中韓の反日運動激化が『愛国ビジネス』を加速的に盛り上げた。ダイヤモンドオンライン掲載記事⇒ネット・『売国ビジネスの反動』『マスゴミが真実を報道しないことが理由』・・・

中韓の反日運動激化が『愛国ビジネス』を加速的に盛り上げた。ダイヤモンドオンライン掲載記事⇒ネット・『売国ビジネスの反動』『マスゴミが真実を報道しないことが理由』・・・

この記事は約8分49秒で読めます。

コメント(8) 

 
  • 11月20日 ダイヤモンド・オンラインに『嫌中・嫌韓をカネに、「愛国ビジネス」はなぜ盛り上がったのか』という記事が掲載され、ネットで話題に。
  • ネット:売国ビジネスの反動が出ただけだろw・・・

 

 

概要・経緯などのまとめ

11月20日 ダイヤモンド・オンライン掲載、岡田光雄氏の記事
「嫌中・嫌韓をカネに、「愛国ビジネス」はなぜ盛り上がったのか」(全文2ちゃんより引用)
ソースhttp://ascii.jp/elem/000/001/589/1589777/

近年、“愛国”を商材としたビジネスが流行している。書店の棚にはセンセーショナルなタイトルの“嫌韓・嫌中”本が並び、少し前に話題となった森友学園(塚本幼稚園)は、園児たちに熱心な愛国教育をしていた。一体どういう背景があって、愛国に日本人の需要が集まるようになったのか。専門家に話を聞きながらその歴史をたどってみた。(岡田光雄/清談社)

■嫌韓本や中国脅威本の売上げをみれば 愛国市場の盛り上がりが分かる

今やテレビには愛国番組が溢れ、”ヘイト本”がベストセラーとなる時代に。リベラルの失墜や、中国・韓国の反日運動激化などが、愛国ビジネスを加速させた。

愛国ビジネスとは、その名の通り国民のナショナリズムをあおり、消費行動につなげていくビジネスモデルのこと。

この言葉を聞いて、まず思い浮かべるのがお隣・韓国の状況だろう。今年はそれほど激しくはないようだが、過去には太平洋戦争が終結し、日本統治から解放された1945年8月15日を祝して、韓国産コーラ「815コーラ」が販売されたり、1919年の独立運動記念日である3月1日(三一節)には、デパートやスーパーで安売りイベントを開催していたこともある。

中国でも昨年、運営内のトラブルでAKBグループから離脱した「SNH48」が、今や中国の愛国歌をカバーするなど、プロパガンダ・グループに成り下がってしまったと嘆く日本人のファンもいる。

では、日本における愛国ビジネスの実情はどうだろうか。マーケティング・コンサルタントの大西宏氏(ビジネスラボ代表取締役)がこう解説する。

「今や日本でも嫌韓・嫌中サイトで広告収入を得たり、保守系番組『そこまで言って委員会NP』が高視聴率を獲得するなど、“愛国”をビジネスとする市場が広がってきました。森友学園も保守派の父兄を対象にした子育てビジネスといえるでしょう。愛国ビジネスに明確な定義はありませんが、近年の嫌韓本や中国脅威本の書籍売上げをみれば、その市場規模の大きさは分かると思います」

■リベラルの失墜に反日運動激化… ここ数年で愛国ビジネスは加速した

出版取次大手の日本出版販売が発表した今年の上半期ベストセラー新書によれば、『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』(ケント・ギルバート、講談社)が40万部以上を売り上げて2位を記録。いわゆる“ヘイト本”が、大ヒットしているのだ。

こうした書籍だけに限らず、今や「愛国マグカップ」「靖国神社Tシャツ」「大東亜共栄圏パーカー」なる愛国グッズまでもが販売されているという。では、なぜ日本における愛国市場はここまで大きく成長したのか。大西氏はその原因の一つをこう分析する。

「バブル崩壊以降、日本経済が失速したことで若い人の所得は低下し、将来、年金すらもらえるか分からないという、先行きの見えない不安が蔓延しました。日本人が自信を失う中、2009年に発足した民主党政権は世論の支持を得られず、朝日新聞の『慰安婦報道問題』などリベラル派のオウンゴールが続きました。さらに海外に目を転じれば、中韓の反日運動などもありました。これらの要因が相まって、日本人の中には“アイデンティティー”を求めて保守化に走った人が多かったように思えます」

確かに、今やテレビで当たり前となった“日本スゴい!”推しの番組だが、その元祖である『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京)が放送開始されたのが13年。時系列的には民主党政権(09~12年)が終わって直後のことだが、これも日本人がアイデンティティーを求めた結果なのだろうか。

