SEALDsの在日朝鮮人4世「参政権がない、でも自分の住む国の政治に声をあげたい」 マクリーン事件判決は在日韓国人にも適用される?

SEALDsの在日朝鮮人4世「参政権がない、でも自分の住む国の政治に声をあげたい」 マクリーン事件判決は在日韓国人にも適用される?

この記事は約5分1秒で読めます。

公開⇒

 
  • 安保反対の左翼学生集団SEALDs(シールズ:自由と民主主義のための学生緊急行動)関西に、在日朝鮮人が混ざり込んでいると報道された。
  • 大阪芸術短大1年生曰く「在日コリアン4世で参政権がない。でも自分の住む国の政治に声をあげたい」云々。

 

 

SEALDsの在日朝鮮人の主張について、日本ネット感想

SEALDs関西のメンバーに在日朝鮮人が混ざり込んでいると報道されました。

外国人には行き過ぎた政治活動の自由は保障されていないってのが最高裁の判決だけど、在日朝鮮人・在日韓国人も例外じゃないんじゃないかなぁ?どうなんだろ、このあたり。特別永住者は自国(韓国)でも政治活動できて、日本でも政治活動できるってのはちょっと他の外国人と比べて不平等だとは思うんだがなぁ。

どっちにせよ、SEALDsの感情論に訴えかける手法は大嫌いだわ。

 「憲法守れ」「NO WAR」などのプラカードを持った若者の中心で、BGMを流しながら学生がマイクを握りスピーチ。「私は人を殺したくない。誰も殺してほしくないから反対」(ニュージーランドに留学中の学生)、「在日コリアン4世で参政権がない。でも自分の住む国の政治に声を上げたい」(大阪芸術短大1回生)、「東日本大震災で被災者のためにがんばった自衛隊の姿にあこがれた。あの自衛隊員に死んでほしくない」(立命館大学4回生)など、自らの反対する理由を訴えました。

via: 「戦争法案」強行採決許さない SEALDs KANSAI街宣に若者300人声上げ | 京都民報Web

ニュースソース

 安倍政権が来週にも「戦争法案」の衆院強行採決を狙う中、関西地方の学生でつくる「SEALDs KANSAI」(自由と民主主義のための関西学生緊急行動)は10日、京都市下京区の「マルイ」前で街頭宣伝を実施し、「戦争法案に反対しよう」と呼びかけました。300人以上の学生や若者が集まり、「憲法違反の戦争法案を止めよう」と声を上げました。

 「憲法守れ」「NO WAR」などのプラカードを持った若者の中心で、BGMを流しながら学生がマイクを握りスピーチ。「私は人を殺したくない。誰も殺してほしくないから反対」(ニュージーランドに留学中の学生)、「在日コリアン4世で参政権がない。でも自分の住む国の政治に声を上げたい」(大阪芸術短大1回生)、「東日本大震災で被災者のためにがんばった自衛隊の姿にあこがれた。あの自衛隊員に死んでほしくない」(立命館大学4回生)など、自らの反対する理由を訴えました。

 宣伝には、「安保保障関連法案に反対する学者の会」から京都大学の山室信一教授、西牟田祐二教授らが参加し、それぞれ「安倍首相はポツダム宣言も読まず、これまでの政府の意見に反省もなく、『戦後レジームを脱却』と言う反知性主義。皆さんが知性を身につけたたかう姿に敬服する」(山室教授)、「日本国憲法を変えることなく無力にする『ナチスの手口』で、戦争しようとしている。若者たちと私たちの連帯は第一歩。民主主義を根付かすためにともにがんばろう」(西牟田教授)と訴えました。

 チラシを配っていた同志社大学2回生は、「戦争を絶対にしてはならないというのは、自民党の人も含めた共通の思いと信じていたのに、安倍さんの動きに驚いている。少しでも多くの人に声を上げてほしい」と話しました。

via: 「戦争法案」強行採決許さない SEALDs KANSAI街宣に若者300人声上げ | 京都民報Web

ネットの反応・意見

日本人が韓国で「韓国はアメリカのTHAAD配備を受け入れろ」とデモをするようなもんだ。

その国の安全保障は、その国の人間でしか責任を負えない。

参政権がほしいなら、きちんと帰化して働いて税金払って日本人として生きろよ。

戦争に行きたくないんであれば祖国に言えよ。

大きなお世話だ。
何世であろうと外国人なんだし、内政に干渉してきてほしくないわ。

こんな知り合いがいる↓

「祖父が台湾人で自分は日本国籍だから選挙には毎回行ってるがデモや集会の類は日本人(純血日本人種)しか参加してはいけないと理解してるから気持ちはあっても参加を自粛してる」

こんな人を知っている者としては、この在日朝鮮人の主張には違和感があるな。

マクリーン事件の最高裁判決でも読んでろ

争点
  1. 外国人に在留する権利はあるか。
  2. 外国人に政治活動の自由はあるか。
判決
  1. 外国人の基本的人権は在留制度の枠内で保障されるにすぎないので、在留期間中の合憲・合法の行為を理由として、法務大臣は在留更新不許可処分を行うことができる。[1]
  2. 外国人の政治活動の自由はわが国の政治的意思決定又はその実施に影響を及ぼす活動等を除き保障される[2]

via: マクリーン事件 – Wikipedia

その他、反応

やっぱり在日朝鮮人だよ

自分の祖国が戦争中なのに、何をのんきなことを外国でいってんだよ

「東日本大震災で被災者のためにがんばった自衛隊の姿にあこがれた。あの自衛隊員に死んでほしくない」

震災をネタにして何かを主張するのやめてくれないかな。
被災者の1人として気分が悪いわ。

特別永住制度って本当に国の形を歪めてるなぁ。

ああやっぱりこういうやつらが、って察したわ

その他、日本の反応

  • 外国籍の人間が日本の政治的意思決定やその実施に影響を及ぼす活動をするのは、憲法の権利保障の枠外ってのがマクリーン事件。

    特別永住権を持っている在日朝鮮人にはどこまで適用されるのかねぇ。
  • 居候が家族間の問題にしゃしゃり出てくるようなもんだ
  • 4世だから参政権がない?国籍をとるか帰国すれば解決する話だ。

SEALDsの在日朝鮮人4世「参政権がない、でも自分の住む国の政治に声をあげたい」 マクリーン事件判決は在日韓国人にも適用される?」への3件のフィードバック

メラ速報の新着記事
 めらそくトップページへ!