【前評判】福山雅治のフジ月9「ラヴソング」、ヒロインは藤原さくら 無名すぎて批判噴出w露骨なバーター出演かよwww4月スタート春ドラマ・画像・動画【いやなら見るな・視聴率は…】

【前評判】福山雅治のフジ月9「ラヴソング」、ヒロインは藤原さくら 無名すぎて批判噴出w露骨なバーター出演かよwww4月スタート春ドラマ・画像・動画【いやなら見るな・視聴率は…】

この記事は約8分43秒で読めます。

 
  • 福山雅治主演のドラマで、無名の新人・藤原さくら(20)がヒロイン役に起用された。
  • 藤原は、福山と同じアミューズ事務所で新人のため、「バーターだ」と不満の声が上がっている模様。
  • ※藤原さくら(20)の動画あります。

 

 

福山雅治の新フジ連ドラ「ラヴソング」についてのネット感想

炎上も見込んでる戦略かな?フジ弱ってるなw 歌手デビューでドラマヒロインといえば中島美嘉。売れたね。最近アミューズの力すごい。

ニュースソース

4月スタートの福山雅治主演の連続テレビドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系/毎週月曜夜9時~)のヒロインを、デビュー1年の新人アーティスト・藤原さくらが務めることがわかった。昨年9月、吹石一恵と入籍した福山にとって入籍後初の連ドラ主演となるだけに、早くも注目が集まっている一方、藤原のヒロイン起用に一部芸能事務所関係者からは「結局バーターか」と怒りの声が聞こえてくる。

『ラヴソング』は福山演じる元ミュージシャン・神代広平が、障害を持つヒロイン(藤原)と出会い、心を通わせながら人生を取り戻していくというストーリー。その藤原は、福山の所属事務所であるアミューズの新人とあって、肝心のヒロインが“バーター”であることに関係各所から不満の声が上がっているようだ。

「藤原は福岡出身のシンガーソングライターで、昨年3月にメジャーデビュー。高校在学中からインディーズでCDをリリースしているものの、まだ20歳になったばかりで芸歴も無に等しい。今回の“フジ月9”枠に関しては、福山が主演するということだけはかなり前から決定しており、ヒロイン役のオーディションも長期間行われていました。20歳前後の歌が歌える女性ということで、大勢の有名女優がこの役に手を挙げたのですが、結果的に選出されたのは藤原でした」(芸能事務所関係者)

 同役をめぐっては、CMや映画と多数の出演をこなす小松菜奈など、大手事務所所属の若手がこぞってオーディションを受けていたものの、最終的にフジは“バーター出演”を決定してしまったのだという。

「プロデューサーをはじめ、制作陣に愚痴をこぼす事務所関係者も多かったと聞きます。藤原はギターの弾き語りができ、さらに福山本人も彼女を推薦したと釈明していたものの、年が明けてから公開された台本を見ると、ヒロイン役の名前は藤原と同名の『さくら』。もはやアミューズのプロモーションドラマといわれてもおかしくない配役だけに、苦情が殺到するのは当然でしょう」(同)

 なお、他共演者では「菅田将暉、田中哲司、水野美紀と実力陣がずらり。小松と同じスターダストプロモーション所属の夏帆は、かなり早い時点で出演が決定していたもよう」(同)。

 近頃では、第2話で平均視聴率9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』など、視聴率低下が著しいフジ月9。事務所関係者にとっては憤まんやる方ない今回のキャスティングだが、肝心のその視聴率が気になるところである。
(文=編集部)

via: 福山雅治の新フジ連ドラ、ヒロインに無名20歳起用で批判噴出…露骨なバーター出演か (Business Journal) – Yahoo!ニュース
ヒロインが決定した藤原さくらの写真・画像
ヒロインが決定した藤原さくらの写真・画像

『ラヴソング』は、福山雅治さん演じる“元プロミュージシャン”神代広平(かみしろ・こうへい)が、藤原さくらさん演じる“人とコミュニケーションを取るのが苦手な女性”な佐野さくら(さの・さくら)に出会い、音楽を通して心を通わせ、失いかけた人生を取り戻す物語。今までにない、感動のヒューマン&ラブストーリーです。

藤原さくらさんは「ヒロイン・佐野さくらがそこにいた」と審査員をうならせ、<歌唱力>、<表現力>、<感受性>といった選考基準をクリアし、およそ100名の中から選ばれました。サプライズでオーディション合格を発表された際は、驚きのあまり、言葉にもならなかった様子。しかし、スタッフから「(オーディションを勝ち抜いての)ウィニングソングを」と要求され、ギターを渡されると「緊張する!」と言いながらも、笑顔でその美声を披露しました。

via: ラヴソング | トピックス – フジテレビ

ネットの反応・意見

菅生大将クンがでるならみるわあぁぁん

小松菜奈は演技もヘタだし
もはやヒロインってキャラじゃないからなー

小松菜奈↓確かにCMで見るね。その下は出演が決まってた夏帆。

小松菜奈こまつななの写真・画像 夏帆なつほの写真・画像

てか、ヒットすれば自分の手柄で、
コケたときの言い訳用の保険ような気がするがw

視聴率大幅低下で糸冬了しそうだ

画像は可愛い
許した

小松菜奈
所属事務所 スターダストプロモーション

あっ察しwwwwwwwwww

さすがフジwせっかく数字取れそうな福山なのに何でこんな企画なんだw
恋愛物歌手物じゃない方がいいだろ

何を今更。
ディーンのゴリ押しとか見てたらアミューズの露骨なやり口は判ってるだろうに。

ディーンはゴリ押しではなく
あさが来たの脚本家である大森美香とNHKがディーンフジオカの海外ドラマを見て
この人しかいないと脚本家とNHK側からオファー出した
そして人気が出た
その人気にマスコミやテレビ局バラエティや雑誌等が乗っかってる感じだが

