【炎上】映画orange(オレンジ)の原作者・高野苺が「実写映画見ない」発言の後、アカウント削除 原作改変に激怒か?【公開日:12月12日 土屋太鳳・山崎賢人の朝ドラまれコンビ主演】

【炎上】映画orange(オレンジ)の原作者・高野苺が「実写映画見ない」発言の後、アカウント削除 原作改変に激怒か?【公開日:12月12日 土屋太鳳・山崎賢人の朝ドラまれコンビ主演】

この記事は約7分59秒で読めます。

23856PV

公開⇒

 
  • 2015年12月12日に公開・上映される映画orange(オレンジ)の原作者が突如不穏なツイートをし垢消しして話題になっている。
  • マンガ原作者の高野苺は、「実写映画ですが、私は見ないことにしました」とツイートしたのち、アカウント削除。

 

 

映画orangeの原作者ツイートについて、日本ネット感想

ニュースソース

 人気漫画「orange」の作者・高野苺氏がツイッターの公式アカウントを23日に削除した。削除直前には来月12日に公開する実写映画「orange」への不満ともとれる言葉をつづっており、ファンの間で波紋を広げている。

 同作は長野を舞台に6人の高校生の恋愛と友情を描いたSF青春ラブストーリー。若い女性を中心に支持を集め、発行部数300万部を超える人気作。来月には女優・土屋太鳳(20)、山崎賢人(21)の朝ドラ「まれ」コンビが主演する実写映画の公開が迫っていた中での突然のアカウント削除。実は高野氏、削除前にこの映画への不満とも言える言葉をつづっていた。

 高野氏は22日夜、自身のツイッターで「orangeの実写映画ですが、私は観ないことにしました…色々辛いことがあり、観る勇気が出ないので。観たら感想言うと言ったけど申し訳ないです」と突然映画を見ないと宣言。

 さらに「また今度改めて話すかもしれないですけど、でも今はもう映画は映画!原作は原作!と考えられるようになりました。それも最終巻への読者の皆さんの温かい言葉に、原作を大事に思ってくれている方がたくさんいるんだと、すごく励まされました。ありがとうございます!」と続けた。

 内容からは高野氏が映画に何らかの不満があり、自身が原作を務めた映画を見ないという異例の決断を下したことがうかがえる。

 実際に高野氏は映画のキャスティングが発表された7月20日時に配役の最終的なOKは自身が出したことや「実写化について私はかなり厳しい目で見ています。自分が納得するまではOKは出さないという思いなので、もし映画が読者の皆さんに納得いかない場合は私の責任だとそんな心構えでいます」と納得いかなければ映画の中止も辞さない覚悟をツイッター上で示していた。

 文の内容から察するに映画内で高野氏の納得できない部分があったものの、公開時期は迫っており、不満を残したままの公開となったと考えるのが自然だ。

 土屋や山崎などのキャスト陣への不満はないようで、22日のツイートでも「キャストの皆さんもいつも原作を持っていてすごく努力して下さって、みんなキャラにピッタリで観るのを楽しみにしていたけど、こんな苦しい選択をしてしまうことになり、すごく申し訳ない気持ちでいっぱいです」と謝罪している。

 原作者による映画への突然の不満表明。このツイートの後、高野氏の意思に同調し映画を見ないことを宣言するファンや、逆に公開直前での発言を軽率すぎると批判する声など原作ファンの間でもその行動に対する賛否が分かれている

 高野氏は23日に入りツイッターのアカウントを削除したものの、発言の波紋はさらに広がり続けている。

via: 映画に不満? 人気漫画「orange」原作者“映画見ない”発言の後にツイッターアカウント削除 (東スポWeb) – Yahoo!ニュース

ネットの反応・意見

やっぱりこういう作者出てきたか
どうせ大衆に受けるように改変に改変を重ねて作ったんだろ?
原作者の意見も反映されなかった訳だ
じゃないなら作者が辛いことがありとか削除前に書くわけ無い

手に取るように分かる案件

>土屋や山崎などのキャスト陣への不満はないようで

ここ大事

別のタイトルだけど、「原作を読まずに題名だけもらってやったww」と放言した監督もいるからセーフ
にしても土屋は一気に転がり落ちそうだな。太った以外は本人に非がないだけに気の毒になってきた

園子音か

まぁイメージピッタリなキャストなのに原作読んでなかったり俺なりの設定とかのたまう役者も居るしねえ

毎日毎日ケーキ食わされてたらそら太るぜ

原作と全然違っても名作になる映画もあるからなんとも言えんな

下手糞な朝ドラ主演コンビをそのまま引っ張ってきただけのキャスティングに不満がねえってならその時点でおかしい

脚本や構成の段階で原作者チェックとかしないのかな

その他、反応

「ママレードボーイ」の作者は、アニメ化するときに担当編集者に「お嫁に出したと思いなさい。」と言われたという…。
映画化のお話がきた時点で、それくらいの覚悟が必要なんだろうな。

