【蓮舫二重国籍会見まとめ】戸籍謄本一部などを公表 選挙公報での「虚偽経歴」疑惑に「故意に怠っていない」と主張【2017年7月18日・動画・書き起こし詳報

【蓮舫二重国籍会見まとめ】戸籍謄本一部などを公表 選挙公報での「虚偽経歴」疑惑に「故意に怠っていない」と主張【2017年7月18日・動画・書き起こし詳報

この記事は約20分58秒で読めます。

コメント(14) 

 
  • 7月18日17時民進党蓮舫議員が「二重国籍」についての記者会見を行った。
  • 台湾籍を有さない証明として戸籍の一部を含めた書類を公表。
  • 戸籍には「国籍選択の宣言日 平成28年10月7日」とあり選挙公報での「虚偽経歴」疑惑が確定した。

 

 

概要・経緯などのまとめ

7月18日17時から、民進党蓮舫代表の「二重国籍問題」記者会見が行われた。

 民進党の蓮舫代表は18日の記者会見で、日本国籍と台湾籍の「二重国籍」の状態のまま立候補した平成16年の参院選の選挙公報で「日本国籍のみ」と読み取れる経歴を表示していたことについて「(台湾籍離脱を)故意に怠っていたわけではない。台湾籍を放棄していたと思っていた」と釈明した。

via: 【蓮舫氏「二重国籍」会見】選挙公報での「虚偽経歴」疑惑に「故意に怠っていない」と主張 – 産経ニュース

▼ 公開した資料。一応、八幡氏が主張していた3点セットを出した形だ

戸籍謄本には、本人が日本国籍選択を宣言した日として「2016年10月7日」と明記されている。今年6月28日付で東京都目黒区で交付されたという。台湾籍離脱を証明する書類として、台湾当局から16年9月13日付で交付された「国籍喪失許可証書」も公表した。

 最近は蓮舫氏が台湾人として活動していなかった傍証として、1987年7月4日で期限切れの台湾発行旅券(パスポート)も公開した。

 開示資料のうち、家族情報や自筆の署名については、「個人情報に関わる」として伏せた。 

via: 蓮舫氏、日本国籍を開示=台湾籍喪失の資料も (時事通信) – Yahoo!ニュース
【蓮舫氏「二重国籍」会見】戸籍謄本の一部を公開 「台湾籍有していないと分かる資料」と強調 WS000067

▼会見の動画
by副管理人

【主管理人補足】当ページ一番下に記者会見詳報の抜粋引用を置いています。

副管理人コメント

呆れた会見でした。

選挙違反を差別にすりかえ、直ぐ公開しなかったのを子供を守る母親風に語り・・・

日本人は誰ひとり納得しないと思うwww

気になったのは、(戸籍の公表するようなこと)「他者に無いように」って他にも二重国籍者がいるって事?

オーストラリアでは辞任してるのに、蓮舫は説明すればOKって日本の法律のせい?

by副管理人

2ちゃんねるの反応・意見

ってか蓮舫がどう認識してたなんて関係なくね?
違法状態で国会議員やおまけに大臣までやってたことが問題なんでしょ?
加計なんてどこにも違法性がないのに延々叩き続けるマスコミが明らかに違法の証拠が出てる蓮舫は本人が誤解してたで水に流すのかよ
ダブスタどころの話じゃないわな

まあ、それ以前におせぇな。
最初の段階で謝ってりゃここまで話しは大きくならなかった。
誤解程度なら自民議員にも居たのでそこまで大きくならなかった。
グレーゾーンだから、ギリギリ何とかなったところが誤魔化しに誤魔化しを繰り返したせいでややこしくなった。

二重国籍知ってただろww

■証拠
1997年 雑誌クレアのインタビュー
蓮舫「自分の国籍は台湾」
1997年 雑誌クレアのインタビュー 蓮舫「自分の国籍は台湾」 1 1997年 雑誌クレアのインタビュー 蓮舫「自分の国籍は台湾」2 1997年 雑誌クレアのインタビュー 蓮舫「自分の国籍は台湾」3 1993年3月16日 朝日新聞 蓮舫さんは「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」と話した。 1993年3月16日 朝日新聞 蓮舫さんは「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」と話した。 1 1993年3月16日 朝日新聞 蓮舫さんは「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」と話した。2 1993年2月6日号 週刊現代 蓮舫「父は台湾で、私は、二重国籍なんです。」 1993年2月6日号 週刊現代 蓮舫「父は台湾で、私は、二重国籍なんです。」 1 1993年2月6日号 週刊現代  蓮舫「父は台湾で、私は、二重国籍なんです。」 2 1993年2月6日号 週刊現代  蓮舫「父は台湾で、私は、二重国籍なんです。」3

