和歌山毒物カレー事件、林真須美死刑囚の再審請求認めない決定 死刑執行はずっとされないままだろな…【平成29年3月29日和歌山地方裁判所決定

和歌山毒物カレー事件、林真須美死刑囚の再審請求認めない決定 死刑執行はずっとされないままだろな…【平成29年3月29日和歌山地方裁判所決定

この記事は約7分54秒で読めます。

コメント(4) 

公開⇒

 
  • 3月29日、和歌山毒物カレー事件の死刑囚・林真須美の再審請求が和歌山地裁によって棄却された。

 

 

概要・経緯などのまとめ

和歌山県和歌山市の夏祭りで、カレーライスにヒ素を盛ったとして死刑判決が出ていた、林真須美死刑囚(55歳)の再審が和歌山地方裁判所で棄却決定された。平成29年3月29日付決定。

和歌山毒物カレー事件は、平成10年・1998年に、和歌山市の夏祭りでカレーを食べた住民67人がヒ素中毒になり、子供を含む4人が死亡した事件。現場は和歌山市園部の民家ガレージ。

容疑者として逮捕され起訴された林真須美死刑囚に対しては、平成21年・2009年に、最高裁の上告棄却により死刑判決が確定。林真須美死刑囚は、無実を訴え同年2009年から再審を求めていた。林真須美は裁判を通じ一貫して無罪を主張していた。

和歌山毒物カレー事件裁判では、現場のヒ素と林ますみの自宅にあったヒ素が同じだとする警察の鑑定結果が有罪の決め手となった。直接の目撃者がなく物証も乏しいので、検察側は状況証拠を積み重ねて有罪認定にもといこんでいた。再審請求をした弁護団は、①それぞれのヒ素に混ざっていた不純物が異なり、同じヒ素ではなかったと主張していた。また、②林真須美の次女が「(林真須美が)カレー鍋の見張りから離れた時間が20分以上あった」と証言しており、他の人にもヒ素を入れる機会があったと主張していた。和歌山地裁は、①について、弁護団が求めていたヒ素の鑑定データ開示を認めず、②についての林真須美の次女の証言も証拠として採用しなかった。

①について、弁護側はヒ素が同一でないとする鑑定書を提出し、鑑定した大学教授の証人尋問を請求したが、和歌山地裁は昨年12月に「必要性がない」と判断。これに対し、弁護側は「重大な事実の解明を無視した」として、浅見健次郎裁判長らの忌避を申し立てていたが、地裁に1月に却下され、大阪高裁・最高裁も抗告を棄却していた。

林真須美死刑囚の弁護団は、大阪高裁に即時抗告する方針だ。

【ソース】

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170329/k10010929101000.html
http://www.sankei.com/west/news/170329/wst1703290054-n1.html
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/317980
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017032900922&g=soc

再審請求審で弁護団は、X線分析が専門の河合潤(じゅん)・京都大学大学院工学研究科教授の鑑定をもとに、林死刑囚の自宅などから押収されたヒ素と、事件現場のゴミ袋にあった紙コップ内に付着していたヒ素、カレー内のヒ素は「同一のもの」とは言えず、「当時の鑑定には『同一』と見せるための不正があった」などと主張していた。

 さらに「林死刑囚が見張り中に、(調理中の)カレー鍋のふたを開ける不審な行動をした」という近くの住民の目撃証言も、次女と見誤った可能性があり、信用できないと訴えていた。

 一方、地裁は再審請求審で、弁護団が求めていたヒ素鑑定に関するデータの開示や再鑑定、河合教授の証人尋問などはすべて実施しないとの判断を示していた。

via: 和歌山カレー事件 林真須美死刑囚の再審請求を地裁が棄却

その他報道情報

▼ 夫のコメント(再審棄却後)

 林真須美死刑囚の夫・林健治さん「当初から有罪ありきで、どこまで行ってもひっくり返らないと思います」

via: 和歌山カレー事件 林死刑囚の再審請求棄却|日テレNEWS24

▼ 産経新聞報道・夫の林健治さんと29歳長男のコメント(再審棄却前)

 林死刑囚の家族が今月、産経新聞の取材に応じ、大阪拘置所の林死刑囚の様子について明らかにした。

 夫の健治さん(71)によると、林死刑囚は白髪が増え、年齢を感じさせるようになった。死刑判決確定後には「手を引っ張られ、死刑台に連れて行かれる夢を見る」と弱気な姿を見せるようになったが、事件の話になると、毅然とした口調で「私は絶対にやっていない。嘘はついていない」と語っていたという。

 また、長男(29)が昨年6月に面会したときには歯が抜け落ちており、「どうした?」と尋ねると、「治してくれんのよ」と明かした。その一方、拘置所での生活について「早めに老人ホームに入ったと思っている」と強気な様子も見せていたという。

via: 和歌山毒物カレー事件の林真須美死刑囚の様子 家族が明かす – ライブドアニュース

▼ 林死刑囚の自宅は2000年に放火で焼失。

1998年7月に事件が起きた園部地区の夏祭り会場には住宅が建ち、当時の面影はまったくない。

 近くにあった林死刑囚の自宅は2000年、放火で全焼した。土地は競売にかけられ、04年に地元自治会が落札。ベンチや花壇を整備するなど公園として整備された。今でも自治会が年2回草むしりをしているが、訪れる人は少ない。

