松尾貴史「ナマポ・マスゴミ・ネトウヨ・パヨク・ブサヨなど新しい差別用語を発明し、相手にダメージを与えて自らを慰める人達」「嫌韓本などのヘイト本を置く街の書店は結局は廃業」

松尾貴史「ナマポ・マスゴミ・ネトウヨ・パヨク・ブサヨなど新しい差別用語を発明し、相手にダメージを与えて自らを慰める人達」「嫌韓本などのヘイト本を置く街の書店は結局は廃業」

この記事は約6分10秒で読めます。

コメント(6) 

公開⇒

 
  • 松尾貴史が、毎日新聞コラムにて、ネトウヨ・パヨク・ブサヨなど差別用語を発明し相手にダメージを与えて自らを慰める人達云々との文章を書いている。

 

 

概要・経緯などのまとめ

▼ タレント・松尾貴史のコラム・毎日新聞(2ちゃんより引用)

松尾貴史のちょっと違和感 トランプ氏も移民の子孫 人類は皆アフリカ系地球人

このところ、世界中に差別意識がまん延しているのだろうか。アメリカのトランプ大統領が、人種差別に対して毅然(きぜん)としないことが、白人至上主義者たちとそれに対抗する人たちの争いで火に油を注ぐようなことになっている。

彼が差別主義者たちについて決然とできないのは、おそらくは本人が差別意識を持っているか、そのことに寛容であるかのどちらかだからだろう。

それゆえ、差別主義者たちの多くが彼の支持者であり、自身の政権基盤が揺らいでいる時に「裏切られた」と思われたくない、ということなのだろうとも想像する。

移民に対しては非常に冷たいトランプ氏だが、彼も元をただせば移民の子孫だ。祖父がドイツから移住してきたおかげで彼は今の権益にあずかっている。その元のドイツであろうがどこの国や地域であろうが、そもそもは皆移民である。

人類は、何万年もかけて、その起源となるアフリカ大陸から、北上し、東へ進み、ヒマラヤの北側、南側を進み、あるいは海に出て、今の私たちの祖先となった。

道具や言葉や取引を発明して、社会を作り、立場が分かれ、さまざまな特徴が生まれて、国が興っては滅び、今のような「区分け」ができたのだろう。

生物学的には、男性よりも女性の方がよほど優れていると思うのだが、日本で女性に国政への参政権が認められたのは終戦直後の1945年12月。私が生まれる十余年前、つまりはこの国が戦争を永久に放棄すると誓った日本国憲法が公布された前年だ。

今大騒ぎのアメリカでは、黒人に選挙権がもたらされたのが、私が幼稚園に通っているころである。日本に「すべて国民は」という素敵な表現で人権や平和を守るための憲法を樹立することを手助けしてくれたアメリカが、自分の国では差別制度が当たり前のように存在していたのだから、不思議な感じがする。

中世や明治時代の話ではなく、つい最近まで、人間の歴史でいえば、「ついさっきまで」差別の制度はあったのだ。もちろん、さまざまな分野では差別的な法律や制度は現在でもまだまだあるのだろうけれども。

日本経済が伸び悩み、というよりも衰退を続け、自分たちの生活が苦しくなったと感じている人は増えていると思う。

自分たちに余裕のある時には「一億総中流」的感覚で、自由と平等を謳歌(おうか)したような気になっていたのだが、一度苦しくなると、一部の人間は攻撃の対象を無理やりに探し出しておとしめることで、自分の属性に寄りかかって自慰のように差別をするようになる。

インターネットの書き込みなどで、その匿名性を隠れみのにすれば、下品で悪質な誹謗(ひぼう)、中傷を行っても、自分の世間体に障ることがないという勘違いも手伝っている。

一見、それと認識されにくい、新しい差別用語を「発明」して、言い返せない人たちにさらなるダメージを与えて自らを慰める人たちもいる。「ナマポ」「マスゴミ」「左巻き」「ネトウヨ」「パヨク」「ブサヨ」などもその類いだろう。

若い人の本離れが深刻だそうだ。そこへきて、ネット通販で本を購入する人も多くなり、街の書店が経営難に陥り、嫌韓本などのヘイト本を置くようになり、しかし書店が知性を放棄するという状況では好転するはずもなく、結局は廃業していくところもあるという。

他者の、自身では選択しにくい状況をけなすことで「スカッとする」という気質の人も、気の毒ではあるが世の中に一定数いるのだろう。しかし、そんなことをして、何かが解決するのだろうか。分断からは何も生まれないし、生まれるものすら滅ぼしてしまう。

