日米英仏加豪が「自国民救出」の極秘協議・「融和一色」の韓国と距離を取る世界の国々【朝鮮半島・有事・米国・英国・カナダ・オーストラリア・フランス・日本

日米英仏加豪が「自国民救出」の極秘協議・「融和一色」の韓国と距離を取る世界の国々【朝鮮半島・有事・米国・英国・カナダ・オーストラリア・フランス・日本

この記事は約7分45秒で読めます。

コメント(3) 

 
  • 昨年11月下旬頃、韓国米軍基地内で米国、英国、カナダ、オーストラリア、フランスの5ヵ国と日本で「自国民救出作戦」に関する第1回協議が極秘で開かれた。
  • 韓国政府中枢から北朝鮮に情報漏洩がある、との懸念・理由で韓国を除外して開かれた軍事当局者協議だった。
  • 韓国は、外交・安保当局の強い抗議で12月の第2回協議から参加した。

 

 

概要・経緯などのまとめ

ソース:現代ビジネス(2ちゃん引用)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180120-00054187-gendaibiz-int&p=1

「融和一色」の韓国と距離を取る世界の国々

 1月16日(日本時間17日未明)、カナダのバンクーバーで北朝鮮の核・ミサイル問題に関する20ヵ国外相会合開かれた。

 米国のレックス・ティラーソン国務長官とカナダのクリスティア・フリーランド外相が共同議長を務めた(尚、ジェームズ・マティス米国防長官は会合に参加しなかったが歓迎夕食会に出席し、スピーチを行った)。

 参加20ヵ国は、朝鮮戦争(1950年6月の勃発から1953年7月の休戦協定締結まで)当時の国連軍に部隊を派遣した米国、英国、タイ、カナダ、トルコ、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピン、フランスなど16ヵ国と当事国の韓国に加え、日本とインド、スウェーデンである。

 2月9日開催の韓国・平昌冬季五輪・パラリンピックを前に、北朝鮮は韓国との次官級会談で南北合同チーム結成や開会式の南北合同入場行進で合意するなど「融和攻勢」を強めている。

 そんななかでも、ティラーソン国務長官は「北朝鮮への『最大限の圧力』に実効性を高める」と発言、基本原則で譲らなかった。

 出席した河野太郎外相も「北朝鮮は国際社会の分断を図ろうとしており、圧力を弱めたり北朝鮮(の対話姿勢)に見返りを与えたりするべきではない」と、圧力路線の継続を訴えた。

 そうした中、平昌冬季五輪後に延期された米韓合同軍事演習「フォールイーグル」が4月1日から実施されるため、沈静化したかに見える朝鮮半島情勢が再び緊迫化することはほぼ間違いない。

 そこで、ドナルド・トランプ米大統領が軍事行動に踏み切った場合=朝鮮半島有事の際の在韓邦人及び米国人の救出に関する具体策に焦点が集まっている。

五輪後の3~4月に「有事」となったら…

(略)

報道されなかった「韓国抜きの極秘協議」

 日時はハッキリと断定できないが、場所は特定できる。

 昨年の11月下旬頃、ソウル南方約30キロにある在韓米空軍烏山(オサン)基地(米第7空軍司令部)内で極秘裏に国連軍構成国である米国、英国、カナダ、オーストラリア、フランスの5ヵ国と日本が参加した「救出作戦」に関する第1回協議が開かれているのだ。

 青瓦台(大統領府)中枢から北朝鮮に情報漏洩があるとの懸念から韓国を除外した軍事当局者協議であった。

 したがって、日本からの出席者(内閣官房国家安全保障局の参事官級と防衛省制服組の出向者)は在日米空軍横田基地から米軍機で烏山空軍基地入りした。

 米側が把握する韓国内の各地域にどれだけの米国人、日本人、そして国連軍構成国の一般人が居住しているのか示す巨大スクリーンやプロジェクターを使ってブリーフィングし、陸・海・空路どのような手段で釜山、仁川港まで輸送できるかの説明があったというのである。

 こうした事実はもちろん、報道されていない。

 当初は同じく蚊帳の外だった米国務省経由で知った韓国の外交・安保当局は協議から外されたことに強く抗議、12月の第2回協議から参加したのである

 それまでの日米間協議は、米側が国家安保障会議(NSC)と国防総省、日本側は国家安全保障局(NSS)と外務省を各々のカウンターパートとして極秘裏に進められてきたが、これもまた米国務省と日本の防衛省の情報管理態勢に疑問符が付けられているからだ。

