警視庁提出の東京都迷惑防止条例改正案の対象が広すぎると話題に「名誉を害する事実を告げること」 告訴なしで逮捕可能に?3月末成立見通し 創価学会対策との噂もあるが…【ストーカー対策・規制法

警視庁提出の東京都迷惑防止条例改正案の対象が広すぎると話題に「名誉を害する事実を告げること」  告訴なしで逮捕可能に?3月末成立見通し 創価学会対策との噂もあるが…【ストーカー対策・規制法

この記事は約9分6秒で読めます。

コメント(1) 

公開⇒

 
  • 警視庁が東京都議会に提出した東京都迷惑防止条例の改正案が物議をかもしている。
  • ストーカー対策として「名誉を害する事項を告げること」を追加する等の案だが…

 

 

概要・経緯などのまとめ

警視庁の迷惑防止条例改正案が「東京都版の共謀罪」と物議 解釈次第で報道の自由も制限可能か
キャリコネ
 2018.3.16
https://news.careerconnection.jp/?p=51667

警視庁が今年、東京都の第一回定例議会に提出した迷惑防止条例の改正案が、物議を醸している。改正案は、つきまといとして取り締まれる対象になる行為に「住居等の付近をみだりにうろつくこと」「名誉を害する事項を告げること」などを追加し、罰則規定も重くする方針だ。

同様の内容はストーカー規制法にも盛り込まれている。しかし、ストーカー規制法は規制対象を「恋愛感情の充足を目的とした行為」に限定している。復縁を迫る、交際を迫るなど、客観的に観測できる行為に限られるのに対し、都の迷惑防止条例は

 「正当な理由なく、専ら、特定の者に対するねたみ、恨みその他の悪意の感情を充足する目的」

の行為とある。正当性は現場警察官の判断に委ねられるほか、「悪意の感情を充足する目的」があるかどうかも内心の感情で違法・適法かを分けることになるため、解釈は難しい。このまま改正されれば恣意的な運用が行われる可能性があるとして、一部では「東京都版の共謀罪だ」という声も出ている。

「刑法上の名誉毀損にあたらない行為までも処罰可能になってしまう」

画像は東京都庁。改正案が成立すれば、全国に影響する可能性があります


自由法曹団東京支部のメンバー、船尾遼弁護士は「なぜ今このタイミングで改正案を出したのか、妥当性が見当たらない。追加されようとしている事項は、現行のストーカー規制法で取り締まり可能。条例が変更されれば、自由な議論が制限されかねない」と危機感を募らせる。

一番の問題は、「『名誉を害する事項を告げること』を追加し、刑法上の名誉毀損にあたらない行為も処罰可能にしようとしていること」だと指摘する。

刑法では、客観的に社会的な名誉を下げるような事柄を、不特定多数に向けて言うことが名誉毀損罪の要件になる。しかし条例の改正案では「相手がむっとするようなレベル、たとえば『お前はバカだ』などのレベルであっても、解釈次第で適用が可能」になるという。

そうなると、国会前や路上で議員を批判したり、労働組合が社前集会で会社の批判をしたり、マンション建設に反対する住民がチラシを撒いたり、消費者が企業に対して不買運動するといったことも規制対象になりかねない。行為の形に関する制限もないので、SNSでの発信でさえも規制対象になる可能性があるという。

 「刑法上の名誉棄損罪は告訴がなければ処罰できませんが、改正案は告訴がなくとも、捜査機関の判断により逮捕・起訴し処罰できてしまいます。使い方次第でどうにでもなる条例を出すのはどうなんだ、というのが一番大きな疑問点です」

3月末には成立する見通し「反対する人はSNSで発信してほしい」

さらに、「監視を告げること」という追加項目に関しても、解釈によっては「記者などが『あなたを張っている、私はあきらめません』と伝えることがあたる可能性がある」と懸念する。こうなれば、報道の自由にも影響しかねない。

自由法曹団東京支部は、「改正案は、憲法で保障された労働組合の団体行動権、国民の言論表現の自由、知る権利、報道の自由を侵害するものであり、また憲法94条に反する」として都に意見書を出しているが、改正案は今後、19日の警察・消防委員会で審議された後、22日に採決、月末の本会議で成立する見通しだ。船尾弁護士は、

 「反対する人はSNSで発信したり、消防委員の元に要請文を送るなどしてほしい」

と話していた。

via: 【東京都】「みだりにうろつくこと」「名誉を害する事実を告げること」が告訴なしで逮捕 迷惑防止条例改正案3月末成立見通し★4

管理人コメント

うーん、ストーカー規制の一環とされているが、条例案を見ただけではなんとも判別しがたいよなぁ。
マイナビソース記事の「共謀罪」っていう表現でパヨク側発狂のようにも見えるが、パヨク側が告発を濫用することも十分考えられるし…

ttp://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/higai/meibou_comment.files/meibou_an.pdf

2ちゃんねるの反応・意見

ようやくニュー速+のスレが立ったな
この法改正だが、明らかに創価学会の嫌がらせ対策だよ

2018/03/19(月) 08:34:58.25ID:DHidGQ1V0
勘違いしてる人が多いけど、これは多分、創価学会がやってる嫌がらせ向けの取り締まり法だぞ

ttp://buzzap.jp/news/20180316-tokyo-meiwakuboushi/
>警視庁は概要で「スマートフォンの普及やLINE、Facebookなど新たなコミュニケーション手段であるSNS利用者の急増により
>場所的・時間的な制約なくつきまとい行為が行われるようになり、現行条例の行為類型では対応できない相談事案が増加」
>「人身安全関連事案(重大事件)に発展するおそれがあり、早急な対応が必要」として
>2016年に改正されたストーカー規制法に対応させるかのように改正案の提出理由を述べています。

