この記事は約3分53秒で読めます。 コメント(23) 
204
  • 8月11日、ドイツのメルケル首相が「米国と北朝鮮の対立に軍事的な解決策はない」と述べ、武力行使に反対する考えを示した(トランプ大統領のツイートを受けての発言)。
続きを読む
この記事は約4分26秒で読めます。 コメント(5) 
21
  • 2月18日、ミュンヘン安全保障会議の場で、ドイツのメルケル首相とペンス米副大統領が初会談を行った。
  • メルケルは「難民受入れはEUの責務だ」と語った(朝日新聞はこれをトランプ政権への牽制だと書いている)。
続きを読む
この記事は約5分27秒で読めます。 コメント(3) 
37
  • 9月18日のドイツ・ベルリン市議会選挙で、反難民を掲げる政党が躍進し国政与党が大きく後退した。
  • この結果を受け、メルケル首相は難民の受け入れ対応・管理などに問題があったことを認め「でkることなら時計の針を戻したい」と述べた。
  • …が、難民受け入れの判断自体は完全に正しかったと明言している。
続きを読む
この記事は約4分44秒で読めます。 コメント(2) 
30
  • G7サミットの直前に開かれた国連の「世界人道サミット」(議題は難民支援資金確保など)だが…
  • 主要7か国G7のうち、ドイツのメルケル首相以外の首脳は欠席した。
  • 主催の国連事務総長パンくんこと潘基文は「がっかりした」とコメントしている。
続きを読む