紅野傭兵】河野洋平「慰安婦問題を大きくしているのは日本」 共同通信講演で日本政府の対抗措置を批判【共同通信韓国語サイト】

紅野傭兵】河野洋平「慰安婦問題を大きくしているのは日本」 共同通信講演で日本政府の対抗措置を批判【共同通信韓国語サイト】

この記事は約3分38秒で読めます。

コメント(3) 

公開⇒

 
  • 河野談話で有名な河野洋平が、釜山慰安婦像をめぐる対抗措置について講演でコメントした。
  • 河野「慰安婦問題を拡大させているのは日本」云々…。

 

 

2ちゃんの感想・反応

共同通信も韓国語サイトだけでこれ報じるってのどうなのよ…。

ニュースソース

▲共同通信「きさらぎ会」で講演している河野洋平、元衆議院議長=27日、大阪市内ホテル【共同通信】2017/01/27

河野洋平、元衆議院議長は27日、大阪市内で開かれた共同通信「きさらぎ会」で講演して、釜山(プサン)日本総領事館前の慰安婦少女像設置と関連、駐韓大使を一時帰国させた日本政府の対抗措置を疑問視した。

「外交上どんな問題解決方法を持っているのか。帰れと言うことができずに大使不在が続いている」と指摘した。

日本政府がこれと共に金融危機時にドルなどを互いに融通する「スワップ協定」再開協議中断措置を取ったことについても「慰安婦問題を他の問題に拡大しないようにしようと言っているが、拡大させているのは日本」と批判した。

また、テンノ(天皇、日王)退位に関し議論する政府の専門家会議人選が偏向したという認識を示した。専門家会議は‘当代制限’退位を有力視する内容の論点整理を公表したが、河野元議長は「テンノは確実な制度を作るように願っているだろう」と主張。「専門家会議が恣意的に方向性を決めており、そのようなバカな方式で決めてはならない」と主張した。

ソース:共同ニュース(韓国語) 河野前衆議院議長、日政府‘対韓措置’批判…「問題拡大させるのは日本」
http://www.47news.jp/korean/politics_national/2017/01/153175.html

関連スレ:【対馬の盗難仏像判決】「政治問題化すべきではない」 日韓議連会長の額賀福志郎氏「もっと大きな視点で」[1/26]★4

via: 【日韓】 「問題を大きくしているのは日本」~河野洋平、元衆院議長、日本政府の「対韓措置」を批判[01/27]

2ちゃんねるの反応・意見

早くお亡くなりになら無いかな

ウチの近所の人なんだけどこの人

大豪邸だよな
いまいましい

何コレ?共同通信の韓国語サイト?
共同通信の日本語サイトで河野洋平って検索かけても
この記事出てこないんですけどw

これ共同通信の日本語配信はないの?

共同通信の韓国語サイトがあるっての知らなかった。
最近はやりのフェイクサイトかな?と思ったが、ドメインが公式を一緒(www.47news.jp/)

WS000631

いやいやお前の談話が話を大きくしたんだろ?
早く逝ってくれんかな?

売国奴

その他、感想

お前を始めとする左派の連中が問題を煽って大きくしたことを認めたか?!

余命が長くないと
ムキになってやりたい放題だな
しかしここまで日本人に恨まれたら
成仏出来んぞ

こいつ、そろそろ縛り首にしたほうがいいと思う

その通り。
韓国の問題を大きくしているのは、河野洋平をはじめとする、親韓日本人だよ。

その他、2ch反応

日本に戦後最大の傷を負わせた

朝日新聞と河野洋平

はらわたが煮えくり返る

紅野傭兵とはよく言った

さすが売国奴は違うな
こんなのが衆議院議長だったし、自民党党首だったんだぜ
村山内閣って売国一直線だったんじゃん

まだ生きてたんだw

全ての元凶はこいつ

ゴキブリホイホイ。
うじゃうじゃ出てくるな。

本当にクズだよな

コイツと額賀と石破は早く消えろ

ここまで保身に必死なチンコロ政治家を見た事がない。

河野談話で終わるはずだった慰安婦問題を、韓国にあっさりと破られたクセに。

うん、まあこいつはこう言うだろう
わかってたこと

コメント欄

名前

コメント

紅野傭兵】河野洋平「慰安婦問題を大きくしているのは日本」 共同通信講演で日本政府の対抗措置を批判【共同通信韓国語サイト】」への3件のフィードバック

  1. まともな政治家なら自分の談話を曲解してる韓国に憤るはずなのだが・・・‌
    韓国側から資金が流れているかスパイの何れかとしか思えないクズ
    1
    0
  2. 人を売春婦のまま死なすわけにはいかないとか、勘違いヒューマニズムを実行したのが河野。金泳三に騙された。韓国にうそをつかれたというlことは、きちんと語る責任が河野にはある。
    0
    0

コメント欄

名前

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!