【動画】舛添の釈明全文書き起こしと動画「精査セイサセイサ…」はっきりしたコメントせず逃亡続ける。BABYMETALのKARATEかよw【BSフジテレビ・PRIME NEWS・2016年5月12日生放送】

【動画】舛添の釈明全文書き起こしと動画「精査セイサセイサ…」はっきりしたコメントせず逃亡続ける。BABYMETALのKARATEかよw【BSフジテレビ・PRIME NEWS・2016年5月12日生放送】

この記事は約31分43秒で読めます。

 
  • 2016年5月12日、週刊文春による政治資金規正法違反疑惑で炎上中の舛添要一がBSフジのプライムニュースに出演し、騒動について釈明・コメントした(全文書き起こしと動画あり)。
  • 精査精査…と連発。実質的な中身はほとんどなかった。

 

 

2ちゃんの感想・反応

これはひどい。はよ辞任せーや。

ニュースソース

2016年5月12日、BSフジのプライムニュース(PRIME NEWS)のyoutube動画↓

▼2時間の概要。防戦一方。

 BSフジ「プライムニュース」(月~金曜、後8時)に12日、政治資金規正法違反疑惑の渦中にある舛添要一東京都知事(67)が2時間にわたって生出演。覚えていて当然のような質問にも「全体をしっかり精査した上で、記者会見で」と判で押したような答えを繰り返した。

 司会の反町理フジテレビ政治部編集委員(52)に、これまでにあがっている様々な疑惑を次々にぶつけられ、舛添知事は「間違いがあってはならないので全体をしっかり精査した上で、記者会見で…」と繰り返すばかり。番組では舛添氏の公式ブログに掲載されている“海ほたる”が写っている写真を示し、該当写真が会議で使用したとされる竜宮城ホテル三日月の宿泊棟からでないと撮影できない角度であるとの検証結果を図解付きで示したが、「しっかり精査…」との回答。「このブログを乗せたことも覚えていない?」と追求を受けたが「(ブログには)自分が書いたこともあるし、事務所スタッフが書いたこともある」とかわした。

 疑惑に対し「まず解明してお答えする」というスタンスで押し通した舛添知事。「その結果いかんで?」と反町キャスターから進退の可能性を問われると「そういうことではございません。とにかく解明することが私の責任です。あまり先に走らないでください」と次々と繰り出される質問やツッコミに防戦一方だった。

via: 舛添知事、2時間生出演も、疑惑に「精査した上で…」と繰り返す : スポーツ報知

司会者から「2年連続で正月に龍宮城に行ったか、行かなかったすら記憶にないんですか」と言われても、「今、全力で精査している」とけむに巻いた。

 14年1月2日、自身のブログに「龍宮城」とみられる施設とアクアライン、海ほたるが写った写真が掲載されているが「載せたことも覚えていませんか」と突っ込まれると、舛添氏は「ブログは自分が書いたり、事務所が書いたりしているので…」と、苦渋の表情で語った。

 自宅近くにある都内の高級天ぷら店、イタリア料理店に家族で飲食に行ったことも疑惑に上がっているが、「調べさせてください。隠すとかそういうことではない」とした。

 番組司会者側から1つ1つの政治資金計上事例を指摘されると、険しい表情で「正しいかどうかを徹底的に精査して、正しいか正しくないかを調べてから、しっかりと話したい。今、一生懸命調べている」と同じ文言を繰り返し、司会者側が苦笑いする場面が多く見られた。

via: 舛添知事「徹底的に精査」繰り返すだけ、司会者苦笑 – 社会 : 日刊スポーツ

▼ 産経新聞が舛添のプライムニュース出演を詳細に報じています。全文書き起こしの表示は下のボタンをクリックしてください。長文なので、閲覧注意。

全文読んでもあまり得るものはないw

【舛添都知事BSフジ生出演(1)】「とにかく資料を全部精査して」 ホテル宿泊棟からの写真?「それも含めて精査」

 《豪華海外出張や公用車での別荘通いなどをめぐり、批判が集まっている東京都の舛添要一知事に、「政治とカネ」の疑惑が浮上している。12日夜のBSフジ「プライムニュース」に出演した舛添知事は、新たに報じられた、政治資金を家族旅行などに流用していた疑いについて、事実関係を確認したうえで説明を行う考えを強調した》