これも会見場で突っ込まれてたね
確か若かりし頃の至らなさで適当な事言ってたとか何とか
あとはあの時は本名でタレント活動してたからマルチ(ハーフ)タレントとして活動するのに都合が良かった的なことも

今は本名じゃないのか?
村田蓮舫は本名扱いじゃないってことか?
中国名じゃないと本名として認めないってことか!

台湾、中国の二重国籍?(´・ω・`)

でも私は二重国籍の過去の発言との矛盾は説明できませーんwww

えーと、次の選挙のときには、「国籍の経歴」に関して、否応なく、公開しないとダメなんじゃないかなあ。
レンホウさんに限らず、すべての立候補者に、帰化にしろ、二重国籍にしろ、国籍取得年月日の公開は必須になるだろう。
選挙民もその辺、要求するし、しっかり見るだろうし。
不心得者が一人いるせいで、痛くもない腹を探られる人が増えると。

その他、感想

ご自由にどうぞ
某有名野党議員の反論集

責任は感じるだけじゃなく取ってほしい 議員が法律違反の疑いがあるなら自身の会見を促して党として調査をしてそして処分するのが筋ではないですか 二転三転してまったく整合性が取れないってことを自身で整理されたらいいと(^ω^≡^ω^) おっおっおっも運ですがどっちが正しいんですか 情報は隠すものではない、みなさんにお伝えするものなんです

故意が有ろうが無かろうが違法だ
きちんとケジメつけようや違法人

455 名前:名無しさん@涙目です。(東京都) 投稿日:2017/07/18(火) 18:12:22.77 ID:A4oA1D0S0
>>3
記者会見の一コマ

なんで旦那が日本人で蓮舫さんが日本人なのに
子供の国籍を気にするんですか?

蓮舫「・・・・」

おぅ、これは

つまり夫も日本人ではないと言うことだな

そもそも夫が日本人なら蓮舫も日本国籍を取得できるはずだよな?

いい質問だな

その他、2ch反応

ハイ蓮舫アウトですね

【蓮舫氏「二重国籍」会見】戸籍謄本の一部を公開 「台湾籍有していないと分かる資料」と強調 国籍選択の宣言日 平成28年10月7日

マスゴミがどう報道するかな

スルーするに決まってんだろw

中継組まなかったそもそもの理由がそれだからな
後でいくらでも切り貼り報道が出来る
唯一フジテレビが触れただけで他局はまだ全スルーだし

「日本国籍デシタ」のみをクローズアップするに決まってるじゃん。
んでサベツガーにこじつけようとする

二重国籍であるのを誤魔化して手続き終わるのを待って記者会見

これで追及すると、海外から日本はいくらなんでも偏狭すぎって言われることを蓮舫は期待してるね。

違法です
の一言で終わるのにね

本人が故意でないと言ってもな事実が優先されるべき、辞職は必然。

おいマスコミ
監視してるからな

▼ 以下、産気新聞より、蓮舫の7月18日記者会見詳報の抜粋引用

※長文注意
※ソースを開くをクリックするとページ遷移なしで開けます

民進党の蓮舫代表は18日夕、党本部で臨時の記者会見を開き、台湾籍と日本国籍の「二重国籍」問題に関し、昨年9月に台湾籍を離脱した上で翌10月に日本国籍選択を宣言したことを示す戸籍謄本などを開示した。

 詳報は次の通り。



 【冒頭発言】

 「本日、私がすでに台湾の籍を有していないことが分かる戸籍の一部を含めた関連の資料をお示しした。本来、戸籍は開示するべきではないと思っている。また、誰かに強要されて戸籍をお示しするということはあってはならないことだというのは、まずもって申し上げさせていただきたいと思う」

