妻殺害の韓国籍・朴鐘顕容疑者、「階段から転落」「首をつっていたから自殺だ」などと無実・冤罪を主張 「逮捕状の事実は間違っています。妻を手にかけるようなことはしていません」供述を二転三転【講談社編集次長パク・チョンヒョン容疑者】

妻殺害の韓国籍・朴鐘顕容疑者、「階段から転落」「首をつっていたから自殺だ」などと無実・冤罪を主張 「逮捕状の事実は間違っています。妻を手にかけるようなことはしていません」供述を二転三転【講談社編集次長パク・チョンヒョン容疑者】

この記事は約9分44秒で読めます。

コメント(5) 

担当:

公開⇒

 
  • 妻・朴佳菜子さんを殺害したとして殺人容疑で逮捕された講談社の編集次長・朴鐘顕容疑者(パクチョンヒョン)だが…
  • 「逮捕状の事実は間違っています。妻を手にかけるようなことはしていません」と容疑を否認している。
  • だが、朴容疑者は通報して警察に説明する際と、翌日の事情聴取の際とで異なる供述をしている…。

 

 

2ちゃんの感想・反応

状況的にはかなーりクロっぽい感じはするな。

ニュースソース

 東京都文京区の住宅で昨年8月、住人の女性が死亡する事件があり、警視庁は10日、女性の夫で講談社のコミック誌「モーニング」の編集次長、韓国籍の朴鐘顕容疑者(41)を殺人容疑で逮捕し、発表した。容疑を否認しているという。

 捜査1課によると、逮捕容疑は昨年8月9日未明、文京区千駄木1丁目の自宅内で、妻の佳菜子さん(当時38)の首を圧迫して殺害したというもの。事件は同日午前2時50分ごろ、朴容疑者の119番通報で発覚。佳菜子さんは玄関近くの階段の下で、心肺停止の状態で倒れていた。

 朴容疑者は当時、同庁に「帰宅後、妻と会話して子どもの様子を見に行き、戻ったら妻が階段から転落していた」と説明。司法解剖の結果、死因は窒息死で、首に絞められた痕が確認されたほか、倒れていた場所とは別の所から佳菜子さんの尿とみられる成分も検出された。朴容疑者はその後の任意の調べに「妻は服で首をつっていた。自殺だと思う」「子育てで愚痴をこぼすことはあった」と説明を変えたという。

 警視庁は、自宅に当時、家族以外の出入りがなかったことや、佳菜子さんに自殺の動機がないことなどから、朴容疑者が妻の死亡に関与した疑いが強いと判断。10日午後、逮捕に踏み切り、講談社の朴容疑者の机などを家宅捜索した。

 朴容疑者は大学卒業後、1999年に講談社に入社。コミック誌の編集長として人気作品「進撃の巨人」に関わったほか、「週刊少年マガジン」の副編集長時代には映画化された「聲(こえ)の形」にも携わり、朝日新聞で2011~13年、「子どもを読む」という題名のコラムを連載していた。ヒット作を世に送り出す一方、一時は育児休業を取って子育てや家事に専念した時期もあったという。

 逮捕を受け、講談社は10日、「本人は無実を主張しており、捜査の推移を見守りたい」とのコメントを出した。

via: 講談社次長、供述変遷 現場と別の場所から妻の尿?検出:朝日新聞デジタル

朴鐘顕容疑者(41)が逮捕前の任意聴取に「階段の手すりにかけた(朴容疑者の)ジャンパーで首をつって自殺した」と説明したジャンパーから、妻のDNA型が検出されていなかったことが10日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、首をつっていたとする付近から尿反応が出ていないなど不自然な点も確認。

via: 講談社次長、虚偽説明か | ロイター

朴容疑者は「妻を手にかけるようなことはしていません」と容疑を否認していますが、警視庁へのその後の取材で朴容疑者が逮捕前の任意の事情聴取に対し、「子育てのことで夫婦間のトラブルのようなものがあった」「妻が『子育てが大変だ』と愚痴をこぼしていた」と話していたことが分かりました。

via: 逮捕の講談社編集次長「子育てのことで夫婦間のトラブル」 News i – TBSの動画ニュースサイト

▼ パクチョンヒョン容疑者の顔写真画像

パクチョンヒョン容疑者の顔写真画像 パクチョンヒョン容疑者の顔写真画像朴鐘顕容疑者。警視庁によると朴容疑者は去年8月、自宅で妻の佳菜子さんの首を腕で絞めて窒息 朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者(41)=韓国籍=を逮捕 顔写真画像 朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者(41)=韓国籍=を逮捕 顔写真画像 朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者(41)=韓国籍=を逮捕 顔写真画像 朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者(41)=韓国籍=を逮捕 顔写真画像 朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者(41)=韓国籍=を逮捕 顔写真画像

