反捕鯨シー・シェパード、日本の調査捕鯨船への妨害を永久的に停止・中止「日本の軍事力・経済力に太刀打ちできなくなった」「テロ等準備罪が…」【ポールワトソン船長・全文

反捕鯨シー・シェパード、日本の調査捕鯨船への妨害を永久的に停止・中止「日本の軍事力・経済力に太刀打ちできなくなった」「テロ等準備罪が…」【ポールワトソン船長・全文

この記事は約31分36秒で読めます。

コメント(14) 

公開⇒

 
  • 反捕鯨団体のシー・シェパードが8月28日に声明を出し、南極海での日本捕鯨船への妨害活動を永久的に停止・中止すると発表した。
  • 理由として資金難・日本でのテロ等準備罪の制定などをあげている。

 

 

概要・経緯などのまとめ

2005年から12年にわたって毎年日本の調査捕鯨船の妨害活動をしてきた環境団体シー・シェパードが、捕鯨船の追跡を無期限に停止・中止すると発表した。

シーシェパード創設者のポール・ワトソン(Paul Franklin Watson)は8月28日の声明で以下のように述べた。
__________
「日本の捕鯨者は政府から資源と資金を得ているだけでなく、経済力を背景にした巨力な政治力を持つが、我々の資金は限られている上に、オーストラリア、ニュージーランド、そしてアメリカ政府から敵視されている」
「現在、日本は衛星を使って我々の船をリアルタイムで見張っており、軍事的な調査を行っている。我々の船の位置がいつでもわかるのなら、避けることは簡単だ。軍事レベルの技術に対抗することは出来ない」
「軍用級の技術とは競争できない」

ワトソン氏は、偵察技術の利用やシー・シェパード対策を目的とするテロ対策法の成立、日本が捕鯨船の護衛に軍用艇を派遣する構えを見せていることを挙げ、「我々の限られたリソースを、介入に成功する見込みが薄い南極海での再度の活動に費やすか、別の戦略や戦術でグループを再編するかの判断を迫られた」と説明

ワトソン氏はオーストラリア政府についても、「シー・シェパードを支援する代わりに日本の捕鯨を支援して、シー・シェパードの活動を妨害したり、我々を慈善団体と認めないことによって資金集めを妨げたりしている」と批判した。

シー・シェパードは日本の捕鯨船の妨害活動は停止するものの、捕鯨船を追跡し、捕鯨をやめさせる取り組みは継続すると宣言。「今も泳ぎ、繁殖している何千頭ものクジラは、我々の介入がなければ死んでいた」と主張している。

日本政府が今年初めて、武装した要員によって調査捕鯨船を守ることも計画しているとも主張。「経済大国」に対抗するのは難しくなってきていると言及している。

ワトソン氏はさらに、オーストラリアやニュージーランド、米国などが日本と「グルになっている」と非難した。

オーストラリア放送協会(ABC)の取材に対しワトソン氏は、「我々には資金がなく、彼らのような技術もない。別の対抗策を見つけるしかない。必ずそうする」と語った。

 一方で「クジラの聖域を見捨てることはない」として、日本の捕鯨に対抗する新たな手段を検討するとしている。

__________

オーストラリアのシーシェパード、バーリング代表は以下のように述べている。
「12年間やってきたが、ここにきて状況が急激に変わった。鯨を守ることはあきらめないが、南極海での妨害活動はしない」

アメリカの裁判所は、日本鯨類研究所の訴えを認めて、シーシェパードに対して捕鯨船への衝突や接近を禁じる仮処分命令を言い渡していた。
シーシェパードのオーストラリア支部は、米裁判所の司法権はオーストラリアの領海に及ばないなどとして、日本の捕鯨船の某が活動を続けるなどと宣言して活動を続けていた。