 「ただ、私は野党第一党の党首として、発言の信頼が揺らいでいることがあってはいけないということ。それと何よりも現政権に対して強く説明を、責任を果たすように求める立場であることを勘案して、今回、戸籍の一部も含めたその他の台湾籍を有していないことが分かる資料を公表させていただいた。ただ、これを他者に当てはめたり前例とすることは断じて認めることはできない。このことは冒頭に強く申し上げさせていただきたいと思う」

中略

1985(昭和60)年の改正国籍法施行によって、私は17歳のときに届け出て日本国籍を取得した。あわせて台湾籍放棄の手続きを父が完遂してくれていたと理解していた。昨年指摘をいただくまで、台湾籍を持っているとは考えたことも思ったこともなかった」

 「昨夏、報道の指摘を踏まえて、私は台湾当局に念のための確認をさせていただいたが、私の台湾籍が残っていることが判明した。当時、私の記憶によって説明があやふやになってしまったこと、申し訳なかった。17歳で日本国籍を取得して以降、旧国籍法、改正国籍法、私が取らせていただいた経過措置も含め、あるいは戸籍法に関してもっともっと私が関与して関心を持って勉強して、確認する行動を取るべきであったと、深く反省している。自分の不確かな記憶で説明してしまったことも謝罪させてほしい」

 「台湾籍が残っていたことを確認した後に、速やかに離脱手続きを行った。昨年9月23日に、台湾当局から9月13日付の国籍喪失許可証書を受領した。これをもって戸籍法106条による外国国籍喪失届の手続きを行ったところ、10月7日にこの届け出が不受理となったことから、法務省の説明を踏まえて同日10月7日に、国籍法14条2項にのっとって、外国籍を放棄する選択の宣言を行った。選択の宣言の日付は去年10月7日だ」

 「戸籍はすぐれて個人のプライバシーに属するものだ。戸籍の一部とはいえ、選択宣言の日付を公表することに私は一貫して慎重だった。特に選択宣言、その日付が記されたページは、私に関する情報が載っているものではなくて、私の娘と息子に関する記述のあるページだ。そのことからも、この戸籍の一部を公開することに対して私は慎重だった」

中略

7月に息子が留学先から帰国した機会に改めて子供たちと家族で話し合いをしたところ、家族の了解が得られたこと、それと私が一人の政治家を超えてより強く説明を求められる公党の代表として、この立場を勘案して、今回資料の開示を判断したところだ」

中略

 「今回、選択宣言の日付を公開し、台湾籍が残っていないことをお伝えしたが、こうした開示は私で最後にしてもらいたいと思う。全て国民は法の下に平等だ。人種や性別、社会的身分などで差別をされてはいけない。親や本人、子供の国籍、髪や肌の色や名前や筋など、日本人と違うところを見つけて『違わないということを戸籍で示せ』と強要することがない社会をしっかりとつくっていきたいと思っている。多様性の象徴でもある私が、自らの経験をもって差別を助長することのない社会、多様性を認め合う共生社会を、民進党代表としてつくっていきたいということを最後に強く申し上げたいと思う」

via: 【蓮舫氏「二重国籍」会見詳報(1)】「不安定な印象を払拭することなく、政権に説明を求める姿は説得力に欠ける」「こうした開示は私で最後にしてもらいたい…」(1/4ページ) – 産経ニュース

--このタイミングで公開したのは、「二重国籍」問題が東京都議選の敗因の一つになったという考えもあったのではないか

(中略)

都議選において敗因の主力な要因として私の国籍の問題が大きかった、ボリュームを占めている、とは思わないが…

(中略)

やはりずっと『発言は本当なんだろうか』と思っている方々がいるということを、仲間からも、政界以外の方からも言われていたのは事実ではある

(中略)

via: 【蓮舫氏「二重国籍」会見詳報(2)】「都議選敗因に問題がボリュームを占めているとは思わない」「『本当なのか?』と政界以外からも言われた」(1/5ページ) – 産経ニュース

--昨年10月7日に国籍選択宣言をしたということは、二重国籍の状態でその時期までいたということになる。2004(平成16)年の選挙公報には『台湾籍から帰化』と、結果として事実と異なる経歴を表示していた。そのことに対する政治責任は。オーストラリアでは二重国籍が発覚した議員が退職を表明した

(中略)

2004年から政治家をさせていただいたときに公報に書かせていただいた部分は、台湾から日本人になったという部分で、日本国籍取得を『帰化』として使わせていただいたという認識で、それ以上深いものではなかったと思っている。そこに故意性はないとご理解いただければ」

