黒川敦彦「安倍あきえを取り囲みましょう」山口4区から出馬・加計学園ワインセラー騒動発端の人物 山本太郎と共に昭恵夫人に近寄り紙を手渡し…安倍陣営、警備を強化し警戒【衆院選・パヨク速報

黒川敦彦「安倍あきえを取り囲みましょう」山口4区から出馬・加計学園ワインセラー騒動発端の人物 山本太郎と共に昭恵夫人に近寄り紙を手渡し…安倍陣営、警備を強化し警戒【衆院選・パヨク速報

この記事は約9分14秒で読めます。

 
  • 加計学園ワインセラー騒動で一時期話題になった黒川敦彦が、山口4区から出馬しているが…
  • 黒川は「1人でも多く山口に来て、安倍あきえを取り囲みましょう」などとツイートし、山本太郎と共に昭恵夫人の元へ近寄り申入書を手渡すなどした。
  • この書き込みを受け、安倍陣営側は取材を制限するなどし警戒を強めている。

 

 

概要・経緯などのまとめ

 安倍晋三首相(自民党総裁)のおひざ元、山口4区の選挙が、荒れている。安倍氏をはじめ5人が立候補したが、一部候補によるネットへの非常識な書き込みなど、安倍首相の落選運動の様相を呈している。

 「10月10日のボランティア急募 初日一人でも多く山口4区に来て、安倍あきえを取り囲みましょう!」

 公示前の7日、無所属新人の政治団体代表、黒川敦彦氏(39)は、ツイッターにこう書き込んだ。黒川氏は、加計学園の獣医学部開設を問題視し、同区からの出馬を決めた。


 安倍氏の陣営は、首相夫人の昭恵氏に危険が及びかねないと心配し、警察に警備について相談した。

 その黒川氏は公示日、安倍首相の出陣式の会場に、参院議員の山本太郎氏(42)とともに姿を見せた。黒川氏らは、昭恵氏に近寄ると、「申入書」と題した紙を手渡した。安倍首相との合同演説会の開催を要請したものだという。

 この様子を山本氏は、ネット中継した。集まった報道陣も黒川氏らに群がった。安倍首相の後援会幹部は「実質的な妨害だ」と憤った。

 ちなみに、山本氏は平成25年10月の園遊会で、天皇陛下に手紙を手渡す行為に出たこともある。

 ツイッターの書き込みについて、黒川氏は「実際に取り囲むかどうかは別として、それくらいの気持ちの人が一杯いるということだ。(申入書への回答がなかった場合)また何らかのアクションを起こす。こうご期待といったところですね」と述べた。

 首相夫人とはいえ、女性を大勢で取り囲み、威圧することを促すような書き込みは、非常識であり、言語道断だ。にもかかわず、朝日新聞や毎日新聞など日頃、女性の人権問題に関心が高いはずのメディアも、報道することはなかった。

 こうした状況が続けば、昭恵氏の身の安全も懸念される。

 政治的には安倍首相を厳しく批判する共産新人の西岡広伸氏(54)も、こう語った。

 「誰でも立候補して大いに論戦するべきだと思いますが、最低限の礼儀やマナーは必要ですし、(黒川氏のツイッターへの書き込みなどは)候補者がすることではないと思います。私たちは正面から政策を訴えていきます」

via: 【衆院選】首相夫人を「囲め」 ツイッターに非常識な書き込み/荒れる山口4区(1/2ページ) – 産経ニュース

▲ 上記書き込みなどを受けて、安倍陣営は演説会の取材を拒否

 衆院選山口4区に立候補している安倍首相の事務所(山口県下関市)は12日、地元の市政記者クラブに対し、選挙期間中に開く個人演説会の取材を拒否する意向を文書で伝えた

 演説会には首相の代わりに昭恵夫人が出席。事務所側は夫人に危害が加えられる恐れを理由に挙げるが、記者クラブ側は撤回を求めている。

(中略)
記者クラブの抗議を受けた事務所側は、インターネット上に「昭恵氏を取り囲みましょう」などの書き込みがあったことを指摘。「関係者や来場者の安全と、会の円滑な運営を図り、公正な選挙運動が害されることのないための措置」と強調した。

via: 「夫人に危害恐れ」首相事務所が演説会取材拒否 : 選挙 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

▼ 黒川敦彦のツイート

▼ パヨ系ジャーナリスト田中龍作の記事

(中略) 黒川陣営のスタッフが申入れ書を直接、昭惠夫人に手渡した。

 「このまま主人に仕事を続けさせ、この国のために働かせてほしい」・・・支援者に涙声で訴えていた夫人は、敵の奇襲に顔をひきつらせた。

 敵陣に乗り込んだ黒川は下関市役所前で第一声をあげた。

 「僕たちは4人で市民運動を起こした。市民一人ひとりが選挙で立ちあがることが大事です。モリカケ問題を明らかにして庶民のための政治をやるべき。税金泥棒は許さない」。

 山本太郎参院議員が応援スピーチをした。

 「投票所で『黒川』と書いて、外に出たら『安倍さんって書いた』と言えばいいんです。安倍さんが落ちても皆さんの仕事に影響はありません。比例で復活するからです。国家を私物化した人にはお灸をすえる必要があります」。