【日本の水産庁のコメント】
日本の水産庁は「(声明の)真意が分からず、今後も万全の対策を取る」としている。偵察衛星の利用については「調査船の安全のため、妨害対策の詳細は公表できない」とした。 【参考】
国際捕鯨委員会は1985/86年のシーズンから捕鯨のモラトリアム(一時停止)で合意し、日本も同意しているものの、例外の一つとされた調査目的で捕鯨を実施しており、毎年秋から冬にかけて南極海に向けて船団が派遣され、翌年の春に日本に帰港している。

ワトソンは、2005年には1035頭だった日本の毎年の捕獲上限枠(クオータ)を現在の333頭まで引き下げたのは主にシー・シェパードの功績だと述べている。(BBC)。

【ソース】
https://www.cnn.co.jp/world/35106524.html
http://www.bbc.com/japanese/41079365
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3142822.htm
https://www.jiji.com/jc/article?k=20170829036106a&g=afp
http://www.sankei.com/affairs/news/170829/afr1708290033-n1.html
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170829-OYT1T50048.html

▼ テロ等準備罪(いわゆる共謀罪)にも言及

声明では各国に対する批判も展開されており、日本に対しては、17年7月11日に施行されたテロ等準備罪について「抵抗」と表現し、法律の一部が「特に我々の活動を咎めるような内容」であると強く非難している。

via: シー・シェパードが方針転換 日本の捕鯨船に… : J-CASTニュース

▼ シーシェパの声明(FB)

The Whale Wars Continue  Commentary by Sea Shepherd’s Founder, Captain Paul Watson, on why recent changes in Japan's illegal whaling tactics mean we have to change our strategy for future campaigns.  “Sea Shepherd’s continuing efforts to go after and shut down whalers will continue, and not only against Japanese whaling, but also against Norwegian, Danish, and Icelandic whaling. This is what we have been doing for forty years. We will never quit until the abomination of whaling is abolished forever by anyone, anywhere, for any reason.”  Learn more about Sea Shepherd Global’s many campaigns to defend, conserve and protect our oceans: https://www.seashepherdglobal.org/our-campaigns/  鯨の戦争  日本の違法捕鯨戦略の最近の変化が, 今後のキャンペーンの戦略を変える必要があるのは, seaシェパードの創始者である.  "海の羊飼いは, 捕鯨船を閉鎖し, 捕鯨をやめて, 日本の捕鯨に対してだけでなく, ノルウェーの捕鯨にも反対している. これは私たちが四十年間やっています. 私たちは, 捕鯨の憎悪が, いかなる理由でも, いかなる理由でも永久に廃止されるまで, 決してやめません.  海の羊飼いグローバルの多くのキャンペーンについての詳細は, 海洋の保護, 保護, 保護を保護します:

▼ ポールワトソンはICPOから国際指名手配

シー・シェパードは、暴力的な活動内容によって創始者のポール・ワトソンが国際刑事警察機構(ICPO)から国際指名手配を受けるなど、日本を含めた複数の国から危険視されている。

日本国内でも、和歌山県大地町でイルカ漁に対して過激な妨害活動を行っており、主要メンバーに対して入国を拒否するなど、問題となっている。

via: シー・シェパードが方針転換 日本の捕鯨船に… : J-CASTニュース

1次ソース(SEASHEPHERDのHP)

▼ マスコミの1次ソースは、シーシェパードの公式HPに掲載された声明の模様。

みんな下記を基に記事を書いている。
一次ソース。



The Whale Wars Continue
ttps://www.seashepherdglobal.org/latest-news/whale-wars-continue/
Sunday, Aug 27, 2017

▼ 以下、長文となりますが、原文と、その日本語訳(Google翻訳なので大ざっぱ…)を掲載します。
長文のため折りたたみ。「ソースを開く」ボタンを押せばページ遷移なし・読み込みなしで開きます。

Commentary
The Whale Wars Continue
Sunday, Aug 27, 2017

Sea Shepherd Founder Captain Paul Watson looks back on all that Sea Shepherd has accomplished in our Southern Ocean Whale Defense campaigns over the past 12 years despite the incredible odds, and why the recent changes in Japan’s illegal whaling tactics mean we have to change our strategy for future campaigns.

