【画像】自称ミニマリスト一家が気持ち悪いと話題にwww母親の爰川佐和「わたしの趣味で、なんか捨てちゃいました」→子供の勉強机や車も処分 【写真】

【画像】自称ミニマリスト一家が気持ち悪いと話題にwww母親の爰川佐和「わたしの趣味で、なんか捨てちゃいました」→子供の勉強机や車も処分 【写真】

この記事は約6分40秒で読めます。

公開⇒

 
  • フジテレビで紹介されたミニマリスト一家密着の動画・画像が気持ち悪いと話題に。

 

 

ミニマリストの気持ち悪さ…日本ネット感想

意識高い系なんだよなぁ。どうせすぐ廃れると思うよ。

フジテレビで放送されてたミニマリスト一家の写真

my74004HsyYtKSzjY7B-z6k (1) my74005QSPYtKSzjY7B-z6k (1) my74006dcDYtKSzjY7B-z6k my74007LFlYtKSzjY7B-z6k my74008higYtKSzjY7B-z6k my74009NqZYtKSzjY7B-z6k my74010HtyYtKSzjY7B-z6k my74011XiMYtKSzjY7B-z6k my74012FWvYtKSzjY7B-z6k my74013JzSYtKSzjY7B-z6k my74014OGbYtKSzjY7B-z6k my74015iaiYtKSzjY7B-z6k

ニュースソース

来週発表される、流行語大賞。2015年を表す、さまざまな言葉が、候補として挙がっています。「ミニマリスト」とは、持ち物を極力減らして、最小限のものだけで暮らすという、新しいライフスタイルを指し示す言葉です。
モノがなくても本当に暮らせるのか、ミニマリストの一家に密着しました。

千葉・我孫子市に住む爰川(ここがわ)さん一家。
一見、普通のこの家族だが、1歩家の中に入ってみると、そこには、ほとんどモノが置かれていない。
爰川佐和さん(40)は「昔は(モノが)ありました。大きいテレビもあったし、テレビボードもあったし。あったんですけど、なんか、捨てちゃいました。掃除のしやすさと、わたしの趣味で」と話した。
数年前の部屋の写真の背景には、ビデオデッキや、大きなたんすなどが写り込んでいる。
しかし今、リビングに置かれているのは、テレビと電話だけ。
ここに住んで11年になるというが、まるで、引っ越したばかりのような家の中。
このような、物を持たない暮らしをしている人たちは、「ミニマリスト」と呼ばれ、ここ数年、注目が集まっている。
ネット上には、その生活ぶりを公開している、多くのミニマリストたちの存在もある。
夫婦と、中学生と小学生の子ども、あわせて4人の一家。
モノを持たない暮らしのきっかけは、母親の佐和さんだという。
転勤で引っ越しをするたびに、荷物が少ないことのメリットを感じていた佐和さん。
2人の子どもがまだ幼い時に、東日本大震災を経験したことで、被害を最小限に抑えられる安心感が、決め手になったという。
そのため、2015年春、一家は、ある大きなモノを捨てていた。
次男・拓哉君(10)は「やっぱ、机だよね」と話した。
夫・正明さん(49)は「あと、大きいのは車かな。車も処分しました。通勤時間は倍になったので、わたしの負担は増えました。実際には」と話した。
子どもたちの勉強机に、父親が通勤に使っていた車まで処分するという徹底ぶり
どうやって暮らしているのか。
長男・史弥君(15)は「ここが僕たちの部屋です」と話した。
案内してもらったのは、子ども部屋。
年ごろの子どもなのに、遊び道具は一切見当たらない。
寝転がって遊んでいるのは、スマートフォンのゲームだった。
一方、父親の部屋は、床にじかに置かれたパソコン以外、何もなかった。
夫・正明さんは「テレビを見なくても、別に、ネットで情報も得られますし」と話した。
そして、食事時には、こんな光景も見られた。
カウンターテーブルにあるのは、3つのいすで、4人家族に、1ついすが足りない。
佐和さんは「このまま、立っていただいちゃったり。お皿にも入れずに、このまま、がばがば。行儀悪いですね」と話した。
台所に立ったまま、ケーキを食べていた。
ここまでする理由について、佐和さんは、「モノがなくなることで、気持ちが楽になったから」と語った。
佐和さんは「モノが少なかったら、本当に迷いの数も少ないです」
と話した。
さらに、夫・正明さんは「風通しがいいというか。別にね、子どもとの間でも、隠しごととかもないですし」と話した。
長男・史弥君は「(モノを)捨ててから、自分で何かを買いたいと思っても、止める気持ちがつくようになった」と話した。
なぜ、今、ミニマリストが増えているのか。
立教大学経済学部の山口義行教授は「例えば、スマホが登場することで、もうカメラはいりませんよとか。経済の発展が、モノをどんどん減らしていくという時代に入ってきたんじゃないかなと思うんですね。コンビニができることで、いろいろなもの吸収してしまう。そういう経済発展のありようが、『足し算』から『引き算』型に変わってきた」と話した。