 《舛添知事の資金管理団体「グローバルネットワーク研究会」(平成26年解散)の収支報告書によると、知事就任前の25年と26年のいずれも1月に「会議費」名目で千葉県木更津市のホテルに計約37万円を支出。11日に発売された週刊文春は、ホテル関係者の証言も交えて家族旅行だった疑いがあると指摘し、「政治資金規正法の虚偽記載に当たる可能性がある」などと報じた》

 《この日、プライムニュースは「緊急出演!舛添都知事 政治資金・海外出張費…全て聞く!」と題して番組をスタート。舛添知事はグレーのスーツに青色のネクタイ姿で登場し、厳しい表情を崩すことはなかった。番組の司会者がフリップを使って舛添知事の3つの政治団体について説明し、疑惑が指摘されている収支報告書の内容を報告する》

 --2年連続で行われたホテルでの会議とはどういうものだったのか

 「その前に、今日取り上げられているテーマで都民の皆さんにご迷惑をおかけし、ご心配をおかけしているということは心からおわびしなければならないと思います。本当に申し訳ございません。政治団体の2つが解散しておりますので、全部よく調べて、資料の精査を全力を挙げて事務所でやっているところです。とにかく資料を全部精査して、まだ時間がかかって調査が終わっていませんから、確実にこれで説明できますというところになってからコメントさせていただきたい

 --2年連続「ホテル三日月」で過ごされている。ホテルに行ったかどうかぐらいの記憶は

 「いや、そういうことについても全体像を精査してから、まとめてやりたいと。そうでないと、正しいことを言えないといけませんから、頑張って精査しています

 --明日(13日)の定例会見では全て話すのか

 「定例会見で皆さまに話せるように、全力を挙げてやっていますから、そういう状況だということをよろしくお願いします」

 --宿泊したかどうかも覚えていないのか

 「そういうことも含めて、今ここでコメントせず、しっかりと精査した上でお話ししたい」

 《ここで、司会者は舛添知事の公式ブログの写真を示した。26年1月の新年の挨拶が記されたブログには、東京湾の穏やかな海に、木更津市と川崎市を結ぶ東京湾アクアラインが写った写真が添えられている》

 --(26年2月の)都知事選直前の正月、決意の年だと思うが、公式ブログの新年のご挨拶を載せたことも覚えていない

 「それも含めて、徹底的に正しいことを精査しています」

 --覚えていないというより、話さないほうがいいという政治的判断か

 「全て、あらゆる資料を徹底して調べて申し上げる決意です」

 《さらに司会者は、ブログに掲載の写真は宿泊棟からの角度でないと撮ることができないと指摘。実際に番組スタッフが当該ホテルを訪れ、撮影できる方向、角度などを調べたという》

 --宿泊棟からでないと撮れない写真がブログにアップされている。つまり、宿泊したのではないかと思うのだがと推測する。会議棟から宿泊棟には入れないようになっている

 「それも含めて調べているところです。ちょっと待ってほしい」

 --会議室を使ったかどうかも答えていただけない

 「ですから、それも含めて…」

 --家族とは話したか

 「これは私の仕事ですから、私の責任でやりたいと思います」

 《「精査中」を繰り返し具体的な回答がないことに、司会者の口調もヒートアップする》

via: 【舛添都知事BSフジ生出演(1)】「とにかく資料を全部精査して」 ホテル宿泊棟からの写真?「それも含めて精査」 – 産経ニュース

【舛添都知事BSフジ生出演(2)】「主義として絶対に領収書はもらう」「秘書が買うときも」 疑惑持たれ「非常に恥ずかしい」

 《CMが終わり、依然として硬い表情を崩さない舛添知事》

 《質問は飲食代の処理に移る。東京都世田谷区の自宅近くの天ぷら店、イタリア料理店や湯河原の別荘近くの回転すし店など。これらの支払いも政治資金収支報告書に記載があった》

 --これは政治活動の飲食だったのか

 「名目がそうなっていれば政治活動ということで。これも、とにかく先ほど申し上げたように、一つ一つ領収書があるのか、どういう状況だったのか、今、一生懸命調べています。その上でお話をしたいと思いますけれども、基本的には政治活動に使うのは政治活動だという形で書いてあるはずなんです」

 --政治活動と処理されていながら、家族で行ったのでは、という疑惑が出ていることについてどう思うのか

 「そのことについて、とにかく調べさせてください。隠すということではなく、精査しないと本当に分からないので。分からない状況で正しいことを言えません。疑惑を持たれた以上、政治家としてきちんと説明する必要がありますから。その作業のための準備をしているということです」

