日本の女子大生「慰安婦の苦痛知ってしまうと…賠償は終わったとの主張が心苦しい」 キャンパスアジアプログラムのディベート【立命館大学は左翼】

日本の女子大生「慰安婦の苦痛知ってしまうと…賠償は終わったとの主張が心苦しい」 キャンパスアジアプログラムのディベート【立命館大学は左翼】

この記事は約6分31秒で読めます。

 
  • 2014年11月11日、釜山の東西大学(トンソ大学)で、日本の戦後補償をテーマにした日韓中の大学生グループがディベートを行った。
  • 日本の女子大生ヤマモトさんは「慰安婦女性がどれほど辛い体験をしたのか知った後なので、賠償は住んでいるとの日本政府の主張をしなければならないことが心苦しかった」と語っている。
  • このディベートは日中韓3か国の政府が2012年から行っている「キャンパス・アジア・プログラム」の学生らが参加(日本からは立命館大学などが参加)。

 

 

慰安婦問題ディベートについて日本ネット感想

日中韓の大学生グループがディベートを行い、日本の女子大生が「慰安婦がどれほどつらい体験をしたのか知った今では云々」などと発言し話題になっています。

このディベートに参加した大学生は、日中韓3か国の政府が行っているキャンパス・アジア・プログラムの学生ら。日本からは立命館大学などが参加しているようです。

2ちゃんの大半は立命館大学って名前が出た時点で察したようです…立命館大学・リッツは左翼の巣窟として有名。わたしはそんなこと知らなかったのですが、立命館出身のヤツとはいつも思想の話でケンカしてました。そんなにプライベートでは右寄りな発言してないつもりなんですが、それでも表面化するくらい左寄りなんですよねぇ。こわいこわい…

ネットの反応・意見

ディベートってのは思想や信条に関係なく賛成・反対に分かれて討論をするってのが基本。

普通は「韓国人が日本の言い分がよく分かった」「日本人が韓国の言い分がよくわかった」と相互理解しないと成立しないのに、ほとんどが日本が悪いって内容で統一されていて、韓国にはディベートさえゆがめようとするアホが多いんだなと実感したわ。

「日本の立命館大学」

安定のリッツ。ここだけ読んで読むのやめたわ。必要もないw

ほんとかウソか分からん記事だが、この日本の女子大生とやらが無知なだけじゃん。お前が金払えばいいよ。

こいつ、問題の本質が何もわかってないな。

日韓国交回復の際に、日本と韓国との間で併合時代とそれ以前も含めたすべての示談が成立した。日本は賠償相殺で支払う義務はないけど、韓国の疾病兵や遺族・戦火に巻き込まれた人などのために経済協力という名目で援助金を支払った。

ところが韓国政府は韓国国民に配る名目で受け取った金をほとんど配らず国内の整備に使い、漢江の奇跡(笑)とやらをなしとげた。

いうなれば、裁判などで示談が成立したのに弁護士が金を持ち逃げしたような状態。

日本は何の義務もないんだけど、金を持ち逃げされた不幸な朝鮮人のために、アジア女性募金などでなんどか手を差し伸べたが、それを拒否して日本が悪いってわめいているのが今の韓国だ。

その他、反応

感情論じゃないんだよ。

心苦しいって思うなら、自分で払えばいいのにさ。

本当に日本の女子大生か?

どうせ携帯小説に感情移入してしまうようなやつだろ。

どんな資料に基づいて韓国の主張を信じたのかぜひとも公表してもらいたい。

韓国人はこうやって情にうったえて、お人好しな日本人を騙してきたんだな、とか思ってたら立命館大学だった。情もクソもないわw

こんなデタラメ記事がさらなる嫌韓を生むんだよな。もっとやってくれ!

その他、日本の反応

  • 「日本の立命館大学」

    あっ…(察し)
  • 立命館大学なら、すべてわかった上であえてこういう発言をしているんだろ。
  • リッツならしょうがない。

ニュースソース

  昨年11月11日、釜山(プサン)の東西(トンソ)大学で日本の戦後補償をテーマにした韓日中の大学生2グループが賛否討論を行った。慰安婦の被害問題が韓日協定ですべて解決されたという主張を展開した組には韓国の学生たち、日本に法的賠償責任があると反論するグループには日本の学生たちが含まれていた。

