中国戦闘機が「第1列島線」の宮古海峡を通過し、自衛隊がスクランブル 翁長はまただんまり

中国戦闘機が「第1列島線」の宮古海峡を通過し、自衛隊がスクランブル 翁長はまただんまり

この記事は約5分33秒で読めます。

コメント(2) 

公開⇒

 
  • 9月25日、中国空軍の戦闘機8機が沖縄本島と宮古島間の宮古海峡上空を通過した。
  • この空域は中国が設定している「第1列島線」に該当し、中国軍がこれを超えて活動したのは初めてだ。

 

 

2ちゃんの感想・反応

翁長はまただんまり。むしろウェルカムくらいに思ってそうだな。

「前代未聞」の事態が続発しているんだけど、マスコミの注目度が全体的に低すぎる…。

ニュースソース

 防衛省統合幕僚監部は25日、中国空軍の戦闘機とみられる航空機など計8機が沖縄本島と宮古島の間の宮古海峡上空を通過したと発表した。戦闘機が宮古海峡を通過したのは初めて。航空自衛隊の南西航空混成団と西部航空方面隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)した。

 宮古海峡上空を通過したのは戦闘機とみられる航空機2機に加え、H6爆撃機4機、TU154情報収集機1機、Y8情報収集機1機の計8機。いったん宮古海峡を通過した後、往復する形で再び通過したという。

 宮古海峡上空をめぐっては、昨年5月に中国軍機としては初めて爆撃機が通過。同海峡は中国が対米防衛ラインとして設定する「第1列島線」(九州-沖縄-台湾-フィリピン)に当たり、これを越えて作戦展開する能力を誇示する目的があったとみられる。

via: 中国戦闘機の宮古海峡通過は初めて 空自がスクランブル 空軍訓練、第1列島線突破を誇示か?  – 産経ニュース

▼ NHK報道+中国側の発表

中国の軍用機8機が25日、沖縄本島と宮古島の間の上空を通過して東シナ海と太平洋の間を往復し、自衛隊機がスクランブル=緊急発進しましたが、領空侵犯はありませんでした。このうち2機は戦闘機と見られ、この空域を通過するのは初めてだということです。

防衛省によりますと、25日午前、中国軍のH6爆撃機4機と、TU154情報収集機1機、それにY8情報収集機1機が沖縄本島と宮古島の間の上空を東シナ海から太平洋に向けて相次いで飛行しました。

また、戦闘機と見られる2機が飛行しているのも、緊急発進した自衛隊機のパイロットが目視で確認したということです。

この空域では、これまで中国軍の爆撃機や情報収集機の通過は確認されていますが、戦闘機が通過するのは初めてだといことです。

8機はその後Uターンして東シナ海方面に戻り、領空侵犯はありませんでした。 中国軍機が沖縄本島と宮古島の間の上空を通過するのはことし4月以来で、防衛省は戦闘機を伴った今回の飛行の目的について分析しています。

中国空軍「遠洋での実戦能力を検証」
中国の軍用機が沖縄本島と宮古島の間の上空を通過したことについて、中国空軍の報道官は、25日、「戦闘機など40機余りが、西太平洋に向かう遠洋訓練を行い、宮古海峡を通過して、遠洋での実戦能力を検証した」と発表しました。

訓練では「スホーイ30」戦闘機や、「H6K」爆撃機、それに給油機などが沖縄本島と宮古島の間の上空を通過したとしていて、西太平洋では偵察や哨戒、空中給油などの訓練を行ったとしています。また、25日は、西太平洋での訓練と同時に、中国が2013年の11月に東シナ海の広い範囲に設定した防空識別圏でも、戦闘機などが定例のパトロールを行ったとしています。

そのうえで、空軍の報道官は、「西太平洋での遠洋訓練や東シナ海の防空識別圏でのパトロールの常態化は、国家の主権と安全を守り、平和的発展を保障するものだ」として、今後もこうした飛行を実施する方針を示しています。

via: 中国戦闘機 沖縄本島~宮古島の上空を初通過 | NHKニュース

▼ 26日、菅官房長官のコメント

 菅義偉官房長官は26日午前の記者会見で、中国空軍の戦闘機とみられる航空機など計8機が沖縄本島と宮古島の間の宮古海峡上空を通過したことに関し、「今後も活動を拡大、活発化させている中国軍の動向を注視し日本の領土、領海、領空は断固として守るとの観点から、引き続き警戒監視活動に万全を期す」と強調した。

 今回の中国軍機の飛来目的について、菅氏は「何らかの訓練などを行った可能性はあるものの、確たることを申し上げるのは控えたい」と述べるにとどめた。一方、中国政府が尖閣諸島(沖縄県石垣市)上空も含む東シナ海上空に防空識別圏を設定している点に対し、菅氏は「日本固有の領土である尖閣諸島の領空を、あたかも中国の領空であるかのごとき表示しており、わが国としては全く受け入れることはできない」と不快感を示した。「国際法上の一般原則である公海上空における飛行の自由を妨げるものだ」とも指摘した。

via: 菅義偉官房長官「日本の領土、領海、領空は断固として守る」 中国軍機の宮古海峡上空飛行を牽制 – 産経ニュース

2ちゃんねるの反応・意見

鬱陶しいシナチクだわな!半島人と同じだわ(笑)

撃ち落とせ

これもう戦争前夜だよな、半世紀前ならな
日本は余りにも悠長に構えすぎ

翁長知事が一言

あの人は中国のハニトラにかかってるの?何故だんまり?

翁長仕事しろよ
はよ

これ、沖縄は中国の領土だってことがいいたいんだよね

翁長にしてみれば、領海でも領空でもないのに騒ぐな、てところだろう

スクランブルすら余計といわんばかりだ

日本にはシールズがあるから

その他、感想

示威行動だな

おいコラ沖縄タイムス仕事しろ!

これ大問題じゃないのか?

ヅラ知事ダンマリwwww
沖タイ琉新はさっさとコメント取りに行けよwwwww

とことんなめられてるね。

ほんと日本のゴミカスメディアは中国の軍事的挑発にはダンマリだよな

「一歩間違えば」、事故でなく戦争ですよ翁長さん

うちおとせよ!
糞が!

もう一線を超えてるじゃん
なんでニュースで大々的に報道しないの?

その他、2ch反応

酒を酌み交わすヒドモドキは何処へ?

もうとっくに戦争は始まってるのね。

そういう事
しかも事態は深刻

そして事態がここからさらにエスカレートしていくにも関わらず、マスコミで目にする報道はどんどん控えめになって行く
そして次にニュースになるのは、報道しない自由でもフォローしきれなくなった時
すなわちある日突然お前らの頭上に爆弾が降って来た後

中国、いよいよ狂い方が酷くなってるな

早く“九条対話隊”は話に行って来い!

コメント欄

名前

コメント

中国戦闘機が「第1列島線」の宮古海峡を通過し、自衛隊がスクランブル 翁長はまただんまり」への2件のフィードバック

  1. むしろ国家の非常事態なのに‌
    一般論的な中国批判しか出来ない‌
    菅を含めた安倍政権の対応が‌
    だんまりの翁長知事より‌
    批判されないことの方が‌
    理解できない。‌
    この国の保守思想とは政府より、‌
    より権力の低いモノのみに‌
    課せられる義務なのか?‌
    この矛盾が理解できないなら保守じゃなくて‌
    むしろ、ただのカーストだろ
    0
    0
  2. 日本はやさしいわな‌
    その中国にしてもロシアにしても 間違いなく落としにかかる
    0
    0

コメント欄

名前

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!