創価は携帯やスマホで連絡を取り合って、リレー形式で、ターゲットに対する尾行や監視、付き纏いを働く
これは文字通り「スマートフォンの普及やLINE、Facebookなど」「場所的・時間的な制約なくつきまとい行為が行われるようになり」に当たる

創価の嫌がらせの手口を知らない人にはピンとこないだろうが、もろに創価狙いw

曖昧な言い回しの法律や条例は止めて欲しい

別板のスレのカキコによると、警察庁と警視庁の方に、創価学会の嫌がらせを何とかして欲しいって被害相談がかなり集まってたらしい
その事とこの法改正は関連してるんじゃないかと推測してる人がいた
実際都議会で公明が与党でなくなった後に警視庁が出してきた改正案だからありうる

あと一部のYOUTUBERによる嫌がらせ=ストーカー行為はこの法律で取り締まられるようになる
凸ってた連中は問答無用でこの法律で逮捕されるね

その他、感想

対創価だったら公明が主力の都議会で通る訳ないだろ

都議会の公明党ならとっくの昔に反小池派の野党に転じてる
しかも議会ではこの条例改正に反対するとも思えない自民と都民Fが多数派
公明の賛成がなくとも通る情勢なので、公明関係なく通せる

ひでえ条例だな
小池知事が叩かれるの嫌で作ったのか?

国会前で太鼓叩いて騒いでる連中のことでしょ

やヴぇーなにこのディストピア

化粧ババアが言えなくなるのか

東京オリンピックに乗じて、いろいろやってるな!

東京は何をやってるんだ
政府はじめ、全員がコントをやってるとしか思えない
お疲れ様

みだりというのをどう解釈するかだな

どうせ機能しないんでしょ?
ストーカー規制法だってまともに機能してないじゃん

その他、2ch反応

ソース当たってみたら、ストーカー対策じゃん
>スマートフォンの普及や技術の進歩により、高性能で小型のカメラやカメラ機能を搭載した機器が普及し、
>公共の場所や公共の乗物以外の場所における盗撮行為が多発していますが、
>現状では取締りの対象になっておりません。
>また、電子メールやSNSが日常生活に欠かせない通信手段として普及していますが、
>恋愛感情等以外の悪意の感情等の目的によるつきまとい行為等を規制する現行条例は、
>電子メールやSNSの送信等の行為等については規制の対象になっておりません。
>よって、次の内容について改正を検討しています。
>○ 盗撮行為における「規制場所等」の拡大(第5条第1項第2号関係)
>○ つきまとい行為における「行為類型」の追加等(第5条の2関係)
>○ つきまとい行為における「罰則」の強化(第8条関係)

これね

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/higai/meibou_comment.files/meibou_an.pdf
3 つきまとい行為等の行為類型の追加(第5条の2)
(1) 規制対象となる行為類型の追加
現行の4類型(つきまとい、粗野・乱暴な言動、連続電話、汚物の送付)に下記の3類型を追加することを考えています。
○ 監視していると告げること
○ 名誉を害する事項を告げること
○ 性的羞恥心を害する事項を告げること
(2) 行為類型の一部追加
○ 現行の1号(つきまとい)に規定する、つきまとい、待ち伏せ、立ちふさがり、 住居付近の見張り、住居等への押し掛けに加え、
 みだりにうろつくこと
を追加することを考えています。

これが通ると創価がlineその他スマホ携帯類で連携してやってる尾行監視付き纏い全部アウト
あとそれら行為に及びながら(車両監視時らしいけど)やってる被害者への盗撮行為もアウトになるし
被害者に職場に虚偽の事実に基づく中傷電話を掛けて職場の人間関係を破壊するとか
被害者の職場に居る会員を動かして垂れ流す誹謗中傷類も取り締まれるようになる

これ、域外の扱いはどうなるんだ?
たとえば、大阪でミンスしね。ってネットに書いて、ミンスが警視庁に告発した場合逮捕なのか?

告訴する者が東京に在していれば対象になるよ
それに東京で条例が成立したら当然地方でも後追いで成立が続く

警察も暇じゃない

これでビビってるやつは心当たりがある犯罪者くらいだろ

うーん、的確に運用されたら良いけど
無理でしょ
女が勝手に色々思い込んで、近所散歩してたら逮捕とかありそうだわ

首相官邸前で下品なプラカード持ってる奴取り締まる為かな

ネット中傷でタイーホされる人が続出しそうだな

これパヨクが騒がないのなぜ?
スレタイ治安維持法だろ

コメント欄

名前

コメント

警視庁提出の東京都迷惑防止条例改正案の対象が広すぎると話題に「名誉を害する事実を告げること」 告訴なしで逮捕可能に?3月末成立見通し 創価学会対策との噂もあるが…【ストーカー対策・規制法」への1件のフィードバック

  1. ガバガバの法令なんて、いくら導入時の理由が崇高であろうと、あとで形骸化するか濫用されるかどっちかだろうなぁ
    0
    0

コメント欄

名前

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!