えたな

天皇皇后として最高の方々だった
引き際も美しい
災害が多すぎる元号になってしまったのだけは残念だったけど
日本は平和を守ったよ

新元号は小渕が発表しろよ

ドリル小渕でいいのかス?

お歳なのにあちこちに連れて行かれて大変そうだものな

今上天皇は平成上皇になるのか

これはスレ数歴代に残るニュースだな
記念

陛下にはゆっくりしてもらいたいのは山々なんだが
雅子が皇后なんて無理
本当に無理

最近御辛そうだったもんなぁ
全国の高齢者が罪悪感なく休んでくれるように
「良い老後」のモデルケースになっていただきたいです

その他、2ch反応

今上陛下は上皇になられあそばされるのですか?

国民的議論とはズバリ皇室典範を改正出来る国会での議論のこと
参院選が終了して真っ当な議論が可能な結果になったので本日のリークとなったわけだ

安倍政権が安定政権になったからかな。
ただ、安倍政権自体が皇室典範改正に賛成だったっけ?
まあ後継者問題ではなく退位の規定だろうけれどな。
でも、その先に後継者問題まで行くかもしれないねえ。

皇太子徳仁親王(こうたいし なるひとしんのう、1960年(昭和35年)2月23日 – )


2/23が祝日になるのか・・・
やっほい

都知事選どころの騒ぎじゃない

陛下有難うございました。

陛下のお気持ちわかります。
早急な皇室典範の改正を。
でも心配なのは跡を継がれるあのご一家のこと。

大変なご決断ですが
ご高齢でもありますし、そう先延ばしも
できないお話でございますなあ

寂しい(>_<)

猛烈な歴史的ニュースが来たな

コメント欄

名前

コメント

NHK「天皇陛下が生前退位のご意向」 宮内庁次長「報道事実は一切ない」ガセデマ?飛ばし記事?事実否定で情報錯綜 皇室典範改正議論・平成から元号が変わり、皇太弟ができる?」への3件のフィードバック

  1. 2020年の東京五輪を今上陛下最後の年とするか、‌
    あるいはその前年に退位して、五輪を新時代の幕開けとするか。‌
    できれば少しでも早くゆっくりお休み頂きたい所ではあるけども・・・
    0
    0
  2. 天皇陛下が 「生前退位」の意向を示されました。‌

    ご高齢でのご公務が、どれほどにご負担をお掛けしてきたかを考えなければなりません。‌
    皇太子殿下への譲位がなるべく早く行われるよう 皇室典範の整備を望みます。‌
    摂政制度があるから生前譲位は無用だと論じる人もいますが、外国の元首など貴賓と交流する際に こちらが摂政では、元首ではないがために(威厳・格)が下がってしまいます。 外交論としても 天皇として接することが国益として大切なことなのです。 また、天皇陛下は その眩いほどに輝く名称であると同時に 世界に類のない永き信頼・血統・伝統・安定を有しています。 天皇陛下が他国の元首・国王とも違い、最も尊ばれる存在であることを 日本人は誇りとしていいのです。‌
    神道が日本人の魂と社会に根付く国體の源であることを認識し、天皇制を護持するのが 大和民族を引き継ぐ私たち日本人の務めです。‌
    内閣総理大臣は天皇陛下による任命式のほか、伊勢神宮で格式を持った就任の行事を厳かに執り行うべきです。 これを是非とも国内放送して頂きたいと思います。 海外が報じるかどうかは どうでもいいのです。
    1
    0
  3. マスコミ内部の一部の創価学会職員による情報操作のうえの報道キャンペーンなのだとしたらイヤだね。‌
    情報クーデターみたいなものになるよ。
    0
    0

コメント欄

名前

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!