▼ 産経の報道

 妻を殺害したとして、警視庁に殺人容疑で逮捕された朴鐘顕容疑者(41)は「進撃の巨人」など数々のヒット作品に関与した敏腕漫画編集者として知られた一方、4人の子供の子育てをめぐり、周囲に悩みも吐露していたという。「役員候補」とも目されたエース編集者と、妻の佳菜子さんとの間に一体何が起きたのか。

 関係者によると、朴容疑者は京都大学を卒業後、平成11年に講談社に入社。週刊マガジン編集部や別冊マガジン編集部を経て、昨年6月にモーニング編集部の編集次長となった。

 週刊マガジンでは、元暴走族の教師が活躍する学園漫画「GTO」などを担当。別冊マガジンでは創刊にたずさわり、担当ではないが、巨人と人間の戦いを描いた「進撃の巨人」などのヒット作に関わった。

 23年に自ら執筆していた朝日新聞のコラムでは、進撃の巨人について「死がこの作品のテーマの一つ」と触れ、「人間にとって死は生涯のビッグイベント」とつづっていた。

 その仕事ぶりは、同僚や漫画家から「編集者としてセンスが抜群」「まさに鬼才」と高い評価を得ており、「実績をひけらかすことなく、誰からも好かれる面倒見のいい人」と信頼を寄せられていた。

 一方、「子育てについて妻の愚痴が大変だった。育児ノイローゼだと思う」などと周囲に漏らしていたという。近所に住む男性(76)は「奥さんが子供と歩いているところを見かけたが、ちょっと疲れたような表情が印象に残っている」と振り返る。

 朴容疑者のものとみられるツイッターには「ほんと、漫画が好きです」と熱い思いが語られていた一方、「妻が鬱を発症した」とも投稿されていた。ツイッターの更新は、佳菜子さんが死亡する約1週間前の去年8月1日で途絶えていた。

via: 【敏腕編集者逮捕】役員候補のエース編集者、「GTO」も担当 輝かしい仕事の陰で家庭トラブル? – 産経ニュース

▼逮捕状の事実は間違っているなどと徹底否認

敏腕と評判の編集者。
なぜ、妻殺害の容疑で逮捕されるに至ったのか。
取り調べには、容疑を否認している。

逮捕前、FNNの取材に、韓国籍の朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者(41)は、「(奥さんが亡くなった時の話をうかがいたい)何も言えることはないので。ごめんなさい。妻が亡くなったかどうか含めて、何も言わないと決めている」と答えていた。

朴容疑者は、大手出版社・講談社の社員で、大ヒット漫画「進撃の巨人」にも携わったほか、現在、漫画雑誌「モーニング」の責任者を務めている。

10日午後1時前、朴容疑者が、自宅から連行されていった。

通報があったのは、2016年8月9日。
消防が、東京・文京区千駄木にある朴容疑者の自宅に駆けつけると、1階の玄関付近で、38歳の妻・佳菜子さんが倒れているのが見つかり、その後、病院で死亡が確認された。

当時、警察に対し、朴容疑者は「奥さんに刃物を突きつけられて、子どもと2階に上がり、すごい音がして1階におりたら、階段から落ちて死んでいた」と説明。
しかし、その後、「1階で首をつって自殺をしていた」などと、話を二転三転させた


警視庁が調べたところ、自宅に第3者が侵入した形跡はなかった一方、佳菜子さんが発見された1階からは、人が首を絞められた際の痕跡が見つかった。
そうした状況などから、警視庁は、殺人事件とみて捜査を開始。

そして、事件から5カ月たった10日、佳菜子さんの首を絞め殺害した疑いで、夫の朴容疑者を逮捕した。

近所の人は、「(家族構成は)お子さん4人とご夫婦の6人。(子どもは)小3、小1、幼稚園と1歳にるかならないか」、「(家族仲はよかった?)けんかしたとかはなかった」などと話した。
事件の5年前、自宅を新築し、家族6人で暮らしていた朴容疑者。

2009年には、自身が編集責任者を務める「別冊少年マガジン」で、漫画「進撃の巨人」が連載開始。
作品は、その後、世界中で大ヒットした。
家庭に恵まれ、仕事も順風満帆だったはずの朴容疑者に、いったい何があったのか。

本人のものと思われるツイッターには、以前、「妻の体調が思わしくなく、その心配と家事育児で、睡眠時間が少なくなっている」、「僕は、うちの会社の男性編集者で、初めて育児休暇を取りました。それは妻とマガジン同僚のおかげです」などと投稿されていた。