 《司会者は、使われた飲食店について国会に近い東京の永田町や赤坂ならば分かるが、そうではなく自宅や別荘に近いと指摘。番組の取材でも湯河原の回転すし店で、「都知事になる前に来ていた。仕事という感じではなかった」という話をしている人がいた、と追及した》

 --「政治目的」のはずが、自宅や別荘の近くでの飲食に使われ、家族だんらんで使われた疑惑があるのでみんな騒いでいる

 「それはですね、事務所なんですね」

 --自宅も湯河原もか

 「ほぼ同じところに事務所があるのは事実。したがって、事務所関係の仕事をすることは当然ある。それを含めてどうだったか、過去のことを調べてみないと分からないので全力で調べている。できるだけ早く明らかにして説明したい」

 --領収書が見つかっても、誰と行ったかは書かない。舛添さんにしても、政治活動として証明するのは難しいのではないか

 「どういう資料がそこにあるのか、がんばってやっている。全ての資料を精査してやりたいと思っています」

 《食事から湯河原のホームセンターでの買い物に質問が変わった。ペットのエサやガーデニング用品を買っていたという証言が紹介される》

 --これを政治資金として処理するのはどうなのか

 「副店長はそう言っているが、本当に何を買ったのか。ホームセンターはいろんなものを売っているので、そういうことを調べている。領収書があるのか、何日にいったのか精査しないと分からない段階で正しいことは言えませんから」

 --舛添さんは何でもかんでもレシートや領収書はもらうのか

 「レシート領収書はもらっている。主義として絶対にレシートや領収書はもらう」


 --あて名は舛添要一か、事務所なのか

 「そこは精査してみないと」

 --自身でもらうのだから、意識してもらうのでは

 「私の場合は1人で動くというよりも、ほとんど秘書がついている。秘書がかわりに出すときも。誰がどういう風に出したかも調べないとわからない」

 --ペットのエサやガーデニング用品だったかもしれないし、事務所の備品かもしれない、そこはハッキリさせたいという理解でよろしいか

 「そうです。今言って正しくないといけないので、調べさせてください」

 --ペットのエサやガーデニング用品を政治資金で処理するのは

 「それはないんじゃないかと思いますよ。調べますけど、それはまずないと思う」


 --政党助成金を使って金魚のエサを買っていたらおかしい

 「確認したいと思います」

 《司会者は、舛添知事が国会議員時代、民主党の政治とカネの問題について鋭く質問をしていたことを振り返った》

 --この点で疑惑を向けられるのは、じくじたる思いでは

 「非常に恥ずかしいと思っている。中身を精査したいと思う」

 --疑惑が出ただけで、じくじたる思いか

 「調べてみないと分からないが、私の資質に対して厳しい目が向いているということは反省しないといけないし、きちんと都民のために全力を挙げて仕事をして信頼を回復したい」

 --なぜそんな目を向けられていると思うか

 「疑惑が出てくること自体が反省しないといけない」

 《ここで司会者は、前大阪市長の橋下徹氏が更新したツイッターを紹介。舛添氏への私信として、一度都民に謝ることを促す内容だった》

 「批判は受け止めて襟を正す。その前に事実を調べないといけない。それをやっている」

 --舛添さんからすれば、何をしたのかをこれから証明するのだから、今の時点で有権者に謝る理由はあると思っているのか、どうなのか

 「大変なご迷惑、ご心配をおかけしているので、本当に申し訳ないと思っております。ただし、調べることは必要だと思う」

 --橋下さんの言いぶりは早いと感じるか

 「いろんな方の声は謙虚に受け止めたい。コメントして『そうじゃない』と、いろんな方の発言に言う立場にない」

via: 【舛添都知事BSフジ生出演(2)】「主義として絶対に領収書はもらう」「秘書が買うときも」 疑惑持たれ「非常に恥ずかしい」 – 産経ニュース

【舛添都知事BSフジ生出演(3)】以前の会計担当者の話には「いろんなプライバシーの問題もございます」「退職なさってるんですよ」

 《司会者は、舛添知事が繰り返す「調査」について、どのように進めているのかを問いただした》

 --今やられていることは、例えば、これは政治資金報告の修正、これは全くの間違い、これはちょっと言い逃れできない…というように「トリアージ」、分別をしているという風に理解していいのか