Sea Shepherd has accomplished something absolutely remarkable over the last 12 years.

In 2005 we set out to tackle the world’s largest and most destructive whaling fleet. We were told it was impossible by some governments and a few NGO’s.

Hardly anyone even knew about Japan’s illegal slaughter in the Southern Ocean. It was out of sight and out of mind. They were targeting 1,035 whales a year including a yearly quota of 50 endangered Humpbacks and 50 endangered Fin whales.

We had few resources but we took our one battered and slow vessel, the Farley Mowat and we chased the whalers across the Southern Ocean, catching them only for a few hours at a time until they sped away from us.

In 2006 we were able to purchase the Steve Irwin and the tables began to turn as each year we became stronger and more effective. We brought in the Bob Barker, the Sam Simon, the Brigitte Bardot and the Ocean Warrior.

Sea Shepherd was relentless in reducing the yearly quotas significantly and in 2012/2013 the Japanese whalers went home with only about 10% of their intended kills. We did this at the same time the U.S. Federal Court put significant legal obstacles in our path.

The results speak for themselves. Over 6,000 whales saved. Not a single endangered Humpback killed and only 10 endangered Fin whales killed in a decade where 500 were slated to die. In addition, the Japanese whalers lost tens of millions of dollars.

We exposed Japan’s illegal activities to the world with our TV show Whale Wars and our documentation.

We helped to push Australia into taking Japan to the International Court of Justice where their operations were ruled to be unlawful. Japan was ordered by the ICJ to cease and desist.

They did so for a year and then returned with a new program (also illegal) that reduced their bogus self-allocated kill quota to 333 each year. This means that since 2015 another 1400 whales were spared the lethal harpoons. This means that 702 whales will continue to be saved every year.

“The Japanese whalers have been exposed, humiliated and most importantly have been denied thousands of lives that we have spared from their deadly harpoons. Thousands of whales are now swimming and reproducing that would now be dead if not for our interventions.”
Captain Paul Watson

Unfortunately, in an effort to prevent Sea Shepherd interventions, they doubled their killing grounds which means that they have more time and more area to kill their lowered quota.

Despite that, Sea Shepherd sent the Steve Irwin and the Ocean Warrior in pursuit of the whalers in 2016/2017 and although it took them longer and cost them much more, the Japanese whalers managed to get their quota.

What we discovered is that Japan is now employing military surveillance to watch Sea Shepherd ship movements in real time by satellite and if they know where our ships are at any given moment, they can easily avoid us. During Operation Nemesis, the Sea Shepherd ships did get close and our helicopter even managed to get evidence of their illegal whaling operations but we could not physically close the gap. We cannot compete with their military grade technology.

This year Japan escalated their resistance with the passing of new anti-terrorism laws, some of which are specifically designed to condemn Sea Shepherd tactics. For the first time ever, they have stated they may send their military to defend their illegal whaling activities.

The Japanese whalers not only have all the resources and subsidies their government can provide, they also have the powerful political backing of a major economic super-power. Sea Shepherd however is limited in resources and we have hostile governments against us in Australia, New Zealand and the United States.

The decision we have had to face is: do we spend our limited resources on another campaign to the Southern Ocean that will have little chance of a successful intervention OR do we regroup with different strategies and tactics? If something is not working the only recourse is to look for a better plan, because when a plan no longer works, the only alternative is an improved course of action.

We will not be sending ships to the Southern Ocean this year, but are not abandoning the Southern Ocean Whale Sanctuary. We need to cultivate the resources, the tactics and the ability to significantly shut down the illegal whaling operations of the Japanese whaling fleet. In the meantime, it’s time for the Australian government to live up to their promises. Sea Shepherd has been down in the Southern Ocean doing what the Australian government has the responsibility to do, but has refused to do, and that is upholding international and Australian conservation law. Instead of supporting Sea Shepherd the Australian government has been supporting the Japanese whalers by harassing Sea Shepherd and obstructing Sea Shepherd’s ability to raise funds by denying our charitable status.

