中川淳一郎がフジテレビ浅田真央転倒パネル問題で、抗議したのはネトウヨ・右翼だけであるかのような印象操作記事 実際には「陰湿ないじめ」と各方面から非難殺到【真央ちゃん人気とナショナリズム

中川淳一郎がフジテレビ浅田真央転倒パネル問題で、抗議したのはネトウヨ・右翼だけであるかのような印象操作記事 実際には「陰湿ないじめ」と各方面から非難殺到【真央ちゃん人気とナショナリズム

この記事は約6分38秒で読めます。

コメント(9) 

 
  • ネットウォッチャーの中川淳一郎が、浅田真央氏のフジテレビ転倒パネル問題に関して、抗議したのはネトウヨだけであるかのような分析記事を書いている。
  • 実際には陰湿ないじめだとフィギュアスケートファンなどを中心に炎上していた。

 

 

概要・経緯などのまとめ

4月10日、フィギュアスケート女子選手だった浅田真央さんが自身のブログにて電撃引退を表明した。

浅田真央ちゃんの引退について、一部著名人は、彼女の人気とナショナリズムを結び付けて語った。

ニュースサイト編集者の中川淳一郎は、東京新聞2017年4月22日付の連載「週刊ネットで何が…」で、フジテレビの転倒パネル問題について以下のように語った。
フジテレビが、浅田さんが転倒したシーンをパネルにした番組を流したら、フジテレビを『われらが国士、浅田真央をおとしめる反日メディア』扱いし、非難する

いつしか浅田さんに対して厳しい論調の記事を書くことは彼らからのクレームにつながるということをメディアは知るようになり、成績がふるわずとも『復調すればまだまだイケる!』といった記事も登場するように
中川淳一郎は、フジテレビ・真央ちゃん転倒パネル問題にかみついたのはあたかも「ネトウヨ」だけであるかのように分析している。 【転倒パネル問題】
2008年3月25日、フジテレビが「独占!スタジオ生出演 世界女王を凱旋直撃」と題して、浅田真央選手へのインタビューを実施。浅田選手に質問する安藤優子アナウンサー…その手前には、大きく引き伸ばされた浅田選手の転倒シーンパネルが…

054
この騒動は、当初フィギュアスケートファンたちの間で話題になり炎上に繋がった。この件が日韓問題などと絡めて語られることもあったが、発端はフジテレビの「陰湿ないじめ」の姿勢を叩くものであった。

浅田氏の「転倒パネル」問題は当初、フィギュアスケートのファンたちの間で物議を醸した。浅田氏を招いたスタジオに、そのようなパネルを展示することの非常識に対して、「陰湿ないじめではないか」と疑問の声が上がった。その後、この件が日韓問題とからめて話題になることは度々あったが、元々は必ずしもそのような文脈で論じられていたわけではなかった。

日頃は、ネット上での各種の炎上騒動に触れて、公平な視点やデマに流されないことの重要性を説いている中川氏にしては、あまりにも的外れな「分析」であり、軽率な発言ではないだろうか。

via: フジテレビの浅田真央「転倒パネル」、「抗議したのは右翼」記事に異議あり | 探偵Watch(探偵ウォッチ)

▼ ちなみに浅田人気をナショナリズムと結びつけて語った著名人の1人として、精神科医パヨクでおなじみの香山リカも…

2017年4月28日に朝日新聞に掲載された、精神科医の香山リカ氏へのインタビュー記事だ。

(中略)

「彼女が国際的に高く評価されると、自分にも良いところがあると言われた気になり、鼻が高かった人も多かったかも知れません。

(中略)

「日本選手や日本チームを批判しにくい風潮を感じます」と述べた。浅田氏と金妍児氏の対決に「日韓関係を重ね、遊びやしゃれの要素が入れなくなっている」というのだ。「浅田さんを少しでも批判的に語ると、日本のファンは自分も批判されたと感じるのかも知れません。関心がないと語るのでさえ、非国民の扱いを受けることがあります」。

via: フジテレビの浅田真央「転倒パネル」、「抗議したのは右翼」記事に異議あり | 探偵Watch(探偵ウォッチ)

管理人コメント

香山リカはいつものこととして、中川淳一郎もこれはひどいって感じの分析だな。

まぁ、ネトウヨ・パヨクなど仮想敵を偉そうに叩きまくってたけど、お友達の津田大介と沖縄にいって沖縄パヨクにコロッとやられて筆を折るみたいな決意をしたような人間だ。さもありなん。

「結局サヨクが集まってサヨクに取材しただけだろ」と言うならば言え。あなたたちのそんな甘い発言なんてオレにはどうってことない。オレはもはや沖縄について語る資格は一切ないと悟ってしまったのだから。

今回の取材の最大の収穫は、「素人が扱ってはいけないイシューがある」「専門家及び当事者に任せよう。外野は安易に発言してはならない」ということを実感できたことである。沖縄を左と右が勝手に係争の材料にしている今、沖縄問題については専門家と当事者に返すべきである、というのが私の結論だ。