 《トリアージとは多数の負傷者をけがの大きさや、緊急度などによって分類し、治療や搬送の優先順位を決めることだ》

 「分別、それもちょっと誤解を招くかもしれません。とにかく全体調べてみないと。先ほども言ったように、もう解散している団体ですから、しっかり正しいことを言うことが目的。今やっていますのでお時間を下さいとお願いしてるわけです」

 《話は過去にさかのぼり、舛添知事が国会議員時代の会計処理の方法などについて広がっていく》

 --こういう問題は全部、国会議員の時のお話。知事になってからは天ぷら屋だとか寿司屋だという資料はまだ僕らのところに来ていない。やはり都知事になった後は政治資金の処理の仕方が変わったのか

 「非常に厳格に、あの、ま、前、前がですね」

--前があれだったということではなくて

 「そうすると前が非常にでたらめだったようになる…。しかしやっぱり、知事として恥ずかしくないようにしっかりやっているつもり」


 《「前がでたらめだったようになる」と苦笑いを浮かべる舛添知事。スタジオに舛添知事と反町フジテレビ報道局政治部編集委員の笑い声が響く》

 --知事になった後に会計システムを変えたのか

 「かつての会計担当者がもう、退職されて」

 --人が代わった

 「しかし、その方のプライバシー、名誉がありますからそれはもう申し上げないで。だから、代えましたけどさらに今回のこういうことを受けて、なぜこうなったんだろうということをよく調べて、さらに改善をして。もうこういう疑惑を持たれないようにするにはどうすればいいかと、全力を挙げてシステムの改善とか、人を代えるとかいうようなこともやりたいと思ってます」

 《司会者は、政治資金規正法上の会計処理のあいまいさを指摘。舛添知事も国会議員時代、ある程度ゆるい処理をしていたのではないかと推察するが…》

 --橋下徹さんは(ツイッターで)「国会議員だってこの程度のことはある」と。まさに国会議員時代の舛添さんのお話。国会議員の時っていうのは政党助成金が来ている。政治資金規正法では誰宛の領収書かなんていうのははっきりしなくてもいいように処理できる。例えばその領収書が舛添要一宛の領収書、舛添事務所宛の領収書、「上様」でもそこの部分は年月と使途目的とか金額が書いてあればいいというのが政治資金規正法上のルール。その意味で言うと…

 《舛添知事は言葉をかぶせるように》

 「もうちょっと厳しかったような気が…」

 --電話して聞いたらそういう風に言われた

 「私はその経理の担当じゃなくて、ちょっとそこはまた不明確なことは申し上げられないと思いますけども」

 --やっぱり国会議員だったらこういうことはあるって橋下さんが言われるように、舛添さんは新党改革、その前の自民党とかでお金の処理の仕方もそれぞれが皆さんお考えになるんじゃなくて、横の議員とか他の秘書官の連携とか見ながら、情報交換しながらやってる部分もあるという風に聞く。その意味において、だいたい皆、案配の中でやっていたという、こういう理解は間違いか

 「だから、そこはケース・バイ・ケースで。全ての事務所がどうだっていうことではなくてですね、まあ今思い出してみてどうかなって、そんな感じです」

 --国会議員時代に会計担当秘書に対してどういうルールにのっとってやれというような指示はどういう風にしていたか

 「それは法にしっかり基づいてやりなさい。それだけです」

 --どこまで厳密、厳格にやるのかというのも、正直言ってなかなか難しい法律ではないか

 「われわれは朝から晩まで国会で、最終的に私も見ますけれども、この細かいところを含めて基本的にはそれの担当の秘書がいるわけですから、そのために秘書がついてるわけで。そういう人たちがしっかりと議員の代わりになってチェックをするっていうのが、どの議員の常識もそうな気がしますけど

 --最終的にこの国会議員時代の政治資金の報告書の誤記、ミスについては記載責任者か会計担当責任者の問題になる

 「ですよね」

 --国会議員が責任を取るということではなくて、記入者ないしは責任者の問題であるという視点に立ったときに、この問題の解決を図るのは舛添さん自身はどこまで関与できる問題なのか

 「間違ったものが出てきたとか、おかしいってことになれば、国会議員ですから監督責任があるわけです。彼がやったから知りませんというようなことは申し上げないです」

 --国会議員時代の会計責任者の人をきちっと表に出して、しゃべらせるつもりは

 「いや、まず、調べてみないと」

 --調べる対象がその人ではないか

 「今、法的な側面をおっしゃって、政治資金規正法違反じゃないかと。会計責任者が法律上そうだっていうけど、しかし、国会議員として政治家として、法的責任はないかもしれないけど、私は道義的責任、これは免れないと思ってますので、それに対してしっかりとした態度を取りたいので、今徹底的に調べていると

