沖縄県知事翁長 すい臓がんで意識混濁 副知事が代行・辞職辞任は否定 先月末の辺野古埋立て承認撤回表明の場より姿見せずメラ速報~めらそく 2ちゃんの感想・反応まとめ

沖縄県知事翁長 すい臓がんで意識混濁 副知事が代行・辞職辞任は否定 先月末の辺野古埋立て承認撤回表明の場より姿見せず

沖縄県知事翁長 すい臓がんで意識混濁 副知事が代行・辞職辞任は否定 先月末の辺野古埋立て承認撤回表明の場より姿見せず

この記事は約6分21秒で読めます。

コメント(2) 

公開⇒

 
  • 8月8日、すい臓がんを患い治療をしていた沖縄県知事翁長が、7日から意識混濁状態になっていると、沖縄県副知事が発表した。
  • 一部では辞職・辞任も報じられたが、会見で副知事は辞職を否定した。

 

 

概要・経緯などのまとめ

▼ 8月8日記者会見で副知事は、翁長知事の辞職を否定。

 膵(すい)がんを公表し、抗がん剤の治療を続けている沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事(67)が意識混濁の状態になっている、と謝花喜一郎(じゃはなきいちろう)副知事が8日記者会見し、発表した。7日から徐々に意思決定に支障を来す状況になっていたという。辞職は否定した。謝花副知事が12日まで職務代理を務め、13日からは富川盛武副知事が務める。

(中略)
 11月18日に予定されている知事選では、翁長知事の共産、社民などの県議会与党が、翁長氏本人の立候補を前提に準備を進めている。だが、体調面への不安が浮き彫りになった形で、候補者選考への影響は必至だ。  自民党は、佐喜真淳(さきまあつし)・宜野湾市長の擁立をすでに決めている。

via: 翁長知事が意識混濁、副知事が代理へ 辞職は否定 – 沖縄:朝日新聞デジタル

▼ 2ちゃんソース記事・17時からの記者会見前の琉球新報では「辞任へ」などと報道していた。

翁長知事、辞職へ 職務代理者に謝花副知事 知事選前倒しも

4月に膵臓(すいぞう)がんの手術を受け、治療を続けてきた翁長雄志知事(67)が、病状が回復するめどがつかず、近く辞職することが8日、関係者の話で分かった。県は8日午後5時から記者会見を開き、謝花喜一郎副知事が職務代理者を務めることを発表する。

 会見を前に県政与党に近い県選出国会議員に謝花副知事から電話で連絡があり、知事の状態について「意識混濁(こんだく)」と説明されたという。

 公職選挙法では、県知事は県議会議長に退職を申し出る。議長は5日間以内に県選挙管理委員会に通知し、この通知から50日以内に選挙が行われる。翁長知事の任期満了に伴う知事選は11月1日告示、11月18日投開票が決まっていたが、前倒しで実施される公算が大きい。

 翁長知事は辺野古埋め立て承認の撤回を表明した7月27日の会見を最後に登庁せず、公の場に姿を見せていなかった。数日前から浦添市内の病院に緊急入院している。

 翁長知事は最大の公約としてきた名護市辺野古沿岸での新基地建設阻止に向け、仲井真弘多前知事による公有水面埋め立ての承認を「撤回」する手続きに入っているが、撤回の実施も不透明となる。

 現職県知事の辞職は、1978年11月に第2代知事、平良幸市氏が病気を理由に辞職して以来、40年ぶり2度目となる。歴代の県知事の中でも高い支持率を背景に、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を推し進める国と鋭く対峙してきた翁長知事の辞職により、辺野古新基地建設をはじめとする基地問題の行方や、最大の政治決戦となる11月の知事選を控えた県内政局は一気に流動化する。

 翁長知事は今年に入り、辺野古新基地建設阻止を訴える訪米行動や、天皇、皇后両陛下の沖縄訪問時の同行など重要な公務が続いていた中で、体重の減少など体調面の不調が見られていた。4月に受診した人間ドックで再検査が指示され、精密検査の結果、膵臓がんが見つかった。

