北朝鮮ミサイル発射可能性?!Jアラートが鳴ったらどうすればいいの?全国瞬時警報システム手順と対策 内閣官房の武力攻撃避難マニュアルも必読!

北朝鮮ミサイル発射可能性?!Jアラートが鳴ったらどうすればいいの?全国瞬時警報システム手順と対策 内閣官房の武力攻撃避難マニュアルも必読!

この記事は約11分56秒で読めます。

 
  • 日本・朝鮮半島を取り巻く国際情勢が緊張している中、「Jアラート」(全国瞬時警報システム)に注目が集まっている。
  • Jアラートとは、通信衛星と市町村の同報系防災行政無線や有線放送電話を利用し、緊急情報を住民へ瞬時に伝達するシステムである。
  • また、内閣官房が発効しているパンフレット「武力攻撃やテロなどから身を守るために」も、予め目を通しておいた方がよさそうだ。

 

 

概要・経緯などのまとめ

アメリカが、北朝鮮の核実験やミサイル発射を止めさせるため、朝鮮半島近海に原子力空母を配備し、軍事的圧力をかけている。

衝突の懸念が高まる中、国民に緊急事態を知らせるJアラートが注目を集めている。

内閣官房の担当者によると、北朝鮮からミサイルが発射されて、日本の領土・領海に飛来する可能性がある場合、Jアラートを活用するという。

▼ Wikipediaより。全国瞬時警報システムとは(Jアラートとは)

全国瞬時警報システム(ぜんこくしゅんじけいほうシステム、通称:J-ALERT(Jアラート:ジェイアラート))は、通信衛星と市町村の同報系防災行政無線や有線放送電話を利用し、緊急情報を住民へ瞬時に伝達するシステムである。

2004年度から総務省消防庁が開発および整備を進めており、実証実験を経て2007年2月9日から一部の地方公共団体で運用が開始されている。

対処に時間的余裕がない大規模な自然災害や弾道ミサイル攻撃等についての情報を、「国から住民まで直接瞬時に」伝達することができるという点がJ-ALERTの最大の特長である。

via: 全国瞬時警報システム – Wikipedia

▼ 弁護士ドットコムより。Jアラート手順

北朝鮮が2016年2月7日にミサイルを発射したときも、同日午前9時30分のミサイル発射に対して、9時34分ごろには「発射情報」が沖縄県内の住民に伝達されている。その手順は以下の通りだ。

「まず、ミサイルの(1)『発射情報』を発信します。その後、ミサイルが通過しただけの場合は(2)『通過情報』を発信します。万が一、領土・領海に落ちてくる可能性がある場合は(3)『屋内避難の呼びかけ』をおこないます」(内閣官房・担当者)

via: 北朝鮮・ミサイル発射可能性で注目の「Jアラート」、もし鳴ったらどうすれば? (弁護士ドットコム) – Yahoo!ニュース

▼ 内閣官房の国民保護HPより Jアラート手順

Jアラートによる情報伝達では、

  • 弾道ミサイルが日本に飛来する可能性があると判断した場合に、まず、弾道ミサイルが発射された旨の情報(①)を伝達します。 弾道ミサイルがどこに落下するか等については、続報で伝達しますので、この時点では落ち着いて続報に備えて下さい。

  • その後、弾道ミサイルが日本の領土・領海に落下する可能性があると判断した場合に、続報として屋内避難の呼びかけ((1)②)を 行います。屋内避難の呼びかけを受けた場合には、直ちに近くの建物等(できれば頑丈な建物や地下街等)に避難してください。

  • このほか、弾道ミサイルが日本の領土・領海に落下したと推定された場合((1)③)や、日本の上空を通過した場合((2)②)、日本まで飛来せず、領海外 の海域に落下した場合((3)②)には、その旨を続報としてお知らせします。

via: 内閣官房 国民保護ポータルサイト

▼ 屋内避難・できれば地下がベスト

内閣府は、(1)「発射情報」の段階では、テレビやラジオつけて、指示にしたがって避難することをすすめているが、領土・領海に落ちてくる場合は(3)屋内避難を呼びかけるということだ。なぜ「屋内」なのだろうか。

内閣官房の担当者は「爆風だったり、いろいろなモノが飛んでくるおそれがあるからです。ベストなのは『地下』ですが、近くにあるとはかぎりません。だから、できるだけ堅牢な建物に入っていただきたいと考えています」と話した。

via: 北朝鮮・ミサイル発射可能性で注目の「Jアラート」、もし鳴ったらどうすれば? (弁護士ドットコム) – Yahoo!ニュース

【4月22日追記】4月21日、政府は国民保護ポータルサイトにて、弾道ミサイル関連情報などを改めて公開した。

メッセージが流れたら落ち着いて直ちに行動してください 屋外にいる場合、できる限り頑丈な建物や地下街などに非難する。建物がない場合、物陰に身を隠すか地面に伏せて頭部を守る。屋内にいる場合、窓から離れるか、窓のない部屋に異動する 【追記ここまで】