■メディアを巧みに操る右派の扇動 紙媒体にこだわった左派の転落

一方、日本で愛国ビジネスが浸透した理由についてはこんな見方もある。

『憎悪の広告』(合同出版)の著者・能川元一氏は、昨今の愛国ビジネス急拡大の背景の一つには、インターネットを使った右派の扇動が多分にあるという。

「歴史上熾烈な争いをしてきた右派と左派でしたが、1995年のインターネット元年以降、右派は動画投稿サイトなどネットでの国民煽動に注力していきました。昔から右派は紙を始めとする既存メディアが左派に牛耳られているという意識が強かったのです。確かに、左派やリベラル派と呼ばれる人たちは紙媒体の活字が好きな傾向があり、それに固執してしまったため、結果的にネットに強い右派の“嫌韓・嫌中”の主張が発信力を持つことになりました」

総務省の統計によれば、1997年には9.2%だったインターネット普及率(個人)は、2016年には83.5%に急増している。

インターネット人口が増加すれば当然、こうした扇動記事を目にする母数も増えてくるというもの。それを象徴する事件が、11年に起きたフジテレビへの抗議デモだろう。インターネット上の呼びかけに集まった有志が「韓流ゴリ押しやめろ」「フジテレビの捏造・偏向報道反対」などのプラカードを掲げながら行進し、8月21日のデモの際は約3500人が参加した。

さらにデモ隊は同年9月16日、フジテレビのスポンサー企業である花王に対しても1000人規模で抗議活動(ネット視聴者は10万人超)を行った。彼らは一種の“圧力団体”のような行動に出たのである。

「今のメディアの多くは、右派からは『お前んところは左だ!』と言われ、左派からは『右だ!』と言われ、苦しい状況に置かれていますが、結局のところ右に傾倒していると思います。要するに保守的なスタンスの方が“損”をしないということでしょうね」(能川氏)

ただし、裏を返せば、愛国ビジネスは圧力団体に支えられた諸刃の剣ということもできるだろう。主義主張は個人の自由ではあるが、そこにはビジネスの側面もあることを注意した方がいい時代なのかもしれない。

via: 【話題】嫌中・嫌韓をカネに、「愛国ビジネス」はなぜ盛り上がったのか[11/24]

岡田光雄←不明の為、紹介を省きます。
by副管理人

副管理人コメント

『愛国ビジネス』ってレッテル貼って、愛国心を持つことが悪い事の様に印象付けようとしてる?

根本的な、視点が違うような・・・

『愛国ビジネス』って言葉使ったことないけど・・愛国ってビジネスか?

by副管理人

2ちゃんねるの反応・意見

嫌中も嫌韓も愛国とは関係ない
スタートラインが間違ってるから残りの文章全て何が書いてあっても無意味

売国ビジネスの反動が出ただけだろw

まず中韓を嫌う事と愛国の関係を説明してくれ
前提の時点で既におかしい駄文

こういう風に相手をけなさないと
自我を保てないんだろうな…

本当のことだから。
今までマスコミが垂れ流して来た情報があまりにも偏っていたから。

これに尽きる。
印象操作したいんだろうがマスゴミが真実を報道しないことが理由

その他、感想

>一体どういう背景があって、愛国に日本人の需要が集まるようになったのか。

80年代以降在日の指紋押捺が廃止されたり、特別永住制度が在日三世にも適用されるようになったりで、日本人が危険を感じ始めたからだよね
日本人の自衛のためには国の役割が注目を集めるようになった
日韓合同のスポーツ開催などを通じて韓国人の気性の激しさ厭らしさを目にするようにもなったし残留孤児と一緒にその家族や遠縁まで来日するようになって日本人の安心感が破壊された
嫌いなもの危険なものの情報を集めようとするのは人間の本能だよ

愛国と嫌○とヘイトとは全くイコールではありません
個々人の問題で結びついている事はありますが、それらを分けずに同一視させる為の印象沙記事ですね

朝日新聞の慰安婦虚報、反日親韓報道が最大の理由です。
朝日新聞がこの世に存在する限り永遠でしょう。

こいつらまだ分かってないなー。右も左もない。左が自分たちに都合の良い偏った情報を流すから、それとは真逆のニーズが膨れ上がり、それがネットと書籍で消費されているだけ。

けど、その「ヘイト本」を一番宣伝してるのってパヨクだよね?