 --道義的責任があるかどうかをはっきりさせるために調べているという理解でよいか

 「いや、それはちょっと」

 --じゃあ、意味が違ってくる

 「いやいや、違う。今、法律上こうだっておっしゃったけれども、私が(当時)国会議員なわけですから、例えば道義的にそういうことがあるっていうのは、これはよろしくないというならば、それに従って対応は考えないといけないよと」

 --責任者がいるなら、その人が出たらどうか、という意味だが

 「いや、でも退職なさってますから。私の責任でしっかり調べているということで、ちょっとお待ちいただければと思います」


 --今、辞めた人とコンタクトは

 「それも含めてちょっと今ここでは申し上げられません。いろんなプライバシーの問題もございます」

 --法的な問題に発展した場合は

 「だからそれを調べてるんです。それ調べてるのにその前にもう、そこまで先におっしゃっても、答えようがないですよ」

 《「法的な問題は」との質問に声を大きくする舛添知事》

 --会計責任者を隠そうとしているのか

 「違いますよ。そういうことじゃないですよ。退職なさってるんですよ」


 --退職している関係上、その人に取材などがかかることを考えると、自分のところで明らかにしたいということか

 「そうです。自分の事務所で、まずしっかりしたいということです」

 《隠そうとしているのではとの疑問を投げられ、舛添知事はさらに声を大きく反論した》

via: 【舛添都知事BSフジ生出演(3)】以前の会計担当者の話には「いろんなプライバシーの問題もございます」「退職なさってるんですよ」 – 産経ニュース

【舛添都知事BSフジ生出演(4)】公用車の方がいいが…「言われたからやめるわけではない」「海外出張旅費は見直すべきところは見直す」

《公用車を使って神奈川・湯河原の別荘に通っていたことに話題は移った》

 --去年4月から今年4月11日まで年間48回。通常はハイヤーなどで往復5万円かかる。当初「動く知事室」として公用車を使い続ける姿勢を示していたが、今週月曜日に「今後は原則公用車を使わない」と。なぜその判断か

 「いろんなご批判を受けましたので、真摯(しんし)にそれをお受けしての判断。ただし、ルール上はなんの問題もない。公用車の方がセキュリティーや通信手段などはるかにいいことは確か。
だが、いろんなご批判があったから総合的に判断した」

 「また、すでに申しあげているが、手術した後なのでなるべく早く体調を戻したい。非常にあそこの温泉は傷にきく。夕方行って、温泉リハビリを夕方2回、朝2回やり、お昼には戻っている。金曜日に入って土曜日の午後には東京に戻っている」

 --連泊するわけではないのか

 「連泊するわけではない。家族が誰もいないので1人で自炊をしながらやっている。誰にも邪魔されないので、温泉リハビリの間というのは今週のまとめをしたり、来週はどうだと考えたり。長期的なものを考えるときにリフレッシュして考えた方がよいアイデアがあるので、そこにいるとほとんどそういうことをやっている。非常に温泉リハビリ含めての効果があって、おかげさまで普通の人の回復よりも、もっと早く回復した」

 「そういう意味で、今回非常にご批判を受けましたので、公用車を使わないことのデメリットもありますが、今後は原則としては公用車を使わない。緊急の電話、急いで都庁に戻らないといけないなどそういうケースもあるが、総合的に判断して使わないと決断した次第です」

 --これからも湯河原へ行くのは自車や電車で行くのか

 「電車は警護の警察官に迷惑をかけるので、うちのスタッフが自車を運転していく。必ず私のそばにはSPがいるので、そういう感じになると思う」

 --公用車の方が通信機があるのではないか

 「おそらくいい無線が付いている。東京から湯河原というのはほとんど高速道路なので、通常1時間半以内。安全面などを総合的に考えると公用車の方がよいに決まっているのだが、原則そういう風にしたいと思っている」