副管理人コメント

不安を煽るつもりは、ありません。

もしもの時に、備えは必要、知識として知っているだけでも心強いと思います。
ぜひ、内閣官房国民保護ポータルサイトを見てください。

http://www.kokuminhogo.go.jp/shiryou/nkjalert.html

by副管理人

【主管理人より補足】
内閣官房が国民保護ポータルサイトで公開している武力攻撃事態等における避難についてのマニュアル・冊子、割と重要な内容だと思うので、わたしの方で重要と思われる部分を抜粋・要約してみました。是非上記サイトで全文目を通してください。

【武力攻撃やテロなどから身を守るために~非難にあたっての留意点などをまとめました~】要約

1.はじめに
この冊子は、武力攻撃やテロなどに際し、どのように行動すればよいか、普段から何を備えておけばよいかなどについてとりまとめたもの

2.警報が発令されたら
(1)武力攻撃やテロなどが迫り、または発生した地域において警報が発令された場合に直ちにとっていただきたい行動
●屋内にいる場合
 ・ドアや窓を閉める
 ・ガス、水道、換気扇を止める
 ・ドア・壁・窓ガラスから離れて座る
●屋外にいる場合
 ・近隣の堅牢な建物や地下街など屋内に非難する
 ・車を運転している場合は、できるだけ道路外の場所に車両をとめる。やむをえず道路に置いたまま非難する際には、道路の左端に沿ってキーをつけたまま駐車するなどする


(2)落ち着いて情報収集に努めましょう
(3)非難の指示が出されたら
●非難の指示に従って落ち着いて行動する

※自宅から避難所に非難する場合
 ・元栓締め、コンセント抜く。冷蔵庫コンセントは挿したまま
 ・頑丈な靴、長ズボン、長そでシャツ、帽子などを着用。非常持ち出し品を持参
 ・パスポートや運転免許証など身分証明書を携行する
 ・近所の人に声をかける
 ・家の戸締りをする
 ・避難経路・手段について行政の指示に従う


3.身の回りで急な爆発が起こったら
・姿勢を低くし身の安全を守る
・物が落下している場合、落下が止まるまで頑丈なテーブルなどの下に身を隠す
・その後、できる限り速やかに離れる
(1)火災が発生した場合
・できる限り低い姿勢をとり、急いで建物から出る
・口と鼻をハンカチなどで覆う
(2)瓦礫に閉じ込められた場合
・ライターなどにより火をつけないように
・動き回って粉塵をかきたてないように。口・鼻をハンカチなどで覆う
・居場所を知らせるために、配管などを叩く
・粉塵などを吸い込むおそれがあるので、大声をあげるのは最後の手段とする

4.武力攻撃の類型などに応じた避難などの留意点
本文参照)

(中略)

◎核爆発の場合
・閃光や火球が発生した場合、失明のおそれがあるので見ない
・遮蔽物の陰に身を隠す。近隣に建物があれば中に。地下施設・コンクリ建物がより安全
・上着を頭からかぶり、口と鼻をハンカチで覆うなど、皮膚の露出をなるべく少なくしながら、爆発地点からなるべく遠く離れる。風下を避けて風向きとなるべく垂直方向に非難する
・屋内では、窓締め・目張りなどで室内を密閉し、できるだけ窓のない中央の部屋に移動する
・屋内に地下施設があれば地下に移動
・屋外から屋内に戻ってきた場合、汚染物を身体から取り除くため衣類を脱いでビニール袋や容器に密閉する。その後、水と石鹸で手・顔・体をよく洗う。
・安全が確認できるまで汚染された疑いのある水・食物の摂取は避ける
・行政の指示に従い医師の診断を受ける

5.怪我などに対する応急措置
※切り傷・火傷などへの応急措置などが書いてある。詳しくは本文参照。

(以下、略)(本文参照)

【4月22日追記】国民保護ポータルサイトにPDFなどが新たに掲載された。
PDFファイルなどはこちらから。→国民保護ポータルサイト

以下、PDFを見辛い環境の人のために、書き起こしを追記します。


【弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A 書き起こし】
問1:ミサイルは発射から何分位で日本に飛んでくるのでしょうか。
(答)
北朝鮮から弾道ミサイルが発射され、日本に飛来する場合、極めて短時間で日本に飛来することが予想されます。例えば、平成28年2月7日に北朝鮮西岸の東倉里(トンチャンリ)付近から発射された弾道ミサイルは、約10分後に、発射場所から約1,600km離れた沖縄県先島諸島上空を通過しています。
なお、弾道ミサイルの種類や発射の方法、発射場所などにより日本へ飛来するまでの時間は異なります。

