2017/02/13 00:20この記事は約7分20秒で読めます。 コメント(3) 
33
  • 2月12日、沖縄県浦添市長選挙の投開票が行われ、自民党公明党が推薦する現職の松本哲治氏が当選・再選となった。
  • オール沖縄と翁長知事がプッシュしていた無所属新人の又吉健太郎は敗れ、オール沖縄・翁長陣営は1月の宮古島市長選挙に続き連敗を喫している。

続きを読む

2017/02/10 18:05この記事は約3分35秒で読めます。 コメント(5) 
109
  • 反ヘイト団体のりこえねっと共同代表の在日朝鮮人・辛淑玉(シンスゴ)が16年9月の講演で語った犯罪教唆のような発言が2ちゃんなどで歴史的な大炎上に発展しているが…
  • 祭りも終盤というタイミングでしばき隊トップの野間易通が燃料を投下した。
  • 野間「毒舌ジョークの揚げ足をネトウヨがとって誹謗中傷っていうゴミネタでしょ?」

続きを読む

2017/02/09 23:34この記事は約5分39秒で読めます。 コメント(6) 
12
  • 2月9日、のりこえねっとのメンバーら有志(山口二郎や香山リカら)が、東京新聞論説副主幹の長谷川幸洋氏(ニュース女子で司会)に謝罪と訂正を要求した。

続きを読む

2017/02/08 00:53この記事は約21分27秒で読めます。 コメント(5) 
173
  • TOKYOMX放送・DHCシアター制作のニュース女子が、沖縄基地反対派の特集を組んで話題になっているが…
  • 憲法学者の木村草太が「マクリーン判決では、外国人にもベトナム戦争反対デモに参加する憲法上の権利があるとしており、外国人にも基地反対運動に参加する権利が保障されるはずだ」と沖縄タイムスで述べている。
  • 2ちゃんなどではマクリーン事件判決はそんな判決じゃないだろうと批判が殺到している。

続きを読む

2017/02/07 22:19この記事は約6分40秒で読めます。 コメント(1) 
12
  • 沖縄のパヨク紙・沖縄タイムスが、逮捕・勾留中の沖縄平和運動センター議長・山城博治にむけた手紙の形をとった社説を出している。

続きを読む

2017/02/07 18:39この記事は約7分57秒で読めます。
113
  • 東京新聞女性記者が、長谷川幸洋氏の反論をツイッターで批判していると産経新聞が報じた。
  • この女性記者の名前は望月衣塑子(もちづきいそこ)で、「彼が批判されるのは社是と違う言論んだからでなく、裏付けのないヘイトを垂れ流した故」などとツイートしている。

続きを読む

2017/02/07 17:15この記事は約8分8秒で読めます。
113
  • 沖縄反対派日当疑惑を報じたニュース女子を痛烈に批判している在日・辛淑玉の、去年9月の講演会動画が話題になっているが…
  • DHCシアターの虎ノ門ニュースは2017年2月7日、この問題を取り上げた。
  • 動画と全文書き起こしをまとめました。

続きを読む

2017/02/07 00:06この記事は約7分30秒で読めます。 コメント(3) 
17
  • のりこえねっと共同代表の在日朝鮮人・辛淑玉(シンスゴ)が、沖縄高江での反対運動の指南をする動画が流出(のりこえねっと自身が公開・うp)し話題になっているが…
  • その動画の中で、映像作家の横川圭希(よこかわけいき)が、「運動側に都合の悪いことはミュートにする」など映像の編集・切取りについて語っている。
  • 動画の問題部分を書き起こしてみた。
  • 2ちゃんの感想はなし、動画と書き起こしのみの記事です。

続きを読む

2017/02/06 22:58この記事は約8分1秒で読めます。 コメント(2) 
89
  • のりこえねっと共同代表の在日朝鮮人・辛淑玉(シンスゴ)の「指南動画流出」が話題になっている。
  • 2016年9月9日連合会館での講演動画で辛淑玉は、「私は稼ぎます、若い者には死んでもらう、爺さん婆さん達は嫌がらせをして捕まってください」と発言をしている。
  • さらに、他の動画(同日のもの)では、沖縄高江ヘリパッドの反対派では在日朝鮮人の比率が通常よりも高いとの事実を明らかにしている。
  • 動画の全文書き起こしをしてみた。

続きを読む

2017/02/06 22:06この記事は約5分1秒で読めます。 コメント(2) 
21
  • TOKYOMXで1月2日に放送されたニュース女子の沖縄基地反対派特集で、日当疑惑などが報じられ、パヨク界隈や在日・辛淑玉などが激怒しているが…
  • ニュース女子で司会を務めている東京新聞論説副主幹の長谷川幸洋氏が、2月6日ニッポン放送の「ザ・ボイスそこまで言うか!」に出演し、自らが退任するのではないかとの報道についてコメントした。
  • 長谷川氏は「私を処分するということは言論の自由の侵害になる」「私から辞めるわけにはいかない」と断言した。

続きを読む