金曜ロードショーで細田守3作品放送!サマーウォーズ・おおかみこどもの雨と雪・時をかける少女 バケモノの子、公開日:7月11日

金曜ロードショーで細田守3作品放送!サマーウォーズ・おおかみこどもの雨と雪・時をかける少女 バケモノの子、公開日:7月11日

この記事は約6分37秒で読めます。

 
  • 日テレ金曜ロードショーで7月に3週連続で細田守監督のアニメ映画が放送される(細田監督最新作バケモノの子公開記念;7月11日)。
  • ・サマーウォーズ:放送日は7月3日
    ・おおかみこどもの雨と雪:放送日は7月10日
    ・時をかける少女:放送日は7月17日
  • 今回は細田守監督作品について管理人が好きなままに書きます(※独自記事)

 

 

細田守監督のアニメ作品について

細田守監督は1967年生まれのアニメ監督・演出家。

第2の宮崎駿的な存在で、ジブリ作品につぐムーブメントを起こすかもしれない存在。

注目を浴びるようになったのは2000年に公開された映画「デジモンアドベンチャー・ぼくらのウォーゲーム!」。2005年に東映アニメーションを退社し独立、2006年に「時をかける少女(アニメ映画)」を制作し、高い評価を得、09年にサマーウォーズ、12年に「おおかみこどもの雨と雪」と順調に作品を出しています。

ちなみに、時かけ以来エヴァンゲリオンでおなじみの貞本義行をキャラクターデザインに迎えており、エヴァ好きな層もキャッチすることに成功していると思われる。実際、わたしはエヴァが好きで、その後細田守監督作品も好きになりましたw

2015年7月11日からは最新作「バケモノの子」が公開されるっ!わたしも見に行こうと思っているので、見てきたら感想記事でも書こうかなぁ、と…

ジブリ作品と細田守監督作品はよく比較されます…が、別のターゲットを狙った作品じゃないかなぁと個人的には思っている。両方ともプロの声優をつかわずに女優・俳優なんかを声優に使っていることが多いんだけど…わたしはジブリ声には違和感を抱くけど、細田アニメはあんまり違和感を感じない。セレクトがうまいのか、中の人がうまいのか…(もちろん細田作品にもヘタクソ・棒読みな人はいますががが…)

前書きが長くなってしまいました。今回は金曜ロードSHOWで放送される3作品について簡単に紹介しつつ感想などを…(ネタバレ含みますが、過度なネタバレはボタンで表示されるようにしてます)

2006年公開のアニメ映画・時をかける少女 金曜ロードショー7月17日放送について

時をかける少女は、過去に何度も映像化されているのでアニメ版以外であらすじを知っている方も多いかもしれません。

時をかける少女』(ときをかけるしょうじょ)は、筒井康隆ヤングアダルト向けSF小説1967年刊)と、それを原作とする映画・ドラマ・コミック・アニメなどの作品。

via: 時をかける少女 – Wikipedia

時をかける少女
わたしは原田知世などの時かけは見たことがありませんが、原作の小説と、アニメ版・2010年公開の仲里依紗主演の実写映画版を見ています。

主人公の少女が、「時を戻る能力=タイムリープ」に目覚めて…っていう感じの、時空系ストーリー。

あのときこうしていれば…ああ、あのときに戻れたらって思うことってよくありますよね。わたしは常々過去に戻りたいって考えているからなのか、こういう時間・時空系のお話が大好きです。 

堂本剛や仲間由紀恵が出演していたドラマ「君といた未来のために 〜I’ll be back 」とか似た感じです。時かけは時間を戻せるスパンがもうちょい少ないですがw




細田版時かけについて。小説や映画と同じく、タイムリープと未来からきた少年との淡い恋みたいなストーリーになっています。ああ、青春って感じです。

実写版や小説を見ている人は、だいたい展開が読めるかと思います。

好きな人との永遠の別れ…最後に残るほのかな甘酸っぱさ…
今回放送される3作品の中では一番少女まんがっぽい展開かもしれません。

2009年公開のアニメ映画・サマーウォーズ 金曜ロードショー7月3日放送について

サマーウォーズは、「夏休み、とあるすごい一家の、戦争」って感じのお話ですw
61utV72ny5L
主人公はうだつのあがらないタイプのオタク系草食系男子。時かけとは違い、オリジナルストーリーの物語となっています。