via: www.fnn-news.com: 最小限のモノで暮らす…

ネットの反応・意見

この人達
家族の幸せの思い出も一緒に捨てちゃったようにしか見えない

物を捨てて、精神が豊かになったのかな?
それは感じなかったな、あの動画では。
そのうち命も邪魔になるんじゃないかw

しかしさすがに>>1の内容は誰が見ても不気味でゾッとする家族だろう
撮影クルーも冷静に事実だけ撮影してるようでも、 床置きPCしてる夫やフローリングの上で毛布1枚くるんでスマホやってる子供たちも 立ち食事主婦なんてもうそれだけで異常だし
仮にヤラセだとしたら悪演出しすぎ

>>1の奥さんがスゴいチョン顔なんだが…
やらせだろ

さすがにコレは気持ち悪い

だから母親だけアパートに住んでそこで実践していろよ
なんで価値観を育てている途中の子供まで巻き込むんだよ
子供は旅に出ろよ

その他、反応

動画観たけどこれはダメだわ
家族に強制したらいかん
それから子供には適度な刺激がないといかん

サブカルかぶれの意識高い系ゆとりが真に受けますwwww

頼むから、ミニマリストの定義を改悪するのはやめてくれ

ミニマリストはもともと小さくなろうとする発想を持つ人たちのことで 生活の効率化を図る言葉なんだよ
つまり、電子レンジひとつにあらゆる機能がついてるとか、あるいはスマホとか携帯電話とかコンパクトで無駄のないものを作ること
いいか、みんなだまされるな。ミニマリズムという思想はもともと商品考案過程から生まれたもの
よりミニマムであることが効率がいいということ。勝手にミニマリストの各付けを下げるのはよせ

やりすぎだし、奥さんは一種の精神病に近いのではないか
夫の職場の近くに引っ越して・・・とかならわかるが、 車を手放させることで一方的に夫に負担を強いているあたりもな・・・
しかも我孫子だろ?
車は必要だろ(笑)

貧乏人の工夫自慢ほど見苦しいものは無い

食卓に座らず立ったままで済ませちゃうこともありますドヤァ

その他、日本の反応

これ、心の病気だろ。
さっさとカウンセラーに相談させろよ。

僕もパソコンさえあれば生活できます

消費を促す記事書けよ
馬鹿じゃねえの反日マスゴミ

母親の顔が何かにとりつかれたように感じる
病気の一種だな

またこのどうでも良過ぎる話題かよw

『ゴミ屋敷 ←←←(モノが多過ぎる)  (モノが少な過ぎる)→→→ミニマリスト』

ベクトルが真逆なだけで、どっちもビョーキだよw

マスゴミは一体何でこんなもん流行らそうとしてるんだ

子供との間で隠し事ないですし←って何を根拠に言ってるんや このおっさん

これ見たけど、食洗機が置いてあったり、水が財宝だったり、基準がよくわからなかった。とにかく、母親が皿も使わず立ち食いとか、有り得ない

一家って時点でミニマムじゃない

ミニマリストは
日本人の購買意欲を削ぎ経済を冷やすためのプロパガンダでしょ

こんなのをごり押しするのが流行語大賞w

そういう人のブログを読むと逆に購買意欲はハンパないぞ
全部処分してお気に入りのものだけに囲まれて暮らしたいがなんたらで
けっこう高い物バンバン購入してる

物があったころの子供が生き生きしてるな
でも引き出しの中ぐちゃぐちゃだから本来片づけが下手な人だったんだろうね

究極のミニマリストなら河川じきや公園なんかに沢山いるけどな

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!