「人類は皆アフリカ系地球人」だということは、単なるきれい事でなく、心に置いておく実利は、星の数ほどあるのではないか。(放送タレント、イラストも)

https://mainichi.jp/articles/20170827/ddv/010/070/012000c

via: 【松尾貴史】「ナマポ」「マスゴミ」「左巻き」「パヨク」「ブサヨ」 差別用語を「発明」し、相手にダメージを与えて自らを慰める人たち

管理人コメント

一応言い訳のように「ネトウヨ」も列挙しているけど、その直後に嫌韓本をヘイト本ってしっかり認定しててなんともブーメランというかなんというか。

コラムだからと言えばそれまでだが全体としてなんか脈絡のない文章で結局何を言いたいのかわかんねぇんだなぁ。

2ちゃんねるの反応・意見

松尾貴史、お前の安倍界隈への誹謗中傷も大概酷いぞ。

もはやマスゴミではない
カスゴミ、カスゴミだよw

なんでもかんでも差別用語に認定し真っ当な批判を回避したい卑怯で卑劣な人達

一体何と何の待遇差だよw

松尾ってこんな人だったんだね。出てきたときには
全く政治色を感じなかっったのにね。何人くらい
テレビタレントとして仕込まれてるのか?

その他、感想

キッチュは
【 パヨク 】って何の事だか判って言ってるのかよ。

>>1の記事の卑怯なとこは、自分で使ってる嫌韓本やヘイト本というレッテル貼りを入れてないとこだよ

>「ネトウヨ」

これだけはマスコミその他が「ネトウヨは貧乏人だ低学歴だ日本人という肩書きしかない底辺にだ」って散々印象操作してる事からも分かる通り
最初から差別させる為に作られた言葉

あぁ、ネトウヨが差別用語だって自覚はあるんだwww
どうでもいいけど

数が増えたねえ~

そして効いてて笑う

「プロ市民」や「人権の当たり屋」は分かり易すぎて口の端に載せられなかったのかな?

>「マスゴミ」「左巻き」「ネトウヨ」「パヨク」「ブサヨ」などもその類いだろう。

いやここら辺は全然言い返せると思うが。
というか自分を棚に上げすぎw

ダメージくらっちゃってたの?w

マスゴミだの左巻きだのブサヨなんて古い言葉じゃんw

それを「差別」だというのがすごいなwww

その他、2ch反応

なんで最近こんなにパヨパヨしてるの?

「人権屋」みたいに便利な言葉もあるからなあ。三文字で表現しつくしてるし。

嫌韓本をヘイト本なんて思ってる時点でバレバレだよ

松尾が上げたような単語は氾濫していないが「ネトウヨ」は
まともを装うメディアでさえ使っている

効いとる効いとる

子供の間で「安部る」って言葉が流行ってるとか言ってたのは社民党の人だっけ?

その後、ネットではアサヒるが大流行したと言うw

「人権」「平等」なんて胡散臭い言葉の最たるものだろう。
これらの言葉を声高に言い始めた途端、何処かで他の人権が無視され平等は崩れる。

すげーブーメラン

コメント欄

名前

コメント

松尾貴史「ナマポ・マスゴミ・ネトウヨ・パヨク・ブサヨなど新しい差別用語を発明し、相手にダメージを与えて自らを慰める人達」「嫌韓本などのヘイト本を置く街の書店は結局は廃業」」への6件のフィードバック

  1. 韓国人もそうだが、時系列を踏まえた話ができていないのがパヨクの特徴。‌
    そもそも論ができないから、結局ブーメランになる。
    8
    0
  2. 知性を放棄しているのは書店じゃなくて松尾の方だと思うんだけど。‌
    アベノミクスが失敗したかのように言ってるけど、実際失業率は下がってるし賃金は上がってるのは数字に表れている。‌
    それに全ての人類がアフリカから全世界に散らばったなんていうトンデモ説を自慢気に言われても説得力がない。‌
    とりあえず嫌韓本をヘイトと決めつけて言論弾圧をしようとしてる時点で正体はバレてる。
    7
    0
  3. 松尾ってこの前も加計の時に前川にころっと騙されてたし、基本的に迂闊な人なのかも知れない。
    8
    0
  4. 最近の松尾は、個人的には、うじきつよしを彷彿とさせる感ある。‌
    あいつも、もう10年になるのか、朝日の番組で、凄まじいパヨク論を展開し、元陸軍大尉の実父と滅茶苦茶ケンカなって、あの朝日すら今まで散々右・保守としてきた史実側面をうじきに説明して、なだめさせてた程。‌
    この番組は当時の皆ビックリしたと思う。うじきってそんな奴だったの!?と言うのと、実父の凄まじいまともさと。‌
    うじきの場合は実父の凄まじいまともさでバランスが保険されてたが、松尾って誰がいるんだろうか?‌
    でも、タレントらは潜在的にそういうのが結構いるんだろうなといつも思うわ。
    1
    0

コメント欄

名前

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!