朝日新聞(AERA)「『大地震は起きない』が九州の人たちの常識だった」→デマ・捏造、熊本の地震保険加入率は全国平均程度。福岡は加入率トップクラス

朝日新聞(AERA)「『大地震は起きない』が九州の人たちの常識だった」→デマ・捏造、熊本の地震保険加入率は全国平均程度。福岡は加入率トップクラス

この記事は約9分19秒で読めます。

コメント(3) 

 
  • 朝日新聞出版の雑誌・AERAが、「大地震は起きないというのが九州の人たちの常識だった」との記事を出している。
  • …が、熊本県の地震保険加入率は全国平均程度だし、福岡県に至っては上位である。
  • 2ちゃんではこのAERAの記事により、九州人や被災者へのバッシングが起きていた…。

 

 

2ちゃんの感想・反応

一応大手である朝日新聞出版系の雑誌で、こういう九州の人・被災者全体へのバッシングを煽りかねない記事を出すのは許せない。

ニュースソース

 4月14日に発生した九州・熊本大地震は、さまざまな意味で「想定外」の地震だった。九州に住む人にとっては大地震の発生そのものが衝撃的だったが、一方で専門家からは「決して不思議はない」との声も上がっている。

「九州で自然災害といえば、大雨と台風。大きな地震は起こらないと思っていた」というのが、九州の人たちの「常識」だった

今回、熊本市内で話を聞いた被災者のなかには、マンションを買うときに保険会社から「熊本は地震が来ないから地震保険はかけなくても大丈夫ですよ」と言われたという人もいた。

 しかし、専門家らは「大きな地震が起きても不思議はない地域だった」と口をそろえる。
(以下略)

※AERA  2016年5月2日-9日合併号より抜粋

via: 「大地震起こらない」が常識だった九州でなぜ起こった? 九州・熊本大地震 〈AERA〉|dot.ドット 朝日新聞出版

AERA(アエラ)は朝日新聞社出版の雑誌。

AERA(アエラ)は、朝日新聞出版(2008年3月31日発行分までは朝日新聞社出版本部)が毎週発行する週刊誌である。正式には「朝日新聞ウィークリー AERA」という。発行部数10万部はサンデー毎日に次いで業界第12位[1]。

1988年(昭和63年)5月、同年の5月24日号として創刊。「AERA」とはラテン語で「時代」の意と、「Asahi shimbun Extra Research and Analysis」の太字部分を合成したものの意。「日本初の本格的ニュース週刊紙」(紙の文字をあてた)を標榜し、創刊当初の広告見出しは『ライバルは朝日新聞です』で、初代編集長と当時の朝日新聞社長が握手を交わすものであった。

誌面のフォーマットは、その週のニュースの中から特に印象的なテーマを選んでカラー写真を織り込んで掲載するビジュアル重視。政治的には、基本的に朝日新聞本紙同様のリベラル路線であるが、本紙と比較して、女性をとりまく社会情勢や学歴(受験)に関する記事が多く、東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故以降は女性及び子供を巡る安全安心をテーマにした記事も増加している。女性ライターによる記事も多い。

via: AERA – Wikipedia

2ちゃんねるでツッコミ。地震保険加入率などの反論が…

この記事自体ホラっちょなんだけど

2chユーザーって自分で考える力ない人が多いから
福岡や熊本の地震保険加入率が極端に低い前提で話を進めるんだろうな

地震保険 都道府県別世帯加入率
https://www.sonpo.or.jp/archive/statistics/syumoku/pdf/index/kanyu_jishin.pdf
2010年度 (東日本大震災の前)

35.3 % 愛知
33.6 % 宮城 ← 被災3県(東日本大震災)
30.5 % 東京

28.9 % 神奈川
27.8 % 岐阜
27.3 % 福岡 ← 九州
27.2 % 千葉
25.3 % 大阪

24.9 % 広島
24.8 % 静岡
24.4 % 香川
24.1 % 山梨・三重
24.0 % 埼玉
23.2 % 熊本 ←
22.9 % 徳島
22.3 % 奈良
21.5 % 高知
21.3 % 京都
20.9 % 鹿児島
20.5 % 滋賀
20.0 % 和歌山

19.9 % 石川
19.8 % 宮崎
19.7 % 北海道
19.3 % 兵庫
19.1 % 愛媛
18.9 % 茨城
18.7 % 福井
18.2 % 山口
17.7 % 鳥取
17.6 % 大分
17.2 % 栃木
16.8 % 新潟
16.6 % 岡山
15.3 % 青森