 北朝鮮情勢について討議する多国間協議において、機密漏洩というのは死活的かつ深刻な問題であることが理解できる。

 あらためて、平昌冬季五輪後の金正恩労働党委員長の出方に注視したい。

via: 【朝鮮半島有事】日米英仏加が「自国民救出」の極秘協議、韓国を無視 「融和一色」の韓国と距離を取る世界の国々

副管理人コメント

安倍総理に平昌参加しろって言っている与党政治家の危機管理能力に疑問を持っちゃう。
日本はやっぱり蝕まれてるんだね・・

韓国行ったら自己責任って・・もう少し注意喚起出来ないのかな
五輪選手が心配だよね

by副管理人

2ちゃんねるの反応・意見

韓国の外務大臣がハブられてる画像はよ

正にこれ

韓国から世界が孤立するぅ~

これw

韓国人を差し置いて日本に逃げようなんて虫がよすぎる
韓国人も日本に逃げれるよう手配しろ

在韓日本人は大韓海峡を生きて越えられると思うな
徹底的に邪魔してやるからな
在韓日本人には地獄を見せてやる

これこれ
これが朝鮮人のホンネ
北も南も日本の敵

こんなこと言う韓国人を日本が難民として受け入れる訳にはいかんわなあ。

その他、感想

>中枢から情報漏洩の懸念

こういうことがオフィシャルで言われるようになったら、現場ではもう見放されてるだろ。

北朝鮮の対話姿勢はただのポーズだと大概の国は認識している。
南の大統領が民進党丸ごと希望の党に合流しようとした前なんとかさんと被るわw

どっちかというと
国防総省&外務省VS国務省&防衛省の対立構図のほうが気になる記事

マティスは解ってるよなあ

軍人だから韓国軍がいかに信用出来ないかしっかりと理解してる

朝鮮戦争時にも、米軍が貸与した高価な武器を捨てて
我先に前線から逃げ出した韓国軍w

いくら融和ムード作っても、核とミサイル開発を
止めない限り、絵に描いた餅だから、なんかズレてるよな。

その他、2ch反応

そりゃ韓国は約束破るし機密もペラペラ喋っちまうからな
もうまともに相手する国なんかねーよ

ドイツの潜水艦も盛大に機密公開した前科があるからねぇ

121名無しさん@涙目です。(茸) [US]2017/12/30(土) 09:22:33.22ID:jXGcijGS0
>>22
ドイツの企業HDWからライセンス購入してる
秘中の秘、新型潜水艦の建造風景を
あろうことか今年、TVニュースで全国に流した。

世界の軍事関係者から一介の軍ヲタまで皆驚いた
今年の珍事件の中でも上位に入る失態をやった所

韓国潜水艦 ドイツ214級

via: 【海外の反応】海外「日本はもう断交したほうがいい」 日韓合意破棄の可能性に世界から呆れの声 [H29/12/29]

報道すべきやろこんな大事なこと
といってもマスゴミがリアルタイムで南北朝鮮に漏らすんだろうけど

新聞の一面にでかでかと出てたろw
しかもな、日本の自衛隊が韓国港への接岸するのを認めないんだとwww
だからアメリカ軍の船が接岸してその船に自衛隊の船がくっついて日本人を運ぶんだそうだw

アメリカ船の入港も怪しくなってきた
原潜断ったし

▲昨日のニュースですね
by副管理人

 「従北・親中・反米・反日」の韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権がまたも、米韓同盟に亀裂を走らせかねない行為に出た。
米軍の原子力潜水艦の釜山(プサン)海軍作戦基地への入港に難色を示したというのだ。
韓国は現在、平昌(ピョンチャン)冬季五輪を通じて北朝鮮への接近を加速しているが、朝鮮半島の緊張は続いており、米軍を激怒させた可能性もある。
専門家は「米韓同盟を傷つける行為だ」と指摘している。

via: 韓国愚行…米原潜の釜山入港拒否、軍事同盟に致命傷 国際政治学者「米は韓国を見捨てるだろう」 (1/3ページ) – zakzak

>>参加20ヵ国は、朝鮮戦争(1950年6月の勃発から1953年7月の休戦協定締結まで)当時の国連軍に部隊を派遣した
>>米国、英国、タイ、カナダ、トルコ、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピン、フランスなど16ヵ国と当事国の韓国に加え、日本とインド、スウェーデンである。

U ・ω・)  やる気マンマンすぎて笑った。
こんだけ集まれば、もはや第二次朝鮮戦争の勃発は必至ですな。
戦争が無い無い叫ぶのは韓国のみか……哀れな。

平昌五輪ボイコットコォ━━━━щ(゚Д゚щ)━━━━イ!!!!

日本政府は今こそ毅然とした行動を示せ 

コメント欄

名前

コメント

日米英仏加豪が「自国民救出」の極秘協議・「融和一色」の韓国と距離を取る世界の国々【朝鮮半島・有事・米国・英国・カナダ・オーストラリア・フランス・日本」への3件のフィードバック

  1. 元を正せば韓国が救出作戦についてアメリカ以外とは協議しないとかいうからこういう協議をしなければならない。‌
    韓国なんてもう完全にレッドチーム確定だし、前科があるから危なくて協議には入れられない。
    4
    0
  2. 戦争が嫌というよりも確実になだれ込んでくるであろう半島からの難民が嫌だ
    2
    0
  3. そりゃ韓国と一緒に協議したら、北朝鮮に作戦が筒抜けになるし、どうせ協力関係なんて望めないことがわかってるからな
    1
    0

コメント欄

名前

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!