この記事は約9分12秒で読めます。
  • 調布市で発生した小型機墜落事故で、被害者・犠牲者となった早川充さん(36歳)がANA(全日空)の社員であることが分かった。
  • 今回の事故で死亡したのは、早川充さんと、機長・パイロットの川村泰史、住民の鈴木希望さん(34歳)の3名。
続きを読む
この記事は約5分50秒で読めます。
  • 自民党の政務調査会調査役の田村重信氏が、SEALDsについて「坂眞」氏のツイートを引用ツイートし、それに対してSEALDs幹部の奥田愛基がブチ切れて話題にw
  • 田村重信氏が引用ツイートしたのは「SEALDsは全労連=共産党系の労組の
    街宣車を使っている」「つまり、参加している若者のかなりの部分が共産党の青年組織であることが証明された」「在日や在日系チンピラが数多く参加していることは周知の事実」などのツイート。
  • これに対してSEALDsの奥田愛基(明治学院大4年:23歳)は「全労連から車を借りたのは事実だが、たまたま車が開いてたから」「政治を職業にしているプロにプロ市民なんて言われたくない」「自民党はレッテルをはり、デマを流している、きちんと謝罪してほしい」などコメント。
続きを読む
この記事は約7分24秒で読めます。
  • 調布市で発生した小型プロペラ機の墜落事故の被害者・死者が報道された。
  • 亡くなった死亡者は、機長・パイロットの川村泰史(たかし・36歳)と、飛行機前部座席にいた早川充さんと、全焼した住宅住民(ケガをした女性の娘)の鈴木希望(のぞみ)さん(34歳)とのこと。
  • 1階でケガをした母親59歳は、まだ娘が中にいる、と燃え盛る家に必死に入ろうとしていた…
続きを読む
この記事は約6分34秒で読めます。
  • 調布市で発生した小型機の墜落事故で、小型機を操縦していたパイロット・機長の川村泰史(川村たかし;36歳)についての報道まとめです。
  • 川村機長は、アメリカでパイロット免許を取得し、総飛行時間は1500時間だったという。
  • 川村泰史機長は、日本エアロテックに2年間勤務し、操縦訓練を行う会社「シップアビエーション(SIP Aviation株式会社)」を設立し社長となり独立。出身大学は駒澤大学経営学部経営学科とのこと。
続きを読む
この記事は約11分41秒で読めます。
  • 7月26日、調布市の住宅街で起きた小型機の墜落事故についてのまとめです。
  • 小型機を運転していたのは、川村泰史機長(36歳;Facebook顔写真あり)で、小型機パイロットの養成会社「シプアビエーション」の社長しており、総飛行時間は数百時間とのこと。
  • この事故を受けて、調布市長は定期便以外の家庭用小型機の運航自粛を求めていく模様。
続きを読む
この記事は約9分14秒で読めます。
  • 7月26日午前11時ごろ、東京の調布市の住宅街に小型機が墜落し、3名が死亡し5人がケガをした。
  • 小型機の管理を行っていた日本エアロテックによると、搭乗していたのは、川村泰史機長、早川充さん、森口徳昭さん、花房剛さん、田村康之さんの5名。
  • 事故の詳細・原因・経緯などについてはまだ捜査中。
続きを読む
この記事は約6分8秒で読めます。
  • 愛知県日進市で発生した、被害者・川村典道さんの強盗殺人事件についての続報です。
  • 逮捕された17歳の日進市内の高校3年生の加害者少年は、殺意についても一転して否認しはじめている模様。
  • 川村さんの後をつけた理由について「祖父と似ていたから」「祖父は嫌いでストレスがたまっていた」など供述、証拠を隠滅しようとした形跡も見つかっている。
続きを読む
この記事は約6分2秒で読めます。
  • 特攻基地・知覧飛行場があった鹿児島県の南九州市が、アウシュビッツ強制収容所跡地のあるポーランド南部のオシフィエンチム市と友好交流協定を進めていたようだ。
  • この協定については「特攻隊の基地とアウシュビッツが同質なものと受け取られかねない」などの意見・批判が殺到した。
  • 反対意見をふまえ、南九州市は計画見直しも含めて検討を始めている。
続きを読む
この記事は約3分7秒で読めます。
  • 村山富市が反安保法案に向けて動き出した。
  • 7月25日のテレビ東京番組では「政府は戦争ができる国にしようとたくらんでいる」などと発言。
  • 7月23日の国会前デモでは、「私ももう何年生きるか分からないが、命がけで頑張ります」などと発言。
続きを読む
この記事は約3分16秒で読めます。
  • 鹿児島県屋久島の川で、内閣府参事官・神原紀之さん(55歳)の遺体が発見された。
  • 神原紀之さんは1人で屋久島を訪れ、大雨警報が出ていた屋久島で登山をし、川に転落した「事故死」の可能性が高いという。
  • 神原紀之さんは防衛相からの出向で、特定秘密保護法に関係する業務を行う内閣府情報保全監察で参事官として働いていた。
続きを読む