  3カ国の政府が2012年から行っている「キャンパス・アジア・プログラム」からだ。韓日中の大学生たちが講義を一緒に聴いて学位を取得するプログラムだ。30大学が参加している。特に韓国の東西大、日本の立命館大、中国の広東外国語大はほかの大学では敬遠するような歴史問題を扱っている。3カ国から10人ずつ30人が参加したが、東西大の授業中に3カ国が摩擦を生じさせている過去の歴史懸案などについて賛否討論を行った。すべてのグループが3カ国の学生の混成だったために、誰でも1度以上は自国ではなく相手方の立場になって討論しなければならなかった。

  慰安婦問題で日本政府の主張をしなければならなかったチャさん(22、女)は「討論を準備する時は国家間の関係のように韓中vs日本の学生で意見が対立した」として「学生たちさえも意見を一つにまとめるのは大変な問題だった」と話した。

  だが間もなく予想しなかったことが起きたという。チャさんは「日本の友人が『私は日本の歴史教育を受けたので、それに慣れているのかもしれない』と話したが、自身が間違っている可能性もあるということを認めて聞き入れる態度が印象深かった」と話した。それと共に「日本の友人が『戦時に日本政府が韓国・中国の国民にこんなことまでしたとは知らなかった』として『申し訳ない』と言った。このように自国の利益だけを問い詰めずに客観的に見て互いに理解して配慮しようとする気持ちが生まれただけでも意味が大きいと感じた」と話した。

同じグループだった日本のヤマモトさん(22、女)も同じだった。「最初は日本の立場を主張することになって良いと思ったが、ますます気持ちとしては大変だった。前と違って慰安婦女性がどれほど辛い体験をしたのかを知った後なので、すべての賠償が終わったという主張をしなければならないことが心苦しかった。討論を準備して、むしろ私が韓国の立場を代弁したこともある。1年前には想像もできないことだった」。彼女は「友人の間でも異なる意見が出そうなテーマなので初めは緊張したが、討論が終わった後は互いの誤解が解けた気持ちだった」と話した。

「竹島は日本の領土」という立場を取った組に属したクァンさん(22、女)は「独島(ドクト、日本名:竹島)が韓国の領土だという考えには変わりない」として「だが以前『あなたたちの話は間違っている。そのように言うとは憎らしい』と思っていたとすれば、今は日本人たちがなぜそのように考えるのか理由が分かるようになった」と話した。

東西大キャンパスアジア事業団長であるイ・ウォンボム教授(日本学科)は「討論に参加しなかった学生たちは、どのグループがより論理的主張を展開したか『評決』したが、自国の立場と反対の見解を出したグループが上手にできたと決めた学生たちが授業ごとに出てきた」と伝えた。

学生たちは「CAP(Campus Asia Program)語(日本語で“言葉”という意)」という原則も決めた。自分は相手方の国の言語を、相手方は自分の母国語を使うことにした。3年間にすべての学生が3カ国語をうまく話せるようになったおかげで可能だった。東西大のチャン・ジェグク総長は「今の国家間の対立は、理解と尊重なしには決して解消され難い」として「国籍を変えて考えてみるようにする訓練は、未来の主役である大学生が相手方の立場への深い理解をもとに建設的な主張をやりとりできるようにするために選んだやり方」と説明した。

via: 日本の女子大生「慰安婦女性の苦痛知るようになると…賠償全て終わったという主張が心苦しい」(1) | Joongang Ilbo | 中央日報

日本の女子大生「慰安婦の苦痛知ってしまうと…賠償は終わったとの主張が心苦しい」 キャンパスアジアプログラムのディベート【立命館大学は左翼】」への3件のフィードバック

  1. 立命館は馬鹿だからな、そもそもこの女性はディベートなんてしたことないんだろう。まるで感想文のようなことを喋っている。まぁ思ってもない綺麗な感情、感想を述べるのは日本の小学生からの文化的な態度だが。
    0
    0
  2. この前死んだ慰安婦の婆さん、数え歳で80歳って事は終戦時9才、3年働いたって証言からしたら6才で慰安婦になった事になる、もっと年頃の女性も居たのに何故?日本の慰安婦じゃ無くて、韓国の第5種補給品だったとしたら年齢的に合うんだけどね!日本は朝鮮人がさらって来た女の子を助けてた方だ!当時の新聞とか韓国に残ってるはずだが隠してるのか?‌
    日本にはあるぞ!‌
    http://hosyusokuhou.jp/archives/39612696.html‌
    韓国はベトナムでした事に対し謝罪し賠償したのか?‌
    最近、日本を幾ら叩いても金が貰え無いと悟った慰安婦達が、国に慰安婦にさせられたと韓国政府を訴えたそうだよ(笑)
    0
    0
  3. 売・・・春婦が何を叫んでいるんでしょ?
    0
    0
メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!