佐野研二郎の東山動植物園シンボルマーク、コスタリカ国立博物館のパクリ? 2ちゃんではセーフとの声も割とある

佐野研二郎の東山動植物園シンボルマーク、コスタリカ国立博物館のパクリ? 2ちゃんではセーフとの声も割とある

この記事は約4分3秒で読めます。

 
  • 東京五輪エンブレムデザイナーの佐野研二郎に、またしてもパクリ・盗作疑惑が浮上している。
  • 愛知県名古屋市の東山動植物園のシンボルマークが、中米コスタリカの国立ハック物館のマークに似ているとの指摘が…
  • 東山動植物園は、企業に事実関係の調査を依頼したという。

 

 

東山動植物園のマークパクリ疑惑について、日本ネット感想

2ちゃんでもさすがにこれはセーフとの声も出ていますが、棒と円の比率が同じだからトレースはしてるんだろうなぁとは思う。

オオカミ少年じゃないけど、もう佐野研二郎が信用されることはないんじゃないかなぁ。

似ていると指摘されているシンボルマークとコスタリカのロゴ

images コスタリカ CMNglhUVAAE4i49 佐野研二郎氏の東山動植物園ロゴ

ニュースソース

 2020年東京五輪の公式エンブレム制作者佐野研二郎氏(43)がデザインした東山動植物園(名古屋市)のシンボルマークが、中米コスタリカの国立博物館のマークに似ているとの指摘があり、同園がマークを提案した企業に事実関係の調査を依頼したことが18日、分かった。

 同園によると、シンボルマークは佐野氏が手掛け、2013年に採用した。黄色の3つの円を重ねてできた動物の顔と、緑色の6つのつぼみで表現した植物の顔を表したものを並べて配置。それぞれ動植物園の妖精を表現したという。

 今月、植物の顔がコスタリカの国立博物館のマークと似ていると外部から指摘があった。博物館のマークは水色で、中心から広がった6本の線の先に小さな円が付き、全体が大きな円で囲まれている。回転させると同園の植物の顔にほぼ重なる。

 同園は両者が似ているかどうか判断できないとした上で「事実関係を早急に確認してもらいたい」としている。

 一方、佐野氏が教授を務める多摩美術大(東京都世田谷区)は、佐野氏が模倣を認めたサントリービールのキャンペーン賞品のデザインについて、本人から事情を聴く方針を明らかにした。「事実関係を直接確認した上で、対応を検討したい」としている。

via: 五輪エンブレム佐野氏 名古屋・東山動植物園マークも類似か ― スポニチ Sponichi Annex 社会

ネットの反応・意見

無限のパクり力に脱帽です

これ?さすがにこれはよくね

流石にこれをパクりというと何も出来ないぞというレベル。
まぁしかし電通や博報堂が支配する日本から脱却しないと すべてのコンテンツが根付かず短期的な消費で終わってしまう。

この件以外にたくさんパクリが発見されて佐野自身も認めてるから
この件も似てるのが偶然には思えない

これはセーフ

アウトなのいっぱいあるんだからそっちで記事書けよ

流石にこれで叩くのは無理筋だな
これで叩くと本当にパクってるのまでこのレベルの言いがかりだと思われるからやめた方がいい

その他、反応

コスタリカの方は洗練されてるデザインだけど丸い部分は「ディキスの石球」を表現してるのかな?

佐野さんの方は説明しないと動植物園のマークだと分からないあたりが東京五輪ロゴにそっくりだね
名古屋や東山の地域性も感じさせないし東京五輪ロゴと同じでどこの国や地方でも流用できるデザイン

セーフだけど、佐野氏に才能無いのはよく分かるわ

セーフは良いけど、これで佐野にギャラ何百万、何千万だからね。
わかってるのか、庶民のみんな!

これはちょっさすがに…とは思うけど、 結局一度ケチが付いたら全部疑いの目で見られる、っていうことなんだよな

小円の直系と、棒の長さの比ととか調べてみてくれ
多分、そのまま使ってるだろう

どんどんケチがついていく
佐野さんは泣きながら今回は今回だけは本当にパクっていません!と言えば納得してもらえるのでは

あなたにはわからないでしょうね!

その他、日本の反応

  • うちの家紋じゃねーか
  • もうなんでもかんでもパクりと言われてるなw
  • オマージュとかとは違ってこいつのはただの切り貼りなんだよなぁ
  • そりゃクライアントの立場からすれば気になるわなw
  • 最初の時点で引き下がってればここまで叩かれなかったのに
    もうこいつ仕事できないだろ
  • やべーな、次々にバレて小保方化してるよ
  • パクりかそうでないか以前に、単純にダサいのが凄い。
  • この騒動の杜撰なところはオマージュレベルな逃げ切れるが思いっきりコピペしてパクるところだよな
  • 期待したほど似ていなかった。 というかつまらないデザイン。

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!