 かつて近くの公園で行われていた慰霊祭も、09年が最後となった。事件で急性ヒ素中毒になった男性はこう話す。「当時を知らない新しい住民が増えてきている。被害者が事件を忘れることはないが、できればそっとしておいてほしい」

     ◇

 〈和歌山カレー毒物混入事件〉 1998年7月25日、和歌山市園部の民家のガレージで調理されたカレーの鍋に、猛毒のヒ素(亜ヒ酸)が混入された。園部第14自治会の夏祭りに提供され、カレーを食べた自治会長(当時64)、同副会長(同53)の2男性と高校1年の女子生徒(同16)、小学4年の男児(同10)の計4人が死亡。未成年者30人を含む住民ら63人が急性ヒ素中毒になった。

via: 林死刑囚の再審請求、地裁が棄却 和歌山カレー事件:朝日新聞デジタル

2ちゃんねるの反応・意見

よく冤罪だって言われてるけど、ヒ素なんて当時でも一般家庭においてあるようなものじゃ無いし、被告にはヒ素を利用した保険金詐欺の有罪確定された犯歴があるんだよね。
カレー作りの現場にこういう人物が居合わせただけでも、疑いを持つに充分足りるような気がするが…
よく、被告には利益がないとか、動機がないとか言われてるけど、こういうのは正の拡大解釈に思えるし、犯罪そのものを検証するのに障害になれども、何ら役に立つものでは無い。
一般家庭にない特殊な薬品を所持出来た事、現場でその機会があった事、現実に他人に飲ませた犯歴がある事で充分だろ?

まさに状況証拠だよ
ほぼ状況証拠で死刑か

普段の仕事でも状況でこれは間違いないと思っていても
よくよく調べるとおっと違ったぜってのは良くある
だから幾方向からか調べ直してみることはよくある
最初は状況証拠が揃っていても
それを覆す事実が出てくる

今回のは状況証拠にそれを補完するためにヒ素分析をした
しかしそれは証人がいないブラックボックスの中でのことだ

その他、感想

そこまで自信あるなら執行しちまえば?

死ぬまで牢名主になる予感。執行されないだろうから、死刑制度を廃止した方が良い。

たぶん執行はされない
これ以外の保険金詐欺と殺人で無期懲役必須だから
事実上無期懲役みたいなもの

もういからさっさと処刑してやれ

当然だわな。
状況証拠揃ってる。

昨年2016年3月25日に死刑執行された
吉田純子と同じように早く死刑執行してくれ。

取材に来たマスコミに、水道のホースで水をかけた女

水をかけられたのは不肖・宮嶋茂樹。

TBSちゃんが
盛んにお情け報道してたな
免罪再審に持っていきたい旨やってたわ

そもそも最初に散々犯人扱いしてたのは自分らマスゴミどものくせにな

今年末ぐらいには執行されそうだな。

永遠に執行されない
特に林は死刑廃止派の広告塔でもあるから
もし執行してしまったら永遠に冤罪死刑の疑惑が残ってしまう
そんな馬鹿なことを政府がしても何の得にもならない
そもそも政府は死刑執行しても何の特にもならないが
何もしなかったら形骸化してしまうので
毎年しぶしぶ必要最小限の冤罪の疑いが120%無い死刑因を執行をしている
林は今後執行される事はありえない

その他、2ch反応

日本は冤罪に慎重すぎて、はっきりした証拠無い場合、自然死するまで死刑にしないよな

証拠さえはっきりしてたらそく死刑だが

松本みてーにガッチリ証拠あっても、テロが怖くて出来ないパティーンもあるけどなw

息子が常識人で結構しっかりしてて驚いた
逮捕後は酷い生活みたいだったのに、
よくグレなかったな

ニヤニヤ笑いながら取材陣にホースで水かけてたな
確固たる物証が無くともこのオバサンしか犯人は見当たらない
ヒ素を日常使いして保険金詐欺していた訳だし

コメント欄

名前

コメント

和歌山毒物カレー事件、林真須美死刑囚の再審請求認めない決定 死刑執行はずっとされないままだろな…【平成29年3月29日和歌山地方裁判所決定」への4件のフィードバック

  1. 残念ながら決定的証拠がないから執行はされず獄中死だろうな。
    0
    0
  2. ただただ被害者が浮かばれない‌
    被害者の立場が慮れない今の日本社会や司法の現状が変わってほしい
    2
    0
  3. 事実上の終身刑なんだよな。‌

    日本の無期懲役は最短、十数年で出所出来るからね。‌

    その他でのヒ素保険金詐欺事件やら殺人未遂、カレーは状況証拠のみなので、死刑ではなく終身刑が相当って事。‌

    なので執行は確実にされ無いよ。
    0
    0
  4. >日本の無期懲役は最短、十数年で出所出来るからね。‌‌
    出られません。‌
    無期懲役囚は、受刑30年目で1回目の仮釈放審査が受けられます。‌
    ここで仮釈放されなければ、次は10年後の40年目、その次は50年目・・にならないと仮釈放審査を受けられません。‌

    現在の日本の無期懲役は、事実上の終身刑です。
    0
    0

コメント欄

名前

メラ速報の事件系新着記事

 

 

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!