 「オーストラリアの件に関しては憲法違反だったと思うので、その評価は私にはちょっと…」

 --首相になる可能性がある中で、例えば南シナ海で海上自衛隊の護衛艦と台湾の船がぶつかって事故が起きたとき、日本の首相として国益のためにやるだろうか。疑念もあるかと思うが、どうするか

 「愚問だと思う。日本人のために次の世代、日本の子供たちのためにいい日本を残したいと思って政治家になっているので迷うことなくわが国の国益を考える」

via: 【蓮舫氏「二重国籍」会見詳報(3)】首相になったとき日本の国益に立つかを問われ「愚問だ」「迷うことなくわが国の国益を考える」(1/3ページ) – 産経ニュース

 --分かりにくい国籍法に対してモノを言いたいことがあるか。日本社会の非寛容というか、日本が嫌いになったことはないか

 「大好きですよ、日本は。戸籍法に対してモノを言うというか、立法府にいる者だから、いろいろな法律を見ていて法律が分かりづらいのは一般的にあると思う。ただ、私の場合は改正前の国籍法、改正後の国籍法、あるいは経過措置、それと合わせた戸籍法、もっともっと関心を持って、学んで、確認をする行動を取ってこなかったことは何度も言うが、深く反省しないといけないことだ。法律が悪いわけでもないと思っている」

--説明責任は十分に果たしたと考えているか

 「これまでも求められて、言われたときには説明することはしていたので『、はい、これで終わり』ということでなく、引き続き丁寧に理解を得られるように、同じように、私のような境遇にいる人たちが悩んでいるなら、その方たちの声に耳を傾けて一本化していく、政策化していく。秘匿性の高いプライベートな情報(の公表)が強要されて『日本人であることを示せ』といわれるような社会を作ってはいけないんだということをしっかりとわれわれの政党としてやっていきたいと思う」

 --事実確認だが、資料にある台湾のパスポート以降に更新はしたか。台湾に出入国したのは日本のパスポートか

 「すべて『はい』だ。つまり、これ以降、台湾のパスポートは申請もしていないし、持ってもいない。これ以降はすべて日本国の発行するパスポートで、台湾にその後行ったときにもその日本国のパスポートを使った」

via: 【蓮舫氏「二重国籍」会見詳報(4)】「大好きですよ、日本は」「不確かな記憶で一貫性のない説明をしてしまった」(1/4ページ) – 産経ニュース

 --一連の騒動で、自民党や一部メディアから「スパイだ」という言葉もあった。多様なルーツを持った人が日本にたくさん住んでいる。そうした人たちへの心情を含め、どう思ったか

(中略)

その制度の名の下で、重国籍でいる人たちを一刀両断に『スパイだ』と言ってしまうのは、ある意味、非常にせつないし、もし立法府に身を置く者がそういうことを言っているのであれば、それはスパイだという立証をどういうふうにしていただけるのか。それを言われることによって自分が否定されるような思いを持つ子が、思いを持つ人がいないように配慮をしなきゃいけないんだと思う。その発言は全く共感できない」

 --排外主義者と対峙している学者らが民進党に蓮舫氏の戸籍謄本などの公表中止を求める申し入れ書を出し、記者会見で「野党第一党の党首として開示しないことが責任では」と主張した

 「そうした申し入れ、いただいた。しっかり読ませていただいて、本当にしっかりした考え方を持っておられるし、この方たちはやはりヘイトスピーチに対して、あるいは排外主義者に対して毅然(きぜん)とした対応でこれまで向き合ってきた姿勢には共感するし、その部分で私たちもヘイトスピーチをなくすための法律もこれまで作ってきた。これからも同じ姿勢で、基本的人権に配慮する、基本的人権を守るための活動は民進党として行っていきたいと思う」

 --過失とはいえ一定の責任がある。結果的に違反してしまったことへの見解は。公職を除き二重国籍を容認する案もあるが、公約として掲げる考えは

(中略)

多様性といいながら国会議員は重国籍はだめだという判断をしておられる方もおられるかもしれない。ただ私はそうではなくて、いろんな方が多様性を持ってわが国の共生社会をどうやって実現していくことができるか、そのための戸籍法、国籍法はどうあるべきか、これはぜひ考えさせて議論させていただいて形にしたいと思う。時間軸については『いつまで』というのはなかなか今示すのが難しいが、必ずやらせていただきたいと思っている」