What Sea Shepherd has accomplished over the last 12 years demonstrates what people of passion can accomplish with few resources despite heavy multi-government opposition.

The Japanese whalers have been exposed, humiliated and most importantly have been denied thousands of lives that we have spared from their deadly harpoons. Thousands of whales are now swimming and reproducing that would now be dead if not for our interventions,

And perhaps more significantly than anything else, there are now voices in the Japanese government opposing the continuation of whaling. Our efforts have been like acupuncture needles stuck into Japanese society, probing and provoking responses. We have exposed the incredible waste of money, the corruption and the shame this dirty business has brought to all the Japanese people. Our efforts have been so significant that one Japanese official said that Japan has two enemies – China and Sea Shepherd!

Sea Shepherd’s continuing efforts to go after and shut down whalers will continue, and not only against Japanese whaling, but also against Norwegian, Danish, and Icelandic whaling. This is what we have been doing for forty years. We will never quit until the abomination of whaling is abolished forever by anyone, anywhere, for any reason.

Sea Shepherd is doing incredible things on the Ocean with limited resources, in addition to tackling illegal whaling activities. The endangered Vaquita would now be extinct if not for our intervention. We shut down the entire Southern Ocean pirate toothfish fleet. We have intercepted and stopped poachers off West Africa, in the marine reserves of the Galapagos, Sicily and Panama. We have removed hundreds of tons of ghost nets and plastics from the sea, and most importantly we have shown the world what a few passionate and courageous people can do.

Our objective is to continue to serve and protect all life in the Ocean from illegal and greedy exploitation by destructive humans.

Sea Shepherd is guided by this one reality: If the Ocean dies, we die! “Sea Shepherd’s continuing efforts to go after and shut down whalers will continue, and not only against Japanese whaling, but also against Norwegian, Danish, and Icelandic whaling. This is what we have been doing for forty years. We will never quit until the abomination of whaling is abolished forever by anyone, anywhere, for any reason.”
Captain Paul Watson

____以下、日本語訳(Google翻訳)____________

解説
クジラの戦争が続く
2017年8月27日日曜日

シーシェパード創設者キャプテンポールワトソンは、シーシェパードが最近の海洋鯨の防衛キャンペーンで過去12年間に達成したすべてを振り返ります。なぜなら、最近の日本の違法捕鯨戦法の変化は、将来のキャンペーン。

シーシェパードは過去12年間で何かを目の当たりにしています。

2005年には、世界最大かつ最も破壊的な捕鯨船隊に取り組むために立ち上げました。我々はいくつかの政府といくつかのNGOによってそれが不可能であると言われました。

南洋での日本の違法虐殺について誰も知りませんでした。それは目に見えず、心の外でした。彼らは、絶滅のおそれのあるザトウクジラ50頭と絶滅のおそれのあるクジラ50頭の年間割当量を含む年間1,035頭のクジラを対象としていました。

私たちは資源がほとんどありませんでしたが、私たちは爆発し遅い船、Farley Mowatを取って、南極海を渡って捕鯨船を追いかけて、数時間だけ捕まえて私たちから遠ざかりました。

2006年にはスティーブ・アーウィンを購入することができ、毎年より強く、より効果的になるにつれてテーブルが回転し始めました。Bob Barker、Sam Simon、Brigitte Bardot、Ocean Warriorを連れて来ました。

シーシェパードは年間割当量を大幅に減らすことを執拗に続けていましたが、2012/2013年に日本の捕鯨捕鯨船は意図した殺害の約10%で帰宅しました。私たちは、これと同時に、米国連邦裁判所が法的な障害を我が道に置いた。

結果は自分自身で語ります。6,000頭以上のクジラが救われました。絶滅の危機に瀕したザトウクジラを1頭も殺したことはなく、絶滅の危機に瀕していたフィンクジラはわずか10頭しか死亡しなかった。さらに、日本の捕鯨船は数千万ドルの損失を被った。

