民団団長「納税して地域活動に参加 当然コミットしてもいい 地方参政権付与は世界の趨勢だ」【外国人・在日朝鮮人韓国人

民団団長「納税して地域活動に参加 当然コミットしてもいい 地方参政権付与は世界の趨勢だ」【外国人・在日朝鮮人韓国人

この記事は約6分25秒で読めます。

コメント(8) 

公開⇒

 
  • 民団の団長は、在日の地方参政権について「納税して地域活動に参加。当然コミットしてもいい。地方選挙権付与は世界のすう勢だ」などと語っている。

 

 

概要・経緯などのまとめ

▼ 民団の機関紙・民団新聞の記事(2ちゃんより引用)

「地方参政権」に注力…呂団長会見

朝総連との関係 反省ない限り変えぬ

中央大会で就任した新3機関長は、記者会見に臨んだ。呂健二団長は記者からの質問に答えた。以下は主な一問一答。

--在日同胞が本国に貢献した歴史を、本国の教科書に掲載しようという運動は継続するのか。

「継続は力」だ。前執行部が行ってきた重要な活動を継続することが大事であり、その活動によって、在日と本国の相互理解につながる。

--「韓日合意」についてどう考えているのか。

韓国国民の情緒もあるが、日本人の心情もある。価値観がぶつかる問題だけに、合意の具体的な内容については論評しない。しかし、国と国とが約束したことだから、ちゃんと履行すべきだと民団の立場は変わらない。在日の生活を守るためにも、そう主張しなければならないと思う。

--文在寅政権の南北融和策についてはどうか。

本国政府の政策については、日本に居住する私たちがあれこれ言うのはいかがなものかと思う。

--参政権の再構築を掲げているが。

私自身が民団に関わるようになったきっかけが地方参政権だ。1989年頃から運動を継続してきた。地域住民として納税の義務を果たし、地域の活動に参加しながら、貢献もしている。生活に密着している問題に対して、当然コミットしてもいいじゃないか。地方選挙権付与は世界のすう勢でもある。本格的にこの運動に取り組んだ94年当時、3300余の自治体のうち、1750余の自治体が「付与すべき」との意見書を採択した。日本の憲政史上なかったことだ。粘り強く運動を継続することが、他の問題の解決にもつながる。当時の運動を知らない現役世代に対して、勉強会を開いて運動の意義をもう一度知らせていく。

--次世代をどう育成していくのか。

国籍選択は個人の裁量の問題だ。次世代が屈託なく生きてゆける社会をつくりたい。それは地方参政権ともリンクする。出自を堂々と明らかにして、日本の社会でも韓国でも頑張っていける。そんな社会、明るく生きる社会をつくりたい。

--朝鮮総連との関係をどうするのか。

日本に住み、地域社会と共生する立場からすると、日本人が心を痛めている拉致問題について理解できる。「地上の楽園」と嘘をついて9万3千人を北に送り込み、その結末が日本に200人くらい来ている脱北者だ。総連はこの事実に対して一言も反省の弁がない。核やミサイルについても「自衛の手段だ」と強弁する。そういう状況だから、総連との関係を変えることはない。

ソース:民団新聞 2018.2.28
http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=24325

via: 【民団新聞】納税して地域活動に参加。当然コミットしてもいい。地方選挙権付与は世界のすう勢だ[03/03]

【参考】民団とは

在日本大韓民国民団(ざいにっぽんだいかんみんこくみんだん)は、日本に定住する、朝鮮半島にルーツを持つ人[1]のための人格なき社団。旧・在日本大韓民国居留民団(ざいにっぽん-だいかんみんこく-きょりゅう-みんだん)。略称は「民団」(MINDAN、민단)。

韓国政府が運営資金の6割から7割を負担しており[2][3][4]、日本国内の300を超える拠点で活動を行っている[2]。主な活動内容は、在日韓国人の相互親睦、韓国文化の紹介等の広報宣伝、日本での地位向上(日本での参政権要望、教科書内容の是正要求等)など。

会員は約50万人で、日本などに帰化して韓国籍を離れた者も会員になることができる[5]。韓国の公的機関ではないが韓国籍パスポートの申請、韓国の戸籍処理などの依頼を代行している。また、韓国政府から年間80億ウォンの支援を受けている[6]。傘下に金融機関(商銀信用組合を参照)や教育機関を多く保有している。

2008年時点では、地方外国人参政権の獲得を目的に民主党と公明党を支持している[7]。 自民党(自由民主党)とも日韓議員連盟を通じて友好関係にある。

via: 在日本大韓民国民団 – Wikipedia

管理人コメント

在日界隈は在日朝鮮人・在日韓国人の特殊性をやたらと強調したがるが、あくまでも永住者で外国人だってことをしっかり認識しなおした方がいい。

地方であっても参政権を与えるのは危険すぎる。
どこか一つの自治体が外国人参政権を認めちゃったら、そこに引っ越す外国人が集中するのは目に見えている。大阪みたいに暴走した条例を作っていくだろうし、とんでもないことになるだろうな。

