この記事は約9分56秒で読めます。 コメント(20) 
109
  • 4月16日早朝、台湾の鳥山頭ダムにある八田與一氏の銅像の頭部が切られているのを発見、警察に届けた。
  • 八田與一氏とは、日本統治時代に台湾・鳥山頭ダム建設に尽力した日本人で、地元を台湾最大の穀倉地帯に変えた。
  • 破壊された像は、台湾民主化以降日台友好の絆の象徴として、地元民・台湾人から大切にされていた。
  • 【追記】4月17日、元台北市議会議員で中台統一を目指す李承龍がFacebookで犯行を自供し出頭した。
続きを読む