私たちは、TVショー「Whale Wars」とドキュメンテーションで、日本の違法行為を世界に公開しました。

私たちは、オーストラリアを強制して、日本を国際司法裁判所に連行させ、その運営は違法と判断しました。日本はICJの命令を受けて中止を命じた。

彼らは1年間そのようにした後、毎年333に自分の偽の自己割り当て殺害クォータを減らした新しいプログラム(また違法)を返しました。これは、2015年以来、1400匹のクジラが致死小胞を救ったことを意味する。これは、毎年702頭のクジラが救われることを意味します。

「日本の捕鯨船は暴露され、屈辱を受けており、最も重要なのは、猛禽から救われた数千人の命を奪われたことである。」
キャプテンポールワトソン

残念なことに、シーシェパードの介入を防ぐ努力で、彼らは殺人理由を2倍にしました。つまり、彼らは割当てを減らすために、より多くの時間とより多くの領域を持っています。

それにもかかわらず、シーシェパードは2016/2017年に捕鯨船を追求するためにスティーブアーウィンと海洋戦士を派遣したが、日本の捕鯨船はそれ以上の時間とコストを要したが、クジラを手に入れた。

われわれが発見したことは、現在、日本がシーシェパードの船の動きを衛星でリアルタイムで見るために軍事監視を利用していることであり、船がいつどこにいるのか分かっていれば簡単に避けることができるということです。中に操作ネメシス、シーシェパードの船が近づくやったと私たちのヘリコプターも自分の違法捕鯨操作の証拠を得ることができたが、我々は、物理的ギャップを埋めることができませんでした。私たちは軍用グレードの技術と競合することはできません。

今年は、新たな反テロ法が制定され、日本はシーシェパードの戦術を非難するように特別に設計された法律が制定され、抵抗運動が激化した。初めて、違法捕鯨活動を防衛するために軍隊を送るかもしれないと述べた。


日本の捕鯨会社は、政府が提供できるすべての資源と補助金を持っているだけでなく、主要な経済大国の強力な政治的裏付けも持っています。シーシェパードは資源が限られており、オーストラリア、ニュージーランド、米国では敵対的な政府が襲い掛かります。

私たちが直面しなければならない決定は、限られた資源を南洋の別のキャンペーンに費やして、成功した介入の可能性はほとんどないか、異なる戦略や戦術で再編成するのか?何かが機能していない場合、唯一の手段は、より良い計画を探すことです。なぜなら、計画がもはや機能しなくなると、唯一の選択肢は改善された行動方針です。

今年は南洋に船を運ぶことはしませんが、南洋の海洋保護区を捨てることはありません。私たちは資源、戦術、日本捕鯨船隊の違法捕鯨活動を大幅に停止する能力を養う必要があります。その間、オーストラリア政府は約束を果たすべき時です。シーシェパードは、南オーシャンで、オーストラリア政府が行う責任を果たしているが、これを拒否しており、それは国際的およびオーストラリアの保全法を守っている。シーシェパードを支援する代わりに、オーストラリア政府はシーシェパードを嫌がらせし、シーシェパードの慈善活動を拒否して資金を調達する能力を妨害することによって日本の捕鯨船を支援してきました。

シーシェパードが過去12年間に成し遂げたことは、多国間の強い反対にもかかわらず、情熱の人々が何の資源でも達成できないことを実証しています。

日本の捕鯨捕鯨船は暴露され、屈辱を受けています。何千人ものクジラたちが泳いでいて再現していますが、これは私たちの介入ではなく、

おそらく、何よりももっと重要なのは、捕鯨の継続に反対する日本政府の声があります。私たちの努力は、鍼灸針のように日本の社会に突き刺さって、探求し、反応を誘発するようなものでした。この汚れたビジネスが日本の人々全員にもたらした莫大な金銭、腐敗、恥を暴露しました。私たちの努力は非常に重要なことです。日本のある関係者は、日本には中国とシーシェパードという2つの敵があると言っていました!