同じアミューズなら三吉使えばそれなりに実績も人気も積んできてるから問題にならなそうなものなのに

いやなら見るな

その他、反応

フジ月9なんて見る馬鹿いるのかよ

バーターだろうが何だろうが面白ければいいんだよ

まぁウジだからそもそもみないけど

>小松菜奈など、大手事務所所属の若手がこぞってオーディションを受けていたものの、
>最終的にフジは“バーター出演”を決定してしまったのだという。

なぜ小松菜奈だけオーデ落選したのを晒されるんだw

つまんなそう
見ないな。

福山が事務所上げて若者層開拓に絞ったプロモーションドラマだから、最初からヒロインはバータで新人の若い子って噂だった
的中

確かにブサイクだったw

こういうのはバーターではなくて抱き合わせだろう。

フジテレビでしょ?
またこっそりドラマに何か反日的なもの仕込んでくるんでしょ?
見ないよそんなもの

嫌やったら見んときゃあ いいんとちゃいますのん?

福山様はきっとチィ兄ちゃんのときと演技が変わらないはず

その頃と比べものにならない
大河俳優経てカンヌ俳優

その他、日本の反応

1話目はどうせ何だろうと観るよ
ただフジは基本1話斬りがここ数年は10割なんだなぁ~

大人の事情なんて掃いて捨てるほどあるやんw

ヒロインが深津絵里なら見たのに。
40代の男と、20歳の恋愛なんて感情移入できないから見たくもないわ

女的にはヒロインは美人がいいのかブスがいいのかどっちなん?

結局バーターならオーディションすんなって怒りは理解できるわ。二十代で歌唱力あるヒロインなら狭き門で頑張ったやつ多かっただろう。

これ。
オーディション受けた事務所がブチ切れるのも分かる。

だって談合じゃんw

また障害か

アミューズはワンオクやベビメタで海外に力を入れ国内は福山きっちり固めにきてるな
今後一番伸びしろある事務所かもしれん

ヤバいな
福山とさくら
2人で弾き語りとか鳥肌じゃねーか
ブルーレイボックス買うわ

バーターなんか普通によくあることではあるが
久しぶりの福山、月9、相手役ヒロインと注目集めてる中で
知名度無し経験無しじゃそりゃ叩かれるな

福山のバーターって今までも大量にいただろ
今回はあまりに無名すぎて露骨なだけでさ

『ラヴソング』イントロダクション&キャスト(フジテレビより)

福山まさはるフジ月9の写真・画像 福山まさはるフジ月9キャストの写真・画像

オリジナル作品となる今作の主人公・神代広平は、過去にミュージシャンとしてプロデビューしたことがあるのですが、今は音楽とは距離を置いた生活をしています。唯一のヒット曲はあるものの、その後、ヒットに恵まれることはなく、鳴かず飛ばずのままレコード会社との契約を打ち切られてしまいました。神代は自らの才能の限界に打ちのめされ、音楽業界を離れ――

それから20年。時は経ったものの、神代は音楽への情熱を完全には絶ち切ることができないまま、ただ退屈な毎日を過ごしていました。私生活では持ち前のルックスの良さで多くの女性と付き合うものの、過去の恋愛による影響で他者に心を許しきれず、真剣に向き合える女性に出会えないまま、独り身で40代に突入。音楽にも、女性にも真剣に向き合うことができず、何ひとつ成し遂げられないまま人生を過ごしてきた神代のもとに一人の女性が現れます。彼女はあるコンプレックスを抱え、悩み苦しみ、ひとり孤独を背負って生きていました。神代同様、どこか人生に嫌気が差してもいます。しかしその女性には、音楽の神様が与えてくれた“歌声”という天賦の才能があったのです。神代は、彼女との出会いによって“もう一度自分を試したい、認められたい”と考えるようになります。彼女を通して再び音楽と向き合った時、モノトーンだった神代の人生が少しずつ色付き始め、二人の奏でるラブソングがはじまるのです――

2016年春の月9は、男性限定ライブや10代限定ライブを開催するなど、世代を超えて男女問わず人気の高い福山さんがお送りする感動の物語。劇中ではアーティスト・福山さんならではの、リアリティーのある演奏シーンも予定されています。2月のクランクインに向け『ガリレオ』シリーズや『美女か野獣』など大人気ドラマを福山さんとともに作り出した西谷弘監督のもと、『ガリレオ』のスタッフが再結集します。

なお、気になる相手役やその他キャストは後日発表いたします。ぜひご期待ください!

via: ラヴソング | イントロダクション – フジテレビ

コメント欄

名前

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!