花粉症は「日本だけ」って本当?―世界中にあるけど、日本の酷さは異常らしいwww花粉症はビジネスなんだろな…でも韓国避難はまず有り得ない。

花粉症は「日本だけ」って本当?―世界中にあるけど、日本の酷さは異常らしいwww花粉症はビジネスなんだろな…でも韓国避難はまず有り得ない。

この記事は約6分38秒で読めます。

コメント(5) 

 
  • これから花粉症持ちの人間にはつらい季節。そもそも花粉症は日本固有のものなのか?
  • 結論、花粉症は世界各地に存在するようだ。しかし、日本で起こる激しいスギ花粉症は異常らしい。
  • スギがない場所へ行けば、症状は軽くなるが、モチロン韓国にには行かないよwww

 

 

花粉症についてのネット感想

花粉症はビジネスの匂いがプンプンする…自分は今のところ悩まされてない。家族も大丈夫みたいだし、体質も大いに関係してるんだろな~

ニュースソース

これからのシーズン、花粉症持ちの人間にはつらい季節だ。早いところだと2月上旬から飛散をはじめるスギ花粉に戦々恐々としている者も多いだろう。

花粉症というのは、海外にはないという話を聞いたことがある。実際、花粉症持ちの筆者も3月にタイを旅行した際、くしゃみや鼻水に悩まされることはなかった。そこで、花粉症日本固有説を検証してみた。

結論から言えば、花粉症は世界各地に存在する。欧米でも枯草熱(hay fever)という用語があるほどだ。ただし、日本で2~3月に起こる劇症的なスギ花粉症はまず存在しないといえる。

スギの学術名はクリプトメリアヤポニカである。ヤポニカは日本を意味するラテン語である。スギは日本固有の植物なのだ。分布域は、青森から屋久島まで日本列島に広く分布する。そのため、北海道と沖縄にはスギ林が少なく花粉症のひどい症状が出ることはない

スギは古来より、建築資材として重用された。スギの植林は江戸時代から行われていた。戦後になると、焼け野原となった都市を再建するために多くの木材が必要となった。そこで国策として拡大造林計画が推進され、各地にスギが植えられた。現在、日本の森林のうち40%ほどが人工林であるが、そのうち43%がスギ林となっている。それほど需要のある木材であったのだ。だが、大量にスギが植えられているのに花粉症が存在しなかったのはなぜか。

実は、スギ花粉というのは、樹齢30年ごろから飛散を始める。戦後に植えられたスギが切り取られる時期は、日本は高度経済成長期となっていた。建築技法の変化や、安い海外産の木材の流入により、国産スギの価格が下落。そのため、需要がないとして放置されるスギ林が増え、樹齢30年を超えたスギが花粉を飛散させるようになったのだ。

スギ花粉が初めて確認されたのは1964(昭和39)年。東京オリンピックの年である。場所は栃木県日光市であった。

それまでは花粉症のような症状があっても原因は特定されていなかった。人類の長い歴史から見れば、スギ花粉症はつい最近発見されたばかりの現代的な病気なのだ。

スギ花粉は樹齢50年ごろまで飛び続けると言われている。専門家の分析によれば、西暦2030~50年頃までは、スギ花粉の大量飛散は続くと見られる。東京都などは、無花粉のスギ・ヒノキの植え替えを進めているものの、新たに木を植えたとしても買い手がつかないため、事業が進んでいないのが実情だ。少なくともあと15年は辛抱する必要があるのは、なんとも辛い。

花粉症の原因となるアレルゲンは、春はスギのほかヒノキ、シラカンバ、春から秋にかけてはホソムギ、ナガハグサなどイネ科の植物、秋にはブタクサ、ヨモギ、カナムグラなど数多く存在する。場合によっては1年中花粉症状態という人もいる。

これらの植物は海外にも存在する。ただし、スギがない場所へ行けば、少しは花粉症がやわらぐのは事実。お隣の韓国や台湾にもスギ花粉症は存在しない。症状が辛いひとは数日間でもショートトリップの“花粉避難”を試してみてはいかがだろう。
(下地直輝)

via: 花粉症は「日本だけ」って本当なの? – Excite Bit コネタ(1/2)