 --政治家になる前、タレントとしての活動に台湾のアイデンティティーを個性として使っていた。週刊現代で『父は台湾で私は二重国籍なんです』、朝日新聞で『在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい』、雑誌クレアでは『私の国籍は台湾なんですが』と発言している。これらの記録は先ほどの説明と矛盾するが

 「タレント時代の私が事実の確認や認識、あるいは法的評価を混同して、いくつか今お示ししていただいたように発言していた。今振り返ると、ずいぶん浅はかな発言だったと思っている」

 「他方で、当時私は本名で、蓮舫という名前で、アジアのダブルのルーツを持っているという部分でキャラクターを果たせる形で、タレントであり、あるいはその後はニュースキャスターをして、特に中国や香港、台湾、アジアの問題と日本をつなぐジャーナリストの役割を果たしたいという部分は、これは自分のルーツをもとに際立たせていたこともある。その部分で、ハーフという部分、ダブルという部分を強調したことが、結果として今、法的な評価、あるいは事実関係を含めて齟齬が生じているのは本当に申し訳ない。当時の発言が軽かったと思っている」

 --当時は嘘をついていたということか

 「二重という部分でも、ダブルのルーツという言いぶりだったと思う。あるいは国籍…、台湾ではあるが、当時の日本では中国国籍だったから、そういう部分を発言したことはあるけれども、いずれにせよ、全部、私の中では、ハーフであり多様性があり、2つのルーツ、アジアに拠点を置く活動をしていく立場に自分がなりたいという思いで、それでいくつか強調して話したことがあるんだと思う」

via: 【蓮舫氏「二重国籍」会見詳報(5)】二重国籍者はスパイ? 朝日記者の質問に「一刀両断に『スパイだ』と言うのは非常にせつない」 タレント時代の発言は「浅はかだった」(1/5ページ) – 産経ニュース

 --子供が成人年齢に達していなくても白塗りの形で公表できたと思うが

 「今回、お示しをさせていただいた資料は、ある意味セットだと思っている。選択宣言の日付だけを一部とはいえ公表したら、選択宣言をしても台湾の籍は残っているのではないかという声がきっと出てくると思う。そうなると、台湾の国籍喪失許可証も合わせて出さないと、本当の部分で台湾の国籍を有していないということを、私が言っていることを裏付けることにならないと思う。そういう部分ではセットだと思う。そのセットの中に戸籍の一部が含まれているのであれば、子供が成人年齢に達していないこと、何度も言って恐縮だが、その部分でブレーキがかかっていて、今回になった」

--この問題は国籍法に違反していたという考えか

「台湾籍を有していないという認識でいたが、私自身は法律を順守できていないという認識はなかった。ただ、昨年指摘を受けて、台湾の籍が残っていることが確認できたものだから、速やかにその籍を放棄する手続きをとり、本来であれば台湾の籍が抜けたことを届け出ることによって受理をされて終わったものが、不受理という形だったので、選択宣言という次の法務省の説明にのっとって手段をとらせていただいた」