 --行く回数は

 「おかげさまでだいぶ身体の調子も良いので、総合的に判断しながら行きたい」

 --減らす方向か

 「基本的にはそうなると思う」

 --金曜日の都庁の定例記者会見が14時半か15時ぐらいに終わって、終了後、直ちに都庁を出て湯河原に行っている

 「そういうケースが多い。しかし、しっかりとした知事の仕事をしたらいいと思っている。22時までやっていることもあり、土日全て湯河原に居るように思われるかもしれないが、土日の公務で先日パラリンピックのイベントを銀座でやったように、都内にいる。今日15時に出たからよろしくない、今日は何時だからよくないというように私は考えていない。基本的に朝から晩まで、ほぼ24時間365日東京都民のために頑張ってやっていると思っている。都民の皆さんにご理解をいただけるだけの仕事量はこなしていると思っている」

 --そこまで言うならリスクを考慮すると、公用車を使った方がよいのでは。ポピュリストのような印象を受ける

 「公用車を利用した方が業務上はいいが、逆に、金曜日の夜に湯河原にいって、土曜日の午前中のリハビリが終わったら自宅へ帰る。そのときは公用車は使えない。自宅に帰るわけだから、ルール通りやっている。そうでなければありとあらゆる場所へ公用車を使えというようになってしまう。バランスの問題で、ポピュリストなどという、言われたからやめるということではない」

 --都庁の職員から知事に連絡するときに、公用車で移動している方が連絡が取りやすいのではないか

 「多くの考え方の方もおられる。『公用車で別荘通い』、『毎週』といわれているが、行きはしているが、帰りは乗っていない。8割9割の都民がそのように思っているかというと、私は逆だろうと思っている。それで信頼を失って、一生懸命やっても仕事が進まなくなる。私はもちろん公用車の方がいいが」

 「それから危機管理でいうと、ここに写真がございますが、(写真を示しながら)最新の衛星の携帯がある。私の(事務所のある)世田谷から週末の湯河原の2地点にはしっかりと設置している。ものすごい性能をもっているから、仮に全て電波が遮断されても、これで連絡が取れる。緊急の時もそうだが、警察、消防、神奈川と東京でしっかりシミュレーションをやって、パトカーでどこまで先導する、ヘリコプターをどこに配置するのかということも考えることができる。基本的にはご迷惑をかけない形でやってきたが、たくさんの批判を受け、ポピュリストとかではなく、基本的には謙虚に答えたいと思っている」

 《高額の海外出張費について、石原慎太郎元都知事との比較も出た》

 --高額海外出張費について、1回あたりの平均費用は、石原知事に比べて舛添知事は1000万多いが、これはなぜか

ご批判を受けるかもしれないが、これは仕事の中身だと思う。石原知事の時と物価も違う。どの町に行くかということや時期もあり、GWだったらホテル代も倍になる。基本的に海外でも一生懸命仕事をする。直接英語でお話をしたり、要人と会ったり、市長さんと議論や視察をしたり。そうすると1日1回だけしかしない人と、それを10回行う人と比べると基本的に10万円かかってしまう」

 「成果については、例えば、HPに写真入りで掲載している。(写真を見せながら)パリでこういうことをやりましょうという話をした。総理大臣とお話をして、日本文化週間を外務大臣にやっていただいて、フランスの要人に来ていただいた。相当日本の文化交流になっている。それからロンドンも、悪巧みのラバゼ会長と会談したり、パラリンピックの会長と会談したり、クリス・ホームズさんという上院議員とも成果を上げてきた。この前のアメリカについても、前の市長さんのマイケル・ブルームバーグさんと細かく打ち合わせをして、環境問題と国際金融について新しいプロジェクトをブルームバーグと東京都でやろうという話をしてきた。東京都とニューヨークの証券取引所で国際金融で日本は落ちているわけで、これを、やりましょうということを申し上げたし、私はしっかりと成果を見ていただきたいと思っている。単純にどの知事の時と単価がいくらというのは、申し訳ないがほとんど意味のない数字だと思っている。中身を見ていただきたい」

 --いくら成果があるとはいえ、ワシントンの宿泊費についてはどうか。ファーストクラスやスイートルームじゃなければならないのか

 「泊まる部屋と会議ができる部屋が一緒になっている。今回はワシントンに行っていた際に熊本地震があった。東京都からどれだけ職員を送れという打ち合わせをする。ブルームバーグのインタビューをその部屋を使ってやったのだが、別の部屋をとると倍の金がかかる。そういうことをやっている。ただし、検討委員会を作り、見直すべきところは見直す。随行の人間の数が多すぎるというのはある。いろんな仕事をやり過ぎる。都市整備の担当は付いてこないといけない、文化交流やるためには文化担当がこないといけないという、交通であれば交通担当もこなければならない。それは、私はこれから頑張って1人2役、3役やりなさいと。私は今度自分については一切通訳をつけない。そういうことも含めて、今精査していますが、ガイドはいらない。例えばパリなんかは私の方がよく知っているので、徹底的に精査して、減らすべきところは減らす、ということを今やっている」