ネットの反応・意見

韓国人が韓国にもあるって言ってた
その人は日本滞在中にで発症したんだけど、帰国しても杉に反応するってさ

>ただし、スギがない場所へ行けば、少しは花粉症がやわらぐのは事実。
>お隣の韓国や台湾にもスギ花粉症は存在しない。

それだったら、沖縄や北海道にもないんじゃね?
北海道はほとんどシラカバ花粉のみって聞くし

>症状が辛いひとは数日間でもショートトリップの“花粉避難”を試してみてはいかがだろう。
毎年花粉が一番酷くなる時期に台湾に行ってストレス解消してる

熱中症もだな。

>東京オリンピックの年である。場所は栃木県日光市であった。
確か、最初の症例が出始めたのは
いろは坂周辺だったよな

>お隣の韓国や台湾にもスギ花粉症は存在しない。
>症状が辛いひとは数日間でもショートトリップの“花粉避難”を試してみてはいかがだろう。
韓国企業のライブドアニュース

馬鹿官僚がが国策としてスギ大量に植えたからな

完全に国策の失敗だよねぇ

杉の無いところに杉花粉症ってのが無いのは当たり前でしょ
そういうとこには別の花粉が原因の花粉症かあるってだけのこと

肩こりは日本人だけの病気ってのと同様に現地人病気って認識
してなかったり風邪って誤解してるだけってのもあるわな

まっちゃん(松井秀喜)がヤンキース時代、アメリカのフロリダ州タンパでのキャンプ中に花粉症に
悩まされていたみたいでちゅよ~♪

その他、反応

若者の外出離れ

韓国は隣りではない

ハワイじゃついた瞬間なるなぁ

沖縄にもないよ。
杉がないから。

そりゃそうだろ国策による杉の大量植林が原因なんだから

杉は建築資材として重宝されて国策として沢山植えられた。
杉のメンテナンスがしっかりしていた時期は問題にならなかったが、林業が衰退し放置されるようになってから問題になり始めた。

すまん
俺の祖父が戦後何十年もひたすら植えて回ってた

杉以外の花粉症ならあるだろ

既に目が痒いんだけど、乾燥なんかな?

pm2.5や黄砂のようなものでもなる

と言うか日本の花粉症の原因の多くが黄砂だろ
いつもは新品は洗ってからつかうのだけれど
冬場に余りにも寒かったから、親が試しだとか言って買ってきた
確かニトリ?の中国製の毛布だけにくるまっていたら、2日目から怪しいとは思っていたけど三日目に完全に花粉症の症状出てきたわ

毛布からとしか考えられねえ。冬場だから花粉も黄砂もなかったし

その他、日本の反応

北朝鮮は地上の楽園ってのは
花粉症の人間にとっては本当かもしれないなwwwwwww

木がないんだものな

花粉もないけど食い物もないぜw

アレルギーとか精神疾患とかめちゃ増えたな。日本人

日本に来た外国人も花粉症になってるよ
日本人、ではなくて日本が原因

スギやヒノキは日本だけだろ
しかも量的に異常

杉の花粉症は日本特有らしい

けど花粉症は何処にもあるよ

ヘイ・フィーバーって言うよ

アメリカにもヨーロッパにも花粉症はある
種類が違うだけだと聞いた

肩こりも日本人だけ。

双肩にかかっているとか、お前は俺の肩腕としてガンバレとか、
日本人は異様に肩にこだわるから、
常に肩に神経がいっているらしい。

なんで韓国に行けって結論なの?
電通なの?トンスル飲むの?

どれだったか忘れたけど、アメドラか映画で「ブタクサを全部焼き払いたい」とかって
セリフで花粉症ネタやってたぞ

杉は全部伐採して、すべてブナ林にしよう。

どうせ、アメリカ産の輸入木材に価格で勝てないから産業としては成立しないわけだし。

杉花粉症でどれだけの経済的マイナスが発生しているか?
まあ、薬屋は儲かっているだろうが。

花粉症は嫌だが韓国避難はまず有り得ない
北京にも近いからなぁ

コメント欄

名前

コメント

花粉症は「日本だけ」って本当?―世界中にあるけど、日本の酷さは異常らしいwww花粉症はビジネスなんだろな…でも韓国避難はまず有り得ない。」への5件のフィードバック

  1. 世界中どこでも花粉に限らず、アレルギー性の症状が出る原因も患者も同様に存在する‌
    日本の場合は政策で植えた木や近隣の国の影響が顕著であり、因果関係責任問題は隠蔽されているものの、実害や症状の存在は周知されている
    0
    0
  2. 杉よりブタクサ‌
    年中無休の花粉症だと、杉なんて春の到来のお知らせだよw
    0
    0
  3. 肩こりは症例少ないかもしれないけど‌
    ショルダーペインを医者に相談する例はあるそうだ。
    0
    0

コメント欄

名前

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!