 --周囲に弱気な発言を漏らしているということも聞こえてくるが

 「本当に?」

 --はい。代表を続けるという意思に変わりはないか

 「私もよく弱気な発言はしている。代表の話についても、今、東京都議選の(結果を総括する)ブロック別会議を終えたばかりだが、その総括を、作業をまず進めたいと思う」

via: 【蓮舫氏「二重国籍」会見詳報(6)】日本国籍取得時の父親の言葉「これで選挙権が得られる」「とても貴いものだ」(1/3ページ) – 産経ニュース

 --故意ではなかったが、国籍法の義務を履行していなかった。もし同じケースが起きた場合、説明責任はあると思うか

 「誰が? ごめんなさい、理解が…」

 --現行の国籍法の下でこういうケースが起きた場合、国会議員なり党首に説明責任はあると思うか

 「あると思う。ただ戸籍の一部であれ、公表というのは極めて慎重に、できればやられない方がいいと思う」

 --東京都議選後の党の会合で、最前線で引き続き頑張りたい、と代表を続ける意思を示した。それに変化はあったのか

 「特段、ないです」

《ここで産経新聞の記者が「三重国籍」疑惑について尋ねた》

 --インタビューなどで「中国籍」「台湾籍」などの発言を繰り返している。三重国籍の疑いについては

 「3つ、私が国籍を持っているということですか? ごめんなさい、もうちょっと丁寧に質問してください」

 --台湾籍と中国籍と日本籍を持っているのでは、という疑いがある

 「台湾籍と中国籍って一緒に保有できるんですか。質問は丁寧に」

 --それも含めてご回答いただければ

 「いえ、ちょっと聞かせてください。質問はもうちょっと丁寧に」

 --ネット上の真偽が不確かな情報について、「ない」ということをお聞きしたい

 「それはネットでいわれている真偽不確かなことを、産経新聞さんが今、理由ではなくて私に確認をしているという質問でよろしいですか。はい、あり得ません」

 《再び別の社の記者の質問に移った》

 --代表を続けていく意思に変わりはないということか

 「今日は、ごめんなさい、戸籍の話でしっかりと説明させてください」

(中略)

 「その上で現行法においては、やっぱり二重国籍は選択をする制度になっているので、この法令は今の日本では守るべきものだと思っている。ただ、その先として、53人に1人、生まれる赤ちゃんの割合でハーフの子供が生まれる。そして実際に総理自身も世界で一番働きやすい国にしたい、つまり外国の方に来てもらえる、ヒト、モノ、カネ、すべてが国境を越えて多国籍、国際的な社会になろうという時代、なってきている時代において、今の法律が合わないのであれば、もう少し違った改正をしなければいけないと思うし、特段、多様性を認めたわれわれ民進党としてはその議論の先陣を切りたいと思っている」

via: 【蓮舫氏「二重国籍」会見詳報(7完)】「ネットの真偽不確かなことを、産経さんが私に確認をしている質問でよろしいですか?」「質問は丁寧に」(1/3ページ) – 産経ニュース

【7月18日21時追記】

蓮舫の二重国籍問題を徹底追及していた八幡和郎氏の反応抜粋

蓮舫会見つぶやき速報「3点セット」開示させる大勝利 – アゴラ(八幡和郎)

蓮舫さんの会見を見ながらFacebookで実況つぶやきをしたので公開する。

蓮舫さん、離脱証明、戸籍謄本、台湾旅券の三点セットを公開。われわれの大勝利だ!

会見途中実況中継のつぶやき

「台湾籍をもっているとはまったく思わなかった」とまだいうのか!タレント時代にさんざん吹聴していたのに。選挙公報にしらなかったから嘘載せて責任ないのか。

「東京新聞社会部の望月衣塑子記者はいないのか。菅長官に浴びせたような20連発の質問して対決したら誉めてあげるのに」

「タレント時代の二重国籍発言は浅はかだった」と認めたが、軽かったというが嘘ついてたといいたいなら言えばいいのに。「ダブルのルーツだったという思いで二重国籍だといった」訳が分からん。「日本大好きです」…反対のこといってたと色んな人から聞くけど(笑)。

(中略)

「スパイといわれたのは、自分が嘘をついたからだろう」

「国籍法の改正は蓮舫さんみたいな悪用する人がいるからそういう改正は難しくなったのだろう」

「子供の時は台湾語を話していたと自分で書いてたぞ」

「戸籍の公開をするべきでないというなら国籍選択宣言証明書を発行するように次期国会で法律改正を要求すれば良い」

「子供についてのページ・・・黒塗りにしたらすむ話。本人たちはテレビやSNSで蓮舫の子供であることを大宣伝してるが」

「国籍はプライバシーでない」

「私を最後にして欲しい・・前例だからこそ意味がある」

「戸籍を公開するべきでない・・・昨年、1985年の国籍取得の部分は昨年公開したのはなぜ」

via: 蓮舫会見つぶやき速報「3点セット」開示させる大勝利 – アゴラ

コメント欄

名前

コメント

【蓮舫二重国籍会見まとめ】戸籍謄本一部などを公表 選挙公報での「虚偽経歴」疑惑に「故意に怠っていない」と主張【2017年7月18日・動画・書き起こし詳報」への14件のフィードバック

  1. 台湾のは国籍離脱許可となっているが‌
    これは離脱したって事なのか?‌
    離脱準備ができたって知らせにしか読めないんだけど。‌
    あと新聞や雑誌のインタビューでは‌
    ウソ付いたって事は確定やね。
    8
    0
    1. まだ離脱出来てません‌
      =現在も台湾&の二重国籍状態です‌
      これ自民の女性議員もやってたけど明らかに蓮舫の対応と反応が悪質過ぎる‌