 すい臓は食物の消化を助けるすい液や、血糖値を調節するホルモンのインスリンなどを生産する器官。5月15日の退院会見では、膵臓がんを取り除く手術を実施したと発表し、がんの移転や再発を抑える化学療法を続けながら本格的な公務復帰を目指すとしていた。

 体調が不安視されながら6月23日の県主催による沖縄全戦没者慰霊式典に出席し、平和宣言を読み上げた。7月27日には県庁で記者会見を開き、辺野古埋め立て承認を撤回する方針の表明した。ただ、7月下旬の全国知事会議、8月初旬の国庫要請には自ら赴くことで公務日程を入れていたが、医師と相談により、長距離移動による負担を避けることや治療を優先する方針から直前になり県外出張を取りやめていた。

 翁長氏は2014年11月の第12回県知事選知事選で、36万820票を獲得して初当選した。辺野古移設反対の世論を背景に保革を超えた「オール沖縄」の枠組みを構築し、当時現職の仲井真氏に9万9744票差をつけた。【琉球新報電子版】

8/8(水) 16:13
琉球新報
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000023-ryu-oki

via: 【沖縄】翁長雄志知事 辞職へ すい臓がん、肝臓に転移 「意識混濁」状態★3

管理人コメント

あの辺野古埋立て承認撤回表明が最後だったのか。
まぁ、翁長側としては辞任・辞職って形にしないで、撤回手続進めたいだろうし、候補とかいろいろで引き伸ばしたくはあるんだろうな。これで副知事が承認手続き進めたりしたら泥沼の訴訟合戦になりそうな悪寒。

2ちゃんねるの反応・意見

翁長、知事辞めないってよ

負の感情に支配され続けると体に影響が出るんだよね

これもう時間の問題だよね

がんでげっそり痩せてる人がせん妄出たら、余命三週間以内の確率が80%

安らかな時間が少しでも過ごせるようにお祝いいたします

すい臓がんはなあ

副知事もガチガチの親中派だからな

その他、感想

こんな状態で普天間移転のための工事を差し止めるとかもうむちゃくちゃ

不謹慎だがオール沖縄は翁長弔い合戦の好材料出来て喜んでるだろう
だがまともな候補者いるんかな?

沖縄県幹部が翁長氏の辞職を否定
https://this.kiji.is/399837777816487009?c=39550187727945729

ぬかよろこびさせやがって

翁長氏らオール沖縄が占める勢力は県内11市のうち2市
知事選する前に結果でてたんだよwww

沖縄県の謝花喜一郎副知事は記者会見で、翁長氏の知事辞職を否定した。
https://this.kiji.is/399837777816487009

膵臓癌になった時点で助かる見込みが無いからね
そして肝臓に転移とか絶望的すぎる

翁長はほんと可哀想だな
お仲間のパヨクは気遣うこともなくアベガー
哀れやなあ

膵臓がんは本当に駄目なんだね
みんながん検診しようぜ

遠隔転移か、、

ステージ4
もうダメかもわからんね

その他、2ch反応

承認撤回手続きとかもうはじめちゃったんだっけ?
だとしたら、自分で決着つけれないのを分かっててはじめたのか・・・

いくら知事代理とはいえ重大事案である承認撤回の判断を選挙で選ばれてない副知事がする事は許されない

承認撤回がもう最後っ屁だったのか

そもそも沖縄の人間は反対活動に迷惑してるし、
沖縄の人間が辺野古で良いと言っている
翁長おつかれ

ひっかきまわすだけひっかきまわしてこれか
正式に承認撤回する前だっただけマシなのかね

あのよくわからない支那像の呪いだろ。今すぐ撤去しよう。

パヨクのヒーローなのにパヨク降臨しないのかつめてえな

ガン細胞 がんばるなあ。

最近ニュースで見たら異様に痩せてたな

コメント欄

名前

コメント

沖縄県知事翁長 すい臓がんで意識混濁 副知事が代行・辞職辞任は否定 先月末の辺野古埋立て承認撤回表明の場より姿見せず」への2件のフィードバック

  1. すごいな、公約を掲げて当選した政治家としての使命を貫いた。‌
    民意を反映させるべく「努力する人間」への暴力による妨害や邪魔と戦い続けた。‌

    民意は叶わず頃されてしまった、‌


    電磁波で
    0
    0

コメント欄

名前

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!