国生み】西之島の火山活動再び活発に 勢いよく海へ落ちる溶岩流と噴煙で接近不能 新たに西岸から海への流入を確認 海上保安庁【ストロンボリ式

国生み】西之島の火山活動再び活発に 勢いよく海へ落ちる溶岩流と噴煙で接近不能 新たに西岸から海への流入を確認 海上保安庁【ストロンボリ式

この記事は約5分47秒で読めます。

コメント(3) 

 
  • 海上保安庁の6月6日の西之島・観測で、落ち着いてきていた火山活動が活発になっているのがわかった。
  • 火口からは断続的に上がる灰色の噴煙と弧を描いて飛散する噴石、西側の海岸では海に流れ込む溶岩により大量の白い水蒸気が上がる。
  • 海上保安庁は島から半径1.5キロ(0.9海里)以内は危険として注意を呼びかけている。

 

 

概要・経緯などのまとめ

小笠原諸島の父島の西、およそ130キロにある西之島の火山活動が再び活発になっている。

6月6日の海上保安庁の上空からの観測では、島の中央にある火口で断続的に上がる灰色の噴煙と弧を描いて飛散する噴石がみられ、「ストロンボリ式」と呼ばれる噴火が起き、活発な噴火活動が続いていることが確認された。
また、島の西側では溶岩が海に流れ出し大量の白い水蒸気が上がっていた。

海上保安庁は6日午後4時3分から約9分間上空観察を行ったが、盛んに立ち上る噴煙のため、接近は難しく、海からの接近も噴石の為危険を伴う。
このため引き続き、島から半径1.5キロ(0.9海里)以内は危険があるとして、周辺を航行する船舶へ警報を発令して、注意を呼びかけている。

海上保安庁は今後も、島の拡大を監視をするとしている。

ソース
http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20607.html
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170609/k10011012291000.html
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20170612/Hazardlab_20607.html

海上保安庁の上空からの観測でことし4月に島の中央にある火口でおよそ1年半ぶりに噴火が確認され、先月には、流れ出た溶岩によって、島の南西側と西側の海岸線が去年9月の時点と比べて最大でおよそ180メートル広がり、島の大きさがもとの島のおよそ13倍に拡大していることがわかりました。

中略

また、先月24日の観測では島の西側への溶岩の流出が止まっていましたが、今回の観測では、再び流れ出しているのが確認され、波打ち際で溶岩が海水に触れて大量の白い煙が上がっていたということです。

via: 西之島 6月も活発な噴火活動続く 注意深く監視 | NHKニュース

▼6月6日西之島の画像:海上保安庁提供
by副管理人

盛んに放出する噴煙で全体像が見えにくい西之島(海上保安庁が6月6日に撮影 西岸では新たな溶岩流が海へ流入 赤外線カメラを使って撮影 海上保安庁西之島の火砕丘と噴煙(提供:海上保安庁)

NNNニュース動画より 熱を感知する特殊なカメラの映像 http://www.news24.jp/articles/2017/06/09/07363858.html
by副管理人

活発な火山活動が続く東京・小笠原諸島の西之島。9日、最新の映像 航空機特殊カメラ

▼西之島の噴火の種類「ストロンボリ式噴火」ウィキペディアより
by副管理人

ストロンボリ式噴火(-しきふんか、英:Strombolian eruptionとは、噴火形態の一つで噴石、火山礫、火山弾が数千メートルの高さに達する噴火 に用いられる分類である。
名前はイタリアのストロンボリ山から取られている。

この形式に属する火山はストロンボリ山以外にもパリクティン山、エレバス山等が見られる。
日本の例では近年の西之島の2013年の噴火が挙げられる。
阿蘇山の中央火口丘にある米塚スコリア丘も数千年前のストロンボリ式噴火で形成されたものである。

via: ストロンボリ式噴火 – Wikipedia

副管理人コメント

すくすく育つ西ノ島 ♪

今回の活動が落ち着いたら、東京ドーム何個分になるんでしょうかwww

本当に自然の力って偉大で神秘的・・・島の出来る過程が観察できるなんてラッキーですね

自力で島の周りを移動できるシーライトみたいなブイにカメラつけて24時間ライブ放送できないのかな・・・

by副管理人

2ちゃんねるの反応・意見

領土が増えるよ!

活発だねえ!
どんどん大きくなあれ!!

夜撮影してほしいな

夜景いいよね
前にNHKの特集でやってたこどスゲー良かった

西之島に頑張ってもらい国土を広げよう。

1年前に学者はすぐ噴火は終わるって言ってたのに、全くあてにならんな

その他、感想

住めるまであと何年くらいかかるんだこれ

国内では唯一の人の立ち入っていない無人島だから
環境保全のためにずっとこのままだと思うよ

既に立ち入って調査したよ。

種子を持ち込まない為に泳いで上陸したって話だよね
ジオパーク指定は確実だろうな

国土地理院が測量で上陸してるよ。
三角点、2つしか打ってないんだよな。

西之大陸まで成長しろよ

その他、2ch反応

国生みって表現がしっくりくるね

まさに

▼国産み(くにうみ)って、神話ですね ウィキペディアより
by副管理人

国産み(くにうみ)とは、日本の国土創世譚を伝える神話である。
イザナギとイザナミの二柱の神は天の橋にたち矛で混沌をかき混ぜ島をつくる。
そして、『古事記』などではその後2神で島を産んだのである。
なお、国生みの話の後には神産み(かみうみ)が続く。
以下、この記事では『日本神話』での大八島(おおやしま)の形成の過程を記す。

あらすじ
『古事記』によれば、大八島は次のように生まれた。
伊邪那岐(イザナギ)・伊邪那美(イザナミ)の二柱の神は、別天津神(ことあまつがみ)たちに漂っていた大地を完成させるよう命じられる。
別天津神たちは天沼矛(あめのぬぼこ)を二神に与えた。伊邪那岐・伊邪那美は天浮橋(あめのうきはし)に立ち、天沼矛で渾沌とした大地をかき混ぜる。このとき、矛から滴り落ちたものが積もって淤能碁呂島(おのごろじま)となった。

via: 国産み – Wikipedia

アオツラカツオドリとカツオドリの赤ちゃんが・・・・(´;ω;`) 西之島 野鳥の生態

親鳥は気の毒だけど海鳥だから噴火が落ち着いたらまた営巣してくるよ。

もう降り立って巣まで作ってるのか
なるほどこうやって植物がもたらされるのね

クリアな動画でみたい
迫力ありそう

早く噴火が落ち着いて、種子とかが定着して緑が増えて、人が住めるようになって欲しい気持ちと、まだまだあと100年以上かかってもいいから、もっと巨大になって欲しいという気持ちがあってもどかしいwww

コメント欄

名前

コメント

国生み】西之島の火山活動再び活発に 勢いよく海へ落ちる溶岩流と噴煙で接近不能 新たに西岸から海への流入を確認 海上保安庁【ストロンボリ式」への3件のフィードバック

  1. 明神礁ん時は海保の船が噴火に巻き込まれて沈んでしまったからな
    0
    0

コメント欄

名前

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!