だから2月19日17:30、那覇空港で津田氏、木村氏、I氏と別れる時、恥ずかしながら涙をこぼしてしまった。そこには「右」も「左」もなかった。ただ単に、モノカキとしての自分の薄っぺらさを思い知ったとともに、同行した4人(R先生は先に帰っていた)に対して純粋な感謝の気持ちを抱いたからであった。

via: 「これまでの記事を撤回したい…」沖縄で私はモノカキ廃業を覚悟した(中川 淳一郎) | 現代ビジネス | 講談社(2/5)

2ちゃんねるの反応・意見

中川淳一郎や右翼がどうのこうのはどうでも良いが、
このパネルは普通使わんよね。

このパネルは本当に意味不明

本当に東京新聞はクソだな(笑)

どう見てもただのイジメだよな

パヨクはまた負けたのかw

来客を招いておいて恥をかかせる行為は批難されて然るべきだと思うけど

しかしこれ何度見てもあり得んよなw

浅田真央は韓国選手のライバルが居たせいで、韓国人やサヨク系の人の差別的ナショナリズムのターゲットとなり
様々なメディアで執拗に絡まれる不運があった

その他、感想

当時のキムヨナ推しはひどかった

朝鮮人にかかれば、ただの浅田ファンも右翼にwwwwww

マトモな感覚してたら、転倒シーンをパネルになんてしないと思うの

なんで浅田をウヨサヨで語ってるんだろう

こいつアホだろ
あんな転倒パネル
「抗議したのは右翼だけ」って言ったら
「右翼いいやつじゃん」ってなるだけじゃん

右翼が批判したから悪いとかではなく
本質的にあのパネルが良いか悪いかで判断しろよ

反安倍の民進党みたい

現場で誰一人冷静な判断を下せる人間がいなかったのが信じられんわ…

新聞とか正義面して半島目線で浅田のこと、有ること無いこと言いっ放し
まだうら若かった彼女が一度でもお前ら新聞を批判したり貶めたりしたのかよ

パヨクはいつも何かと戦ってるなぁw
常に不満を抱えて憤慨するのが人生なんだろうかww

実は初めてパネル見たけど
これ放送したとかどうかしてるwww

その他、2ch反応

都合のいい敵脳内で作りあげて論破(したつもり)って詭弁でしかないじゃん
ナショナリズムだとか自己愛だとか国士だとか言ってステレオタイプのバカ想定してマウントとった気になってんだろうけど

坊主憎けりゃってやつだよね
こいつはネトウヨ一元論にはまっている

真央のパネルは、人間のすることでは無かったよ

こんなバカな記事を載せる新聞が存在する事が信じられない

>ニュースサイト編集者の中川淳一郎氏は、東京新聞での連載「週刊ネットで何が・・・」(2017年4月22日)にて、

東京新聞に忖度したんだろw

中川って思想はともかくこういう卑怯な文章の書き方はしない人だと思ってたんだけどなー
残念

サヨクにとって都合の悪い人はみんな右翼なんだな

なんでもかんでも右翼がーナショナリズムがーで済ませるのがアホらしい

まずは転倒シーンをパネルにした経緯をだな…

右翼、ネトウヨ
便利な言葉だなw

コメント欄

名前

コメント

中川淳一郎がフジテレビ浅田真央転倒パネル問題で、抗議したのはネトウヨ・右翼だけであるかのような印象操作記事 実際には「陰湿ないじめ」と各方面から非難殺到【真央ちゃん人気とナショナリズム」への9件のフィードバック

  1. 当事者でも専門家でもない人達が沖縄を引っ掻き回してるのをどう思ってるんだろ。って別に知りたくもないがw
    1
    0
  2. ネトウヨ、ウヨクはいい人になってるじゃん。‌
    いいんかよ。‌
    そういう印象広まるの困るんじゃねえの?
    1
    0
  3. ははは、本当だ‌
    若い女の子を虐めるフジテレビに講義したのは‌
    ネトウヨという良識ある人間のみ!‌
    って意味かw
    1
    0
  4. スポーツに求められてるのって、頑張った過程をもつ選手同士が尊敬尊重しあって、競争しあった結果をたたえ合うというところなんじゃないのかと思うんだけど、違うのかね?‌
    スポーツマンシップってそういうもんなんじゃなかった?‌

    なのに失敗した所を大写しにして失笑誘導するような番組作り、それも本人が居るところでそういう映像を流すってので批判されてるんだと思ってたけども。‌
    ゲスで陰湿極まりない番組作りだなぁと。‌

    なんか、ネトウヨ言いたいだけちゃうんか中川、と言いたい。
    1
    0
  5. 当時の「ヨナ上げ真央下げ」の報道も酷かった。‌
    中川氏や香山氏も当時のマスコミ関係者と同じ。‌
    あのパネル観て「苛め」と感じないのは異常。
    1
    0

コメント欄

名前

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!