インターネット上の仮想空間OZ(オズ)で、人々は様々なサービス・娯楽を楽しむことができる…そんな近未来が舞台ですが、登場する「篠原」一かは昔ながらの親戚関係が強い「昭和の家」。近未来の中に残る昭和っぽさ、古き良き日本の家族っていうギャップが個人的には好き。

夏休みの戦争っていうだけあって、お話は子供でも楽しむことができるような痛快バトル物語になっています。憧れのアイドル的先輩とのラブストーリーにもきゅんきゅんっ!

わたしは見たことがないんですが、細田守監督作品の映画デジモンとストーリーが似ているらしい。

Twitterなどで実況しながら見るかたは、ラストの花札バトルでの「よろしくおねがいしまーす」っていうセリフを忘れずにツイートするようにしましょう。ラピュタのバルス並にTLが盛り上がるシーンです。
サマーウォーズ よろしくお願いします
サマーウォーズは、深く考えずにかるーく見る感じで、まさにラピュタ。展開がご都合主義だーとかキャラが云々とか深く考えてはいけません。

ちなみに、ヒロインの篠原 夏希(しのはら なつき)先輩の声は「桜庭ななみ」ちゃんがやっています。
桜庭ななみ
かわいい声だと思いますよ?わたしは好き。

2012年公開のアニメ映画・おおかみこどもの雨と雪 金曜ロードショー7月10日放送について

おおかみこどもの雨と雪は、「家族・母親と子供」がテーマの心温まるストーリー。
おおかみこどもの雨と雪
タイトルについて解説するとネタバレになっちゃうので…それでもいい方は、↓のボタンを押して内容をご覧ください。

中身に触れず感想を述べると…細田守3作品の中で一番好き嫌いがはっきり分かれる作品だと思います。母が子供をどういう風に育てて、子供がどういう風に自立していくのか…家族の在り方って一定の型はあるけど、やっぱり家ごとに違うわけで… とても不快だって感じる方もいるかもしれません。2ちゃんなんかではアンチも結構多い作品です。

わたしはなんとなく共感できる部分があったかなぁ…好きな作品です(細田守3作品は全部好きだがw)。

さて、ネタバレ。おおかみこどもの雨と雪ってのは実はそのままネタバレになっていて、狼男(大沢たかお)と母・花(宮崎あおい)とが恋に落ちて、「おおかみこども」の雨(男の子)と雪(女の子)の2人を生むって展開。

狼男の彼は序盤であっけなく不慮に事故にあってしまい死亡してしまいます。シングルマザーとなった花が、田舎に引っ越して苦労しながら2人の子供を育てていく…13年間もの長い時間を2時間に詰め込んだ大作です。

ちなみに「雪」の少女時代の声は黒木華。
おおかみこどもの雨と雪の雪の少女時代の声優、黒木華
ブサイクなんだけど、声が可愛いんです。幼少期ではなく少女時代の方なので、↑の黒木華さんの顔を思い浮かべながら見てみてくださいw

ニュースソース

 細田守監督の3年ぶりの新作「バケモノの子」(7月11日公開)の公開を記念し、日本テレビ系の「金曜ロード SHOW!」で、7月にスタジオ地図・細田監督の大ヒット作品「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」「時をかける少女」の3作を7月3日から3週連続で放送することが22日、明らかになった。

【写真特集】時かけ、サマーウォーズも放送へ

 「サマーウォーズ」(2009年公開)は7月3日午後9時~10時54分、42億円を超える大ヒットを記録した「おおかみこどもの雨と雪」(12年)は同10日午後9時~11時19分、「時をかける少女」(06年)は同17日午後9時~10時54分にそれぞれ放送される。

via: <金曜ロード SHOW!>「バケモノの子」公開記念で細田守作品を3週連続放送へ (まんたんウェブ) – Yahoo!ニュース

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!