via: 【舛添都知事BSフジ生出演(4)】公用車の方がいいが…「言われたからやめるわけではない」「海外出張旅費は見直すべきところは見直す」- 産経ニュース

【舛添都知事BSフジ生出演(5完)】進退問う質問に「疑惑解明が私の責任。あまり先を走らないで」

 《共産党都議団の調査によると、舛添要一都知事就任以降に行った全8回の海外出張は、「豪華出張」と批判を浴びた石原慎太郎元知事より、1回の平均出張費が約1千万円高かったとされる。また、石原氏、猪瀬直樹前知事時代にはなかった空港の「貴賓室」の借り上げも行われ、2回の出張で計165万円を支払っていたことも判明している》

 《語気を強める司会者に対し、舛添知事は淡々と為替レートの違い、航空券は高い時期と安い時期があることなどを指摘し、出張が高額になった背景を説明する。さらに、これまでの海外出張で面会、対談した人物の名前を多数挙げながら成果を強調していった》

 --香港の記者から出張経費の質問が出たときに、「トップが二流のビジネスホテルに泊まりますか? 恥ずかしいでしょう」と話した

 「その言い方は悪くて、非常に反感を買ったと思っています。私の言い方が悪かったのだが、(出張先の国から)『こういうホテルに泊まってくれ』というリクエストがある。あまりみすぼらしいホテルに泊まるというのも…。ある程度の品格、風格を保つのも東京都知事の、東京都を背負っている者として必要ということをわからせるつもりだった」

 --例えば、自分の住む県の知事が、成果もあるかもしれないが、ファーストクラスに乗りスイートに泊まるのと、エコノミーに乗ってホリデーインに泊まってどろどろになって仕事しているのと、どちらの知事を盛り上げようという気持ちになるか。極めて情緒的な質問です。どちらのほうが有権者に仕事ぶりが染みていくと思うか

 「それは適切な質問でない。どろどろになってニューヨークの市長に会っても、何の成果も挙がらなければエコノミーに乗ったって飛行機代はかかるのです。きちんと仕事の成果を上げることを第一に考えるべきであって、生産的な質問ではない。貧しさ競争になってしまう」

 --湯河原に行くにも、公用車は使わないと判断するだけの都民の心に寄り添う気持ちがあるのなら、と思って質問した

 「あなたが都民全部を代表しているわけではありません。いろいろな意見を聞いて、それでも批判がありますから、直すべきは謙虚に受け止めて直す、という感じでやりたいと思っています」

 --都知事に出馬した経緯を考えると、猪瀬前知事は現金授受の問題で辞めることになった。この人なら政治とカネにきれいだろうと思って舛添さんを迎えた。期待値が高かったという言い方もあるかもしれないが、そういう人がこういったお金の使い方をしている。期待値と実態の落差を感じることはないか

 「それがあるので、冒頭に大変申し訳ないと。これから信頼回復に努力するということです」

 --そう考えると、海外出張も経費を縮小する方向になるのか

 「できるものはやりますよ。随行者が多いというのも、一人二役、三役やれということもそう。いろいろな工夫をしたい。私の目的は、東京を世界一の街にすること。2020年東京五輪・パラリンピックを史上最高の大会にして、さらにレガシー(遺産)を残して良い東京にしていくことが最大の目的ですから、反省することは反省して、しっかりと大きな目標に向けて進んでいこうと思っています」

 --進退について考えることはあるか

 「まず、今は全力を挙げて政治資金の問題で疑惑を持たれたことについて解明して説明する」

 --まず、というとそれが終わったら進退を考えるのか

 「いやいや、そうではなくて、とにかくはっきりする努力をします。全力を挙げて東京都民のために働くということを申し上げているのです」

 --辞任するつもりはないか

 「とにかくその前に、疑惑を持たれたことを解明することが私の責任ですから、まずそれをやります。あまり先を走らないでください」


 《進退について繰り返し確認する司会者に対し、「困らせるな」と冗談めかすように笑い声も交えながら答えた舛添知事。ただ、硬い表情を崩すことはなく、「精査してから答える」と繰り返すばかりで緊急特集は終了した》 =終