2ちゃんねるの反応・意見

お前らの同胞が他国で参政権を得たらどうなるか数々の悪行を積み上げたので
絶対に渡さん

お前らは日本国民じゃないから
選挙権がないのは当たり前

納税と参政権は特に関係ありません。滞在していることに対する当然の負担です。
イヤなら出て行ってください。よろしくです

納税も地域活動も、インフラなどの対価であって、国民の権利の対価じゃないよ

そんなもので選挙権が手に入るなら、
納税できなくなった日本人は選挙権を剥奪される理屈になるだろうが

その他、感想

納税するのは当たり前
住んでいるのだから当然

納税するなら選挙権をよこせというのは不遜にも金で権利をよこせといっているようなもの

それに非課税の日本人世帯がその論理だと選挙権がなくなってしまうことになる

いい加減しつこい
そんな態度のような人間にこそ選挙の権利は渡せない
恐ろしい

偉そうに納税を果たしたとか言うな

日本の国民は外国人の地方参政はお断りだし日韓合意は履行されるべきだし、韓国が嫌いだから日本人観光客は激減

こいつらいつも
自分たちは日韓の懸け橋なんてこというけど
日本寄りのこと言ってるの聞いたことない
いつも日本sage

いや、たまに日本よりな事も言うぞ
在日の状況が悪くなった時の、自己保身のために

家賃を払う → 賃貸の経営権よこせ

これと同じ理屈

その他、2ch反応

で、韓国にいる邦人はどれくらい選挙権を与えてもらってるんだ?
まずはそこからだろ?

参政権ほしけりゃ帰化しなよ

居留を許可してやってるだけであって権利でもんでもないからな、そこんとこよく理解しろ

納税と選挙権は別の問題。
関連させてしまうと、納税していない人は選挙権がなくなったりしていまうことになる。

参政権なんか渡したら、乗っ取った町に慰安婦像を設置するのが目に見えるから無理。

もう100パーロクなことにならないって目に見える。

日本がサンフランシスコ化し、反日在日系の市長や市議会議員が誕生するだけ。

100世まで行く気じゃん

結局朝鮮人だけが特永あるから勘違いしちゃってんだよ
他の在日外国人と同じ扱いにすればいいのになぜかやらない日本政府
時代に合わなくなってもなあなあにしちゃう国民性の問題なんだけどね

ぱよぱよぽん にコメントする コメントをキャンセル

名前

コメント

民団団長「納税して地域活動に参加 当然コミットしてもいい 地方参政権付与は世界の趨勢だ」【外国人・在日朝鮮人韓国人」への8件のフィードバック

  1. 日本が「ヘル朝鮮」化したら嫌だから、お断り‌
    投票したけりゃ母国で、好きなだけどうぞ‌
     ‌
    日本人が韓国の地方参政権を持てるようになったら、考えてあげる‌
    侵略は止めろ
    1
    0
  2. 納税はあくまでもインフラ使用料金であって参政料金じゃない。
    3
    0
  3. 参政権は主権の一部だ。生活や経済活動とは全く違う。主権である参政権を行使したいなら韓国でやれ。そこがお前らの国だ。無理やり日本にやってきて住み着き、ありとあらゆる犯罪や政治工作に加担してきたのがお前ら韓国人じゃないか。偉そうなことを言っているが、税金だってまともに払ってこなかった。しかも、在日は納税しても還付できる仕組みになっている。何故だと思う?お前ら韓国人・朝鮮人が戦後日本で暴れまわり、未だに行政の末端と担当者個人と家族を脅して作り上げた仕組みがあるからだ。だから実際は一銭も納税していない。それより、いつまで日本に寄生しているんだ?早く出ていけ。フザケルな!
    3
    0
  4. こいつらの納税って一応納税はするが韓国の親族に仕送りした証明があれば還付される形だけの納税だろ、いわゆる在日特権ってやつ
    1
    0
  5. 納税は行政のサービス料であって選挙権は全然関係ない。‌
    大体在日の人達がこれを差別だと思ってるのが理解出来ないんだよな。‌
    在日が差別を口にする時いつも思うんだけど、こいつら自分達が外国人だってことを忘れてるんじゃないの?‌
    帰化した訳でもない外国人が日本人と同じ権利が与えられたら、そっちの方がよっぽど差別だわw
    3
    0
  6. 民団には中国から来た朝鮮族も加入してるって事も書いておいた方が良いと思う
    0
    0

ぱよぱよぽん にコメントする コメントをキャンセル

名前

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!