佐世保同級生殺人JK徳勝もなみ、医療少年院に送致、逆送ならず。加害者の父親・徳勝仁は自殺するなどなんとも後味の悪い結果に…

佐世保同級生殺人JK徳勝もなみ、医療少年院に送致、逆送ならず。加害者の父親・徳勝仁は自殺するなどなんとも後味の悪い結果に…

この記事は約5分13秒で読めます。

公開⇒

 
  • 佐世保北高校の髙1女子生徒(当時)が同級生を殺害した事件について、長崎家庭裁判所の平井健一郎裁判長は医療少年院送致とする保護処分を決定した(刑事処分はなし)。
  • 加害者の少女は徳勝もなみ(当時15歳)、被害者は同級生の松尾愛和さんだった。
  • 加害者少女の父親は佐世保で弁護士をやっていた徳勝仁だったが、事件後自殺をしている。

 

 

佐世保殺人事件加害者の医療少年院送致処分について、日本ネット感想

佐世保北高の女子生徒・徳勝もなみによる同級生殺害事件の顛末が逆走されず医療少年院行き… 犯行は16歳の誕生日の前日だったし、こうなることをみこしてたとしか思えないよなぁ。精神的におかしいのは確かなんだろうけど、狂ったふりをするだけの狡猾さも兼ね備えていたんじゃないかと思う。佐世保北高校って進学校だし、頭も悪くはなかったみたいだからねぇ。

それにしてもこの事件、何の罪もない被害者が殺害されたってだけでもムナクソ悪いけど、加害者の家庭環境も相当なもんだったもんな。父親・徳勝仁弁護士は首つり自殺して逃げちゃったし。なんとも後味の悪い事件。

ニュースソース

 長崎県佐世保市で昨年7月、高校1年の女子生徒=当時(15)=が殺害された事件で、長崎家裁(平井健一郎裁判長)は13日、殺人などの非行内容で送致された同級生の少女(16)を医療少年院送致とする保護処分を決定した。
 検察側は家裁送致の際、刑事責任能力に問題なしとした捜査段階の精神鑑定結果を踏まえ「刑事処分相当」の意見を付けた。これに対し、少女の付添人弁護士は「徹底した治療、矯正に取り組む必要がある」として医療少年院送致を求める意見書を家裁に提出した。

via: 時事ドットコム:16歳少女を医療少年院送致=佐世保高1女子殺害-長崎家裁

 長崎県佐世保市の高1女子生徒殺害事件で、長崎家裁(平井健一郎裁判長)は13日、殺人、死体損壊などの非行事実で送致された少女(16)の第4回少年審判を開き、「第3種(旧・医療)少年院」送致とする保護処分を決定した。

 家裁は、刑罰よりも更生に向けた専門的な治療と矯正教育が必要と判断したとみられる。

 少女を乗せた車は13日午後1時前、収容先の長崎市内の少年鑑別所を出発。家裁に到着後、審判が行われた。

 少女は昨年7月、同級生だった女子生徒(当時15歳)に対する殺人容疑で逮捕された。長崎地検は同8月から約5か月間、精神鑑定のため鑑定留置を実施。地検は今年1月、「刑事処分が相当」との意見を付け、殺人などの非行事実で家裁送致した。家裁は2月20日に第1回審判を開き、同23日から約4か月間、精神鑑定を実施。今月9日から再び審判を行っていた。

 家裁送致時の地検の発表によると、少女は昨年7月26日夜、一人暮らしをしていた佐世保市のマンションの部屋で、女子生徒の後頭部をハンマーで殴り、ひもで首を絞めて殺害するなどした、としている。

 これまでの少年事件で家裁が医療少年院送致としたのは▽神戸市で1997年に当時14歳の少年が連続して児童を殺傷した事件▽2000年に当時17歳の少年がバスを乗っ取り、乗客を殺害するなどした西鉄高速バス乗っ取り・殺傷事件――などがある。

via: 佐世保高1殺害、少女を旧医療少年院送致 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

ネットの反応・意見

このバケモノサイコパスJKが野に放たれるのは何年後なんだ?

当然、亡き父・徳勝仁の不動産遺産(豪邸)がある佐世保に戻るんだろうな。

殺戮モンスターに刑事処分なしだと…?

徳勝もなみの写真を見ても、普通の田舎の子って感じなのに…

娘もたいがいだったが、父親もキチぃ娘を一人暮らしさせたりして野放しにしてた責任は重いよな。

佐世保殺人事件、加害者少女の徳勝もなみ

この父親、自殺しちゃったんだっけ。

出所しても家族はいないし親戚は関わりたくないだろうし、更生できたとしてどうやって生きていくつもりなんだ?

早稲田に進学していた兄貴がいるだろ。
事件後退学したとかいう噂もあったが…

おいおい、このバケモノの子を逆走しないってのか?

司法が機能していないな…

まぁこうなるだろうなぁとは思っていた。

本来は良心が小学校か中学校のときに入院させておくべきだった。

親のくだらんプライドが生み出したモンスターだな

その他、反応

ネバダじゃない子の方か。

長崎県って似たような年少の猟奇事件が多発してるからこんがらがるな。

NEVADA事件とは、(ねばだじけん)とは、2004年6月1日午後、長崎県佐世保市佐世保市立大久保小学校で、6年生の辻菜摘(つじ なつみ)が同級生の御手洗怜美(みたらい さとみ)ちゃんをカッターナイフで切り付け、殺害した事件である。

小学生の女子児童による殺人事件であり、しかも学校が舞台であり、世間に大きな衝撃と波紋を投げかけた。

via: NEVADA事件 – Yourpedia
nevada

医療少年院か。
こいつも神戸の少年Aみたいに手記を書いて金儲けするのか?

憎んでいた父親の自殺に次いで、またもやモナミ―大勝利かよ…

ああ、16歳の誕生日前日に決行したんだったな。

明らかに計算づくの行動…

大嫌いなオヤジのプライドをズタボロにして自殺に追い込んで、自分はキチ認定で数年でシャバにでる。前科もなし。

賢すぎるな…ワロタ…

こいつに更生や教育の余地があると思ってるのか?

酒鬼薔薇が治らないって絶歌で証明してくれたじゃないか。

その他、日本の反応

  • 名古屋大の女と戦わせてみたい
  • お父さんの徳勝仁弁護士は、この事件でヅラだってのがバレていっちゃったよな。
  • 首を切断されて亡くなった少女のことを思うと、これじゃ許されないよねぇ。
  • 将来弁護士を目指したりしてな…
  • これで父親をバットで殴った真相も、友達を殺して切り裂いた真相もわからなくなるのか

メラ速報の事件系新着記事

 

 

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!