via: 【舛添都知事BSフジ生出演(5完)】進退問う質問に「疑惑解明が私の責任。あまり先を走らないで」 – 産経ニュース

2ちゃんねるの反応・意見

■舛添がブログに上げた写真w

190147

BSフジ・プライムニュースでフジのスタッフが

『龍宮城スパホテル三日月』で検証

これは『会議棟』じゃなく普通の客が出入りできない

『宿泊棟』からじゃないと撮れない写真だと判明

『会議棟』と『宿泊棟』を繋ぐ渡り廊下は

途中の扉がロックされていて客の行き来は不可能wwwwww

■社会保険庁職員の『年金横領』発覚
閣議後の会見 2007年9月
CiO1jjGUUAAT_rM

舛添都知事「今からでも刑事告発してやろうかと思って」
CiO1j3ZU4AA7knG

舛添都知事「横領したような連中はきちんと牢屋に入ってもらうことは当たり前」
CiO1kLNUoAEJQZW (1)

舛添都知事「泥棒でしょ これは 盗っ人なわけですよ」
CiO1kepU4AE8Dcb

舛添さんかっけーwwwwww

プライムニュースの動画、再掲↓

プライムニュース 6:15 辺りから 10分間ぐらいが見せ場かな。

淡々と読み上げる女子アナがいいわw って秋元優里か。

「ご家族と話はされたんですか?」 とか、半端でない容赦なさw

これいいなあ。
こんな容赦なく追求するニュース始めてみたわ。w

なんもわかってないのに何故出てきたのか

それも含めて精査します

その他、感想

権力が欲しくて、その為に政治家になる為に、政治学を学んだ、強欲なハゲ。それが舛添。

1月2日や3日にホテルで会議なんてやるわけないよな

言い訳考えるから待ってて

精査王の誕生である

サノケン並みに追い込まれてきたなww

絶対 辞職しないから心配すんな
マスゴミも猪瀬みたく叩かないからね

国民をあまり舐めないほうが良いぞ

精査も糞もないだろwwwwwwwwwwwwwwwww
自分の家族で食事して領収書とってんだからwwwwwwwwwwwwww

1日も長く知事でいたいんだな

で、辞職に追い込めるの?

海外出張費で石原との比較の言い訳が酷いwww

《高額の海外出張費について、石原慎太郎元都知事との比較も出た》

 --高額海外出張費について、1回あたりの平均費用は、石原知事に比べて舛添知事は1000万多いが、これはなぜか

 「ご批判を受けるかもしれないが、これは仕事の中身だと思う。石原知事の時と物価も違う。どの町に行くかということや時期もあり、GWだったらホテル代も倍になる。基本的に海外でも一生懸命仕事をする。直接英語でお話をしたり、要人と会ったり、市長さんと議論や視察をしたり。そうすると1日1回だけしかしない人と、それを10回行う人と比べると基本的に10万円かかってしまう」

via: 【舛添都知事BSフジ生出演(4)】公用車の方がいいが…「言われたからやめるわけではない」「海外出張旅費は見直すべきところは見直す」(4/6ページ) – 産経ニュース

いったい何のために出演したんだよw
往生際の悪さだけが目立ってるじゃねぇかww

逮捕逮捕逮捕m9(^Д^)

その他、2ch反応

久しぶりに1時間笑いっぱなしだったよ40分位精査の繰り返しで最後に逆ギレww

しっかし最初は公用車の事だけごまかせばセーフと思って番組出演OKしてたんだろうな
衛星携帯のパネルまで自分で用意して
ところがその間に文春砲が炸裂して言い訳作りが追い付かなくなったと

文春、まだ続報あるの??

みんなーここで辞めさせないとー
在日の多い新宿の一等地に韓国人学校が立つようーー

言い訳も山尾レベルだな
そしてどっちも辞めないっていう

プライムニュース面白すぎ

笑顔が引きつっててワロタ

セイサセイサ調べるんだ

♪セイサ セ セッセ セイサ!  セイサ セ セッセ セイサ!

♪ひたすら セイサセイサ欺くんだ  Wow Wow Wow

どんどん深みにハマっていくね。もう逃げられないでしょ。

フジテレビのユアタイム、元妻の片山さつき出演中wwwwww

プライムニュースすげぇな・・・
男アナウンサーが怖い うますぎる

大体、辞任前ってこんな流れだよね

コメント欄

名前

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!