ピース又吉の火花、第153回芥川賞を受賞!同時受賞羽田圭介「スクラップ・アンド・ビルド」、直木賞は東山彰良「流」 出来レースだろ、など批判の声もちらほら…。

ピース又吉の火花、第153回芥川賞を受賞!同時受賞羽田圭介「スクラップ・アンド・ビルド」、直木賞は東山彰良「流」 出来レースだろ、など批判の声もちらほら…。

この記事は約7分42秒で読めます。

 
  • お笑い芸人ピースの又吉直樹の小説「火花」が、純文学の新人賞・第153回芥川賞(芥川龍之介賞)を受賞した。
  • ちなみに、2作同時受賞で、羽田圭介著「スクラップ・アンド・ビルド」も受賞している。

 

 

ピース又吉の「火花」芥川賞受賞について日本ネット感想

ピースの又吉直樹の小説「火花」が第153回芥川賞を受賞!(同時受賞)

滑り込むかどうかって言われてたんでどうなるかなぁと思ってたけど、まさか本当に受賞するとは…。なんだかんだで火花は読んでいないので、出来レース云々とか判断はできないなぁ。売れに売れていたってのは事実なんだろうけど。

ピース又吉は相方の綾部と違って好感がもてるので、個人的にはうれしいかなぁ。火花読まないとなぁ。

第153回芥川賞受賞、ピース又吉の火花の概要

芥川賞、ピース又吉の火花

内容紹介
笑いとは何か、人間とは何かを描ききったデビュー小説

売れない芸人徳永は、師として仰ぐべき先輩神谷に出会った。そのお笑い哲学に心酔しつつ別の道を歩む徳永。二人の運命は。

内容(「BOOK」データベースより)
お笑い芸人二人。奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。彼らの人生はどう変転していくのか。人間存在の根本を見つめた真摯な筆致が感動を呼ぶ!「文學界」を史上初の大増刷に導いた話題作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
又吉/直樹
1980年大阪府寝屋川市生まれ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑い芸人。コンビ「ピース」として活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

via: Amazon.co.jp: 火花: 又吉 直樹: 本

芥川賞同時受賞の羽田圭介「スクラップ・アンド・ビルド」のあらすじ・概要

羽田圭介「スクラップ・アンド・ビルド」 超高齢化社会を抉る問題作160枚

要介護老人と無職青年の息詰まる攻防戦。超高齢化社会の現実を鋭く描く、気鋭の問題作

(文学界2015年3月号掲載)

via: Amazon.co.jp: 文學界2015年3月号 (文学界 2015年 03月号): 本

直木賞の東山彰良(あきら)「流(りゅう)」のあらすじ・概要

直木賞、流・東山彰良(ひがしやまあきら・りゅう)

内容紹介
青春は、謎と輝きに満ちている――
台湾生まれ、日本育ち。超弩級の才能を持つ「このミス!」出身、大藪賞受賞の異才が、はじめて己の血を解き放つ!

何者でもなかった。ゆえに自由だった――。
1975年、偉大なる総統の死の直後、愛すべき祖父は何者かに殺された。17歳。無軌道に生きるわたしには、まだその意味はわからなかった。大陸から台湾、そして日本へ。謎と輝きに満ちた青春が迸る。友情と恋、流浪と決断、歴史、人生、そして命の物語。エンタメのすべてが詰まった、最強の書き下ろし長編小説!
内容(「BOOK」データベースより)

1975年、偉大なる総統の死の直後、愛すべき祖父は何者かに殺された。17歳。無軌道に生きるわたしには、まだその意味はわからなかった。大陸から台湾、そして日本へ。歴史に刻まれた、一家の流浪と決断の軌跡。台湾生まれ、日本育ち。超弩級の才能が、はじめて己の血を解き放つ!友情と初恋。流浪と決断。圧倒的物語。

著者について
東山 彰良
(ひがしやま・あきら)
1968年台湾生まれ。5歳まで台北で過ごした後、9歳の時に日本に移る。福岡県在住。2002年、「タード・オン・ザ・ラン」で第1回「このミステリーがすごい!」大賞銀賞・読者賞を受賞。2003年、同作を改題した『逃亡作法TURD ON THE RUN』で作家デビュー。2009年『路傍』で第11回大藪春彦賞を受賞。2013年に刊行した『ブラックライダー』が「このミステリーがすごい!2014」第3位、「AXNミステリー 闘うベストテン2013」第1位、第67回日本推理作家協会賞候補となる。
近著に『ラブコメの法則』『キッド・ザ・ラビット ナイト・オブ・ザ・ホッピング・デッド』がある。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
東山/彰良
1968年台湾生まれ。5歳まで台北で過ごした後、9歳の時に日本に移る。2002年、「タード・オン・ザ・ラン」で第1回「このミステリーがすごい!」大賞銀賞・読者賞を受賞。2003年、同作を改題した『逃亡作法TURD ON THE RUN』で作家デビュー。2009年『路傍』で第11回大藪春彦賞を受賞。2013年に刊行した『ブラックライダー』が「このミステリーがすごい!2014」第3位、「AXNミステリー闘うベストテン2013」第1位、第67回日本推理作家協会賞候補となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

via: Amazon.co.jp: 流: 東山 彰良: 本

ニュースソース

 第153回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が16日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さん(35)の「火花」(文学界2月号)と、羽田圭介さん(29)の「スクラップ・アンド・ビルド」(同3月号)に決まった。直木賞には東山彰(あき)良(ら)さん(46)の「流(りゅう)」(講談社)が選ばれた。