14.7 % 富山
14.6 % 福島 ← 被災3県(東日本大震災)
14.3 % 佐賀
13.2 % 岩手 ← 被災3県(東日本大震災)
13.0 % 山形
12.9 % 秋田・長野
12.8 % 群馬
11.7 % 島根
11.0 % 長崎
10.6 % 沖縄

地震保険の加入率

ワーストは長崎県 ついで沖縄県

http://hokensc.jp/jishin/kanyuritsu.html
http://shinsai-taisaku.blush.jp/page021.html

地震保険の加入率はどのくらいなのでしょうか。火災保険には入っていても、地震保険には加入していない世帯は意外と多そうです。そこで、損害保険料率算出機構がまとめた各都道府県の世帯加入率を調べてみました。  都道府県	世帯加入率(%)	都道府県	世帯加入率(%)	都道府県	世帯加入率(%) 北海道	21.6	石川	22.5	岡山	18.8 青森	18.1	福井	21.8	広島	26.5 岩手	18.4	山梨	27	山口	20.5 宮城	48.5	長野	16.1	徳島	25.2 秋田	16.9	岐阜	30.5	香川	27.1 山形	17.3	静岡	27.6	愛媛	21 福島	24.3	愛知	37.3	高知	23.2 茨城	24.9	三重	25.6	福岡	30.2 栃木	22.5	滋賀	23.3	佐賀	16.6 群馬	16.7	京都	24.7	長崎	12.9 埼玉	28.1	大阪	28	熊本	26.5 千葉	30.9	兵庫	22.2	大分	20.1 東京	34.1	奈良	25.1	宮崎	21.8 神奈川	32.3	和歌山	22.5	鹿児島	23 新潟	19.1	鳥取	20.1	沖縄	13 富山	17.9	島根	13.4	合計	27.1 ※1 世帯加入率とは、2012年度末の地震保険保有契約件数を住民基本台帳に基づく世帯数で除したものです。なお、世帯数には、2012年7月9日より住民基本台帳法の適用対象となった外国人が含まれています。 ※2 本表は居住用建物および生活用動産を対象として損害保険会社が取扱っている「地震保険」のみの数値であり、各種共済については含みません。 ※3 上記の数値は、いずれも速報値です。 先に地震保険に入りたがらない人が意外に多いと言いましたが、地震保険への世帯加入率は、地域によっても大きな差があるということが、下記資料からも見てとれます。 加入率の高い地域ベスト10	加入率の低い地域ワースト10 順位	1995年 1	東京	20.7% 2	神奈川	20.3% 3	静岡	16.8% 4	千葉	16.3% 5	埼玉	14.4% 6	愛知 大阪	12.1% 7 8	山梨	11.5% 9	北海道	10.7% 10	茨城	10.6% 全国	11.6%	 2010年	2011年	2012年 愛知	35.3%	宮城	43.5%	宮城	48.5% 宮城	33.6%	愛知	37.1%	愛知	37.3% 東京	30.5%	東京	33.2%	東京	34.1% 神奈川	28.9%	神奈川	31.3%	神奈川	32.3% 岐阜	27.8%	岐阜	30.0%	千葉	30.9% 福岡	27.3%	千葉	29.7%	岐阜	30.5% 千葉	27.2%	福岡	29.3%	福岡	30.2% 大阪	25.3%	大阪	27.3%	埼玉	28.1% 静岡	24.8%	静岡	26.9%	大阪	28.0% 広島	24.6%	埼玉	26.6%	静岡	27.6% 23.7%	26.0%	27.1%	 順位	1995年 1	沖縄	2.0% 2	佐賀	2.6% 3	島根	3.9% 4	長野	4.3% 5	長崎 山形	4.4% 6 7	岡山	4.5% 8	愛媛	4.6% 9	山口	4.9% 10	岩手	5.0% 全国	11.6%	 2010年	2011年	2012年 沖縄	10.6%	沖縄 長崎	12.2%	長崎	12.9% 長崎	11.0%	沖縄	13.0% 島根	11.7%	島根	12.7%	島根	13.4% 群馬	12.8%	長野	15.2%	長野	16.1% 秋田 長野	12.9%	秋田	15.3%	佐賀	16.6% 群馬	15.4%	群馬	16.7% 山形	13.0%	佐賀	15.7%	秋田	16.9% 岩手	13.2%	山形	15.8%	山形	17.3% 佐賀	14.3%	岩手	16.3%	富山	17.9% 福島	14.6%	富山	16.8%	青森	18.1% 23.7%	26.0%	27.1%  	 	 	 参考:損害保険料率算出機構 このデータによると、加入率上位ランキングの方は、阪神・淡路大震災前後に比べると、比較的、大きな変動が見られます。