問2 なぜ頑丈な建物や地下街などへ避難するのですか。
(答)
ミサイル着弾時の爆風や破片などによる被害を避けるためには屋内(できれば頑丈な建物)や地下街など(地下街や地下駅舎などの地下施設)への避難が有効だからです。

問3 自宅(木造住宅)にいる場合はどうしたらよいでしょうか。
(答)
すぐに避難できるところに頑丈な建物や地下街などがあれば直ちにそちらに避難してください。それができない場合は、できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動してください。

問4 建物内に避難してから気を付けることはありますか。
(答)
爆風で壊れた窓ガラスなどで被害を受けないよう、できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動してください。

問5 弾道ミサイルの情報が伝達されたとき、自動車の車内にいる場合はどうすればよいですか。
(答)
車は燃料のガソリンなどに引火するおそれがあります。
車を止めて頑丈な建物や地下街などに避難してください。周囲に避難できる頑丈な建物や地下街などがない場合、車から離れて地面に伏せ、頭部を守ってください。

問6 車から出ると危険な場合はどうしたらよいですか。
(答)
高速道路を通行している時など、車から出ると危険な場合には、車を安全な場所に止め、車内で姿勢を低くして、行政からの指示があるまで待機してください。

問7 ミサイルが着弾した後は何をすればいいですか。
(答)
弾頭の種類に応じて被害の様相や対応が大きく異なります。
そのため、テレビ、ラジオ、インターネットなどを通じて情報収集に努めてください。また、行政からの指示があればそれに従って、落ち着いて行動してください。

問8 近くにミサイルが着弾した時はどうすればいいですか。
(答)
弾頭の種類に応じて被害の及ぶ範囲などが異なりますが、次のように行動してください。
・ 屋外にいる場合は、口と鼻をハンカチで覆いながら、現場から直ちに離れ、密閉性の高い屋内の部屋または風上に避難してください。
・ 屋内にいる場合は、換気扇を止め、窓を閉め、目張りをして室内を密閉してください。

【弾道ミサイル落下時の行動について 1&2画像】
WS000392

メッセージが流れたら落ち着いて直ちに行動してください 屋外にいる場合、できる限り頑丈な建物や地下街などに非難する。建物がない場合、物陰に身を隠すか地面に伏せて頭部を守る。屋内にいる場合、窓から離れるか、窓のない部屋に異動する

【4月22日追記ここまで】

2ちゃんねるの反応・意見

BC兵器なら地下(低い位置)はダメって聞いたから微妙だわ~

アラートの時点で核か化学兵器か分らないんでしょ

地下駐車場でも良いの?

地下駐車場はガソリン軽油と可燃物が多いからあんまり

ベストは建物の地下より、地下鉄、地下トンネル、上物がない地下構造物
地震もそうだけど停電すると浸水しやすいので、収まったら早めに地上へ…

NBC弾頭の可能性があると、迂闊に外に出られないからジレンマだな。

コロッケ買いに行きます

コロッケの買い出しは台風の時だろ

その他、感想

お風呂とか入ってる時に鳴ったら嫌だなぁ・・・・

水は核爆発で発生する中性子を防御できるから
核爆発の時に水の中にいるのは大正解
閃光も爆風もたいして受けてないのに核爆弾の中性子による放射線障害でゆっくりと死んでいくのを回避できる

コンクリートも水の分子を多く含んでいるからコンクリート製の建物の中も安全

爆心地付近だと衝撃波で死ぬけど爆心地から少しは離れてて閃光、爆風、中性子を防ぐなら水の中、お風呂は有効

政府がまとめたものを参考にすべきじゃろ

国民保護ポータルサイト
【パンフレット】武力攻撃やテロなどから身を守るために~避難にあたっての留意点などをまとめました~


WS000333 http://www.kokuminhogo.go.jp/shiryou/hogo_manual.html

これもなるかも

おい
猫が怯えてるぞ

その他、2ch反応

Jアラートなんて誰も知らないのでは?

そもそも・・・

都内の人は塹壕も掘れないしどうするんだろうね
金持ちは地下あるからなんとかなるだろうけど

地下でも浅けりゃ意味ないだろ
戦争中の空襲の報告とか見ると、浅いところ走ってる地下鉄の駅とかは被害出てる

日本は平和ボケしてるからいいカンフル剤だな

有事!
内閣官房発行の対応マニュアルを確認しとけよ!

▼PDF注意 内閣官房「武力攻撃やテロなどから身を守るために」
内閣官房「武力攻撃やテロなどから身を守るために」 http://www.kokuminhogo.go.jp/pdf/hogo_manual.pdf

マジレスすると鳴ってから1~2分で着弾してるよ。
  拳銃の弾より速いんだから。

自宅なら雨戸とカーテンを閉める
街中にいる場合は、地下街、地下鉄、地下駐車場などに避難
地下がない場合は、なるべく堅牢そうな遮蔽物の陰に隠れる

コメント欄

名前

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!