赤ちゃんポスト(こうのとりのゆりかご)、兵庫県神戸市マナ助産院に設置の方針 熊本市・慈恵病院に続き全国2例目 入れられた子供のその後と明日ママ騒動

赤ちゃんポスト(こうのとりのゆりかご)、兵庫県神戸市マナ助産院に設置の方針 熊本市・慈恵病院に続き全国2例目 入れられた子供のその後と明日ママ騒動

この記事は約6分28秒で読めます。

コメント(2) 

公開⇒

 
  • 2月9日、NPO法人「こうのとりのゆりかごin関西」が、兵庫県神戸市のマナ助産院に全国2例目となる「赤ちゃんポスト」を設置する方針を決めた。
  • 医療体制などの面からまだ設置は確定ではないようだが、設置が決まれば熊本市・慈恵病院に続く2例目の設置となる。
  • 赤ちゃんポストに入れられた子供のその後などについても情報をまとめました。

 

 

概要・経緯などのまとめ

実現すれば全国2例目となる「赤ちゃんポスト」の兵庫県神戸市への設置計画が進められている。

赤ちゃんポストの関西版を目指しているNPO法人「こうのとりのゆりかごin関西」は2月9日に大阪市内で理事会を開催し、神戸市の「マナ助産院」(永原郁子院長)に赤ちゃんポストを設置・整備することを決めた。同理事会には団体顧問の蓮田太二(慈恵病院理事長)や、マナ助産院院長・永原郁子、医療・教育関係者ら20人が出席した。

ただし、厚労省・神戸市などが医療機関ではない助産院での開設を認めていない方針なので、今後、マナ助産院は嘱託医師を確保し設置を目指していくこととなる。

赤ちゃんポスト(正式名称・こうのとりのゆりかご)は、熊本県熊本市の慈恵病院が2007年5月に日本で初めて運用を開始。匿名で顔を見られることなく、保育器に赤ちゃんを寝かせて立ち去れる仕組みとなっている。慈恵病院では2015年度までに計125人の赤ちゃんを受け入れている。

【ソース】
神戸新聞:https://this.kiji.is/202335251144132089?c=110564226228225532
産経新聞:http://www.sankei.com/west/news/170209/wst1702090070-n1.html
毎日新聞:http://mainichi.jp/articles/20170210/k00/00m/040/011000c

国内2例目の赤ちゃんポスト設置が計画されているマナ助産院=9日午後、神戸市北区

管理人コメント

これ、議論はあるけど、明日ママ騒動を受けてもこうのとりのゆりかご自体の議論はあまり深まらなかった感じはするんだよなぁ。

とはいえ、毎日のように親の子殺しが起きている実情もあるしなぁ。…虐待や殺人で生んだ子供を殺すような親はこんなの使わない可能性は高いんだろうけど。

熊本以外にも設置されたら、国民的な議論はもっと巻き起こるのかな。後追い議論もどうなのかなって気はするが…。

2ちゃんでは割と賛成意見が多かった印象。

2ちゃんねるの反応・意見

赤ポスて
いらない赤を入れるゴミ箱なんだろ?
だら堕ろしたガキを捨てたり便所に流さないで
ここに全部ブチ込めば面倒見てくれるんじゃねーのか?

人口多い東京に設置案が出ないのが不思議。

産んだ直後に捨てて死なせて逮捕とかよくあるけど
ポストあるんだから、いらないなら捨てればいいんだよ

その他、感想

むしろ全国にあった方がいいんじゃないの?

熊本で1番呆れたのは海外留学で邪魔だからと赤ちゃん持って来た馬鹿女がいたらしい。金があるなら育てろよw

また芦田愛菜のドラマに難癖つけるのか?

【補足】
こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)に関しては、芦田愛菜主演の「明日ママ(明日ママがいない)」が話題になっていた

慈恵病院
初回放送後、国内唯一の赤ちゃんポスト「こうのとりのゆりかご」を運営する慈恵病院が「フィクションだとしても許される演出の範囲を超えている」として、番組の放送中止や内容の再検討などを求めた[24]。また、赤ちゃんポストに預けられていた子供が「ポスト」と呼ばれることについては、「精神的な虐待、人権侵害にあたる」と批判した。養護施設の描き方についても「現実と懸け離れたシーンが多すぎ、誤解や偏見、差別を与える」として、子どもたちや職員への謝罪を求めた[25]。2014年1月22日にはBPOの放送人権委員会に審議を求める申立書を送付した

via: 明日、ママがいない – Wikipedia

自分のルーツわからないんだろ?