ウズベキスタンの捕鯨に反対するだけでなく、ノルウェー、デンマーク、アイスランドの捕鯨にも反対している。これは私たちが40年間続けてきたことです。捕鯨の憎悪が何らかの理由でどこからでも永遠に廃止されるまで、私たちは決して辞めません。

シーシェパードは、違法捕鯨活動に取り組むだけでなく、限られた資源で海洋で信じられないほどのことをしています。絶滅の危機に瀕したヴァキータは、私たちの介入のためでなければ、今や絶滅するだろう。私たちは、南洋海賊の魚類艦隊全体を閉鎖しました。私たちは、西アフリカ、ガラパゴス、シチリア、パナマの海洋保護区で、密猟者を傍受し、止めました。私たちは何百トンものゴーストネットやプラスチックを海から取り除きました。最も重要なことに、いくつかの情熱的で勇敢な人々ができることを世界に示しました。

私たちの目的は、破壊的な人間による違法で貪欲な搾取から海洋のすべての人生を守り、守ることです。

シーシェパードは、この1つの現実に導かれています:もし海が死ぬと、私たちは死ぬでしょう!
シー・シェパード氏は、捕鯨に反対するだけでなく、ノルウェー、デンマーク、アイスランドの捕鯨にも反対して、捕鯨を続行し、閉鎖する努力を続けていく。これは私たちが40年間続けてきたことである。何らかの理由で、捕鯨の嫌悪は永遠に誰でも、どこでも廃止されている」
キャプテンポールワトソン

管理人コメント

ずいぶんと長々とした声明だが、おれたちよくやったよねっていうパヨク界隈によくあるホルホルと、アメリカ・オーストラリアはグル、日本は軍事技術で抵抗しているみたいな決めつけ。

やっぱまっとうな思考力の持ち主ではないんだなって。

2ちゃんねるの反応・意見

代表が国際指名手配犯だからな

テロ対策無双wwwww
やっぱり必要な法律だったんじゃんかwwwww

共謀罪に反対する奴はテロリストってはっきりわかるんだね

引き際探してたのかなw

>日本の軍事力や経済力に太刀打ちできなくなったと説明している。

悪行がバレてスポンサーがいなくなっただけの話だろ

つまり自分とこの資金が底をついたのな
そりゃ無茶苦茶やってりゃ収入減るわ

その他、感想

 > シー・シェパードは南極海での調査捕鯨に対する抗議活動を12年にわたり行ってきた。
 > 毎年行ってきた日本の調査捕鯨船に対する妨害活動を今年は行わないと明らかにした。
 > 「軍事目的で使えるほどの技術には太刀打ちできない」としている。

お人好しの日本人、「軍事的対応」が遅すぎる。 最初からやれよ。

むしろ、これまで、12年にわたり放置してきたことの方が異常すぎる。

一行に纏めると
「寄付が足りんぞ」

>>1のソースを見に行ったが、「日本の軍事力」とは主に情報収集衛星のことらしい。
シー・チワワの位置を事前に衛星でリアルタイムに把握されてしまうので、
日本の捕鯨船が逃げてしまい妨害行為ができなくなったとさ。

そうじゃなくていっぺん実弾射撃を食らわしてやりたかったけど、
まあともあれ情報収集衛星は役に立ってるね。

妨害活動を今年は行わない、これまでとは異なる戦略や方法が必要だ
っていうことだ
まったく諦めてはいないわけだ

軍事力は使ってねぇだろ
あんまりに違法な事やり過ぎてるから
スポンサーが逃げただけだろ

日本様、逆らってごめんなさいは?