↓地震保険・都道府県別付帯率の推移。付帯率とは、一定期間(下記資料の場合は1年間)内に火災保険に加入した契約者の中で、地震保険にも加入した割合のことです。

 地震保険:都道府県別付帯率の推移 \	2010年	2011年	2012年	\	2010年	2011年	2012年	\	2010年	2011年	2012年 北海道	44.9%	48.1%	49.7%	石川	43.1%	48.4%	50.8%	岡山	40.2%	45.2%	47.7% 青森	48.5%	55.0%	57.7%	福井	43.3%	48.8%	52.1%	広島	55.6%	59.7%	61.6% 岩手	44.6%	56.7%	61.4%	山梨	52.5%	58.5%	61.6%	山口	45.4%	50.2%	51.9% 宮城	68.7%	81.1%	83.5%	長野	35.8%	44.3%	47.0%	徳島	62.0%	66.5%	69.5% 秋田	51.4%	59.8%	63.2%	岐阜	62.0%	66.9%	68.8%	香川	52.3%	57.7%	60.4% 山形	43.2%	52.1%	56.1%	静岡	51.6%	57.4%	59.5%	愛媛	51.3%	55.7%	58.6% 福島	40.1%	58.1%	64.8%	愛知	64.6%	68.3%	69.5%	高知	75.9%	79.5%	81.7% 茨城	41.6%	52.5%	57.4%	三重	56.7%	60.8%	62.4%	福岡	53.5%	57.7%	59.8% 栃木	40.2%	50.4%	55.4%	滋賀	42.7%	47.8%	50.3%	佐賀	35.8%	40.1%	41.5% 群馬	35.0%	43.7%	47.8%	京都	39.7%	44.3%	47.7%	長崎	31.8%	36.1%	37.7% 埼玉	45.3%	51.2%	55.2%	大阪	47.2%	51.7%	53.9%	熊本	50.4%	56.1%	58.9% 千葉	45.0%	50.5%	53.7%	兵庫	41.0%	45.9%	48.4%	大分	48.0%	54.3%	57.2% 東京	45.5%	50.7%	53.9%	奈良	49.3%	54.3%	58.0%	宮崎	64.0%	68.3%	71.0% 神奈川	48.3%	53.0%	55.6%	和歌山	48.1%	53.0%	55.5%	鹿児島	63.7%	67.5%	69.3% 新潟	50.1%	54.4%	57.6%	鳥取	49.6%	55.1%	57.8%	沖縄	45.0%	50.3%	50.9% 富山	38.7%	44.7%	47.5%	島根	41.7%	48.6%	52.3%	合計	48.1%	53.7%	56.5% 参考:損害保険料率算出機構

以上のデータから、佐賀県・長崎県は全国でも低水準の加入率・付帯率となっていることがわかるが、熊本は全国平均とほぼ同じ、福岡に至っては全国上位の加入率となっている。

はてさて、AERAが主張している九州人の「常識」とはどこの常識なのだろうか?? 大地震は起きないが九州の人たちの常識だったと断じているAERAの記事は、デマ・捏造以外の何物でもないと思うのは管理人だけでしょうか??

その他、2ちゃんの反応・感想

2ちゃんでは朝日新聞系のAERAの記事だと明記してなかったので、このAERAが主張する「常識」をそのまま鵜呑みにしているコメントが多数ありましたが、今回はそのような九州・熊本の人たちを貶めるようなコメントは除外しています。

福岡は西方沖地震以降、そういう風に思ってる人は少ない。

そこの地震のおかげで保険かけてて良かったと思う
警固断層あるし耐震性のない建物多いし直下型地震きたらヤバイ

九州って一括りにすんなよ

今時、保険会社がそんな危険な発言するわけない。
そんな責任問題に発展するような発言するのは?おおかた不動産会社とかの片手間代理店。

何年か前に福岡ですごい地震あったから九州で大地震が起きないとか思ってないよ。
地元民の間では時々思い出したように話題になることもある。
勝手に九州の常識にするな。

それはその保険会社の名前をあげるべき

何でもかんでも九州で一括りにするのやめて!

