この記事は約8分29秒で読めます。 コメント(3) 
54
  • ジャーナリストの長谷川幸洋氏が今の北に従いすぎる韓国の状況では、半島有事の際の在韓邦人は退避できるのかと危惧するコラムが現代ジャーナルに掲載された。
  • 長谷川氏「韓国は在韓邦人を「人間の盾」にするつもりかもしれない」「事が動き始めてからでは遅い」

続きを読む
この記事は約7分45秒で読めます。 コメント(3) 
94
  • 昨年11月下旬頃、韓国米軍基地内で米国、英国、カナダ、オーストラリア、フランスの5ヵ国と日本で「自国民救出作戦」に関する第1回協議が極秘で開かれた。
  • 韓国政府中枢から北朝鮮に情報漏洩がある、との懸念・理由で韓国を除外して開かれた軍事当局者協議だった。
  • 韓国は、外交・安保当局の強い抗議で12月の第2回協議から参加した。
続きを読む
この記事は約3分53秒で読めます。 コメント(23) 
205
  • 8月11日、ドイツのメルケル首相が「米国と北朝鮮の対立に軍事的な解決策はない」と述べ、武力行使に反対する考えを示した(トランプ大統領のツイートを受けての発言)。
続きを読む
この記事は約4分53秒で読めます。 コメント(12) 
18
  • アメリカと北朝鮮の警告・威嚇が緊迫度を増しているが…
  • 朝日新聞はそんな状況で、韓国人監督カンジェギュの「日本では朝鮮半島で戦争が起こるかのような反応が多く、もう少し冷静になった方がいいように思う」とのインタビュー記事を掲載している。
続きを読む
この記事は約5分46秒で読めます。 コメント(13) 
24
  • 中国WEBメディアが、「昨年8月から中国が北朝鮮と秘密裏に交渉をしたなかで北朝鮮が提示した条件」なるものを報道している(初出は香港のメディア)。
  • それによると、北朝鮮は核廃棄を条件に10年間に毎年600億ドル(約6兆円)の無償援助と北米との間の平和協定を要求している。
  • ネットでは、集りの様な要求だと話題になっている。
  • ※5月14日早朝のミサイル発射前の記事・2ちゃん反応です。
続きを読む
この記事は約6分7秒で読めます。 コメント(2) 
25
  • 政府が朝鮮半島有事に備えて「在韓邦人・米国人の退避」を検討しているが…日米の役割分担の概要が分かった。
  • 陸上輸送は在韓米軍、海上輸送は自衛隊が担う。
    しかし、多くの課題が残っており、検討を急いでいる。
続きを読む
この記事は約8分46秒で読めます。 コメント(10) 
70
  • 日本政府は、北朝鮮が韓国を攻撃した場合は北朝鮮や韓国からも避難民が来ると想定し、臨時収容施設の設置計画を検討する。(4月28日報道)
  • 港を数カ所選定し、上陸時に身元や所持品を調べ、北朝鮮の工作員やテロリストの入国を防ぐ方針だ。
  • 今回は日本人妻らの高齢化を踏まえ「多く見積もっても3万~5万人」(政府筋)と推定する。
続きを読む
この記事は約4分55秒で読めます。 コメント(1) 
58
  • 5月1日、米軍B1爆撃機が韓国上空を飛行し、北朝鮮は「自衛のための核の剣を握りしめた」などと反応。
  • また、5月2日には機関紙で朝鮮半島で核戦争が起きた場合、「日本が真っ先に放射能雲で覆われる」と警告し、日本への核攻撃を示唆した。
続きを読む
この記事は約5分11秒で読めます。 コメント(8) 
71
  • 東京新聞記者の佐藤圭が、ミサイル発射前日の4月28日に「朝鮮半島有事だっけ?何もないじゃん」などとツイートしている。
  • ミサイル発射後は、東京メトロ対応や閣僚外遊を批判している。
続きを読む
この記事は約4分4秒で読めます。
24
  • 5月1日、北朝鮮の外務省報道官が「北朝鮮は最高指導者の決定によっていつどこでも核実験を行うだろう」などと警告する声明を発表した。
続きを読む
この記事は約4分56秒で読めます。 コメント(8) 
283
  • 北朝鮮半島問題・朝鮮半島有事の緊迫化を受け、滋賀県教育委員会が弾道ミサイル飛来時の対応について注意を促す通知を出していたが…
  • 共産党系教組の全滋賀教職員組合(全教)は、戦争の危機を煽り子供に不安を与えたとして県知事に抗議文を出し、文書回収・謝罪を要求した。
  • 県教委は文書回収・謝罪を拒否している。
続きを読む
この記事は約5分32秒で読めます。 コメント(3) 
44
  • 朝鮮半島問題が緊迫化してきて、トランプ大統領が安倍首相・習近平とそれぞれ電話会談を行うなどの動きがみられるが…
  • 韓国マスコミは、この動きを「韓国外交の成果」などとホルホルしつつ、「当事者であるはずの韓国が議論から外されコリアパッシング状態になっている」などと騒いでいる。
続きを読む
この記事は約5分37秒で読めます。 コメント(16) 
36
  • 韓国メディアが、朝鮮半島情勢緊迫化を受けて日本人の訪韓旅行キャンセルが相次いでいると報じた。