赤子には何の罪もないから、ポストがあったら救われる命も増えるよ。東京にも作って欲しい。

虐待して殺しちゃうくらいなら手軽にポイ捨てできるポストを



どんどん設置したほうがいいよ少子化対策にもなるし(´・ω・`)

ポストに入れられた子って戸籍とかどうなるんだろ

置き去りにされた子供がその後どうなっているのか気になる

預けられた子供はまず慈恵病院の医師が健康状態を確認する。親が出産前に慈恵病院と話し合いをするなどして意思の疎通が出来ている場合は、実親の合意があれば子供の福祉のために比較的早い段階で養子縁組がなされる。

実親の合意がない場合やゆりかごの利用者などで親との意思疎通がなされていない場合は、親が後から考え直して子供の引き取りを申し出てくる可能性も考え(これは慈恵病院が参考にしたドイツの例でも同様である)、いったん熊本市児童相談所により県内の乳児院に移される。乳児院は熊本市の熊本乳児院と慈愛園乳児ホーム、八代市の八代乳児院の3か所。その後一定期間を置いて特別養子縁組が行われる。病院での医療費や乳児院での措置費と子供の生活費は国と、熊本県または熊本市が折半する形で支給される。子供の戸籍は熊本市長が作成し、命名する。

2007年当時の県知事である潮谷義子は、かつて慈愛園乳児ホームの園長だった。2007年5月29日、幸山政史熊本市長は「こうのとりのゆりかご」の運用状況について、年1回件数のみを公表するという市の方針を表明する。慈恵病院は運用開始から6ヶ月を経過した11月に、件数と子供の健康状態について公表する方針とする。 ゆりかごのイメージが強い本病院の試みであるが、実際には妊娠した女性に対しての対応はほとんどが「SOS赤ちゃんとお母さんの妊娠相談」などの電話やメールでの相談窓口で行われる。当初年間数十件だった相談件数は、平成25年度の1445件になり、平成26年には前年に放送されたドラマの影響もあり約3倍の4036件に増加した。相談は電話がほとんどであり、県外からの相談が約7割で、インターネットで相談実施を知った人がほとんどだった[9]。

2014年1月に行われた同病院の蓮田太二医師による講演で、平成19年から平成25年11月30日までに同病院が相談を受けたケースのうち特別養子縁組に至った190件中、43件が若年層の妊娠によるものであり23%の母親は15歳未満であったという。中には強姦の被害者や、小学5年生の出産のケースもあったという。相談を重ねた結果自分で育てることにしたケースが235件あり、その他も含めて453人の赤ちゃんの命が中絶などから救われた。

via: 赤ちゃんポスト – Wikipedia

その他、2ch反応

赤子で産みの親からの干渉がないから、
養子縁組がすぐ決まりそう。
片親でもわかっていると、
親に養子許可の書類を書いてもらわないといけなくて、
なかなか縁組できないらしい。

虐待親は変に責任感あるタイプと
金蔓タイプも多いから、ポスト使う時点で
ダメ親の中でもまだ理性と良心が残ってる
上位層だったりするんだよな

兵庫県に赤ちゃんポストだなんて、なんとまぁ・・・・
九州の何倍も入るだろうな

外人の子で一杯になるんじゃないの

こういうのは一刻も早く全国的に整備すべき

普通に施設に出せばいいのに

池沼とつり目の赤ちゃんばっかりだろうな

コメント欄

名前

コメント

赤ちゃんポスト(こうのとりのゆりかご)、兵庫県神戸市マナ助産院に設置の方針 熊本市・慈恵病院に続き全国2例目 入れられた子供のその後と明日ママ騒動」への2件のフィードバック

  1. ちなみに、助産「師」ってなってるけど、実質「婦」だよね、男には国家資格の受験資格がないから。‌
    男でもなれる看護師や保健師と違う。
    0
    0
  2. 強姦魔の子供育てるとか無理ゲーすぎる‌
    息子が日に日に自分を襲った奴の顔に似てきたりしたら虐待待ったなし‌
    子供もポスト出身で出自を知らない方が絶対幸せなケースだろうな
    0
    0

コメント欄

名前

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!