やっぱ進撃の巨人の諫山は異質なんだな
原作者自らノリノリで改悪しまくったし

これは違うんじゃないか
映像化するにあたって様々な変更が加えられるのは仕方なかろう
それが嫌ならそもそも映像化を拒否したら良かったのでは

ベテランでもない限り原作者の発言権は弱い
高野苺くらいの位置ならまず無理だよ
最初に見せてもらった脚本からも改変があったんじゃないの?
メインふたりを目立たせるならどういう改変したのかなんとなく検討が尽くし

監督とか制作者からすりゃ原作に思い入れもないし、
流行りのキャストで流れ作業で楽に映画作って原作のネームバリューで黒字になりゃいいなーくらいだろ
欲出して映画化を受けたのが失敗

これは映画化に同意した時点で負け
そんなに大事なら断ればよかった
日本映画なんてろくでもないんだから

劇場公開間近でこういう発言するのはさすがに酷い
原作者って、事前に脚本も読ませてもらえないのか?

その他、日本の反応

コメントきたね

脚本やキャラクター造りは原作者としては「え?」って感じはありますが、監督さんや俳優の皆さん、スタッフなど、 現場は超優秀な人達ばかりです。 ボクやファンの皆さんは別次元の「新orenge」 として鑑賞するのが正解かもしれません。 もしかしたら現場のパワーで大傑作になっているかもしれませんよ!
おおいに期待しています。
               原作者 高野莓

今日試写会だったみたいね
何も前日に宣言しなくてもよかったんじゃないのか

ストーリー変えられちゃったのか不満っぽいな

聞いたこと無い漫画だけど人気なの?
少女漫画?

アクションで連載してたやつ

元は集英社だったけど集英社から逃げたりしてるから
変な作者だと思う

テレビや映画界って漫画原作者をないがしろにしてるからな
過去にもいろいろあったろ

これは作者の部が悪いよなぁ

コケたらコケたで「お前が余計なこと言うからコケたじゃねーか!」と言われるし
ヒットしたらヒットしたで「ホラ見ろ!俺たちの方が正しかったんだ!」と言われるし

これはなんか原作者がキモイな。コメントとか見ても。

TVドラマだけど、あまりの酷さに原作者クレジット外してもらった漫画家がいたよね

八神くんの家庭の事情
いいひと
おせん

パッと思いつくのはこの辺

原作漫画と映画、アニメは別物

そもそもオリジナル作れる実力がないから漫画原作に頼りきりなくせにでかい顔してんじゃねーよ馬鹿どもが

ラスト完全にどっちかとくっついた感じのラストに変えられたんじゃねぇの。

映画公開前から原作売れまくって勢いあったのに
炎上でまた売れるか

めんどくせえ作者だなw

どうせ増版かかるんだしタイトルとキャラ名だけ売ったと割り切って 完全に口を噤んどけば良かったのに、元々情緒不安定な人には難しかったか

しかしテレビドラマにしろ邦画にしろ実写化はラクな仕事してるなあ
最悪絵コンテすらロクに切らずに原作の構図頼みだし結局それも下手なゴリ押し役者がやれば台無し
漫画家の労働ナメてるとしか

【参考】映画・実写版orangeの情報

劇場公開日は15年の12月12日

「月刊アクション」連載の高野苺による人気コミック「orange」を実写映画化。未来の自分から届いた手紙をもとに、未来を変えるため奮闘する主人公の姿を描くファンタジックな青春群像劇で、NHK連続テレビ小説「まれ」のヒロインを演じた土屋太鳳と、その相手役となった山崎賢人が、再び主人公とその相手役という役どころで共演を果たした。高校2年生の春、高宮菜穂のもとに10年後の自分から一通の手紙が届く。そこには転校生の翔を好きになること、そして翔が1年後には死んでしまうということが書かれていた。最初はいたずらだと思った菜穂も、手紙に書かれていることが次々に起こると次第に手紙を信じるようになり、26歳の自分と同じ後悔を繰り返さないため、そして翔を救うため、運命を変えようと動き始める。

【スタッフ】
監督;橋本光二郎
原作;高野苺
脚本;金子ありさ
音楽;大友良英
主題歌;コブクロ

【キャスト】 土屋太鳳;高宮菜穂
山崎賢人;成瀬翔
竜星涼;須和弘人
山崎紘菜;茅野貴子
桜田通;萩田朔

via: orange オレンジ : 作品情報 – 映画.com

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!