  • これに対して韓国ネット民は様々な反応を示している。
  • なお、GWの韓国路線の予約数が増えているとの報道もあり、実際に日本人が韓国旅行を避けているかどうかは定かではない。
続きを読む
この記事は約6分19秒で読めます。 コメント(14) 
117
  • 保守派論客アメリカ人弁護士のケント・ギルバート氏が、北朝鮮問題に関して朝日新聞と共産党志位和夫を批判する文章を書いている。
  • 「北朝鮮にリアルな危険ない」と言った志位和夫に、今でも言えるのか、と。
  • たぶん言っちゃいそう。
続きを読む
この記事は約5分27秒で読めます。 コメント(3) 
64
  • 北朝鮮が、ついに中国に対しても(名指しは避けつつも)批判・恫喝的な発言をするに至っている。
  • 他にも、日本を沈没させ、韓国を灰とし、アメリカに核を降り注がせ、オーストラリアを核の照準に入れるなど、全方面を威嚇している。
続きを読む
この記事は約5分49秒で読めます。
19
  • 4月21日、韓国公共放送のKBSが「北朝鮮核実験場付近の住民が避難。6回目の核実験が近い」などとする報道を行った。
  • 韓国メディアによると、4月25日・朝鮮人民軍創建日に核実験を行う可能背が高いとのこと。
  • なお、バレーボール試合の衛星写真などを公開していたアメリカの機関も、核実験場で一部活動が再開されたと発表している。
続きを読む
この記事は約6分1秒で読めます。 コメント(3) 
48
  • 日本政府は、朝鮮有事の際の在韓邦人輸送を計画しているが、韓国政府が協議に応じず進んでいない。
  • 日本政府は自衛隊の活用を考えているが、前提となる韓国政府の同意を得られない。
  • 現在、在韓邦人は約5万7000人(旅行者含む)と想定され、限られた輸送手段での救出が危惧されている。
続きを読む
この記事は約6分32秒で読めます。 コメント(1) 
17
  • アメリカの北朝鮮研究機関が、北朝鮮の核実験場でバレーボール試合を行っている衛星写真(4月16日撮影)を公開した。
  • この機関は、新たな核実験の実施が待機状態(保留状態)にあるか、実験実施を遅らせたと欺こうとしているか、などと分析している。
続きを読む
この記事は約4分36秒で読めます。 コメント(4) 
45
  • BBC記者の取材に対し北朝鮮高官の韓成烈(ハン・ソンリョル)外務次官が答えた。
  • 北朝鮮高官「我々は今後もミサイル実験を重ねる。毎週、毎月、毎年」「アメリカが我々に対し軍事的攻撃を計画しているというなら、先制核攻撃で反応する」
続きを読む
この記事は約4分27秒で読めます。 コメント(8) 
223
  • 朝鮮半島の緊張の高まりに対して、共産党衆院議員の宮本徹が安倍首相に質問し追求した。
  • 宮本徹「トランプに北朝鮮への先制攻撃はダメですよとおっしゃったんですか?」
  • これに対する安倍首相「それは北朝鮮に対して国際社会が言うべきで、アメリカにお前らやめろということではない」とド正論。
続きを読む
この記事は約5分20秒で読めます。 コメント(8) 
136
  • 森友問題追及などで有名になった民進党衆議院議員(香川)の玉木雄一郎が、北朝鮮がミサイル発射に失敗した4月16日朝にトンデモツイートをしていた。
  • 玉木「失敗したようだが、Jアラートもならなかった。システム異常なのか」云々。
続きを読む
この記事は約3分29秒で読めます。 コメント(5) 
84
  • 在日朝鮮人ライターの李信恵(リシネ)が4月14日に以下のようなツイートをしている。
  • 李信恵「韓国から妹とお客がきた。朝鮮半島に有事なんかあるなら、みんなこんな時期に日本に来ないよね」
続きを読む
この記事は約8分22秒で読めます。
27
  • 4月16日午前6時21分、北朝鮮が弾道ミサイル1発を発射し、直後に爆発し失敗に終わった。
  • 訪韓するペンス副大統領に同行していたホワイトハウス当局者は「今回の失敗したミサイルに特に対処する必要はない」と記者団に語っている。
続きを読む
この記事は約6分13秒で読めます。
25
  • 読売・日経などが、トランプ米政権が見直しを進めた対北朝鮮政策にて、「北朝鮮の非核化に向け最大限の圧力をかけていく&当面金正恩政権の体制転換は目指さない」との新方針をまとめた、とのワシントンポスト報道を伝えた。
続きを読む
この記事は約11分56秒で読めます。
85
  • 日本・朝鮮半島を取り巻く国際情勢が緊張している中、「Jアラート」(全国瞬時警報システム)に注目が集まっている。
  • Jアラートとは、通信衛星と市町村の同報系防災行政無線や有線放送電話を利用し、緊急情報を住民へ瞬時に伝達するシステムである。

  • また、内閣官房が発効しているパンフレット「武力攻撃やテロなどから身を守るために」も、予め目を通しておいた方がよさそうだ。
続きを読む