      あと記事内でも言われてるけど‌
      「なんで旦那が日本人で蓮舫さんが日本人なのに子供の国籍を気にするんですか?」‌
      ←これで気が付いたんだが‌
      俺がよく知らないんだけど旦那ってホントに日本人?‌
      それなりに有名人だった気もするんだけど‌
      もしかして旦那も二重国籍者って可能性あるのか?
      9
      0
      1. 旦那について結構怪しい話が飛び交ってなかったっけ?、帰化した元中国人2世とか‌
        それに子供の出産が北京、もし「普通のまともな日本人」だったらそれ承知する?‌
        それがあるから2人の子供の国籍もすんごく怪しい
        9
        0
  2. 平成28年に国籍選択?‌
    それ以前に二重国籍自覚して選挙数回出てるから違法なんですがそれは
    9
    0
  3. んで、大陸の籍は抜けたんか?‌
    それと台湾の籍そのものはまだ抜けてないんだろ、「許可」であって「完全に離脱しました」じゃないじゃん‌
    台湾当局この件で怒らせてるし、日本から個人レベルで問い合わせした人には「正式に手続き完了して離脱したらその時マスコミに発表する、流石にしつこく問い合わせは止めてくれ」って返事が着てるんだっけか
    9
    0
    1. 台湾もそうだけど三重国籍疑惑で上がってる中国の方が厄介かもな‌
      今月1日から中国が二重国籍者の入国管理を厳格化‌
      →両方の国籍のパスポート提出を義務付け‌
      (違反者には中国国籍の抹消措置)‌
      これ何らかのリークで提出者リストでも出てその中に蓮舫のパスポートが出てきたら完全に永田逝きの列車に乗る事になるw
      9
      0
  4. 「差別」を利用するな卑怯者‌
    批判と要求しかしないクズ
    12
    0
  5. 極左バカ政党の党首は、【無法者】レンポー!!!!‌

    立法府の議員が法を守る樹すら無い、極左バカ政党の党首レンポー!!!!‌

    台湾と日本の国際法上の関係すら不勉強!‌
    台湾と中国の国際法上の関係すら不勉強!‌

    それが立法府の極左バカ政党の党首レンポー!!!!‌

    口を開けば【差別】!!!!‌

    お前は【無法者】【犯罪者】だ、レンポー!!!!
    8
    0
  6. 本人は知らなかったって言ってるけど、限りなく嘘臭い。‌
    旦那も子供達も国籍が怪しいってことは、家族ぐるみで二重国籍ってことか?
    6
    0
  7. さあ、ここからマスゴミの差別報道攻勢が始まるぞw‌
    実際は蓮舫が嘘つきだって証明されただけなんだけどねwww
    7
    0
  8. これって、こんな小さな問題でいいの?仮にも党首でしょう!ここって法治国家だよね!?
    5
    0
  9. 管理人さんへ 追加情報です‌
    この記事のトップにも使われてる蓮舫の「国籍喪失許可証書」の写真ですが‌
    なんとこの証明書に『偽造』の疑惑があります‌
    ・蓮舫の顔写真が「民進党のポスターで使われてる」素材の可能性‌
    ・理由として台湾でのこういう証明写真は「日本の免許証等と同じ正面から撮った写真」が厳守らしいのでこの斜めがかったポーズはアウトとの事‌
    ・未確認ですがこの証明書にも映ってるハンコが「マーカーで塗られた」様に見えて実際のハンコと違う印象があると情報あり‌
    ・こちらも未確認ですが国籍喪失許可証書は「周りの模様が箔押しであり真っ黒じゃない」との情報もあります
    5
    0
  10. 台湾の国籍喪失許可証書は期限切れのパスポートでは受理されないらしい。‌
    だから、期限切れの人は面倒でも新しくパスポートを作らなければならない。しかし蓮舫はパスポートを更新していないと言っている。‌
    それが本当なら台湾は基準に合っていない顔写真と期限切れのパスポートで、蓮舫だけ特別に許可を出したことになる。‌
    しかも申請して1週間の超スピード、現在の国籍喪失許可証書と違う書式で。
    0
    0

コメント欄

名前

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!