シーシェパードのホームページって
初めて見たわ。
ttp://www.seashepherd.org

>日本の軍事力や経済力に太刀打ちできなくなった
意味不明

素直にスポンサーに降りられたって言えよ

【悲報】シーシェパード、2018年度の募金が稼げなくなったのが分かった途端クジラを見捨てる

その他、2ch反応

実に、いやらしいですなあ

「経済力で太刀打ちできなくなった」というのは、平たく言えば、つまり
妨害活動をするのに「金が無くなった」、もっと簡単に言えば
「足りないからもっと寄付金をよこせ」ってこったです

しかも「経済力」だけではロコツなので「軍事力」も入れてみた
「バットマンに出てくるようなボートを新造したいけどできない」
「軍資金が足りない」

軍事力といっても、日本の調査捕鯨船と戦闘行為をしているわけではない
経済力といっても、国である日本とただの活動家団体で比べる術はない

勝手に戦っているつもりなのは、あちらさんだけだし
経済力で張り合ってるわけでもない


やってることもみみっちければ
出てくる言葉すらみみっちい

海チワワほんまに雑魚やの

さ、報道機関のお仕事ぶりは如何でしょうか

パヨクがっかり

かつてシーシェパードに屈して捕鯨を中止した民主党政権・・・


枝野官房長官、「南極海の調査捕鯨を中断させる…シー・シェパードが妨害」
http://raicho.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1297862745/
鹿野農水相、「シー・シェパードが妨害するので、調査捕鯨を中止して船団を帰国させます」
http://raicho.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1298158366/

【社説】 「シーシェパード妨害で、日本が捕鯨中止…捕鯨は本当に必要か考えるいい機会だ」…朝日新聞
http://raicho.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1298339242/


日本の伝統文化を破壊する民進党でした

効いてるね

コメント欄

名前

コメント

反捕鯨シー・シェパード、日本の調査捕鯨船への妨害を永久的に停止・中止「日本の軍事力・経済力に太刀打ちできなくなった」「テロ等準備罪が…」【ポールワトソン船長・全文」への14件のフィードバック

  1. 大変やな‌
    はごろもフーズのツナ缶でもカンパしてやるか
    0
    0
  2. 洋の東西を問わず、パヨクって自然と似るもんなんだな‌
    無駄に長ったらしい文章とか、代表者が犯罪者やそれらと親しいとか‌
    そういや国内に居る緑豆も、以前運送会社に忍び込んで鯨肉盗んでたよなぁ‌
    連中もこの法で大人しくなるかな
    4
    0
  3. 日本政府は早くオーストラリア政府に身柄の引き渡しを強く要求しなきゃ。
    3
    0
  4. ほら見ろ。‌
    やっぱりテロ等準備罪の効果はあったじゃん。
    3
    0
  5. 実際、捕鯨を制限されて鯨が増えすぎたせいで海の生態系が乱れてるのは事実だからね。‌
    こいつらは鯨を守るのが目的じゃなくて、鯨を利用して金儲けを企んでる輩だからどうせなら徹底的に潰して欲しい。
    11
    0
    1. 皮肉な事にその‌
      「鯨が増えて生態系が変わってしまった」‌
      ってのを実感しちゃったのがオーストラリアなんっだっけwww‌
      鯨が増える→鯨を餌にする鮫も増える‌
      =海岸沿いに鮫が増えて海水浴客に被害が増えたのオチ‌
      一応パトロンの中には海岸沿いで商売やってお金稼いで資金提供してた所もあったけど‌
      本職の旅行客目当ての海水浴場に鮫実害出ちゃって資金提供辞めたのが居ると同時に‌
      先月ぐらいからIMFが中国相手に仕事して‌
      反日目的で資金提供してきた中国系企業も資金繰り苦しくなって一斉に引いたってのもあるっぽいな‌
      (こっちは確定ソース不明だけど)
      5
      0
  6. テロリストがなんかほざいてるなw‌
    要は日本の正当な権利である調査捕鯨を力づくで妨害する為にもっと金をよこせってことだろ?
    8
    0
  7. FBの冒頭が何故か訳されてないんだが。‌
    他の戦略が必要って言っている時点で、方法変えてやってくる気なわけじゃん。
    5
    0
  8. なるほど。‌
    スポンサーに降りられたのは‌
    テロ等準備罪のせいであると‌
    言われるか。‌
    つまり日本のどこかが莫大な‌
    資金提供してたと言うことか。‌
    誰だろうな〜(棒)
    6
    0

コメント欄

名前

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!