逮捕前、FNNの取材に、朴容疑者は、「(奥さんが亡くなった時の話をうかがいたい)何も言えることはないので。ごめんなさい」、「(自殺したとうかがっているが)妻が亡くなったかどうか含めて、何も言わないと決めている」、「(会話の内容だけでも)いや、何もないです。話したい気持ちになった時に連絡します。(気持ち的に話す段階でないと)すみません」などと答えていた。

逮捕後の調べに対し、朴容疑者は「逮捕状の事実は間違っています。妻を手にかけるようなことはしていません」と供述し、容疑を否認している。

via: www.fnn-news.com: 講談社編集次長の男逮…

2ちゃんねるの反応・意見

やっぱり朝鮮人の捏造は稚拙だなあw

講談社も汚染されていたのか

現行犯逮捕でも韓国人は容疑を否認するからな

>「階段から転落していた」「首をつっていたから自殺だ」と無実を主張

妻の死後直後に現場にいて、妻の死因を変遷させる夫でどうなの?
いくら何でも、「階段から転落」と「首吊り」は間違えないぞw

「首を吊った」はずなのに階段下で倒れていたのもおかしい。
普通は「首を吊った」ままで通報する。
首を絞めた跡や別室での尿反応。
不可解なことだらけだな

支離滅裂だろw

その他、感想

無実なら嘘をつく必要がないから証言は事件当初から一貫するはず。
なのに証言がコロコロ変わるという事は、こいつがやったと見て間違いない。

火病って首絞めたのが容易に想像できるわ

クビ吊って死んでから階段から落ちたんだな
神奈川ではよくあること

顔みたら本当に耳たぶ無くてワロタ
朝鮮耳ってガチなんだなぁ

親に女衒に売られたとか、日本兵に強制連行されたとか証言がころころ変わるのはチョン特有の文化

子供4人は悲惨だな、チョンの血が入ってるうえに親父が母ちゃん殺しとか

ちなみにこのニュース

紙面版の朝日では容疑者の名前は伏せられ
被害者である奥さんが朴姓つけてフルネームで載ってました。

朝日新聞でコラムw
もうこの一文で笑うわ
つまり業界全体でコイツの抱える作品プッシュして神輿にあげてたんだろ

直ぐにバレるその場しのぎの嘘をつくのもいかにも韓国人

証言が二転三転か

>倒れていた場所とは別の所から佳菜子さんの尿とみられる成分も検出された。
あっ・・・

まあ、素直に考えるとそこが犯行現場だな。で、転落死に見せかけようと階段下に運んだ。
ところが司法解剖で絞殺痕が発見されたから証言を変えた。と。

その他、2ch反応

気持ち悪い持ち上げ報道やってるな

供述がくるくる変わるような冤罪とか考えにくいなあ。
万一そうだったら復帰後の担当作品を見てみたい気もするが

まあ、なんだ。講談社終わったな。

しかも奥さんは育児疲れで神経質そうに見えたとか、印象操作も大概にしろよ

こう言う捏造報道が却って反感買うって良い加減気づけよマスゴミ

カーッとなると4人の子供達の事も自分の結構な地位も実績も全部頭の中から吹っ飛ぶのか
火病とは恐ろしいものだな

ホントに、在日がマスコミ牛耳ってるんだと実感できた事件だわ。

法医学の本を読んだり講義をとったりしなかったのかね。
法医学のことを多少知ってたら出来ない言い訳。

普通容疑段階じゃなんとも言えんがこれはあかんな

支離滅裂でわろた

コメント欄

名前

コメント

妻殺害の韓国籍・朴鐘顕容疑者、「階段から転落」「首をつっていたから自殺だ」などと無実・冤罪を主張 「逮捕状の事実は間違っています。妻を手にかけるようなことはしていません」供述を二転三転【講談社編集次長パク・チョンヒョン容疑者】」への5件のフィードバック

  1. 朝鮮人には二種類しか存在しない、「悪い朝鮮人ともっと悪い朝鮮人の」

    1

    0
  2. 読売新聞2017/1/11のデタラメっぷりがひどい‌
    犯人の名前を間違えてるのは読売だけ‌
    間違えた名前→「パクジョンヒョン」‌
    誤植というよりも、警察から犯人名を聴いた後に‌
    「チョン部分」を「ジョン」と認識して校了したっぽい。‌
    どこまであほなのか読売新聞。

    0

    0
    1. というか読売のチョン職員がチョンを使いたくなかったからわざと間違えた名前を使ったのかも・・。

      0

      0

コメント欄

名前

メラ速報の事件系新着記事

 

 

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!