そりゃ有田先生がツイートすりゃバカ売れですよ。

▲先日、朝日新聞が申入書を送付した小川榮太郎さんの本もバク上げしてた。
(参考)
アマラン 徹底検証「森友・加計事件」―朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪
by副管理人

その他、2ch反応

おいおい
「愛国ビジネス」とやらよりずっと歴史の長い反日、侮日ビジネスを棚に上げて何言ってるんだ

韓国がニュートラルの日本人を嫌韓にしたのは否めないよな

なので中道をネト*ウヨと呼ばざるを得ない笑える状況にw

左派が嘘つきだった、という事がネットでバレたんだよ。
そりゃ反動で右に行くわな。

どのマスメディアも自分たちに都合の悪い事実は報道しない
これがもう一般常識になっているからね
まあソースになりうるものかどうかの吟味は、できうる限りするようにしているよ

ただパヨクの知り合いがいるが、自分たちに都合の悪い事実は受け入れない
あれもおかしいな
一種の宗教。そのまま逝くんだろうとは思う

> 日本人の中には“アイデンティティー”を求めて保守化に走った人が多かったように思えます
ブサヨは、いつもこうやって本質から目を逸らし矮小化しようとする。
布団をかぶれば怖い幽霊を見なくて済む、みたいな。
そんなんだから国民から相手にされなくなるのだ。

サヨク特ア人が嫌中・嫌韓についてだけ非難するのは当然のことなんだが、それにあたって「愛国はいけない!」という言い方をしているのが墓穴を掘っている。
「祖国と同朋を裏切り敵国・敵民族に従え」という意味だからな。
じゃあ日本に住んでいる特ア人は何なのか、と。

コメント欄

名前

コメント

中韓の反日運動激化が『愛国ビジネス』を加速的に盛り上げた。ダイヤモンドオンライン掲載記事⇒ネット・『売国ビジネスの反動』『マスゴミが真実を報道しないことが理由』・・・」への8件のフィードバック

  1. 言うほど「愛国」ではないよな‌
    反日色を強める中韓と国内の工作員・政治家・野党下部組織・メディアに対する嫌気であって、即ち愛国っていうのとはちょっと違う感じ‌

    愛国心はそんなに無いけど、とにかく特亜のアンモラルや反日には反吐が出るってだけの、右に偏らない反パヨクが大勢を占めてるって所じゃね?
    7
    0
  2. 愛国心が無いのは反日馬鹿左翼共だけだ、恥を知れ!
    5
    0
  3. 特アとマスゴミは2000年代よりもっと前から反日やってるじゃん
    5
    0
  4. 友愛とか友好とかで何の成果も無く‌
    ただ損しただけだったからな。‌
    そりゃ保守的になるだろ。
    5
    0
  5. 確かにインターネットの影響はあるかもね。‌
    これまでだったらマスコミの偏向報道で隠されていた実態がネットで拡散されることによって生の情報に接する機会が増えたから。‌
    てか、あれだけ日本に対して敵意を剥き出しにしてる韓国とか中国が好きって言ってる人の方が信じられないわ。‌
    大体愛国ビジネスとか言っていかにも悪いイメージを持たせようとしてるけど、世界的に見ても自分の国を愛してないなんて言ったらまともな人間とは判断されないよ。
    4
    0
  6. 記事の中で、昨今、右派・保守が台頭してサ派が衰退したのはインターネットを使った右派の扇動があったからだ。みたいな事が書いてあったが、それは違うな。‌
    単に、新聞やテレビといった一方通行のメディアしかなかった時代には、この記事のようなブサヨの道理の通ってない頓珍漢で稚拙な分析・主張でも、大メディアがそう言うならそういうものなのか‥としぶしぶ納得するしかないという風潮だったものが、双方向性のネットメディアが普及し「新聞にはああ書いてあったけど、あれはちょっと違うと思う」と自分の主張を書いてみたら、多くの人が同じように考えていたというだけなんだよね。‌
    パヨクがいくらネットで扇動工作しても支持が広がらず凋落する一方なのは、ネット時代にあって未だにこの岡田光雄?の記事のような、筋も道理も通ってないし説得力も無いリアリティも感じない妄言を吐き続けているからだよ。
    1
    0
  7. 反日ビジネスをやって、在日コリアンへのヘイトスピーチ反対!なんて偉そうなこと言いながら、日本人へのデマと中傷とレッテル貼りとヘイトスピーチしまくってる連中が、何か言ってるなとしか‌
     ‌
    ほんと日本のマスゴミって、日本人のことが分からない奴ばかりだね
    1
    0
  8. ダブルスタンダード、偽善的言動への告発ムーブメントだろ。‌
    いわゆるパヨクのダブスタ、偽善ってちょっと頭使えばバレるんだからボケ(パヨク)とツッコミ(ネトウヨ)の構図。‌
    既存メディアがボケでネットがツッコミと言い換えても成立しそうだね。‌

    要するにパヨク(象徴的なレッテルだよな)は、バ・カにされてんだよ。‌
    バ・カにされるよりする方に気持ちが寄るのは当然の話。
    1
    0

コメント欄

名前

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!