 又吉さんは昭和55年、大阪府寝屋川市生まれ。綾部祐二さん(37)と平成15年に結成したピースで活動している。今年1月、自身初の純文学作品となる「火花」を文芸誌「文学界」に発表。3月に刊行された単行本は64万部に達した。受賞作の「火花」は、理想や夢を追い求める若手お笑い芸人2人の輝きと挫折を描きだす。

 4回目の芥川賞候補だった羽田さんは昭和60年、東京都生まれ。平成15年に「黒冷水」で文芸賞を受賞し、デビュー。受賞作「スクラップ・アンド・ビルド」は、20代後半の失業青年が祖父の介護や再就職活動を通じ、精神的に再生していく姿を描く。

 東山さんは昭和43年、台湾生まれ。平成15年に「逃亡作法 TURD ON THE RUN」でデビュー。受賞作「流」は、1975年の台北で大陸出身の祖父を何者かに殺された17歳の主人公が祖父の死の真相を追う青春小説。

 贈呈式は8月下旬、東京都内で開かれる。賞金は各100万円。

via: ピース又吉さん、羽田圭介さんと芥川賞受賞 直木賞には東山彰良さん – 産経WEST

ピース又吉が又吉直樹名義で手掛けた小説「火花」が、純文学の新人賞として広く知られる「第153回芥川龍之介賞」を受賞した。

「火花」は今年2015年1月発売の文芸雑誌「文學界」に掲載されたのち、3月には単行本が刊行されベストセラーとなっている。芥川賞の選考委員会は本日7月16日に開催され、ノミネートされた6作の中から「火花」と羽田圭介著「スクラップ・アンド・ビルド」の2作同時受賞が発表された。芸人が芥川賞作家となったのは初めてのことだ。受賞理由や会見の模様は追ってレポートする。

via: ピース又吉「火花」第153回芥川賞を受賞 – お笑いナタリー

ネットの反応・意見

おめでとうございます!

芥川賞ってメジャーな作家ほとんどいないよな

芥川賞は純文学の賞で、直木賞は大衆文学の賞だからな

出来レースじゃん

又吉すげぇなw

これ話題作りじゃないのか?

お笑い芸人って頭使うから頭いい奴がおおい気はするな。

又吉先生おめ!

その他、反応

批判してる奴は読んでないで嫉妬してるだけだろ?

水嶋ヒロのカゲロウとどっこいどっこいだと思ってたんだが、まさか受賞してしまうとは

出来レースとかいうけど、又吉本人にとってはとんでもないプレッシャーになるだろ

もう相方のステマ芸人の綾部は切って、芸人をやめて専業にした方がいいんじゃないか?w

まぁ、これだけ本が売れない時代に売れてるからね。
そういうのも影響したんだろ。

その他、日本の反応

  • 普通の作家が受賞するよりインパクトがあるだろ。
    又吉本人は嫌味がない人間だし、素直に喜べる。
  • お前ら読んでないくせに批判すんなよ
    2010年以降で読んだ作品ねえだろ 

    第143回 赤染晶子「乙女の密告」
    第144回 朝吹真理子「きことわ」、西村賢太「苦役列車」
    第145回 該当作品なし
    第146回 円城塔「道化師の蝶」、田中慎弥「共喰い」
    第147回 鹿島田真希「冥土めぐり」
    第148回 黒田夏子「abさんご」
    第149回 藤野可織「爪と目」 第150回 小山田浩子「穴」
    第151回 柴崎友香「春の庭」
    第152回 小野正嗣「九年前の祈り」
    第153回 羽田圭介「スクラップアンドビルド」、又吉直樹「火花」
  • 読んでない

ピース又吉の火花、第153回芥川賞を受賞!同時受賞羽田圭介「スクラップ・アンド・ビルド」、直木賞は東山彰良「流」 出来レースだろ、など批判の声もちらほら…。」への1件のフィードバック

  1. 長らく続く出版不況だし、毎度のことながら、主催者が文藝春秋だけに文藝春秋が映画化も視野に入れ利益を手にしたくて話題性を重視しただけとも思えるんだよね。 出版社と無関係ならこんな声も出てこないのにね~
    0
    0
メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!