 現職の首相が落選するということは考えにくいが、黒川が得票を伸ばせば、その分首相は追い詰められたことになる。(以下略)

via: 【衆院選・山口4区】アベ首相に公開討論会申入れ 顔こわばらす昭惠夫人

▲ なお、上記で、「安倍さんが落ちても皆さんの仕事に影響はありません。比例で復活するからです」と言った部分は間違い。

山本氏は下関市内で応援演説した際、「安倍総理は選挙区で落ちたとしても比例で必ず復活します」と発言した。だが、首相は比例代表との重複立候補を辞退しており、選挙区で落選すれば比例での復活はない。

 山本氏のFBは10日午後、「山口4区での応援演説で、選挙区で安倍さんは落ちても比例復活できる、お灸を据えましょうと発言しましたが、誤りでした。安倍さんは比例との重複立候補ではありませんので、選挙区で落ちたら議員じゃなくなります。訂正します。選挙区で落としてユックリしてもらいましょう」とする訂正文を掲載した。

via: 【衆院選】山本太郎自由党共同代表が事実と異なる主張 安倍晋三首相の対立候補を応援 後にFBで訂正 – 産経ニュース

管理人コメント

これは、あの黒川、山口4区から出馬してたのは把握してなかった…。
山本太郎のデマ発言については知ってたが。

それにしても、これを候補者がツイートで書き込んでしまうっていうんだからすごいもんだ。

一応候補者ではあるので、この記事についてはコメント欄閉じてます。

2ちゃんねるの反応・意見

こんなことしたら逆効果ってわからんのかな

これは他人事ながら引くな・・・

どんな奴なんかなーと思ったら

>黒川敦彦氏(今治加計獣医学部問題を考える会共同代表)

ワインセラーのネタ元w

毎日新聞2017年8月24日

学校法人「加計学園」(岡山市)が愛媛県今治市で建設中の獣医学部の施設を巡り、同市の市民団体「今治加計獣医学部問題を考える会」の黒川敦彦共同代表は24日、文部科学省で記者会見し、学園が建築費を水増しして市に補助金を申請した疑いがあると指摘した。

via: 加計学園:建築費水増しして今治市に補助金を申請か – 毎日新聞

取り囲めってだけでもアレなのに
安部本人ではなく妻を取り囲もうという

ひどいね。

囲めはあかんやろw

その他、感想

国政選挙をいつものパヨクのノリでやろうとしてるなw

山本と取り巻きの「ギャハハ!おもしれーwww」って馬鹿笑いがまざまざと浮かんだ
心底胸糞悪い

こんなのがまかり通るのがおかしい

しつこいモリカケ報道で支持率爆下げした成功体験が忘れられず
未だにモリカケ連呼するしかないパヨクとメディア

まだモリカケモリカケ言ってんのか

ざっと黒川のTwitter見てきたけど「安倍安倍」で、こいつが何をしてくれるのかが見つかんなかった

せめて本人ならまだしも嫁さん囲んでどーすんだよ?

その他、2ch反応

反安倍をやればやるほど、安倍人気になるという ある意味応援団だな

アカヒでは黒川の名前出さず

安倍首相の事務所、個人演説会の取材拒否 安全確保理由

朝日新聞デジタル
10/12(木) 20:28|Yahoo!ニュース

安倍晋三首相の出陣式会場で、昭恵夫人(左)に握手を求める山本太郎参議院議員(右端)=10日、山口県下関市

 衆院山口4区から立候補している安倍晋三首相の事務所(山口県下関市)は12日、地元で選挙期間中に開かれる個人演説会への報道陣の取材を拒否する方針を地元記者クラブに伝えた。
演説会には全国で遊説する首相に代わり、妻の昭恵氏が出ている。

 事務所側は、ネット上で昭恵氏を「取り囲みましょう」などと書き込まれていることを理由に挙げた。
記者クラブに文書で「関係者ならびに来場者らの安全及び会の円滑な運営を図り、公正な選挙運動が害されることのないように」と説明した。記者クラブは取材拒否の撤回を求めている。

 公示日に下関市で開かれた首相の出陣式会場に、山本太郎参院議員と同区の新顔候補が現れ、終了後に昭恵氏に握手を求めるなどしていた。(白石昌幸)

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6257260

これ朝日も珍しく批判的記事にしてるし
今回選挙での組織的ヤジ作戦は一旦幕引きなのかな

この人今治の人なんでしょー?
何で愛媛2区から出馬しないのー?

えっっっ
そこら辺のモブパヨクのツイートじゃなくて例の黒川ってやつが書いたのかよ

山口4区と言えば下関もか、なんとなくコレを支持してるのがどの辺なのか想像できるな

山本太郎と一緒にネット中継で渡す  あっ…(察し)

この件は山口ではとっくに広まってると思うけど
黒川は自民党選挙スタッフと安倍総理支持者からたくさんの監視の目がもらえるよやったね!

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!