この記事は約11分59秒で読めます。 コメント(5) 
32
  • 東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の売却は、韓国企業・SKハイニックのせいで契約締結のめどが立っていない。
  • 韓国SKハイニックは当初融資での参加で話し合いをしていたが、ここに来て出資(議決権取得)を言い出した。
  • そこで東芝は、合弁相手の米WD(ウエスタンデジタル)の案も検討しはじめた。
続きを読む