俺熊本県民だけど、熊本にも断層いっぱいある事は知ってたがなあ…

地震保険の保険料がまた値上げされそう
というか地域別に保険料変えるのもうやめたほうがいい

九州一括りにしてるけど、熊本以外大した被害はない。阪神淡路以上であっても。
大分が多少あるけど、ハッキリ言って熊本以外、生活に何の変化もない。

まあ地震列島なんだから保険入っとくことに越したことはない

その他、2ch反応

九州でも大地震の好発地域とそうでない所とあるんだな。
今回の大地震の地域は好発地域なんだな。
↓図を見ると阪神大震災が如何に寝耳にみみずだったかがわかる。

過去110年間に発生したM6以上の地震分布

保険会社の人間が
保険をかけなくても良いなんて
言うわけなかろw

>マンションを買うときに保険会社から「熊本は地震が来ないから地震保険はかけなくても大丈夫ですよ」

保険かけさせて儲ける保険会社が言うはずない
つまり税金でなんとかしろと言いたいたけのタカり
チョンだろうな

熊本保険料安かったと知ってビックリしてる大分県民です
南海も日向灘も別府湾も中部地震も別府の群発もあるから
地震多い方だと思ってるよ

そこそこ大きな物が起きていると思う。

・2005年 福岡県西方沖地震
・1997年 鹿児島県北西部地震
・1968年 えびの地震
・1961年 日向灘地震

つーかねえ、雲仙普賢岳で凄いことになってたじゃん
アレ、割りと最近の話だぞ。こんな寝言普通の人なら引っ掛からんだろ

熊本市だが、1300万保険金の5年地震保険の掛け金は4万ちょっと。
地震はなくても、噴火による被害はあるかも、と思って入っていた。
しかし、今回の震度6強の地震でも耐震等級3の我が家は無傷。
家財の破損もなし。
今回は保険を使うことはなかったが、次の更新時、掛け金が上昇すると
思うと鬱。

ちなみに地震保険ってのは「地震・津波・火山」被害を補償するものだからな
それ分かって記事書いてんだろうか?

保険売ってる人間がそんな事言うかよアホか
東日本大震災があった東北と今回の九州は地震保険料が最安の地域だったんだよ
つまり地震の危険性で言うとどっちも同じなのに東北であの被害

業界の人間なら国が発表してる地震保険料率が全く役に立ってないのは常識

これ見てたら九州も地震多いじゃん

http://jishin-station.jp/?p=210

熊本大分絡みでこれだけ過去起きてる

 
★1596年 慶長豊後地震(大分地震)
★1619年 八代で地震 
★1625年 熊本で地震
★1703年 豊後で地震
★1705年 阿蘇山付近で地震
★1723年 肥後・筑後で地震
★1769年日向・豊後・肥後で地震
★1855年 豊予海峡地震
★1889年 熊本地震

福岡ほど大地震が起きる確率が低いのに地震加入率が高い地域も珍しいんだけどな

福岡は玄海地震の記憶が鮮明だからかな?

いやいや、福岡市ならいつ動いてもおかしくない警固断層が市街地直下にあるのは常識だろ

今回の地震まで長崎市は県庁所在地で唯一
一度も震度4以上を観測した事がないという地味な記録が破られた

長崎とか震度6超えたら相当危険だよな。
市街地は大半が埋め立て地だし、古い建物多い、崖に沿って家が建ってるし。

長崎とか山口は活断層ないです

雲仙断層群「…せやな」

pic_nagasaki_01

コメント欄

名前

コメント

朝日新聞(AERA)「『大地震は起きない』が九州の人たちの常識だった」→デマ・捏造、熊本の地震保険加入率は全国平均程度。福岡は加入率トップクラス」への3件のフィードバック

  1. KYって誰だ?‌
    広域犯罪グループの朝日新聞社。‌
    .‌
    .‌
    朝日新聞社って日本共産党議員や民進党議員、‌
    それに朝鮮韓国人のように嘘しかつかないよね。‌
    日本国民の敵め。
    0
    0
  2. 火山や温泉で観光してる熊本大分が大地震来ないなんて思わないはずがない
    0
    0

コメント欄

名前

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!